[PR]

日別キーワード

第52位  豊中 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



豊中
『』より : 豊中市(とよなかし)は、大阪府豊能地域に位置する市。2012年(平成24年)4月1日、特例市から中核市へと移行した。 明治以前は能勢街道の中間地点として栄えた。明治以降は箕面有馬電気軌道(現:阪急電鉄)の沿線開発とともに住民が増えた。さらに、大阪都心から15km圏内という利点を活かし、北東部の新千里地区を中心に大阪都市圏の衛星都市、ベッドタウンとして、昭和30年代から千里ニュータウンの開発が急速に進んだ。そのため下水道などの都市基盤設備(インフラストラクチャー)の整備率は高い。交通面でも、阪急電鉄、北大阪急行電鉄と阪急バスによる公共交通網、中国自動車道、名神高速道路、阪神高速池田線、新御堂筋をはじめとする幹線道路網、それに市北西部の大阪国際空港の存在など、至便の地である。交通については後述。 概ね、阪急宝塚線の旧豊中エリア、地下鉄御堂筋線の延長である北大阪急行電鉄の千里地区に分けられる。高級住宅地の北部(東豊中・緑丘・上野坂等)・中部(曽根・桜塚・長興寺等)、そして商工業地域の南部に分かれる。 (Wikipedia:豊中)

豊中キャンパス
『大阪大学』より : 大阪大学(おおさかだいがく、英語: Osaka University)は、大阪府吹田市山田丘1番1号に本部を置く日本の国立大学である。1931年に設置された。大学の略称は阪大(はんだい)。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。 大学全体 大阪大学は、1838年(天保9年)に緒方洪庵により設立された適塾を直接の源流としている。適塾は1868年(明治元年)に閉鎖されるが、翌1869年(明治2年)設立の浪華仮病院および仮医学校に教師・塾生が移籍し、これが改組・改称を経て現在の大阪大学医学部となっている。当時、長崎へ遊学した慶應義塾創立者である福澤諭吉が蘭学では適塾が最先端を行っているということを教えられ、この塾へ入門し1857年(安政4年)には第10代塾頭となっている。なお、大阪大学は、懐徳堂(1724年 享保9年 設立)とも関係がある。懐徳堂は1869年に閉鎖されるが、1910年(明治43年)に懐徳堂記念会の設立(後に財団法人化)、最後の預人中井桐園の嫡子中井天生(中井木菟麻呂)らの尽力で、1916年(大正5年)の重建懐徳堂の設立により再興を果たした。 (Wikipedia:豊中キャンパス)

豊中市
豊中市(とよなかし)は、大阪府豊能地域に位置する市。2012年(平成24年)4月1日、特例市から中核市へと移行した。 明治以前は能勢街道の中間地点として栄えた。明治以降は箕面有馬電気軌道(現:阪急電鉄)の沿線開発とともに住民が増えた。さらに、大阪都心から15km圏内という利点を活かし、北東部の新千里地区を中心に大阪都市圏の衛星都市、ベッドタウンとして、昭和30年代から千里ニュータウンの開発が急速に進んだ。そのため下水道などの都市基盤設備(インフラストラクチャー)の整備率は高い。交通面でも、阪急電鉄、北大阪急行電鉄と阪急バスによる公共交通網、中国自動車道、名神高速道路、阪神高速池田線、新御堂筋をはじめとする幹線道路網、それに市北西部の大阪国際空港の存在など、至便の地である。交通については後述。 概ね、阪急宝塚線の旧豊中エリア、地下鉄御堂筋線の延長である北大阪急行電鉄の千里地区に分けられる。高級住宅地の北部(東豊中・緑丘・上野坂等)・中部(曽根・桜塚・長興寺等)、そして商工業地域の南部に分かれる。 (Wikipedia:豊中市)

