[PR]

日別キーワード

第35位  舎利弗 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



舎利弗
舎利弗(しゃりほつ、梵:Śāriputra シャーリプトラ、巴: Sāriputta サーリープッタ)は釈迦の十大弟子の一人である。 シャーリー(サーリー)は母親の名前で、ある特定の鳥を意味し、「鶖鷺」などと漢訳されるが、いずれの鳥であるかは判然としない。プトラ(プッタ)は「弗(ホツ)」と音写し「息子」を意味するため、漢訳では舎利子(しゃりし)とも表される。「シャーリーの子」の意。 釈迦弟子中において、智慧第一と称される。舎利弗と目連を特に二大弟子と呼ぶ。 『般若経』など大乗の経典では、声聞乗(śrāvakayāna)を代表する長老の仏弟子として登場することが多い。『般若心経』の舎利子は、この人物のことである。 生涯 マガダ国の王舎城(ラージャガハ)北、那羅陀(ナーラダ、現ナーランダー)村出身で裕福なバラモンの家に生まれる。幼名は優波帝沙(ウパティッサ)といった。 隣村の目連と親友の仲。目連とともに、当初はサンジャヤ・ベーラッティプッタに師事した。 釈迦の弟子のアッサジ(阿説示)比丘と出会い、アッサジを通じて釈迦の教えの一部 を聞いたとたんに預流果(悟りの最初の段階)に達したと伝えられる。 (Wikipedia:舎利弗)


舎利弗 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

舎利弗 - アマゾン検索


「舎利弗」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す