[PR]

日別キーワード

第2位  宇部 - 2019年02月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇部
『』より : 宇部市(うべし)は、山口県西部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。 山口県西部の拠点都市の一つであり、県内では下関市、山口市に次ぎ3番目となる約17万人の人口を擁する(1km²当たりの人口密度は防府市、下松市に次ぐ県内第3位の604.0人)。本市を中心として人口約26万人の宇部都市圏が形成されているほか、福岡県北九州市などとの交流も深く、関門都市圏の一部でもある。 宇部市の前身である宇部村は、江戸時代まで厚狭郡南部の半島状地形の先端部にある一寒村であったが、明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した。石炭産業は後に宇部興産の一部となり、現在でも同社は本社機能の一部および主力生産拠点を市内に置いている。市の沿岸部は同社を中心とした工業地帯が形成されており、宇部港が津久見港(大分県)、苅田港(福岡県)に次いで国内3位のセメント輸出量を誇るなど、北九州工業地帯・瀬戸内工業地域の一翼を担う。 (Wikipedia:宇部)

宇部鉄道の電車
宇部鉄道の電車(うべてつどうのでんしゃ)
本項では、宇部鉄道(現在の西日本旅客鉄道宇部線および小野田線一部の前身)が保有した電車について記述する。
宇部鉄道は、1915年(大正4年)に最初の区間を開業し、1925年(大正14年)3月に全通を果たし、以来、蒸気動力による営業を行なってきたが、1929年(昭和4年)11月に小郡(現在の新山口駅 新山口) - 西宇部(現在の宇部駅 宇部)間を直流電化 直流1500ボルト (単位) Vにより鉄道の電化 電化し、電車による旅客輸送を開始し、電車を保有することとなった。一方で貨物輸送は、従来どおり蒸気機関車によって行なわれた。1936年(昭和11年)には、電力事情の逼迫により、気動車 ガソリン動車も導入されている。
(Wikipedia:宇部鉄道の電車)

宇部市
宇部市(うべし)は、山口県西部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。 山口県西部の拠点都市の一つであり、県内では下関市、山口市に次ぎ3番目となる約17万人の人口を擁する(1km²当たりの人口密度は防府市、下松市に次ぐ県内第3位の604.0人)。本市を中心として人口約26万人の宇部都市圏が形成されているほか、福岡県北九州市などとの交流も深く、関門都市圏の一部でもある。 宇部市の前身である宇部村は、江戸時代まで厚狭郡南部の半島状地形の先端部にある一寒村であったが、明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した。石炭産業は後に宇部興産の一部となり、現在でも同社は本社機能の一部および主力生産拠点を市内に置いている。市の沿岸部は同社を中心とした工業地帯が形成されており、宇部港が津久見港(大分県)、苅田港(福岡県)に次いで国内3位のセメント輸出量を誇るなど、北九州工業地帯・瀬戸内工業地域の一翼を担う。 (Wikipedia:宇部市)

宇部線
宇部線(うべせん)は、山口県山口市の新山口駅から山口県宇部市の宇部駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 周防灘に沿って敷かれ、宇部市の中心市街地を貫通する。宇部市中心部および山口市南部(旧阿知須町を含む)と山陽本線の宇部駅・新山口駅との旅客輸送が中心となっている。他線への直通は厚狭駅や下関駅など宇部駅から西側方面のみであり、東側方面はすべて新山口駅が終着駅となっている。 かつては石炭輸送などの貨物輸送が盛んであり、沿線の工場などへの支線が数多く存在したが、主力であった宇部興産向けやセントラル硝子宇部工場向け(2009年10月18日限りで廃止)の石灰石輸送は宇部興産専用道路を使用したトラック輸送に切り替えられている(「宇部興産#宇部興産と鉄道貨物」も参照)。 (Wikipedia:宇部線)

宇部東線
『宇部線』より : 宇部線(うべせん)は、山口県山口市の新山口駅から山口県宇部市の宇部駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 周防灘に沿って敷かれ、宇部市の中心市街地を貫通する。宇部市中心部および山口市南部(旧阿知須町を含む)と山陽本線の宇部駅・新山口駅との旅客輸送が中心となっている。他線への直通は厚狭駅や下関駅など宇部駅から西側方面のみであり、東側方面はすべて新山口駅が終着駅となっている。 かつては石炭輸送などの貨物輸送が盛んであり、沿線の工場などへの支線が数多く存在したが、主力であった宇部興産向けやセントラル硝子宇部工場向け(2009年10月18日限りで廃止)の石灰石輸送は宇部興産専用道路を使用したトラック輸送に切り替えられている(「宇部興産#宇部興産と鉄道貨物」も参照)。 (Wikipedia:宇部東線)