豊中・池田ケーブルネット
豊中・池田ケーブルネット株式会社(とよなか・いけだケーブルネット)は、かつて大阪府豊中市に本社があったケーブルテレビ局であった。 ジュピターテレコムの連結子会社であるジェイコムウエストの連結子会社であった。 2003年12月1日に豊中コミュニティーケーブルテレビ株式会社が存続会社となって池田マルチメディア株式会社と合併して誕生した会社であり、ケーブルウエストの連結子会社であった。 2006年9月28日に親会社でMSOのケーブルウエストがジュピターテレコムに買収され、同社のグループ会社となった。2008年1月1日付でケーブルウエストが北摂ケーブルネットと共にジェイコム関西に吸収され、ジェイコムウエスト(ジェイコム関西が商号変更)となった。これにより、豊中・池田ケーブルネットはジェイコムウエストの子会社となった。2013年1月1日付でジェイコムウエストに吸収合併され会社解散した。 サービスエリア 大阪府豊中市 大阪府池田市 主な放送チャンネル テレビ局 ★はオプションチャンネル チャンネル名(太字)はハイビジョン放送チャンネル ラジオ局 関連項目 ケーブルテレビ局の一覧 外部リンク J:COM 豊中・池田。 (Wikipedia:豊中・池田ケーブルネット)

豊中市立豊島小学校
校名=豊中市立豊島小学校
過去校名=麻田村第5番小学校原田小学校修成尋常小学校南豊島尋常小学校南豊島第1尋常高等小学校南豊島第1国民学校
国公私立=公立学校
設置者=豊中市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1874年
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=561-0858
所在地=大阪府豊中市服部 (豊中市) 服部西町3-6-5
電話番号=06-6862-4911
(Wikipedia:豊中市立豊島小学校)

豊中南警察署
名称=豊中南警察署
都道府県警察=大阪府警察
管轄区域=豊中市南部
課数=
交番数=7
駐在所数=
所在地郵便番号=561-0832
所在地=大阪府豊中市庄内西町5丁目1番10号
特記事項=
豊中南警察署(とよなかみなみけいさつしょ)は、大阪府警察が管轄する警察署の一つ。
大阪府豊中市庄内西町5丁目1番10号
阪急宝塚本線 庄内駅 (大阪府) 庄内駅
豊中市
稲津町一丁目、稲津町二丁目、稲津町三丁目、今在家町、大島町一丁目、大島町二丁目、大島町三丁目
小曽根一丁目、小曽根二丁目、小曽根三丁目、小曽根四丁目、小曽根五丁目、神州町、
北条町一丁目、北条町二丁目、北条町三丁目、北条町四丁目、上津島一丁目、上津島二丁目、上津島三丁目、三和町一丁目、三和町二丁目、三和町三丁目、三和町四丁目、島江町一丁目、島江町二丁目
(Wikipedia:豊中南警察署)

豊中市立図書館
豊中市立図書館(とよなかしりつとしょかん)は、大阪府豊中市が設置する公立図書館の総称。図書館9館・図書室1室及び移動図書館 「動く図書館」から成る。
豊中市在住者、豊中市に通勤・通学している人を対象に、1人書籍は10冊やCDは2枚までのの貸し出しを行っている。ホームページからでも登録さえすれば、予約・リクエストは出来るようになっている。
箕面市と図書館広域利用制度を試行しており、豊中市立千里図書館 千里図書館と蛍池図書館では箕面市の住民も貸し出しを受けることができ、豊中市民も箕面市立西南図書館・箕面市立萱野南図書館で貸し出しを受けることが出来る。
また、ほとんどの図書館が、公民館・老人福祉センター・幼稚園・老人デイサービスセンター・スポーツルームとの複合施設で、蛍池図書館は再開発ビルの中に存在している。
(Wikipedia:豊中市立図書館)

豊中インターチェンジ
豊中インターチェンジ(とよなかインターチェンジ)は、大阪府豊中市の名神高速道路上のインターチェンジ。 名神高速道路から阪神高速11号池田線への料金所では合併徴収されるので実体はジャンクションであり(「豊中ジャンクション」と誤記されることも少なくない)、阪神高速豊中南出入口(とよなかみなみでいりぐち)についてもここで述べる。 道路 名神高速道路(36番) 阪神高速11号池田線(11-07,11-08) 接続する道路 大阪府道10号大阪池田線 料金所 ブース数:20 名神高速入口など ブース数:4 ETC専用:1 ETC・一般:1 一般:2 名神高速出口など ブース数:16 ETC専用:5 ETC・一般:5 一般:6 1963年(昭和38年)7月16日 - 名神高速道路 尼崎IC - 栗東IC間の開通にあわせて設置。 (Wikipedia:豊中インターチェンジ)

