[PR]

日別キーワード

第12位  立山 - 2019年02月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



立山
立山(たてやま)は日本の飛騨山脈(北アルプス)北部、立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称である。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。剱岳とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。 「立山」は単なる地理的な名称ではなく、室堂や地獄谷、弥陀ヶ原、立山カルデラという立山一体を含んだ地理的な広がりと、立山信仰や遥拝登山など精神的な広がりを含んだ複合的な意味を持っている。雄山・浄土山・別山を「立山三山」と呼び、その周辺の山々と合わせて狭義の「立山連峰」ということがある。広義で「立山連峰」という場合は僧ヶ岳から黒部五郎岳の辺りまでを呼ぶこともある。古くは、三俣蓮華岳から猫又山に至るまでを立山七十二峰と呼んだという。これとは別に立山火山がある。室堂山、浄土山、国見岳辺りを最高地点としている。かつて山体は立山カルデラにあり、元の立山火山の山頂部は侵食で喪失している。 (Wikipedia:立山)

立山 (列車)
『雷鳥 (列車)』より : サンダーバードは、西日本旅客鉄道(JR西日本)およびIRいしかわ鉄道が大阪駅 - 金沢駅・和倉温泉駅間を東海道本線・湖西線・北陸本線・IRいしかわ鉄道線・七尾線経由で運行する特急列車である。 本項では、前身にあたる特急列車「雷鳥」(らいちょう)とともに、その周辺群の臨時列車および京阪神と北陸地方を結ぶ優等列車の沿革についても記述する。 1995年4月20日に、485系で運転されていた「雷鳥」の一部列車に、当時新型車両であった681系電車を投入し、この列車を「スーパー雷鳥(サンダーバード)」としたのが「サンダーバード」の始まりである。1997年3月22日のダイヤ改正で「スーパー雷鳥(サンダーバード)」から「サンダーバード」に改称された。 これ以降、681系とその後継車である683系電車を使用する列車はすべて「サンダーバード」としていたが、683系の投入により485系で運転されていた「スーパー雷鳥」は「サンダーバード」に統合され、廃止された。 (Wikipedia:立山 (列車))

立山鉄道
『富山地方鉄道』より : 富山地方鉄道株式会社(とやまちほうてつどう)は、富山県東部を中心に鉄道路線およびバス路線を運営する中規模地方私鉄。富山県では地鉄(ちてつ)と略して呼ばれる。 1943年1月1日に「陸上交通事業調整法」に基づき、1930年設立の富山電気鉄道を母体に富山県内のすべての私営・公営の鉄軌道・バス会社を合併して設立された。合併に参加した鉄道会社は以下の6社である。なお、駅名は現在のものである。 富山電気鉄道(本線 電鉄富山 - 電鉄黒部間・立山線 寺田 - 岩峅寺間) 加越鉄道(加越線) 富山県営鉄道(上滝線、立山線 岩峅寺 - 立山間) 黒部鉄道(本線 電鉄黒部 - 宇奈月温泉間) 越中鉄道(射水線) 富山市営軌道(富山市内軌道線)それ以前に、富山電気鉄道は以下の3社を合併している。 (Wikipedia:立山鉄道)

立山砂防軌道
『国土交通省立山砂防工事専用軌道』より : 国土交通省立山砂防工事専用軌道 (こくどこうつうしょう たてやまさぼうこうじせんようきどう)は、国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所が管轄する工事用軌道。通称は立山砂防軌道もしくは立山砂防トロッコ。 国の直轄事業である常願寺川流域の砂防施設建設に伴う資材・人員の輸送を目的とする。 鉄道事業法や軌道法の適用を受けず、労働安全衛生法に基き運行される工事用軌道ではあるが、18キロの区間に38段のスイッチバックがあり、一部区間では18段に及ぶ連続スイッチバックがあること、またかつて工事用軌道や鉱山鉄道で広く採用されたものの、現存する一般の鉄道路線では例がない610mmのナローゲージを使用していることで知られる。 昭和初期から運行が続けられている工事用軌道としての歴史的性格が評価され、2006年に文化財保護法に基づく登録記念物に登録された。一般客の利用は通常許可されないが、地元の博物館が主催する砂防工事の見学会に参加することで、乗車することが可能である。 なお路線全体でのスイッチバックの数は中国に本路線を上回る専用鉄道があるものの、世界的にも類例は少なく、連続18段のスイッチバックは他に例がないとみられる。 (Wikipedia:立山砂防軌道)

