[PR]

日別キーワード

第30位  高野山 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



高野山
高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。 2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。 地理 地名としての「高野山」とは、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す(行政上の字名としての「高野山」もおおよそこれと同じ地域である)。 (Wikipedia:高野山)

高野山電気鉄道
『南海高野線』より : 高野山電気鉄道(こうやさんでんきてつどう)は、現在の南海高野線の高野下駅 - 極楽橋駅間(鉄道線)と、南海鋼索線の極楽橋駅 - 高野山駅間(鋼索線)に当たる路線を建設・経営していた会社である。法人としては現在の南海電気鉄道の直接の前身にあたる。 沿革 元々、橋本 - 高野下 - 高野山に至る鉄道敷設免許は高野電気鉄道が1911年に取得していたものを、1912年に和歌山水力電気が譲受し、そこへ大阪方面から高野山方面への路線延伸を企てていた大阪高野鉄道が着目。和歌山水力電気が保有していた橋本 - 高野山までの免許を1916年に買収の上で1917年に高野大師鉄道(社長根津嘉一郎(初代))を設立し、橋本 - 高野下間の工事に着手した。だが、1922年に大阪高野鉄道・高野大師鉄道は共に南海鉄道と合併。この時、未着工だった高野下 - 高野山の免許は和歌山水力電気に返還された。 その和歌山水力電気は南海鉄道・大阪高野鉄道の合併と相前後して京阪電気鉄道に買収、同時に高野下 - 高野山の免許も京阪の手に移る。 (Wikipedia:高野山電気鉄道)

高野山電気鉄道101形電車
高野山電気鉄道101形電車(こうやさんでんきてつどう101がたでんしゃ)とは、高野山電気鉄道(現在の南海高野線高野下駅 - 極楽橋駅間と南海鋼索線を運行していた会社)に在籍した通勤形電車の1形式。正式にはデ101形と称した。後に南海電気鉄道所属となりモハ561形と改名している。本稿では、同系の荷物室合造車であるデニ501形を含めて述べることとする。
高野山電気鉄道は1928年6月に南海鉄道(南海電気鉄道の前身)高野線に接続する高野下 - 紀伊神谷駅 神谷駅間の開業に伴い営業を開始し、翌年極楽橋駅まで延長開業している。この営業開始に備えて1928年6月に日本車輌製造本店にてデ101形8両(デ101 - 108)とデニ501形2両(デニ501・502)が製作された。この路線は50パーミル ‰の急勾配と急曲線が連続するため、これに対応した特殊装備を多く備えていたのが特徴である。開業当初は架線電圧が1500Vであったため1500V専用車として新造されたが、1932年に南海鉄道との直通運転 相互乗り入れを実施し難波駅まで乗り入れるにあたって南海と同じ600Vに架線電圧が下げられることとなったため、600V専用車に改造された。
(Wikipedia:高野山電気鉄道101形電車)

高野山真言宗
高野山真言宗(こうやさんしんごんしゅう)は、真言宗の宗派である。総本山は金剛峯寺。別称として、高野宗・高野派。 全国約3700の末寺を包括する包括宗教法人である。 最高職は管長で、総本山金剛峯寺の座主を兼ねる。現在の管長は2014年11月15日に就任した第413世中西啓寶大僧正。任期は4年。 宗務は宗務総長及び各部長が方針を定める。各役員は、総本山金剛峯寺の責任役員を兼ねる。 法流 中院流 成立 高野山(和歌山県伊都郡高野町)は816年(弘仁7年)に嵯峨天皇より空海に下賜された。それ以後、高野山内に伽藍・諸堂を整備して、修法と門弟の教育を行った。 1593年(文禄2年)に豊臣秀吉が母・大政所の追善菩提のために高野山に建立した青厳寺とその隣にあった1590年(天正18年)に木食応其が建立した興山寺を1869年(明治2年)に合併して、寺号を金剛峯寺とした。 (Wikipedia:高野山真言宗)

