[PR]

日別キーワード

第56位  巫女舞 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



巫女舞
巫女舞(みこまい・神子舞)とは、巫女によって舞われる神楽の舞の一つ。巫女神楽(みこかぐら)・八乙女舞(やおとめまい)とも。
古代日本において、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神がかりの儀式のために行われた舞がもととなり、それが様式化して祈祷や奉納の舞となった。前者(「神がかり系」)においては古来の神がかりや託宣の儀式の形式に則って回っては回り返すという動作を繰り返しながら舞うことなどでその身を清めてからその身に神を降すという、その古態を残すところもあるが、現在では優雅な神楽歌にあわせた舞の優美さを重んじた後者(「八乙女系」)がほとんどである。千早・水干・緋袴・白足袋の装いに身を包んだ巫女が太鼓や笛、銅拍子などの囃子にあわせて鈴・扇・ササ 笹・榊・幣など依り代となる採物を手にした巫女が舞い踊る。また、関東地方の一部などでは巫女が仮面を嵌める場合もある。処女が巫女(八乙女)として舞を務める例が多いが、近年では神職の妻女や老女が舞う場合もある『神道辞典』「巫女舞」の項目(P566)。
(Wikipedia:巫女舞)


巫女舞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

巫女舞 - アマゾン検索


「巫女舞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す