立山砂防工事専用軌道
『国土交通省立山砂防工事専用軌道』より : 国土交通省立山砂防工事専用軌道 (こくどこうつうしょう たてやまさぼうこうじせんようきどう)は、国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所が管轄する工事用軌道。通称は立山砂防軌道もしくは立山砂防トロッコ。 国の直轄事業である常願寺川流域の砂防施設建設に伴う資材・人員の輸送を目的とする。 鉄道事業法や軌道法の適用を受けず、労働安全衛生法に基き運行される工事用軌道ではあるが、18キロの区間に38段のスイッチバックがあり、一部区間では18段に及ぶ連続スイッチバックがあること、またかつて工事用軌道や鉱山鉄道で広く採用されたものの、現存する一般の鉄道路線では例がない610mmのナローゲージを使用していることで知られる。 昭和初期から運行が続けられている工事用軌道としての歴史的性格が評価され、2006年に文化財保護法に基づく登録記念物に登録された。一般客の利用は通常許可されないが、地元の博物館が主催する砂防工事の見学会に参加することで、乗車することが可能である。 なお路線全体でのスイッチバックの数は中国に本路線を上回る専用鉄道があるものの、世界的にも類例は少なく、連続18段のスイッチバックは他に例がないとみられる。 (Wikipedia:立山砂防工事専用軌道)

立山砂防工事軌道
『国土交通省立山砂防工事専用軌道』より : 国土交通省立山砂防工事専用軌道 (こくどこうつうしょう たてやまさぼうこうじせんようきどう)は、国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所が管轄する工事用軌道。通称は立山砂防軌道もしくは立山砂防トロッコ。 国の直轄事業である常願寺川流域の砂防施設建設に伴う資材・人員の輸送を目的とする。 鉄道事業法や軌道法の適用を受けず、労働安全衛生法に基き運行される工事用軌道ではあるが、18キロの区間に38段のスイッチバックがあり、一部区間では18段に及ぶ連続スイッチバックがあること、またかつて工事用軌道や鉱山鉄道で広く採用されたものの、現存する一般の鉄道路線では例がない610mmのナローゲージを使用していることで知られる。 昭和初期から運行が続けられている工事用軌道としての歴史的性格が評価され、2006年に文化財保護法に基づく登録記念物に登録された。一般客の利用は通常許可されないが、地元の博物館が主催する砂防工事の見学会に参加することで、乗車することが可能である。 なお路線全体でのスイッチバックの数は中国に本路線を上回る専用鉄道があるものの、世界的にも類例は少なく、連続18段のスイッチバックは他に例がないとみられる。 (Wikipedia:立山砂防工事軌道)

立山山麓スキー場
所在地=富山県富山市原(極楽坂)富山県富山市本宮花切割(らいちょうバレー)
最高地点=1,188
最低地点=480
標高差=708
コース数=11
コース面積=
最長滑走距離=3,000
最大傾斜=32
索道数=10
パーク=
立山山麓スキー場(たてやまさんろくスキーじょう)は、富山県富山市(旧上新川郡大山町 (富山県) 大山町)の原地区から粟巣野地区に跨るスキー場の総称。極楽坂、らいちょうバレーの2つのスキー場から構成される。
富山地方鉄道富山地方鉄道立山線 立山線本宮駅 (富山県) 本宮駅や立山駅から近いところに位置する、北陸地方を代表するスキー場の1つ。極楽坂エリアとらいちょうバレーエリアは隣接し、ゲレンデ上部で往来が可能。「立山山麓共通券」という券で、隣の粟巣野スキー場を含めた3つのスキー場を利用できる。
(Wikipedia:立山山麓スキー場)

立山杉
『スギ』より : 立山杉(たてやますぎ)は、富山県の立山を中心とする山岳地帯に自生するスギ。寒さや雪に強いという特徴を持っている。富山県の木に指定されている。 主な自生地 美女平(立山黒部アルペンルート) 中山。 (Wikipedia:立山杉)

