[PR]

日別キーワード

第1位  JANコード - 2019年02月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



JANコード
EANコード(イアンコード、European Article Number)は、商品識別コードおよびバーコード規格のひとつ。日本の規格は「JANコード」(Japanese Article Number)と呼ばれる。 日本で最も普及している商品識別コードであり、EANコードから生成されたバーコードシンボルは市販される多くの商品に印刷または貼付されており(ソースマーキング)、POSシステムや在庫管理、受発注システム(サプライチェーン・マネジメント)などで価格や商品名を検索するためのキーとして使われる。また、EANコードの前に1桁あるいは拡張型として0で始まる3桁の物流識別用の数字を付加したものは集合包装用コード、あるいはバーコードシンボルの体系をそのまま呼称に利用して、ITFコードと呼ばれる(正確にはチェックディジット部は元のEANコードとは異なったものとなる)。 (Wikipedia:JANコード)


JANコード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  アップフロントワークス - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



アップフロントワークス
株式会社アップフロントワークス(UP-FRONT WORKS Co., Ltd.)は、アップフロントグループ傘下のレコード会社である。アップフロントグループ及び提携会社所属歌手の音楽・映像ソフトの企画・制作・販売を行う。 沿革 1980年 - ポリドール(当時)とヤングジャパングループ(当時)の合弁で株式会社ポリスターを設立。 1983年 - ヤングジャパングループが解散。ポリスター所属の堀内孝雄等がツーバンを設立。その後アップフロントエージェンシーを経て、今日のアップフロントプロモーションとなる。 1993年5月 - ワーナーミュージック・ジャパンとアップフロントグループの合弁で株式会社ワン・アップ・ミュージックを設立。 1995年3月 - アップフロント側がポリスターから資本撤退し、株式会社Y.J.サウンズを設立。ワン・アップ・ミュージックもワーナーミュージック・ジャパンが資本撤退、アップフロントの完全子会社となる。 1998年4月 - ワン・アップ・ミュージック(存続会社)とY.J.サウンズが合併し、プロダクション主体レーベル兼レコード会社の株式会社ゼティマ(ZETIMA Inc.)を設立。 (Wikipedia:アップフロントワークス)


アップフロントワークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  屋島 - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



屋島
屋島(やしま)は、四国の香川県高松市の東北に位置する南北に長い、台地の地形の独立峰。 屋島の名称は屋根のような形状に由来し、その独特の山容は、高松市のシンボルになっている。また、いにしえからの海外交流交易海路のランドマークであり、海路に面した要衝であった。 山上に多島海が眺められる展望景観を有し、1934年(昭和9年)3月16日に国立公園として初の、瀬戸内海国立公園に指定された。当初の指定範囲は屋島を含む、備讃瀬戸の一帯である。 島内に重層の遺跡を有し、まれな台地であることから、1934年(昭和9年)11月10日に「屋島」の名称で国の史跡および天然記念物に指定された。指定範囲は両者とも相引川以北の全域と、その地先の100メートルの海面区域である。 白村江の戦いの後に屋嶋城が築かれ、山上の全域が城とされている。また、南嶺山上には唐僧の鑑真が創建したとの伝承をもつ屋島寺がある。さらに、東岸の入江の一帯は源平合戦の屋島古戦場である。その他、長崎ノ鼻(ながさきのはな)古墳・北嶺山上に千間堂(せんげんどう)跡・屋島経塚・長崎ノ鼻砲台跡などがある。 (Wikipedia:屋島)

屋島の戦い
屋島の戦い(やしまのたたかい)は、平安時代末期の元暦2年/寿永4年 2月19日(1185年3月22日)に讃岐国屋島(現高松市)で行われた戦いである。治承・寿永の乱の戦いの一つ。 背景 寿永2年(1183年)7月、源義仲に敗れた平氏は安徳天皇と三種の神器を奉じて都を落ち、九州大宰府まで逃れたが、在地の武士たちが抵抗してここからも追われてしまった。平氏はしばらく船で流浪していたが、阿波国の田口成良に迎えられて讃岐国屋島に本拠を置くことができた。 寿永3年(1184年)1月20日、鎌倉の源頼朝と義仲の抗争が起き、義仲は滅びた(宇治川の戦い)。その間に平氏は義仲に奪われた失地を回復し、勢力を立て直して摂津国福原まで進出する。しかし、頼朝の弟の範頼・義経に攻められて大敗を喫した(一ノ谷の戦い)。この戦いで平氏は一門の多くを失う大打撃を蒙った。 平氏は屋島に内裏を置いて本拠とし、平知盛を大将に長門国彦島にも拠点を置いた。平氏はこの拠点に有力な水軍を擁して瀬戸内海の制海権を握り、諸国からの貢納を押さえ力を蓄えていた。 (Wikipedia:屋島の戦い)

