[PR]

日別キーワード

第1位  ブログスカウター - 2019年02月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




ブログスカウター - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  阿南市 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



阿南市
阿南市(あなんし)は、徳島県の南東部に位置する市。四国最東端の市町村である。東は紀伊水道と太平洋に面し室戸阿南海岸国定公園の北端である。県内一長い河川の那賀川河口があり、桑野川が市内を貫流する。 徳島県東部に位置し、城下町である富岡地区と港湾都市である橘地区で別の市街地を形成しており、高速バスの発着点・警察官・保健所・消防署・検察庁・裁判所などの県南の行政・交通機関の中心である。産業は竹林が多く全国一のタケノコ生産量を記録、江戸時代に京阪神に出荷されていた記録もある。鉱工業に恵まれ、古墳時代の全国唯一の辰砂(銅鐸等への塗料)採掘遺跡若杉山遺跡があるほか、大正時代に市内各地で切り出された優れた大理石は国産の代表とも言われ大阪市中央公会堂や国会議事堂の御休所など重要な場所に使われている。現代でも蛍光体や発光ダイオードの国内外の一大産地であり、四国で最初に太陽が昇る町でもある事から「光のまち阿南」とPRしているほか、徳島県LEDバレイ構想(LED光産業集積計画)の中心地と位置づけられている。 (Wikipedia:阿南市)


阿南市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  阿波市 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



阿波市
阿波市(あわし)は、徳島県北東部の吉野川北岸に位置する市。人口は小松島市に次いで徳島県内で6番目に多い。 地理 山: 城王山、妙体山 川: 吉野川、宮川内谷川、日開谷川、大久保谷川、伊沢谷川、九頭宇谷川 2005年(平成17年)4月1日 - 板野郡吉野町・土成町・阿波郡市場町・阿波町が合併して発足。県下7番目の市制施行。 2007年(平成19年) - 合併時に廃止していた住所表示の旧町名(旧市場町は大字も)を復活。 2014年(平成26年) - 市場町に新市庁舎が完成し市役所を移転。市場支所を廃止し、旧阿波町役場にあった旧市庁舎を阿波支所に変更。 人口 行政 市長 市政施行後初となる市長選挙は、2005年(平成17年)5月1日に告示され、同年5月8日に投開票が行われた。 市長職務執行者 : 板東正(旧 土成町長)(2005年(平成17年)4月1日 - 同年5月8日) 地域 住所表記 前述の通り、合併当初に変更された住所表示は旧町名、旧市場町域ではさらに大字を削除するもの(旧阿波町が成立した際に旧大字を削除しており、同様の方法をとったものである)であった。 (Wikipedia:阿波市)


阿波市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  鴨島 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



鴨島駅
鴨島駅(かもじまえき)は、徳島県吉野川市鴨島町鴨島にある、四国旅客鉄道(JR四国)徳島線の駅。駅番号はB09。 吉野川市の代表駅で、全特急列車が停車する徳島線の主要駅である。 1899年(明治32年)2月16日:鴨島駅(かもしまえき)として開業。 1937年(昭和12年)12月1日:駅名の読み方を「かもしま」から「かもじま」に変更。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により四国旅客鉄道が承継。 駅構造 駅舎側に相対式ホーム1面1線、反対側に島式ホーム1面2線をもつが、駅舎から一番遠いホームは使われていないため、実質相対式ホーム2面2線の地上駅で、互いのホームは跨線橋で連絡している。 大きな木造駅舎はすでに改装されており、内部には向かって左側にビッグキオスク、右側に旅行センター(ワープ)がある。2015年夏に駅構内のキヨスクはセブンイレブンに改築された。直営駅でみどりの窓口はないが、旅行センターが代わりの役割をもっている(ただし日曜日は休業)。 (Wikipedia:鴨島駅)

鴨島町
鴨島町(かもじまちょう)は、徳島県麻植郡(おえぐん)にあった町。 2004年(平成16年)10月1日に麻植郡の山川町・川島町・美郷村と新設合併し消滅。徳島県第5の市である吉野川市が発足した。 地理 隣接市町村 麻植郡川島町・美郷村 板野郡吉野町・土成町 阿波郡市場町 名西郡石井町・神山町 沿革 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行に伴い、麻植郡鴨島村・牛島村・森山村・西尾村・東山村が成立。 1908年(明治41年)7月20日 - 鴨島村が町制施行して鴨島町となる。 1954年(昭和29年)3月31日 - 鴨島町・森山村・西尾村・牛島村が合併して鴨島町となる。 1955年(昭和30年)1月1日 - 東山村の一部(樋山地)を編入。残部は他村と合併して美郷村を新設。 1957年(昭和32年)3月31日 - 阿波郡柿島村の一部(知恵島)を編入。残部は板野郡一条町と合併して吉野町を新設。 2004年(平成16年)10月1日 - 川島町・山川町・美郷村と合併して吉野川市となる。 (Wikipedia:鴨島町)


鴨島 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  鬼剣舞 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



鬼剣舞
鬼剣舞(おにけんばい)は、岩手県北上市周辺に伝わる伝統芸能である。(鬼剣舞の地元の言葉では、鬼剣舞(おにけんばい)を、けんべぇ、とも言う。) 北上・みちのく芸能まつりを初め、この地方の夏祭りなどで盛んに披露されるほか、小・中学校の運動会のアトラクションとしても演じられ、地元に根付いている。複数の踊り組団体がある(後述、鬼剣舞伝承系統、鬼剣舞伝承系図、参照)。1993年(平成5年)12月13日に代表的な4地区の鬼剣舞が国の重要無形民俗文化財に指定された。 念仏踊りに分類。正式には念仏剣舞のひとつであるが、威嚇的な鬼のような面(仏の化身)をつけ勇壮に踊るところから、明治後期以降(1897年(明治30年)頃)に「鬼剣舞」と呼称されるようになったとみられる。(→ 下記、鬼剣舞伝承系統 - 岩崎系譜 - 御免町鬼剣舞の項参照)かつては男性が演じることがほとんどであったが、最近では女性の演じ手も増えている。 この踊りの独特の歩行に、修験道の鎮魂の呪術のひとつ「反閇(へんばい)」がある。陰陽道で用いられる呪術的歩行のひとつで、「大地を踏み悪魔を踏み鎮め、場の気を整えて清浄にする目的で行われる舞い」の要素と、念仏によって御霊や怨霊を往生させて災厄を防ぐ浄土教由来の信仰的要素が見られる。 (Wikipedia:鬼剣舞)


鬼剣舞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す