[PR]

日別キーワード

第10位  秋芳町 - 2019年02月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



秋芳町
秋芳町(しゅうほうちょう)は、山口県西部にあった町である。 日本最大級のカルスト台地である秋吉台があり、町中心部はその南側の緩やかな丘陵にある。 気候は夏暑くて冬寒いという内陸部特有の気候であり、冬季は積雪も見られる。 地理 町の北部を中国山地が横断しており、その南側にカルスト台地の秋吉台が広がる。町の大部分が秋吉台国定公園となっており、カルスト台地の地下には多くの鍾乳洞が存在している。 町の南北を厚東川が流れ、その両側に平地が広がる。人口のほとんどは厚東川とその支流の両側に集中している。 1955年(昭和29年)4月1日 - 秋吉村・岩永村・別府村・共和村が合併して発足。 2007年(平成19年)2月13日 - 美祢市・美東町との合併協定書に調印。 2008年(平成20年)3月21日 - 美祢市・美東町と合併し、改めて美祢市が発足。同日秋芳町廃止。 行政 町長 - 中本喜弘(なかもと・よしひろ) 2007年4月の統一地方選挙で行われた町長選挙で初当選。 (Wikipedia:秋芳町)


秋芳町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

秋芳町 - アマゾン検索


「秋芳町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す