屋島の合戦
『屋島の戦い』より : 屋島の戦い(やしまのたたかい)は、平安時代末期の元暦2年/寿永4年 2月19日(1185年3月22日)に讃岐国屋島(現高松市)で行われた戦いである。治承・寿永の乱の戦いの一つ。 背景 寿永2年(1183年)7月、源義仲に敗れた平氏は安徳天皇と三種の神器を奉じて都を落ち、九州大宰府まで逃れたが、在地の武士たちが抵抗してここからも追われてしまった。平氏はしばらく船で流浪していたが、阿波国の田口成良に迎えられて讃岐国屋島に本拠を置くことができた。 寿永3年(1184年)1月20日、鎌倉の源頼朝と義仲の抗争が起き、義仲は滅びた(宇治川の戦い)。その間に平氏は義仲に奪われた失地を回復し、勢力を立て直して摂津国福原まで進出する。しかし、頼朝の弟の範頼・義経に攻められて大敗を喫した(一ノ谷の戦い)。この戦いで平氏は一門の多くを失う大打撃を蒙った。 平氏は屋島に内裏を置いて本拠とし、平知盛を大将に長門国彦島にも拠点を置いた。平氏はこの拠点に有力な水軍を擁して瀬戸内海の制海権を握り、諸国からの貢納を押さえ力を蓄えていた。 (Wikipedia:屋島の合戦)

屋島ケーブル
屋島ケーブル(やしまケーブル)は、かつて香川県高松市にあった屋島登山口駅から屋島山上駅に至る屋島登山鉄道のケーブルカー路線である。屋島ケーブルと呼ばれていたが正式な路線名はない。 観光地「屋島」を登るケーブルカーで、山上にある四国第八十四番霊場の南面山屋島寺や景勝地の獅子の霊巌への足となっていた。屋島ドライブウェイが開通する1961年(昭和36年)までは唯一の動力登山手段であり、またドライブウェイ開通後も山上へ登るための唯一の公共交通機関であった。 路線データ 路線距離:0.858km(営業キロは0.8km) 軌間:1067mm 駅数:2駅(起終点駅含む) 高低差:265m 最急勾配:447‰(最緩勾配:202‰) 速度:2.52m/s(9.072km/h) 捲揚機:2段減速エンドレス式(スイス・ギーセライベルン社製) 電動機:150馬力(電圧440V) 定員:121名 客数:5万5,514人(2003年度) 運行形態 上下同時発車で毎時15分・35分・55分の20分間隔で運行されていた。 (Wikipedia:屋島ケーブル)

屋島ドライブウェイ
屋島ドライブウェイ(やしまドライブウェイ)は、香川県高松市にある一般自動車道事業による有料道路。1961年に供用開始された延長約3.7Kmの観光道路で、屋島山上へのアクセスコースとなっている。屋島ドライブウェイ株式会社は、この道路を運営する企業で、高松琴平電気鉄道(ことでん)の完全子会社である。 通行料金 乗用車・貨物車(普通・軽・小型) - 630円 マイクロバス・路線バス - 1,570円 上記以外のバス・大型貨物車 - 2,520円 二輪自動車 (125ccを超えるもの)- 440円 この道路には「片道料金」は存在せず、全て往復料金である。これは、屋島山上へ自動車でアクセスできる道路が他になく、この道路を車で登れば必ずこの道路を使って下りなければならないため。(山上の駐車場については無料) 車種区分に路線バスがあるが、これはかつて高松築港駅から屋島山上行のバスが出ていたためである。2006年12月23日の新屋島水族館開館に併せて、土曜・休日に限り琴電屋島駅からのシャトルバスが運行されることとなり(2007年4月1日より毎日運行、JR屋島駅まで延伸)、本道路を通る路線バスが復活することとなった。 (Wikipedia:屋島ドライブウェイ)

