[PR]

日別キーワード

第16位  琴浦 - 2019年02月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



琴浦町
琴浦町(ことうらちょう)は、鳥取県の中央に位置する日本海に面した町。 地理 山:船上山、勝田ヶ山、甲ヶ山、矢筈ヶ山、烏ヶ山、飯盛山 河川:加勢蛇川、勝田川、尾張川、黒川、矢筈川、八橋川、洗川、野田川、今田川 隣接している自治体 倉吉市 東伯郡:北栄町 西伯郡:大山町 日野郡:江府町 東伯郡の東伯町と赤碕町が2004年9月1日に合併して誕生した。なお町名は、かつて海岸一帯が「琴ノ浦」と呼ばれていたことに由来する。 町内に奈良時代前期の斎尾廃寺跡があることから、かつてはこの地に有力な勢力があったと思われる。また、出雲文化圏の東の端にあたる。 2004年(平成16年)9月1日 - 東伯町・赤碕町が合併して発足。 行政 琴浦町長 山下一郎(2014年1月27日 - 、2期目。前副町長) 町長選は琴浦町発足以来、4回連続無投票となっている。 歴代町長 初代:米田義人(2004年就任、前東伯町長) 2代:田中満雄(2006年就任、前助役、元赤碕町長) 庁舎 琴浦町役場は本庁舎、分庁舎の2庁舎にて構成される。 (Wikipedia:琴浦町)

琴浦町営バス
琴浦町営バス(ことうらちょうえいバス)とは、鳥取県東伯郡琴浦町で運行するコミュニティバス。通称はことうらバス。
自家用自動車による有償運送で、運行は日ノ丸自動車に委託されている。
2008年5月1日に琴浦町営バスの運行及び管理に関する条例が施行されたことに伴い、それまでの事業用自動車による琴浦町内路線バス(ことうらちょうないろせんバス)から変更された。
料金は大人、小学生、障害者等は100円、幼児は無料。
指定停留所で乗り継ぐ場合は乗継券を発行(当日限り有効)。
定期乗車券 定期券
1箇月4,200円
回数乗車券 回数券
1,000円券(100円券の11枚綴り)
なお、一般路線の乗車券類は使用できない。
運行は日ノ丸自動車に委託している。
日ノ丸自動車倉吉営業所浦安駅前車庫
(Wikipedia:琴浦町営バス)

琴浦町内路線バス
琴浦町営バス(ことうらちょうえいバス)とは、鳥取県東伯郡琴浦町で運行するコミュニティバス。通称はことうらバス。 自家用自動車による有償運送で、運行は日ノ丸自動車に委託されている。 2008年5月1日に琴浦町営バスの運行及び管理に関する条例が施行されたことに伴い、それまでの事業用自動車による琴浦町内路線バス(ことうらちょうないろせんバス)から変更された。 料金は大人、小学生、障害者等は100円、幼児は無料。 指定停留所で乗り継ぐ場合は乗継券を発行(当日限り有効)。 定期券 1箇月4,200円 回数券 1,000円券(100円券の11枚綴り) なお、一般路線の乗車券類は使用できない。 運行は日ノ丸自動車に委託している。 各営業所(車庫)所在地 日ノ丸自動車倉吉営業所浦安駅前車庫 鳥取県東伯郡琴浦町徳万180-5 運行担当:東伯線 日ノ丸自動車倉吉営業所赤碕駅前車庫 鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1087-2 運行担当:琴浦海岸線・船上山線・上中村線 沿革 2003年3月18日 東伯線を運行開始。 (Wikipedia:琴浦町内路線バス)

琴浦神社
琴浦神社(ことうらじんじゃ)は、兵庫県尼崎市琴浦町にある神社。祭神は嵯峨源氏の祖である源融である。 琴浦の地名は、この神社のある付近だけ小高くなっており、海岸の景色がよそより優れているという意味の異浦とも呼ばれていた。境内には、一等水準点(点名:10699 標高:0.2276m)がある。 琴浦通り(尼崎市道第133号線;旧国道・中国街道)に面し、南に向いて本殿が建てられている。祭神の源融は光源氏のモデルともいわれ、寛平年間(889年 - 898年)に京都六条の河原院(現在の渉成園)という邸宅を造営し、陸奥国塩釜の風景を模して庭園をつくり、この地より、毎日20石の汐水を汲んで運び、塩を焼かせたという伝承に基づいている。 なお、同じ尼崎市内にある潮江の素戔嗚神社も同様の由来を持つ。 また、境内には、毒蛇を防ぐという伝承のある白砂があり、遠くからも戴きに参拝する人があるほどであるという。 交通 阪神電車 尼崎センタープール前駅から北へ300m 尼崎市営バス 琴浦神社前バス停 外部リンク 尼崎の文化財 - 尼崎市のHP。 (Wikipedia:琴浦神社)

琴浦さん
『琴浦さん』(ことうらさん、Kotoura-san)は、えのきづによる日本の漫画作品。ウェブコミック掲載サイト『マンガごっちゃ』(マイクロマガジン社)にて、『琴浦さん漫画』(ことうらさんまんが)のタイトルで連載中。また、男性向け雑誌『メガミマガジン』(学研パブリッシング)にて、2012年12月号から2013年5月号まで、『がんばれ琴浦さん!』(がんばれことうらさん!)のタイトルで連載された。2010年8月には単行本が発売された。「マンガ★ゲット」主催の「Manga Of The Year 2009」最優秀賞受賞。 作品概要 それまで同人誌で活動していたえのきづの商業出版デビュー作。コミックマーケットで同作品を同人で出していた際に、マイクロマガジン社の担当に声をかけられたことが商業化のきっかけ。 人の心が読める少女・琴浦春香と、春香のクラスメート・真鍋義久、そしてそれを取り巻く仲間達との日常を描いた4コマ漫画。累計400万アクセスの閲覧記録がある。 単行本化される際、第一部が顕著だが大幅な加筆修正が施されている。 (Wikipedia:琴浦さん)


琴浦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

琴浦 - アマゾン検索


「琴浦」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す