豊中南出入口
『豊中インターチェンジ』より : 豊中インターチェンジ(とよなかインターチェンジ)は、大阪府豊中市の名神高速道路上のインターチェンジ。 名神高速道路から阪神高速11号池田線への料金所では合併徴収されるので実体はジャンクションであり(「豊中ジャンクション」と誤記されることも少なくない)、阪神高速豊中南出入口(とよなかみなみでいりぐち)についてもここで述べる。 道路 名神高速道路(36番) 阪神高速11号池田線(11-07,11-08) 接続する道路 大阪府道10号大阪池田線 料金所 ブース数:20 名神高速入口など ブース数:4 ETC専用:1 ETC・一般:1 一般:2 名神高速出口など ブース数:16 ETC専用:5 ETC・一般:5 一般:6 1963年(昭和38年)7月16日 - 名神高速道路 尼崎IC - 栗東IC間の開通にあわせて設置。 (Wikipedia:豊中南出入口)

豊中駅
豊中駅(とよなかえき)は、大阪府豊中市本町一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。駅番号はHK-46。 急行は当駅から宝塚・箕面方面の各駅に停車する。特急「日生エクスプレス」以外の全種別が停車する。 1913年(大正2年)9月29日 - 箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄)の駅として開業。 1986年(昭和61年)12月1日 - ダイヤ改正により、急行停車駅に昇格。(平日ラッシュ時の一部は通過) 1997年(平成9年) 11月8日 - 曽根駅から当駅まで宝塚駅方面行き線路の高架化が行われる。10両編成対応ホームが完成。 11月16日 - ダイヤ改正により急行が終日停車する。 2000年(平成12年)11月29日 - 高架化が完了。 2013年(平成25年)12月21日 - 駅番号導入。 2015年(平成27年)3月21日 - ダイヤ改正により通勤急行、通勤準急が廃止。替わって新設された通勤特急の停車駅となる。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する高架駅。宝塚側に引き上げ線があり、さらに大阪側に留置線が2本あるため、停留所ではない。 (Wikipedia:豊中駅)

豊中町 (香川県)
豊中町(とよなかちょう)は、香川県三豊市内の地名。-> 三豊市を参照。
豊中町(とよなかちょう)は、香川県三豊郡に属していた(前項の地名と同地域の)町。本稿では、三豊市への合併時点(2006年1月1日)までの記事・データ表情報を記載中のため、現在の情報については前項に示した三豊市を参照。
豊中町(とよなかちょう)は、香川県にあった町。
廃止日=2006年1月1日
廃止理由=新設合併
廃止詳細=仁尾町+高瀬町 (香川県) 高瀬町+豊中町+山本町 (香川県) 山本町
+財田町 (香川県) 財田町+詫間町+三野町 (香川県) 三野町→三豊市
現在の自治体=三豊市
自治体名=豊中町
区分=町
地方=四国地方
都道府県=香川県
支庁=
郡=三豊郡
コード=37425-3
面積=19.9
境界未定=なし
人口=11,607
(Wikipedia:豊中町 (香川県))

豊中亀岡線
『大阪府道・京都府道43号豊中亀岡線』より : 大阪府道・京都府道43号・主要地方道豊中亀岡線(おおさかふどう・きょうとふどう43ごう とよなかかめおかせん)は、大阪府豊中市から京都府亀岡市に至る主要地方道である。 阪急電鉄箕面駅付近より重複路線大阪府道4号茨木能勢線沿道の勝尾寺にかけては、秋の紅葉狩りシーズンに大混雑を来す。このため、秋の週末には茨木から箕面方面への一方通行規制が行われている。箕面公園内は急カーブが多く、地元ではドライブウェイとしても知られるが、道幅はあまり広くないうえにニホンザルが出没することがあり、それを見物する自動車が急カーブの先に停車していることも多く、交通事故も多発している。また、茨木市の清阪集落より清阪峠までは1車線となり、対面通行も困難な状況である。大型貨物自動車や自動二輪車は、一部区間で通行禁止になっている。起点の豊中市区間は、南北に並行する2本の道路(西側を旧道、東側を新道ということもある)が指定されており、箕面市との市境付近の陸上自衛隊豊中分屯地前で1本に合流している。 (Wikipedia:豊中亀岡線)

