[PR]

日別キーワード

第7位  丸亀市 - 2019年02月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



丸亀市
丸亀市(まるがめし)は、香川県中西部に位置する市。 香川県では高松市に次ぐ第二の都市であり、中・西讃地方の中心都市である。 中心には丸亀城があり、市の象徴となっている。また、丸亀うちわの製造が伝統産業で、生産量は全国の9割を占める。 なお、全国展開している讃岐うどんチェーンの丸亀製麺は、当市とは全く関係ない。 地理 瀬戸内海に面し、丸亀平野の北東部と塩飽諸島の一部を市域としている。平野部には他の香川県の市町と同様に数多くのため池があり、中部には南北に一級河川の土器川が流れ、さらに東には美しい山容を持ち讃岐七富士の一つに数えられる讃岐富士こと飯野山が、南には同じく讃岐七富士の一つ、羽床富士こと堤山がそびえる。 山 飯野山、青ノ山、双子山、高見峰、猫山、城山、堤山、横山、西山 池 仁池、大窪池、楠見池、小津森池、水橋池、打越上池、打越下池、堤池、田村池、八丈池、宝憧寺池、道池 太井池、聖池、桝池:土器川、金倉川、清水川、西汐入川、大束川、東汐入川 人口 広袤(こうぼう) 中心市街は丸亀藩の城下町、また金刀比羅宮への参拝口として栄え、金毘羅参りの土産物としてうちわの製造が盛んとなった。 (Wikipedia:丸亀市)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(まるがめしいのくまげんいちろうげんだいびじゅつかん)は香川県丸亀市にある美術館。略称はMIMOCA(ミモカ)。 丸亀市出身の洋画家猪熊弦一郎の画業顕彰と地域の美術振興を目的に1991年開館し、現代美術の企画展などを行っている。建築設計は正統派モダニズム建築家の谷口吉生。公共建築百選に選ばれた秀作である。延床面積8000平方メートルの大型施設であり、JR丸亀駅前広場に面して立地している。 施設 展示室A― 常設展示室(天井高3.7m×壁長53m) 展示室B― 常設展示室(天井高9.0m×壁長63m) 展示室C― 企画展示室 ミュージアムホール― 固定席170席 造形スタジオ 美術図書室― 美術専門図書室、ビデオライブラリー ゲートプラザ ミュージアムショップ カフェレスト「ミモカ」 カスケートプラザ― 滝とオブジェのある庭園 建築概要 設計― 谷口吉生 竣工― 1991年 敷地面積― 5,975m² 建築面積― 3,604m² 延床面積― 8,000m² 構造― SRC造 規模― 地上3階、地下1階 所在地― 〒763-0022 香川県丸亀市浜町80番地1 受賞― 第26回SDA賞(1992年)、第34回BCS賞(1993年)、第7回村野藤吾賞(1994年)、第5回公共建築賞特別賞(1996年)、公共建築百選(1998年) 交通アクセス JR 予讃線 丸亀駅 徒歩2分 高速バス(東京新宿・名古屋・大阪・神戸から発着)「丸亀駅」バス停 徒歩2分 周辺情報 秋寅の館 丸亀城 丸亀市立資料館 丸亀平井美術館 丸亀港 うちわの港ミュージアム 関連項目 個人美術館 香川県の観光地 外部リンク 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。 (Wikipedia:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)

丸亀市民体育館
丸亀市民体育館(まるがめしみんたいいくかん)は、香川県丸亀市金倉町にある体育館。
2006年より、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の高松ファイブアローズの準本拠地として、ホームゲームの会場に使用。
ファイル:PC071435.JPG 300px thumb 外観
主競技場 - フロア面積1,797.6m² - 収容人員5,000人(2、3階固定席1,887席)
サブ競技場 - フロア面積499.8m²
高松ファイブアローズホームゲーム 参入シーズンである06-07シーズンから開催されている。
bjリーグ 2006-07 06-07シーズン…4勝0敗
bjリーグ 2007-08 07-08シーズン…1勝1敗
bjリーグ 2008-09 08-09シーズン…4試合
bjリーグ 2009-10 09-10シーズン…2試合
香川県立丸亀競技場
丸亀市総合運動公園
陸上競技場(第3種公認、アンツーカー舗装)
(Wikipedia:丸亀市民体育館)


丸亀市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

丸亀市 - アマゾン検索


「丸亀市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す