宇部鉄道
『宇部線』より : 宇部鉄道株式会社(うべてつどう)は、かつて存在した日本の鉄道会社。現在の宇部線にあたる鉄道路線などを建設した。 明治期以降、山口県厚狭郡宇部村(現・宇部市)は宇部炭鉱を中心とした鉱工業により急速な発展を遂げていた。しかし、1900年(明治33年)12月3日に三田尻駅(現・防府駅) - 厚狭駅間を開通した山陽鉄道は、同村が産炭地として知られる以前に計画されたこともあり村内を通らず、また最寄りの小野田駅は、村の中心地として人口が集積し始めていた同村新川地区から厚東川をはさみ道程約10km以上離れた地点にあった。 1910年(明治43年)7月1日には、宇部村の要請で隣接する同郡厚南村に宇部駅が開設されたものの、村内に鉄道駅が開設されたわけではなく、鉄道輸送網から取り残された状況は変わらなかった。このため、同年4月21日に公布されていた軽便鉄道法に基づき、宇部興産の創業者である渡辺祐策を総代とし、村田増太郎、林仙輔(第2代宇部市長)、高良宗七(第3代宇部市議会議長、宇部紡績社長)、庄晋太郎(のちの立憲政友会衆議院議員)、新川元右衛門、三隅哲雄(のちの立憲民政党衆議院議員)、名和田正、俵田軍太郎ら9人の発起により、同年12月16日に軽便鉄道敷設免許(厚狭郡宇部村西新川-同郡厚南村宇部駅間)を申請、翌1911年(明治44年)6月28日に敷設認可を受けた。 (Wikipedia:宇部鉄道)

宇部西線
『小野田線』より : 小野田線(おのだせん)は、山口県宇部市の居能駅から山口県山陽小野田市の小野田駅までと雀田駅から分岐して長門本山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。 山陽小野田市の南部を縦貫し、山陽小野田市中心部と山陽本線小野田駅との旅客輸送が中心である。かつては石灰石や石炭輸送で賑わった。 雀田駅 - 長門本山駅間の支線は本山支線もしくは(長門)本山線と呼ばれ、最後の旧形国電運転区間として、2003年(平成15年)3月14日までクモハ42形電車が運転されていた(詳細後述)。 全区間を広島支社の山口地域鉄道部が管轄している。路線図や駅掲示時刻表のシンボルで使用されているラインカラーは青紫(■)。 路線データ 管轄(事業種別):西日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 路線距離(営業キロ): 居能駅 - 小野田駅間 11.6km 雀田駅 - 長門本山駅間 2.3km 軌間:1067mm 駅数:11(起終点駅含む) 小野田線所属駅に限定した場合、宇部線所属の居能駅と山陽本線所属の小野田駅が除外され、9駅となる。 (Wikipedia:宇部西線)

宇部市営バス
『宇部市交通局』より : 宇部市交通局(うべしこうつうきょく)は、山口県宇部市を中心にバスを運行する地方公営企業。通称宇部市営バス。本局は宇部市大字善和字牛明203番地の90に位置する。 本稿では、宇部市総務課の運営する廃止代替バスについても記す。 1944年(昭和19年)12月 - 宇部市が宇部鉄道から路線バス事業を取得。 宇部鉄道の鉄道部門(現在のJR西日本宇部線・小野田線)は前年の1943年5月に国有化 1945年(昭和20年)1月 - 宇部市運輸事業部として運行開始。 1946年(昭和21年)10月 - 本局事務所を宇部市中央町に移転。 1952年(昭和27年)10月 - 地方公営企業法施行により地方公営企業組織に移行、宇部市運輸局に改称。 1954年(昭和29年)3月 - 本局事務所を宇部市常藤町に移転。 1963年(昭和38年)3月 - 宇部市交通局に改称。 1975年(昭和50年)3月 - 山陽新幹線開業に伴い、特急便の運行を開始。 1993年(平成5年)4月 - 本局事務所を宇部市善和に移転。 (Wikipedia:宇部市営バス)