立山町
立山町(たてやままち)は、富山県中新川郡に所属する町である。特別豪雪地帯。 地理 山: 立山連峰(立山、別山、剱岳など)、後立山連峰(鹿島槍ヶ岳など) 河川: 常願寺川、称名川、白岩川、黒部川 湖沼: 黒部湖 隣接している自治体 富山県富山市 黒部市 中新川郡上市町、舟橋村長野県大町市 沿革 1894年5月12日 布倉村が立山村に名称変更。 1941年6月1日 中新川郡寺田村・弓庄村が合併し、新川村になる。 1942年6月8日 中新川郡五百石町・大森村・下段村・高野村が合併し、雄山町になる。 1954年1月10日 中新川郡雄山町・釜ヶ淵村・上段村・立山村・東谷村・利田村が合併し、立山町になる。 1954年7月10日 中新川郡新川村を編入。 1955年1月1日 大字赤木・大塚・神田・中村・野徳・野福・横越を上市町へ分離。 1963年11月1日 一部を上市町へ分離、上市町から一部を立山町へ編入。 人口 行政 町長 - 舟橋貴之(2006年2月10日 - ) 経済 産業 主な企業 中越合金鋳工(銅合金製品製造) 佐藤鉄工(橋梁・水門建設) 立山製紙(古紙100%使用の板紙製造) 産業人口 姉妹都市・提携都市 日本の旗犬山市(日本愛知県) 1973年10月16日姉妹都市提携 日本の旗湯河原町(日本神奈川県) 2003年11月1日友好親善都市提携 韓国の旗江北区(大韓民国ソウル特別市) 2005年4月19日姉妹都市提携 地域 健康 教育 小学校 立山町立釜ヶ渕小学校 立山町立新瀬戸小学校 立山町立高野小学校 立山町立立山小学校 立山町立立山芦峅小学校 (2011年4月より休校) 立山町立立山中央小学校 立山町立立山北部小学校 立山町立利田小学校 立山町立日中上野小学校 中学校 立山町立雄山中学校 高等学校 富山県立雄山高等学校過去に存在した学校 交通 鉄道 町の中心部に一番近いのは富山地方鉄道立山線の五百石駅。 (Wikipedia:立山町)

立山線
『富山地方鉄道立山線』より : 立山線(たてやません)は、富山県中新川郡立山町の寺田駅と立山駅とを結ぶ富山地方鉄道の鉄道路線である。 路線データ 路線距離(営業キロ):24.2km 軌間:1067mm 駅数:14駅(起終点駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線(直流1500V) 閉塞方式:自動閉塞式 最高速度:70km/h 寺田駅 - 岩峅寺駅間 後に立山線となる路線で、最初に開業したのは、滑川駅 - 五百石駅間の路線を持っていた立山鉄道が、富山県営鉄道の建設に合わせて1921年(大正10年)に開業させた、五百石駅 - 立山駅(現在の岩峅寺駅付近。 (Wikipedia:立山線)

立山黒部アルペンルート
立山黒部アルペンルート(たてやまくろべアルペンルート)は、富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)とを結ぶ交通路であり、国際的にも大規模な山岳観光ルートである。1971年(昭和46年)6月1日全通。なお、富山地方鉄道の電鉄富山駅からJR東日本大糸線信濃大町駅までとされる場合もある。 立山駅から扇沢駅までは、ほぼ西から東に 25 km 足らずの直線距離だが、最大高低差は 1,975 m あり、ルート内の交通機関として、立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、日本国内一の堤高を持つ黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、様々な乗り物を乗り継いで移動する。 (Wikipedia:立山黒部アルペンルート)

立山律子
立山 律子(たてやま りつこ、1969年4月27日 - )は福岡県で活動するディスクジョッキー。福岡県北九州市出身。血液型A型。 この仕事に就くまではコンピュータ会社でプログラマとして働いていた。 友人と同伴で受験したCROSS FMのオーディションで合格し、1994年よりナビゲーター(DJ)を務めている。 2000年4月からの1年間は「ROLLING SATURDAY」「MODERATO SUNDAY」などでディレクションを担当し、翌年4月からの「X FUTURE RADIO ON SATURDAY」「X FUTURE RADIO ON SUNDAY」(注:「X」は「CROSS」と読む)では番組構成からディレクション、喋りまでも一手にこなすワンマンDJスタイルの番組を担当。 (Wikipedia:立山律子)