屋島登山鉄道
屋島登山鉄道株式会社(やしまとざんてつどう)とは、香川県高松市でケーブルカー(屋島ケーブル)を運営していた会社である。本社は香川県高松市屋島中町字山王141番地にあった。高松琴平電気鉄道の系列会社である。 2001年に親会社の高松琴平電気鉄道が経営破綻し、民事再生法適用を申請して以来、単独経営を続けていたが、利用者数の低迷から資金繰りが悪化し、2004年10月12日に高松地裁に準自己破産を申請を行い、10月18日に破産宣告を受けた。負債総額は約9億円。 同日、四国運輸局に10月16日からのケーブルカーの営業休止届を提出し、10月15日の運行を最後に営業休止にいたった。しかし、同日早朝の試運転で電気系統のトラブルにより路線途上で停止、ぎりぎりまで修理が続けられたが間に合わず、この日の営業運転は行われないまま運休となった。その後、ケーブルカーの譲渡先を探していたが、屋島への観光客が年々減少し続けていること、施設があまりにも老朽化していたことから譲渡先として名乗り出る者はおらず、2005年7月1日に鉄道事業の廃止を届け出た。 (Wikipedia:屋島登山鉄道)

屋島山上水族館
新屋島水族館(しんやしますいぞくかん、英称:New Yashima Aquarium)は、香川県高松市屋島東町にある水族館。標高約300mの屋島山上にある日本でも珍しい水族館であり、2006年7月現在魚類を中心に286種類の動物を飼育している。 新屋島水族館は、1969年に四国電力の子会社などが出資し、屋島山上水族館(やしまさんじょうすいぞくかん)として開館した。 運営は、高松琴平電気鉄道の関連会社である株式会社屋島水族館が行っていたが2006年9月30日限りでいったん閉館。10月1日付けでせとうち夢虫博物館株式会社に事業売却され、整備改修後、12月23日に「新屋島水族館」として営業再開した。せとうち夢虫博物館は、世界的水槽メーカーの日プラの子会社で、本水族館は日プラの最初の納入先であるいわば同社の事業の原点であることから経営を引き継ぐことを決めた。 今回の改修の目玉は回遊プールの新設で、このプールは、直径10m・地上部分2.2m・地下部分2.2mで、2頭のカマイルカを360°継ぎ目なく観ることが出来る。 (Wikipedia:屋島山上水族館)

屋島水族館
『屋島山上水族館』より : 新屋島水族館(しんやしますいぞくかん、英称:New Yashima Aquarium)は、香川県高松市屋島東町にある水族館。標高約300mの屋島山上にある日本でも珍しい水族館であり、2006年7月現在魚類を中心に286種類の動物を飼育している。 新屋島水族館は、1969年に四国電力の子会社などが出資し、屋島山上水族館(やしまさんじょうすいぞくかん)として開館した。 運営は、高松琴平電気鉄道の関連会社である株式会社屋島水族館が行っていたが2006年9月30日限りでいったん閉館。10月1日付けでせとうち夢虫博物館株式会社に事業売却され、整備改修後、12月23日に「新屋島水族館」として営業再開した。せとうち夢虫博物館は、世界的水槽メーカーの日プラの子会社で、本水族館は日プラの最初の納入先であるいわば同社の事業の原点であることから経営を引き継ぐことを決めた。 今回の改修の目玉は回遊プールの新設で、このプールは、直径10m・地上部分2.2m・地下部分2.2mで、2頭のカマイルカを360°継ぎ目なく観ることが出来る。 (Wikipedia:屋島水族館)

屋島町
廃止日=1940年2月11日
廃止理由=編入合併
廃止詳細=屋島町、古高松村、木太村、鷺田村 (香川県) 鷺田村、太田村 (香川県) 太田村→高松市
現在の自治体=高松市
自治体名=屋島町
区分=町
都道府県=香川県
支庁=
郡=木田郡
コード=
面積=10.41
境界未定=なし
人口=5,508
人口の時点=1940年2月10日
隣接自治体=古高松村(海を隔てて隣接)牟礼町 牟禮村、庵治町 庵治村
シンボル名=他のシンボル
鳥など=
郵便番号=
(Wikipedia:屋島町)

