[PR]

日別キーワード

第29位  江田島市 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



江田島市
江田島市(えたじまし)は、広島県西部の市。海軍兵学校があったことで有名である。 地理 瀬戸内海の広島湾にある島を市域とする。主たる島は江田島、西能美島、東能美島であるが、これら3島は地続きである。次いで大きい島は東能美島の西、西能美島の南にある大黒神島で、このほかにもいくつか小さな島がある。江田島と西能美島の間の湾を江田島湾、西能美島と東能美島の間の湾を大原湾という。 東能美島の東にある呉市の倉橋島とは早瀬大橋で繋がっており、倉橋島と本州本土間も音戸大橋で繋がっているため、本州とは実質的に地続きである。 1888年(明治21年)に海軍兵学校が東京築地から江田島に移され、旧日本海軍の海軍士官養成の地となる。 2004年11月1日、安芸郡江田島町、佐伯郡能美町、沖美町、大柿町が合併して、市制施行した。合併に至るまでに紆余曲折があり苦難の連続であった。 2006年8月26日、広島県営水道の送水トンネル崩落事故により市内で大規模な断水が発生。 2006年10月1日、地上デジタル放送がスタート。山口県岩国市では、広島方向にアンテナを向け広島県のテレビ放送を受信する世帯が多かったため、岩国・周防大島向けの地上デジタル放送の送信所が江田島(旧沖美町の野登呂山)に設けられた。 (Wikipedia:江田島市)


江田島市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

江田島市 - アマゾン検索


「江田島市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す