立山黒部貫光
立山黒部貫光株式会社(たてやまくろべかんこう)は、立山黒部アルペンルートのうち、富山県の黒部湖駅から立山駅までのケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバス、およびバス(立山高原バス、称名滝探勝バスなど)を運行している企業。TKKとの公式略称がある。 1964年(昭和39年)、富山県、立山開発鉄道、北陸電力、関西電力等の出資により設立されたが、「第三セクター」扱いされない民間企業である。立山黒部貫光、立山貫光ターミナル、立山黒部サービスのいわゆる立山3社の窓口的な役割も果たしている。 2005年(平成17年)10月1日に立山高原バスなどを運行していた立山開発鉄道を吸収合併した。 社名の「貫光」は、初代社長である佐伯宗義の命名によるもので、「貫」は時間、「光」は宇宙空間を意味するとともに、立山連峰を「貫く」という意味を持たせた造語であるが、しばしば同音の「観光」と誤記されることがある。 (Wikipedia:立山黒部貫光)

立山黒部観光
『立山黒部貫光』より : 立山黒部貫光株式会社(たてやまくろべかんこう)は、立山黒部アルペンルートのうち、富山県の黒部湖駅から立山駅までのケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバス、およびバス(立山高原バス、称名滝探勝バスなど)を運行している企業。TKKとの公式略称がある。 1964年(昭和39年)、富山県、立山開発鉄道、北陸電力、関西電力等の出資により設立されたが、「第三セクター」扱いされない民間企業である。立山黒部貫光、立山貫光ターミナル、立山黒部サービスのいわゆる立山3社の窓口的な役割も果たしている。 2005年(平成17年)10月1日に立山高原バスなどを運行していた立山開発鉄道を吸収合併した。 社名の「貫光」は、初代社長である佐伯宗義の命名によるもので、「貫」は時間、「光」は宇宙空間を意味するとともに、立山連峰を「貫く」という意味を持たせた造語であるが、しばしば同音の「観光」と誤記されることがある。 (Wikipedia:立山黒部観光)

立山駅
立山駅(たてやまえき)は、富山県中新川郡立山町にある富山地方鉄道立山線および立山黒部貫光立山ケーブルカーの駅。 駅構造 山の斜面に作られており、メインの出入口は2階にある。2階には立山ケーブルの改札口とホーム、売店、レストランなどがある。1階への階段を下りた所に立山線の改札口があり、ICカード専用改札機も設置されている。1階にも線路沿いに小さな出入口があり、駅のすぐ富山側にある踏切の横から出入できる。トイレは1階にも2階にもある。立山線のホームは櫛型2面2線である。 2012年3月17日現在、駅員配置時間は4月~11月が7時30分から18時30分、12月~3月が7時30分から17時30分である。 富山地方鉄道 以前は大阪駅、新名古屋駅から当駅までの直通列車があった。 駅周辺 立山黒部アルペンルートの拠点駅である。 常願寺川 立山山麓スキー場 極楽坂エリア(旧極楽坂スキー場) らいちょうバレーエリア(旧らいちょうバレースキー場) 粟巣野スキー場 立山カルデラ砂防博物館 立山砂防軌道千寿ヶ原連絡所 国立登山研修所(独立行政法人日本スポーツ振興センター所管) 利用状況 「富山県統計年鑑」によると、2010年度の富山地方鉄道の一日平均乗降人員は299人であった。 (Wikipedia:立山駅)

立山アルミニウム工業
三協立山株式会社(さんきょうたてやま)は、建材・マテリアル・商業施設事業を行う企業である。 元々は2006年6月1日に、三協アルミニウム工業株式会社と立山アルミニウム工業株式会社の合併により三協・立山ホールディングス株式会社の事業子会社として発足した三協立山アルミ株式会社が前身で、大手アルミ4社の一角で業界3位。 三協アルミニウム工業(略称三協アルミ)はサッシなどを中心とした大型施設向け建材、家庭用建材及びエクステリア商品など、立山アルミニウム工業(略称立山アルミ)は住宅向け建材、ビル建材、商業施設向け商品、エクステリア商品などが主な取扱商品であった。競合する部分も多かったが、立山アルミは三協アルミほか大手各社と比較すると法人向けのシェアは低く(窓サッシのシェアは高い)、商業施設向けの建材、サインや什器類に力を入れる傾向にあった。 三協アルミの創業者の竹平政太郎と立山アルミの創業者の竹平栄次は実の兄弟であり、ともに富山県高岡市に本社を置いたことから両社は文字通り兄弟会社と呼ぶべき間柄であった。 (Wikipedia:立山アルミニウム工業)

