[PR]

日別キーワード

第12位  坂出市 - 2019年02月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



坂出市
坂出市(さかいでし)は、香川県北部のほぼ中央に位置する市。 瀬戸内海に面し、瀬戸大橋の四国側玄関口に当たる。沿岸部にはかつて塩田も広がっていたが、塩業整理により廃止された。塩田の廃止と前後して、番の州工業地帯、林田工業地帯などが造成され沿岸部には工業地帯が広がる。 地理 地名の語源は「宇多津の田尾坂を上って出た場所」と言う事。 瀬戸内海に面した北部には埋め立て地・干拓地が広がり平坦である。北東部には高松市とに跨る丘陵・五色台がある。また南部も丘陵地帯となっている。瀬戸内海には瀬戸大橋が通る与島・櫃石島をはじめとする塩飽諸島に属する島嶼が点在する。番の州工業地帯の埋め立て造成により瀬居島と沙弥島は、陸続きになった。 山: 五色台、飯野山、城山、金山、雄山、雌山、笠山、常山 河川: 綾川、大束川 湖沼: 府中湖 島: 与島、岩黒島、櫃石島、小与島、鍋島、小瀬居島、羽佐島、歩渡島、三つ子島、室木島、小裸島 1890年(明治23年)2月15日 町村制施行に伴い、阿野郡坂出村(さかいでむら)が町制施行し、坂出町(さかいでちょう)が発足。 (Wikipedia:坂出市)

坂出市番の州球場
坂出市番の州球場(さかいでしばんのすきゅうじょう)は、香川県坂出市の番の州公園内にある野球場。主に軟式野球、ソフトボールの試合に使われている。
1977年に番の州公園内に開設。1998年には照明設備が増設された。
かつてはプロ野球2軍戦が行われていたが、ファウルボール等の安全対策不備、観客用駐車場不足などプロ野球の試合をするための規格を満たしておらず、現在プロ野球の試合を行うことができない。
両翼:90m、中堅:120m
内野:土、外野:天然芝  
収容人員:約2,000人(内外野:芝生席)
スコアボード:パネル式
ナイター設備6基(内野1,000ルクス・外野500ルクス)
日本女子ソフトボールリーグ1部(2000年)
第25回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会(2007年3月)
(Wikipedia:坂出市番の州球場)


坂出市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

坂出市 - アマゾン検索


「坂出市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す