宇部市交通局
宇部市交通局(うべしこうつうきょく)は、山口県宇部市を中心にバスを運行する地方公営企業。通称宇部市営バス。本局は宇部市大字善和字牛明203番地の90に位置する。 本稿では、宇部市総務課の運営する廃止代替バスについても記す。 1944年(昭和19年)12月 - 宇部市が宇部鉄道から路線バス事業を取得。 宇部鉄道の鉄道部門(現在のJR西日本宇部線・小野田線)は前年の1943年5月に国有化 1945年(昭和20年)1月 - 宇部市運輸事業部として運行開始。 1946年(昭和21年)10月 - 本局事務所を宇部市中央町に移転。 1952年(昭和27年)10月 - 地方公営企業法施行により地方公営企業組織に移行、宇部市運輸局に改称。 1954年(昭和29年)3月 - 本局事務所を宇部市常藤町に移転。 1963年(昭和38年)3月 - 宇部市交通局に改称。 1975年(昭和50年)3月 - 山陽新幹線開業に伴い、特急便の運行を開始。 1993年(平成5年)4月 - 本局事務所を宇部市善和に移転。 (Wikipedia:宇部市交通局)

宇部興産
宇部興産株式会社(うべこうさん、英: Ube Industries, Ltd.)は日本の大手総合化学メーカー。略称はUBE。証券業界では宇部興、拠点がある山口県西部では単に興産と略される場合も多い。 宇部地区の主要炭鉱であった沖ノ山炭鉱を起源とする複合企業体である。化学製品だけでなく、セメント、石炭等も供給している。 社名にある「興産」には、「地域社会に有用な産業を次々に興す」という意味が込められており、宇部共同義会の長老であった紀藤閑之介(第3・6代宇部市長、宇部時報創刊者)の案を俵田明が採用したものである。社名のとおり、同社は創業時より各々の事業だけでなく、教育機関や港湾、ダム、上水道の整備等を通して、地域の社会資本整備に大きな役割を果たしてきた。 旧三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)をメインバンクとする企業から構成される三水会及びみどり会の主要構成企業であり、かつては日立造船、帝人とともに三和御三家と呼ばれていた。 (Wikipedia:宇部興産)

宇部郵便局 (山口県)
名称=宇部郵便局
正式名称=宇部郵便局
愛称=
前身=藤曲郵便取扱所、藤曲郵便局
局番号=55076
設置者=郵便局 (企業) 郵便局株式会社
郵便=宇部支店
貯金=代理店
取扱店番号=
保険=代理店
所在地郵便番号=755-8799
所在地=山口県宇部市常盤町2-1-23
特記事項=ゆうゆう窓口は24時間営業現金自動預け払い機 ATMホリデーサービス実施
宇部郵便局(うべゆうびんきょく)は、山口県宇部市にある郵便局である。郵政民営化 民営化以前の分類では集配郵便局 集配普通郵便局であった。
住所:〒755-8799 山口県宇部市常盤町2-1-23
郵便事業宇部支店
郵政民営化 民営化以前は以下の場所に出張所として現金自動預け払い機 ATMを設置していた。民営化以後は広島中郵便局 ゆうちょ銀行広島支店の管理となったが、通帳及び明細票に印字される番号については、引き続き当局の局番号「55076」を使用している。
(Wikipedia:宇部郵便局 (山口県))

宇部港駅
宇部港駅(うべこうえき)は、かつて山口県宇部市小串に存在した、日本貨物鉄道(JR貨物)宇部線貨物支線の貨物駅。貨物取扱量が日本一であった時期もあった。
宇部港に面する、宇部興産の最重要拠点工場が付近にあり、当駅で取り扱う貨物も宇部興産向けの石灰岩 石灰石や石炭等が大半であった。工場へ多くの専用鉄道 専用線が伸びていた。なお、当駅は工場の東半分へ続く専用線が分岐し、残りの西半分への専用線は隣駅の居能駅から分岐していた。
その他に貯炭所が設けられていた宇部港石炭埠頭へ続く専用線もあり、石炭の出荷に使用されていた。
1999年の貨物支線休止後しばらくして、踏切の線路側にガードレールが設置されたり、信号機の向きが横向きに変えられるなどされていたため、すでに当時から路線再開の意志は無いに限りなく等しかったと思われる。現在はほとんどの線路が撤去されているものの、それ以外は廃線跡は廃止当時に近い状態のまま残されている。宇部港駅の駅舎(事務室)は正式廃止後に撤去された。
(Wikipedia:宇部港駅)

宇部都市圏
宇部都市圏(うべとしけん)とは、山口県宇部市を中心市とする都市圏のこと。
山口宇部空港や宇部興産、山口大学の医学部・工学部があるなど、山口県内の重要な都市圏の1つ。
: 人口:約27万人(2006年11月1日推計人口)。
宇部市
山陽小野田市
美祢市
国土交通省による追加条件付の5%通勤圏。定義は都市圏#国土交通省の定義。範囲は宇部市と山陽小野田市、山口市と合併して消滅した阿知須町。
金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏。細かい定義等は都市雇用圏に則する。
: 人口:約26万人(2000年国勢調査基準)
宇部市を中心市とする都市雇用圏(10%通勤圏)。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。
1980年
1990年
1995年
2000年
(現在)
28万7935人
豊浦町 (山口県) 豊浦町
(Wikipedia:宇部都市圏)