豊中市立第九中学校
豊中市立第九中学校(とよなかしりつ だいきゅうちゅうがっこう)は、大阪府豊中市新千里南町一丁目にある公立中学校。 沿革 1970年 4月1日 - 豊中市立第八中学校から分離開校。 6月1日 - 校章制定。この日を創立記念日とする。 1971年 2月15日 - 体育館兼講堂竣工。 6月15日 - プール竣工。 1976年1月29日 - 校歌制定。 1982年4月1日 - 従来の校区の一部を、豊中市立第八中学校校区へ分離編入。 1997年7月2日 - エレベーター工事竣工。 2005年4月1日 - 従来の豊中市立第八中学校の校区の一部を編入。 通学区域 豊中市立新田小学校、豊中市立西丘小学校、豊中市立南丘小学校、豊中市立新田南小学校の通学区域。 豊中市 上新田1-4丁目、新千里西町1-3丁目、新千里南町1-2丁目。 ※豊中市立第八中学校との調整区域あり。 豊中市立中学校通学区域一覧表を参照。 著名な出身者 小林千絵 - 歌手 矢井田瞳 - 歌手 藤井隆 - お笑いタレント 河崎大樹 - 大阪府知事秘書 立田恭三 - 読売テレビアナウンサー 交通 北大阪急行・大阪モノレール 千里中央駅 南西へ約600m 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 豊中市立第九中学校。 (Wikipedia:豊中市立第九中学校)

豊中町
豊中町(とよなかちょう) 豊中町 (大阪府) - 大阪府 豊能郡 豊中町 (現・豊中市) 豊中町 (香川県) - 香川県 三豊郡 豊中町 (現・三豊市)。 (Wikipedia:豊中町)

豊中市立豊島西小学校
校名=豊中市立豊島西小学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=豊中市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1967年
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=561-0843
所在地=大阪府豊中市上津島3丁目4-1
電話番号=06-6863-4848
(Wikipedia:豊中市立豊島西小学校)

豊中市立桜井谷東小学校
校名=豊中市立桜井谷東小学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=豊中市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1978年4月1日
記念日名称=創立記念日
創立記念日=1月23日
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=560-0022
電話番号=06-6848-6405・6406
FAX番号=06-6857-4964
(Wikipedia:豊中市立桜井谷東小学校)

豊中市立克明小学校
豊中市立克明小学校(とよなかしりつ こくめいしょうがっこう)は、大阪府豊中市岡町北三丁目にある公立小学校。 沿革 明治時代初期に設置された豊島郡第六番小学校、豊島郡第八番小学校、豊島郡第十番小学校の3校を前身としている。学校統合を経て1888年に克明尋常小学校となった。 その後児童数の増加により、当校から桜塚・大池・箕輪の3小学校を分離している。 1874年 - 第六番小学校・第八番小学校開設。 1877年 - 第十番小学校開設。 1881年) - 第六番小学校・第十番小学校合併により轟木小学校となる。第八番小学校は桜塚小学校に改称。 1888年 - 轟木小学校・桜塚小学校合併により豊島郡克明尋常小学校が発足。校舎は豊中村大字新免大池下(現在の豊中市立大池小学校付近)に設置。 1896年4月1日 - 郡の合併により、豊能郡克明尋常小学校となる。 1909年 - 現在地に移転。 1924年4月1日 - 豊能郡克明第二尋常小学校(現在の豊中市立桜塚小学校)を分離。 1935年4月1日 - 豊能郡克明第三尋常小学校(現在の豊中市立大池小学校)を分離。 (Wikipedia:豊中市立克明小学校)

豊中市立第六中学校
豊中市立第六中学校(とよなかしりつ だいろくちゅうがっこう)は、大阪府豊中市庄内幸町四丁目にある公立中学校。 旧豊能郡庄内町の中学校として、1947年に開校した。2003年以降、「花と緑の学校づくり」として校内緑化の取り組みに力を入れている。 沿革 1947年3月 - 大阪府豊能郡庄内町立中学校として設置。 1950年6月 - 豊能郡庄内町大字三屋223番地(現在地・当時の住所表示)に移転。 1955年1月 - 庄内町が豊中市に編入されたことに伴い、豊中市立庄内中学校と改称。 1959年4月 - 豊中市立第六中学校と改称。 1961年3月 - 豊中市立第七中学校を分離。 1965年4月 - 大阪府教育委員会より、技術家庭科の研究校に指定される。 1966年8月 - 校歌制定。 1967年7月 - 大阪府教育委員会より、理科教育施設モデル校に指定される。 1969年4月 - 大阪府教育委員会より、一般教育および特殊教育の研究校に指定される。 1972年3月 - 校区の一部を、新設の豊中市立第十中学校に分離。 (Wikipedia:豊中市立第六中学校)