高野山高等学校
校名=高野山高等学校
過去校名=高野山中学林
国公私立=私立学校
設置者=高野山真言宗→学校法人高野山学園
理念=
校訓=身のこなし美しく口にいつもありがとう意に思いやりの優しさあり
設立年月日=1886年5月1日
創立記念日=5月1日
創立者=
共学・別学=男女共学
課程=全日制課程
単位制・学年制=
設置学科=普通科
専攻科=宗教科
学期=
高校コード=30501E
郵便番号=648-0288
電話番号=0736-56-2204
(Wikipedia:高野山高等学校)

高野山旗西日本学童軟式野球大会
高野山旗全国学童軟式野球大会(こうやさんきぜんこくがくどうなんしきやきゅうたいかい)とは、和歌山県伊都郡高野町高野山で毎年7月下旬に開催される学童野球大会。野球を通じて青少年の健全育成と学童のスポーツ交流を目的に、1996年に近畿大会として開催。1998年の第3回大会より西日本、2012年大会からは全国に拡大し現在に至る。 なお、試合は5つの会場に分散して行われる。 主催と主管 主催 高野山旗全国学童軟式野球大会実行委員会 主管 和歌山県軟式野球連盟 歴代成績 関連項目 軟式野球。 (Wikipedia:高野山旗西日本学童軟式野球大会)

高野山1dayチケット
高野山1dayチケット(こうやさんワンデイチケット)は、大阪市交通局・近畿日本鉄道(近鉄)・京阪電気鉄道(京阪)・南海電気鉄道(南海)・能勢電鉄(能勢電)・阪急電鉄(阪急)・阪神電気鉄道(阪神)・山陽電気鉄道(山陽電鉄)・北大阪急行電鉄(北大阪急行)および大阪高速鉄道(大阪モノレール)が共同で発売している期間限定タイプの乗り放題の乗車券(電子カード)と優待クーポンがセットになった切符である。 高野山の世界遺産登録(2004年)を前にした観光客誘致のため、2002年に登場した。登場当初から春と秋に発売されている。2008年春より山陽電鉄、2009年春より北大阪急行と大阪モノレールからも発売されるようになった。 乗り放題の区間  南海難波駅・汐見橋駅 - 高野山駅 南海りんかんバスの高野山内路線(立里線、高野・龍神線はエリア外)このほか、発売する社局により、上記の路線に加えて以下の路線も乗り放題となる。 (Wikipedia:高野山1dayチケット)

高野山大学
高野山大学(こうやさんだいがく、英語: Koyasan University)は、和歌山県伊都郡高野町高野山385に本部を置く日本の私立大学である。1926年に設置された。大学の略称は高大、高野山。 高野山大学は、835年(承和2年)に空海が朝廷より真言宗後継者育成制度を認定されたことに始まりを持つとされ、現在は学校法人高野山学園が経営している。 学制としては、明治時代の1886年5月1日に古義真言宗大学林として、正式に開学した。 キャンパスの立地する標高が820mと、日本国内の大学では2番目に高い(1位は諏訪東京理科大学の900m)。 沿革 835年(承和2年) - 朝廷より真言宗後継者育成制度が認められる 1886年(明治19年)5月1日 - 古義真言宗大学林として古義真言宗尋常中学林とともに開講(開学年とする)。就業年限は7ヶ年 1890年(明治23年)1月 - 修業年限を4年6ヶ月に改正 1901年(明治34年)5月 - 古義真言宗各派の連合成立した真言宗各派連合大学林と改称 1907年(明治40年)7月 - 私立真言宗連合高野山大学と改称 1909年(明治42年)4月10日 - 専門学校令により開校を認可 1916年(大正5年)3月16日 - 私立真言宗高野山大学と改称 1926年(大正15年)4月2日 - 大学令により、高野山勧学財団運営による高野山大学の設立を認可 1927年(昭和2年)4月 - 高野山大学学部を開設 1928年(昭和3年)1月17日 - 学部哲学及び学科を哲学科と改むる件並びに学部学科課程変更の件等に関する学則変更の認可を受く 1929年(昭和4年) 1月16日 - 学部哲学科を哲学又は西洋倫理学専攻の二類に分つ等に関する学則変更の認可を受く 4月30日 - 真言宗高野山大学を1929年(昭和4年)限りで廃止するの件認可 1930年(昭和5年)4月 - 研究科を開設 1932年(昭和7年)9月2日 - 学部一般仏教学科を仏教学科と改称する件等に関する学則変更の認可を受く 1939年(昭和14年)3月31日 - 4学科を廃し、密教学、仏教学、仏教芸術学、哲学及び人文学の他に宗教教育学、社会事業学の専攻学科増設の件に関する学則変更の認可を受く 1943年(昭和18年) - 高野山密教研究所が開設される 1949年(昭和24年)2月21日 - 新制高野山大学の認可。 (Wikipedia:高野山大学)