宇部中央バス停
宇部中央バス停(うべちゅうおうバスてい)は、山口県宇部市中央町にあるバスターミナルである。 市道上の両側に広がるバス停留所が集合した形のバスターミナルとなっている。 宇部市交通局はこのひとつ西の宇部新川駅をターミナルとしているが、サンデン交通と・船木鉄道のバスうち船木からの便を除いた全便がここを発着地としている。(船木のバスは一つ東の宇部市役所前まで向かう。)なお、サンデン交通の路線バスは宇部新川駅には停車しない。 バス停の周りは、半アーケードの商店街(宇部中央バス停商店街)になっており、宇部市営バスの委託発売所がある。かつては中国ジェイアールバスが高速バス予約センター(宇部中央バスチケットセンター)を設けていた。これは同社の高速バス「福岡・山口ライナー」が宇部中央バス停に停車していたことによるもので、2009年(平成21年)6月1日から通過(同時に宇部地区での予約業務を宇部市交通局に委託)となったため、同年5月末で閉鎖された。 (Wikipedia:宇部中央バス停)

宇部中央
『宇部中央バス停』より : 宇部中央バス停(うべちゅうおうバスてい)は、山口県宇部市中央町にあるバスターミナルである。 市道上の両側に広がるバス停留所が集合した形のバスターミナルとなっている。 宇部市交通局はこのひとつ西の宇部新川駅をターミナルとしているが、サンデン交通と・船木鉄道のバスうち船木からの便を除いた全便がここを発着地としている。(船木のバスは一つ東の宇部市役所前まで向かう。)なお、サンデン交通の路線バスは宇部新川駅には停車しない。 バス停の周りは、半アーケードの商店街(宇部中央バス停商店街)になっており、宇部市営バスの委託発売所がある。かつては中国ジェイアールバスが高速バス予約センター(宇部中央バスチケットセンター)を設けていた。これは同社の高速バス「福岡・山口ライナー」が宇部中央バス停に停車していたことによるもので、2009年(平成21年)6月1日から通過(同時に宇部地区での予約業務を宇部市交通局に委託)となったため、同年5月末で閉鎖された。 (Wikipedia:宇部中央)

宇部駅
宇部駅(うべえき)は、山口県宇部市西宇部南四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 宇部市の代表駅であるが、当駅は市の中心市街地から北西に5kmほど離れた場所に位置しており、実質的な中心駅にあたるのは宇部新川駅である。 乗り入れ路線 山陽本線を所属線としており、宇部線を加えた2路線が乗り入れている。当駅は宇部線の終点であるが、一部の宇部線列車は山陽本線下関方面へ直通する。 宇部線の国有化後は、宇部新川駅が宇部駅、当駅が“西宇部駅”を名乗った時期もあるが、地元の要請でのちに再び改称され現在の名称となった。2011年現在、乗降客数では宇部駅が宇部新川駅を上回っている。 かつて、当駅 - 厚狭駅間の山陽本線は旅客用複線に加え、単線の貨物線が並走し、計3線となっていた。これは美祢線から宇部線宇部港駅方面への貨物(主に石炭・石灰石)輸送が盛んであったことに加え、本数の多かった山陽本線を平面交差することがダイヤ上困難であったことによる。 (Wikipedia:宇部駅)

宇部フロンティア大学
宇部フロンティア大学(うべふろんてぃあだいがく、英語: Ube Frontier University)は、山口県宇部市文京台2丁目1番1号に本部を置く日本の私立大学である。2002年に設置された。大学の略称はフロンティア大。 大学全体 学校法人香川学園の創立100周年を記念して、山口県および宇部市の支援を受けて設立された大学である。宇部短期大学の一部を改組転換して2002年4月に開学した。 従来この地域には、山口大学の医学部、工学部、そして山口東京理科大学と、理系の学問を修める大学しか存在しなかったため、文系の学部を希望する高校生は他の地域の大学に進学していた。そこで地域のニーズに応えるべく、社会福祉学や心理学を学べる4年制大学として設置された。 環境マネジメントシステムに関する国際標準規格ISO14001を取得している。山口県内では、下関市役所の同規格取得により適用範囲となった下関市立大学に次いで、2番目の取得となった。全国でも約40の大学しか取得していない。 建学の精神(校訓・理念・学是) = 建学の精神 = 香川学園の創設者が提唱した精神をアレンジし、「人間性の涵養と実学の重視」を建学の精神として掲げている。 (Wikipedia:宇部フロンティア大学)