立山アルミニウム
『立山アルミニウム工業』より : 三協立山株式会社(さんきょうたてやま)は、建材・マテリアル・商業施設事業を行う企業である。 元々は2006年6月1日に、三協アルミニウム工業株式会社と立山アルミニウム工業株式会社の合併により三協・立山ホールディングス株式会社の事業子会社として発足した三協立山アルミ株式会社が前身で、大手アルミ4社の一角で業界3位。 三協アルミニウム工業(略称三協アルミ)はサッシなどを中心とした大型施設向け建材、家庭用建材及びエクステリア商品など、立山アルミニウム工業(略称立山アルミ)は住宅向け建材、ビル建材、商業施設向け商品、エクステリア商品などが主な取扱商品であった。競合する部分も多かったが、立山アルミは三協アルミほか大手各社と比較すると法人向けのシェアは低く(窓サッシのシェアは高い)、商業施設向けの建材、サインや什器類に力を入れる傾向にあった。 三協アルミの創業者の竹平政太郎と立山アルミの創業者の竹平栄次は実の兄弟であり、ともに富山県高岡市に本社を置いたことから両社は文字通り兄弟会社と呼ぶべき間柄であった。 (Wikipedia:立山アルミニウム)

立山アルミ
『立山アルミニウム工業』より : 三協立山株式会社(さんきょうたてやま)は、建材・マテリアル・商業施設事業を行う企業である。 元々は2006年6月1日に、三協アルミニウム工業株式会社と立山アルミニウム工業株式会社の合併により三協・立山ホールディングス株式会社の事業子会社として発足した三協立山アルミ株式会社が前身で、大手アルミ4社の一角で業界3位。 三協アルミニウム工業(略称三協アルミ)はサッシなどを中心とした大型施設向け建材、家庭用建材及びエクステリア商品など、立山アルミニウム工業(略称立山アルミ)は住宅向け建材、ビル建材、商業施設向け商品、エクステリア商品などが主な取扱商品であった。競合する部分も多かったが、立山アルミは三協アルミほか大手各社と比較すると法人向けのシェアは低く(窓サッシのシェアは高い)、商業施設向けの建材、サインや什器類に力を入れる傾向にあった。 三協アルミの創業者の竹平政太郎と立山アルミの創業者の竹平栄次は実の兄弟であり、ともに富山県高岡市に本社を置いたことから両社は文字通り兄弟会社と呼ぶべき間柄であった。 (Wikipedia:立山アルミ)

立山黒部貫光無軌条電車線
立山黒部貫光無軌条電車線(たてやまくろべかんこうむきじょうでんしゃせん)は、富山県中新川郡立山町芦峅寺大観峰にある標高2450 mの室堂平の中央に位置する室堂駅から、立山ロープウェイとの連絡駅の大観峰駅までを結ぶ立山黒部貫光の無軌条電車線(トロリーバス)である。立山黒部アルペンルートの一部を構成する。通称は立山トンネルトロリーバスで、全区間、立山直下の立山トンネルの中を通る。 路線データ 路線距離(営業キロ) : 3.7 km 駅数 : 2駅(起終点駅含む) 複線区間 : 全線単線 電化方式 : 直流600 V 閉塞方式 : 自動信号式(到着台数をチェックして区間開通を確認) 続行運転が行われ、また鉄道線のように軌道回路を設けることができないので、出発時には一定時間進行信号を現示してその間に出発させ、台数をカウントする。 (Wikipedia:立山黒部貫光無軌条電車線)

立山トンネルトロリーバス
『立山黒部貫光無軌条電車線』より : 立山黒部貫光無軌条電車線(たてやまくろべかんこうむきじょうでんしゃせん)は、富山県中新川郡立山町芦峅寺大観峰にある標高2450 mの室堂平の中央に位置する室堂駅から、立山ロープウェイとの連絡駅の大観峰駅までを結ぶ立山黒部貫光の無軌条電車線(トロリーバス)である。立山黒部アルペンルートの一部を構成する。通称は立山トンネルトロリーバスで、全区間、立山直下の立山トンネルの中を通る。 路線データ 路線距離(営業キロ) : 3.7 km 駅数 : 2駅(起終点駅含む) 複線区間 : 全線単線 電化方式 : 直流600 V 閉塞方式 : 自動信号式(到着台数をチェックして区間開通を確認) 続行運転が行われ、また鉄道線のように軌道回路を設けることができないので、出発時には一定時間進行信号を現示してその間に出発させ、台数をカウントする。 (Wikipedia:立山トンネルトロリーバス)


立山 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

立山 - アマゾン検索


「立山」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す