[PR]

日別キーワード

第51位  尾道市 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



尾道市
尾道市(おのみちし)は、広島県の南東部、山陽地方のほぼ中南部に位置する市である。 岡山市と広島市のほぼ中間に位置しており、この付近は両地域の「緩衝地帯」となっている。瀬戸内海(対岸の向島との間はその狭さから尾道水道と呼ばれる)に面し、古くから海運による物流の集散地として繁栄していた。明治時代には山陽鉄道が開通し鉄道と海運の接点ともなり、広島県東部(備後地方)で最大の都市となるが、昭和40年代初頭には福山市(工業都市化で急速に発展し旧城下町で平地に恵まれた)に中心地の座を明け渡した。ただし、現在も備後都市圏の有力都市のひとつとなっている。1999年(平成11年)5月のしまなみ海道開通によって四国の今治市と陸路で結ばれ、物流面での利便性が高まり、2015年(平成27年)3月には中国横断自動車道(尾道松江線)が全線開通し、「瀬戸内の十字路」として更なる利便性の向上が見込まれている。 (Wikipedia:尾道市)

尾道市交通局
おのみちバス株式会社は、広島県尾道市に本社を置くバス会社である。なお、前身の地方公営企業であり、2008年4月1日をもって事業をすべておのみちバスに譲渡し幕を下ろした「尾道市交通局(おのみちしこうつうきょく)」も本項で取り扱う。 尾道市交通局(尾道市営バス)時代から、同市を主なエリアとする路線バス事業と、貸切バス事業を運営している。市内の路線バスのエリアはおおむね新尾道駅以南の旧市街地で、北部は主に中国バスのエリアとなる。近年尾道市の観光地化に伴い、レトロ調の観光路線バス、定期観光バスを運行。貸切バス事業においてはおのみちバス主催のツアーを組む等、積極的な経営を行っている。 大正から昭和初期にかけて、尾道市内においては、個人事業等による中小零細のバス事業者が乱立し、乗客の獲得合戦、運行ダイヤの不正確さ等混乱を来していた。そのため、主に市内中心部を東西に運行していた路線等について、尾道市が集約し買い上げる形で、1932年に誕生した。その後旧市街地を中心に路線を伸ばし、尾道大橋開通および向島町営バスの合併により対岸の向島へ、1983年の因島大橋開通時より因島市へも路線を伸ばした。 (Wikipedia:尾道市交通局)

尾道市営バス
『尾道市交通局』より : おのみちバス株式会社は、広島県尾道市に本社を置くバス会社である。なお、前身の地方公営企業であり、2008年4月1日をもって事業をすべておのみちバスに譲渡し幕を下ろした「尾道市交通局(おのみちしこうつうきょく)」も本項で取り扱う。 尾道市交通局(尾道市営バス)時代から、同市を主なエリアとする路線バス事業と、貸切バス事業を運営している。市内の路線バスのエリアはおおむね新尾道駅以南の旧市街地で、北部は主に中国バスのエリアとなる。近年尾道市の観光地化に伴い、レトロ調の観光路線バス、定期観光バスを運行。貸切バス事業においてはおのみちバス主催のツアーを組む等、積極的な経営を行っている。 大正から昭和初期にかけて、尾道市内においては、個人事業等による中小零細のバス事業者が乱立し、乗客の獲得合戦、運行ダイヤの不正確さ等混乱を来していた。そのため、主に市内中心部を東西に運行していた路線等について、尾道市が集約し買い上げる形で、1932年に誕生した。その後旧市街地を中心に路線を伸ばし、尾道大橋開通および向島町営バスの合併により対岸の向島へ、1983年の因島大橋開通時より因島市へも路線を伸ばした。 (Wikipedia:尾道市営バス)

尾道市立広島県尾道南高等学校
尾道市立広島県尾道南高等学校(おのみちしりつ ひろしまけん おのみちみなみ こうとうがっこう)は全国的にも珍しい市立の定時制高校である。広島県尾道市長江二丁目にある。 沿革 1920年 尾道市立実業補習学校として開校する 1922年 現在地に移転する 1923年 尾道商業実務学校と改称する 1935年 尾道市立明徳商業学校(前身のひとつ)が設立される 1946年 尾道市立明徳商業学校内に尾道市立商業学校が設置される。 1948年 尾道市立商業学校を廃止。尾道市立明徳商業学校を尾道市立明徳高等学校と改称。全日制女子と定時制・男女を設置 1949年 尾道市立明徳高等学校を廃止し,広島県尾道南高等学校として開校する。 1971年 商業科を廃止し,定時制普通科高校になり現在に至る。 関連項目 広島県高等学校一覧 日本の定時制高等学校一覧 外部リンク 公式サイト。 (Wikipedia:尾道市立広島県尾道南高等学校)


尾道市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

尾道市 - アマゾン検索


「尾道市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す