宇部興産機械
社名 宇部興産機械株式会社
英文社名 Ube Machinery Corporation, Ltd
ロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称
国籍
郵便番号 755-8633
本社所在地 山口県宇部市大字小串字沖ノ山1980
電話番号 0836-22-0072
設立
業種 機械
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容 産業機械、鉄構、橋梁等の製造、販売
代表者 代表取締役社長 山本 謙
資本金 67億円
売上高 約400億円
(Wikipedia:宇部興産機械)

宇部鴻城高等学校
宇部鴻城高等学校(うべこうじょうこうとうがっこう)は、山口県宇部市大字際波字的場にある私立高等学校。難関校進学を目指す特進コースから工業科・医療秘書科までを置く。 学科 普通科・特別進学コース 普通科・普通コース 工業に関する学科(1学年) 機械科(2学年) 自動車工学科(2学年)※工業に関する学科所属生徒は2学年進級時に機械科か自動車工学科から選択 医療秘書科 交通 JR西日本 山陽本線・宇部線 宇部駅から徒歩15分 宇部市営バス、船鉄バス 鴻城高校前停留所から徒歩5分/明石被服前停留所から徒歩3分 沿革 1889年 - 山口市に海軍兵学校の予備校として創設された旧制中学校・鴻城義塾が祖。 (Wikipedia:宇部鴻城高等学校)

宇部中央銀天街
宇部中央銀天街(うべちゅうおうぎんてんがい)は、山口県宇部市中央町2丁目から3丁目にかけて伸びるアーケード商店街である。
宇部市の中心駅である宇部新川駅から近く宇部市の中心街である。全長約500m。東口寄りに中央壱番街に続き、西口寄りに三炭町商店街に続く。また、銀天街の北側(宇部新川駅寄り)の通りには新川駅前通り商店街が、南側(宇部興産本社・工場寄り)には中央町3丁目商店街が伸び、三炭町商店街と銀天街西口の間に、宇部興産本社と宇部新川駅を南北に結ぶ興産通り商店街がある。
かつては、中央壱番街に丸久(後に、ダイエーと同居。1987年より再び丸久単独で、ショッピングセンター「Let”s09」に改称)、銀天街内に大和 (スーパーマーケット) 大和中央店、新川駅前通りに大和駅前店があり、3つの核となる大型スーパーが存在していた。特に、大和駅前店は大和タワーという展望台が立てられており宇部市のランドマーク的存在でもあった。ところが、宇部市に隣接する山陽小野田市のサンパークおのだの開店を筆頭に銀天街を含めた中心商店街から郊外型の大型ショッピングセンターへと客足は遠退いていく。その結果、1995年1月に大和駅前店を中央店に統合する形で閉鎖。更に大型ショッピングセンターの開店は宇部市内にも及んでいく。大和駅前店閉店の翌1996年、ゆめタウン宇部開店前の8月末にLet”s09が閉店した。そしてフジ (チェーンストア) フジグラン宇部開店前の1998年末、最後に残った大和中央店が閉店宣言をし一旦店じまいをした。しかし、これにはさすがに地元住民の反対の声が大きく、中央店は営業を再開する。ところが、かつての地上6階地下1階の営業から地上2階(2階は催事場だったため事実上地上は1階のみ)と地下1階と大幅に営業規模を縮める。2005年には地上1階のみにまで縮小されてしまい、核となる大型店とはいい難い状況になっていた。2008年1月をもって大和中央店は閉店したため、核店舗の無い状況となった。
(Wikipedia:宇部中央銀天街)

宇部マテリアルズ
社名 宇部マテリアルズ株式会社
英文社名 Ube Material Industries,Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
略称 宇部マテリア、宇部マテ
国籍
郵便番号 755-0043
本社所在地 山口県宇部市相生町8番1号 宇部全日空ホテル 宇部興産ビル
電話番号 0836-31-0156
設立 1997年4月
業種 3400
事業内容 耐火材料、石灰の製造・販売
代表者 取締役社長 安部研一
資本金 40億47百万円
発行済株式総数
売上高 単体440億56百万円連結450億42百万円(2009年3月期)
営業利益
純利益
(Wikipedia:宇部マテリアルズ)


宇部 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宇部 - アマゾン検索


「宇部」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す