高野山駅
高野山駅(こうやさんえき)は、和歌山県伊都郡高野町にある、南海鋼索線の駅。駅の標高は867m。駅番号はNK87。 「近畿の駅百選」に選定されている。 1930年(昭和5年)6月29日 - 高野山電気鉄道鋼索線開通と同時に開業。 1947年(昭和22年)3月15日 - 社名変更により、南海電気鉄道の駅となる。 2000年(平成12年)10月 - 駅業務を子会社の南海ビルサービスに委託。 2014年(平成26年)7月7日 - 駅舎のリニューアル工事(耐震補強及び改修工事)に着手する。 2015年(平成27年)2月20日 - 駅舎のリニューアル工事を完了。 2月22日 - リニューアル記念セレモニーを行う。 駅構造 頭端式2面1線の階段状のホームである。 駅舎は1928年(昭和3年)完成の木造2階建て。 洋風建築を基調とする外観で、高野山の玄関駅らしい頂上に宝珠を載せるなど寺院風の宝形造の屋根を持つ。1階がコンコース、2階が待合室である。 待合室には慈尊院や高野線の歴代車両の写真などが飾られ、また展望室もある。 (Wikipedia:高野山駅)

高野山町石道
File:Koyasan Choishi.JPG 200px thumb 高野山町石(奥の院)
高野山町石道(こうやさんちょういしみち)は、慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)から高野山(和歌山県伊都郡高野町)へ通じる高野山の表参道で、弘法大師空海が高野山を開山して以来の信仰の道とされてきた。
2004年7月に、高野山とともに『紀伊山地の霊場と参詣道』として国際連合教育科学文化機関 ユネスコの世界遺産に登録された。また、国指定の史跡でもある。登録名は「高野山町石」。
高野山への道標(道しるべ)として、1町(約109m)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3m強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられ、高野山上の壇上伽藍・根本大塔を起点として慈尊院までの約22kmの道中に180基、大塔から高野山奥の院・弘法大師御廟まで約4kmの道中に36基の、合計216基の町石が置かれている。また、慈尊院から数えて36町(1里)ごとには、町石の近くに「里石(りいし)」が合計4基置かれている。
(Wikipedia:高野山町石道)

高野山東京別院
名称 高野山東京別院
所在地 東京都港区高輪3-15-1
宗派 高野山真言宗
本尊 空海 弘法大師
創建年 明暦元年(1655年)
別称 高野山江戸在番所高野寺、東京別院
札所等 御府内88箇所1番、関東88箇所特別霊場、江戸33箇所29番
文化財
高野山東京別院(こうやさんとうきょうべついん)とは港区 (東京都) 港区高輪3-15-18に存在する寺院である。宗派は高野山真言宗。本尊は空海 弘法大師。隣に建つのは高輪警察署である。また地下には東京電力の変電所がある。
江戸時代における高野山学侶方の江戸在番所として慶長年間(1596年~1615年)に浅草日輪寺 (東京都台東区) 日輪寺に寄留して開創された。
明暦元年(1655年)に幕府より芝二本榎 (東京都港区) 二本榎に土地が下賜され、延宝元年(1673年)高野山江戸在番所高野寺として完成した。
(Wikipedia:高野山東京別院)