豊中市立第四中学校
豊中市立第四中学校(とよなかしりつ だいよんちゅうがっこう)は、大阪府豊中市服部本町四丁目にある公立中学校。夜間学級を併設する。 沿革 1949年4月1日 - 開校。 1952年2月1日 - 校歌制定。 1975年4月15日 - 夜間学級開設。 1976年4月1日 - 養護学級設置。 1986年4月9日 - 体育館兼講堂竣工。 2002年3月11日 - エレベーター設置完了。 通学区域 豊中市立中豊島小学校の通学区域全域。 豊中市立豊島小学校の通学区域の一部。 豊中市立緑地小学校の通学区域の一部。 豊中市立中学校通学区域一覧表を参照。 著名な出身者 村井嘉浩(宮城県知事) 坂崎一彦(元読売外野手) 中野寛成(元民主党幹事長) 田中直樹(お笑いコンビココリコ) 遠藤章造(お笑いコンビココリコ) 中田なおき(お笑い芸人) 若竹竜士(阪神タイガース投手) 彩央寿音(宝塚歌劇団月組男役) 交通 阪急電鉄宝塚線服部天神駅及び曽根駅から徒歩10分。 (Wikipedia:豊中市立第四中学校)

豊中市立庄内南小学校
豊中市立庄内南小学校(とよなかしりつ しょうないみなみしょうがっこう)は、大阪府豊中市大黒町一丁目にある公立小学校。 1950年に庄内町立庄内小学校(現在の豊中市立庄内小学校)より分離開校した。学校敷地は、旧制豊能郡庄内町青年学校の跡地を転用している。 沿革 1950年4月1日 - 庄内町立庄内南小学校として開校。庄内町立庄内小学校(現在の豊中市立庄内小学校) の一部を仮校舎として借用。 1950年7月1日 - 現在地に移転。開校記念式典を実施。 1950年9月3日 - ジェーン台風により校舎被災。 1950年10月 - 校章制定。 1951年5月 - 校歌制定。 1955年1月1日 - 庄内町が豊中市に編入されたことに伴い、豊中市立庄内南小学校と改称。 1955年4月1日 - 従来の校区の一部を、新設の豊中市立庄内西小学校校区へ分離。 1958年7月17日 - プール完成。 1966年4月1日 - 豊中市立千成小学校を分離。 1966年9月12日 - 体育館完成。 1981年3月31日 - 冷暖房機械設置。 (Wikipedia:豊中市立庄内南小学校)

豊中市立第十七中学校
豊中市立第十七中学校(とよなかしりつ だいじゅうしちちゅうがっこう)は、大阪府豊中市西泉丘二丁目にある公立中学校。近隣には服部緑地がある。自由服制を採用している。 沿革 1982年 4月1日 - 開校。 5月28日 - 校章制定。 7月14日 - 標準服制定。 1984年11月17日 - 校歌発表記念式典を挙行。 1998年4月7日 - 自由服化。 2007年 - 夏季休業中に各教室、クーラー設置工事(音楽室やコンピュータルーム、職員室などには以前から設置済み)。 2010年 - 冬季休業から三学期にかけて工事を行い、屋上にソーラーパネルを設置 通学区域 豊中市立泉丘小学校の通学区域全域。 豊中市立緑地小学校の通学区域の一部。 豊中市立東泉丘小学校の通学区域の一部。 豊中市立中学校通学区域一覧表を参照。 周辺 服部緑地 豊中市立泉丘小学校南東部に服部緑地が広がっているが、東、南、西側は墓地が広がっている。 (Wikipedia:豊中市立第十七中学校)


豊中 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

豊中 - アマゾン検索


「豊中」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す