屋島駅
屋島駅(やしまえき)は、香川県高松市高松町にある四国旅客鉄道(JR四国)高徳線の駅である。駅番号はT23。駅表示パネルのコメントは「源平合戦ゆかりの駅」。 1925年(大正14年)8月1日:鉄道省高徳線の駅として開業。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR四国の駅となる。 2008年(平成20年)12月:「元気YASHIMAを創ろう会」によって、土・日・祝日のみ開けられる観光案内所が設置される。 2009年(平成21年)7月11日:地域住民でつくる古高松地区コミュニティ協議会による駅の運営管理が開始。(毎週水曜日は定休日)きっぷ売り場に隣接した「地域振興スペース」には、地元住民の手による芸術作品の展示が行われる。 2011年(平成23年) 5月:地元住民の手により、「こどもの日」の前後の期間中、駅前広場にこいのぼりが掲げられるようになった。(2012年も継続中) 11月:それまで休眠状態であった駅の井戸が、地元住民の手によって復活した。 (Wikipedia:屋島駅)

屋島登山口駅
屋島登山口駅(やしまとざんぐちえき)は、かつて香川県高松市屋島中町に存在した屋島登山鉄道(屋島ケーブル)の駅(廃駅)である。 1929年(昭和4年)4月21日 - 当駅 - 屋島南嶺(後の屋島山上)間の開業に伴い、屋島神社前駅(やしまじんじゃまええき)として開設。 1944年(昭和19年)2月11日 - 不要不急線として当駅 - 屋島南嶺間が休止。資材を供出。 1950年(昭和25年)4月16日 - 当駅 - 屋島山上間が営業再開。屋島登山口駅に改称。 2004年(平成16年)10月16日 - 当駅 - 屋島山上間が営業休止。 2005年(平成17年)8月31日 - 当駅 - 屋島山上間が廃止により廃駅となる。 接続する他の交通機関 高松琴平電気鉄道 志度線琴電屋島駅 現況 廃止後しばらくの間、駅は切符や飲料の自動販売機の撤去が行われた程度でほぼ手を付けられず、1号車「義経号」が留置されていた。 (Wikipedia:屋島登山口駅)

屋島山上駅
屋島山上駅(やしまさんじょうえき)は、かつて香川県高松市屋島東町に存在した屋島登山鉄道(屋島ケーブル)の駅(廃駅)である。 1929年(昭和4年)4月21日 - 屋島神社前(後の屋島登山口) - 当駅間が開業により屋島南嶺駅として開設。 1944年(昭和19年)2月11日 - 屋島神社前 - 当駅間が休止。資材を供出。 1950年(昭和25年)4月16日 - 屋島登山口 - 当駅間が営業再開。屋島山上駅に改称。 2004年(平成16年)10月16日 - 屋島登山口 - 当駅間が営業休止。 2005年(平成17年)8月31日 - 屋島登山口 - 当駅間が廃止により廃駅となる。 2009年(平成21年)2月6日 - 経済産業省より「近代化産業遺産」に認定される。 廃止時の駅周辺 当駅から屋島寺まで遊歩道が続いており、駅前では貸し自転車(500円)が貸し出されていた。 屋島水族館 接続する他の交通機関 バス 路線バス 廃止後の状況 廃止後も2号車「辨慶号」が8年以上にわたって留置されていたが、災害時等に滑落する懸念から、2013年1月に四国森林管理局香川森林管理事務所の手によって山麓の屋島登山口駅まで引き下ろされた。 (Wikipedia:屋島山上駅)


屋島 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした




快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  楽天ブックス - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



楽天ブックス
楽天ブックス(らくてんブックス、Rakuten books)とは、楽天株式会社が運営するインターネット書店である。書籍、CD、DVD、BD、ゲームソフトなどの販売・予約を行っている。 以前は、楽天ブックス株式会社という楽天株式会社の子会社であったが、2007年12月に楽天に吸収合併された。 2000年に楽天と日本出版販売株式会社の折半出資で設立したが、2003年に楽天が日本出版販売の出資分を買い取り、完全子会社化した(業務提携は現在も継続)。その後、2007年12月に、親会社である楽天株式会社に吸収合併されている。 書籍やCD・DVDの購入以外にも、洋書やソフトウェアの購入・予約もできる。 楽天市場内で最も人気がある店で年間ランキングでも1位になったこともある。 倉庫は、埼玉県入間郡三芳町北永井871番地1号の「日本出版販売株式会社 web-bookセンター」の中にある。 同様の企業としてAmazon.co.jp、セブンネットショッピングやビーケーワンなどが挙げられる。 (Wikipedia:楽天ブックス)


楽天ブックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す