高野山ケーブルカー
『南海鋼索線』より : 鋼索線(こうさくせん)は、和歌山県伊都郡高野町にある南海高野線の終点極楽橋駅から霊峰高野山の玄関口である高野山駅までを結ぶ、南海電気鉄道のケーブルカー路線。「高野山ケーブル」と通称される(参考)。 2両連結の車両(コ11・21形)が最大568.2‰の勾配を往復している。極楽橋駅では高野線の列車と、高野山駅では金剛峯寺などがある高野町の中心部とを結ぶ南海りんかんバスの路線バスと接続している。 PiTaPaおよびICOCAなどPiTaPaと相互利用可能なIC乗車カードが利用できる。鋼索鉄道(ケーブルカー)でICカードを導入したのは、日本国内では当路線が初めてである。なお2015年9月現在、日本国内でICカードが利用できる鋼索鉄道は当路線のほかPiTaPa交通利用エリアの近畿日本鉄道(西信貴鋼索線のみ)、およびPASMOエリアの御岳登山鉄道、高尾登山電鉄、筑波観光鉄道の4事業者がある。 (Wikipedia:高野山ケーブルカー)

高野山フリーサービック
高野山フリーサービック(こうやさんフリーサービック)とは、南海電気鉄道(南海)が発売しているサービックの一つである。有効期間は2日。 2009年3月31日始発分から「高野山・世界遺産きっぷ」に名称変更された。 高野山観光のために設定されており、他のサービックよりも利用率も高く、一番人気のサービックとなっている。JTBや近畿日本ツーリストでも発売されているほか、南海主要駅で購入する場合には特急「こうや」の特別急行券がセットになったものも発売されている。 内容 ※高野山1dayチケットとクーポン券利用可能箇所が一部異なっている。 交通 発駅 - 高野山駅までの往復乗車券 南海りんかんバスの高野山内フリー乗車券 拝観料2割引となる施設 金剛峯寺 金堂 根本大塔 高野山霊宝館 土産購入割引(1割引)の店舗あり 料金例 難波駅から:2,780円(通常3,350円) 同駅から往路(片道)特急券付き:3,310円(通常4,110円)往路で特急「こうや」、復路で料金不要の列車を組み合わせて利用する場合は、往路片道特急券付きを利用できる(復路の特急「こうや」は、特急券を別途購入することで利用可能)が、その逆を利用する場合は特急券が付属しないサービックと特急券を別途購入する必要がある。 (Wikipedia:高野山フリーサービック)

高野山学童大会
『』より : 高野山旗全国学童軟式野球大会(こうやさんきぜんこくがくどうなんしきやきゅうたいかい)とは、和歌山県伊都郡高野町高野山で毎年7月下旬に開催される学童野球大会。野球を通じて青少年の健全育成と学童のスポーツ交流を目的に、1996年に近畿大会として開催。1998年の第3回大会より西日本、2012年大会からは全国に拡大し現在に至る。 なお、試合は5つの会場に分散して行われる。 主催と主管 主催 高野山旗全国学童軟式野球大会実行委員会 主管 和歌山県軟式野球連盟 歴代成績 関連項目 軟式野球。 (Wikipedia:高野山学童大会)

高野山学童野球大会
『』より : 高野山旗全国学童軟式野球大会(こうやさんきぜんこくがくどうなんしきやきゅうたいかい)とは、和歌山県伊都郡高野町高野山で毎年7月下旬に開催される学童野球大会。野球を通じて青少年の健全育成と学童のスポーツ交流を目的に、1996年に近畿大会として開催。1998年の第3回大会より西日本、2012年大会からは全国に拡大し現在に至る。 なお、試合は5つの会場に分散して行われる。 主催と主管 主催 高野山旗全国学童軟式野球大会実行委員会 主管 和歌山県軟式野球連盟 歴代成績 関連項目 軟式野球。 (Wikipedia:高野山学童野球大会)

高野山電気鉄道501形電車
『』より : (Wikipedia:高野山電気鉄道501形電車)


高野山 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

高野山 - アマゾン検索


「高野山」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す