[PR]

日別キーワード

第42位  大竹市 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



大竹市
大竹市(おおたけし)は、広島県南西部に位置する市。山口県との境に位置し、山口県の岩国市・和木町とつながりが強く一体の都市圏を形成している。小瀬川を挟んで大竹市から和木町・岩国市にかけての沿岸部に、石油コンビナート・紙パルプ・化学繊維などの企業が立地し、瀬戸内工業地域の一拠点として発展している。 地理 広島県の最西端東経132度13分、北緯34度14分に位置し、市域は南北に細長く東西 10.5 キロメートル、南北 14.5 キロメートル、周囲 59.0 キロメートル、面積 78.55 平方キロメートルで、地形は南西部より北東部に向かい緩傾斜をなし、地質は西部山地の古生層および花崗岩、市街地は砂および礫となっている。 市街地は北西部の中国山地、南部の小瀬川、東部の瀬戸内海に囲まれ、東部の海上に宮島を望み、海岸線に沿って展開された平坦地に発達している。 北部に飛地がある(栗谷町後原、栗谷町谷尻、栗谷町広原、松ケ原町)。 気候 人口 古代~近世 古代山陽道の要路となっており、遠管郷と呼ばれ、遠管駅が置かれていた。 (Wikipedia:大竹市)

大竹市立大竹中学校
校名=大竹市立大竹中学校
過去校名=#沿革 沿革の項を参照。
国公私立=公立学校
設置者=大竹市
併合学校=
設立年月日=
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=739-0614
所在地=広島県大竹市白石1丁目8-1
電話番号=0827-52-5177
FAX番号=0827-52-5178
(Wikipedia:大竹市立大竹中学校)

大竹市立小方小学校
大竹市立小方小学校(おおたけしりつおがたしょうがっこう)は、広島県大竹市小方1丁目に位置する小学校。1993年に創立120年の記念式典が行われている。
広島県大竹市小方1丁目8-1
1873年 小方村(当時)に前身となる啓蒙社が設立された。
1945年 原爆被曝者の避難場所として、小方小学校の講堂などが使用された。
1954年 大竹市市制施行に伴い、大竹市立小方小学校に改称。
よく学びやさしく元気な小方っ子
広島県の公立小学校 おおたけしりつおかたしようかつこう
大竹市 おかたしようかつこう
(Wikipedia:大竹市立小方小学校)

大竹市立大竹小学校
大竹市立大竹小学校(おおたけしりつおおたけしょうがっこう)は、広島県大竹市白石2丁目に位置する小学校。
広島県大竹市白石2丁目1-1
1873年 勝善寺を仮校舎として成業館が設立された。
1887年 大竹尋常小学校に改称。
1947年 大竹町立大竹小学校に改称。
1954年 市制施行に伴ない大竹市立大竹小学校に改称。
1973年 創立百周年記念行事開催。
広島県の公立小学校 おおたけしりつおおたけしようかつこう
大竹市 おおたけしようかつこう
(Wikipedia:大竹市立大竹小学校)


大竹市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

大竹市 - アマゾン検索


「大竹市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す