[PR]

日別キーワード

第14位  志度 - 2019年02月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



志度線
『高松琴平電気鉄道志度線』より : 志度線(しどせん)は、香川県高松市の瓦町駅と香川県さぬき市の琴電志度駅を結ぶ高松琴平電気鉄道(ことでん)の鉄道路線。 高松と志度を結ぶ初めての鉄道として東讃電気軌道により開業。沿線には屋島・八栗山・志度寺などの名所がある。全線にわたって国道11号と並行している。ラインカラーはローズピンク。かつては青色で、車体前面の行先表示板も青色地のものが用いられていた。 路線データ 路線距離(営業キロ):12.5km 軌間:1435mm 駅数:16駅(起終点駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線(直流1500V) 保安設備:琴電形ATS 閉塞方式:自動閉塞式 車両基地:今橋工場(最寄駅・今橋駅) 最高速度:65km/h 運行形態 すべて普通列車である。 (Wikipedia:志度線)

志度寺 (さぬき市)
志度寺(しどじ/しどうじ)は、香川県さぬき市志度にある寺院。宗派は真言宗善通寺派で、四国八十八箇所霊場の第八十六番札所。詳名は補陀洛山清浄光院志度寺。本尊は十一面観音。 謡曲『海人』で知られる「海女の玉取り伝説」が伝えられており、境内には「海女の墓」が五輪塔群として現存する。また、浄瑠璃の『花上野誉の石碑』(志渡寺の段/しどうじのだん)などの舞台にもなっている。 本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか ご詠歌:いざさらば 今宵はここに しどの寺 祈りの声を 耳に触れつつ 本寺の縁起によると、志度浦にたどり着いた霊木を凡薗子尼(おおしそのこに、智法尼とも)が草庵へ持ち帰り安置し、その霊木から本尊(十一面観音)を造立し、堂宇が建立されたという。創建は626年(推古天皇33年)のこととされている。681年(天武天皇10年)には藤原不比等が堂宇を増築し、「志度道場」として名づけたという。不比等に関わる「海女の玉取り」伝説は謡曲などでも知られる。また、693年(持統天皇7年)には不比等の子・藤原房前が行基とともに堂宇を建立したと伝えている。 (Wikipedia:志度寺 (さぬき市))

志度寺
『志度寺 (さぬき市)』より : 志度寺(しどじ/しどうじ)は、香川県さぬき市志度にある寺院。宗派は真言宗善通寺派で、四国八十八箇所霊場の第八十六番札所。詳名は補陀洛山清浄光院志度寺。本尊は十一面観音。 謡曲『海人』で知られる「海女の玉取り伝説」が伝えられており、境内には「海女の墓」が五輪塔群として現存する。また、浄瑠璃の『花上野誉の石碑』(志渡寺の段/しどうじのだん)などの舞台にもなっている。 本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか ご詠歌:いざさらば 今宵はここに しどの寺 祈りの声を 耳に触れつつ 本寺の縁起によると、志度浦にたどり着いた霊木を凡薗子尼(おおしそのこに、智法尼とも)が草庵へ持ち帰り安置し、その霊木から本尊(十一面観音)を造立し、堂宇が建立されたという。創建は626年(推古天皇33年)のこととされている。681年(天武天皇10年)には藤原不比等が堂宇を増築し、「志度道場」として名づけたという。不比等に関わる「海女の玉取り」伝説は謡曲などでも知られる。また、693年(持統天皇7年)には不比等の子・藤原房前が行基とともに堂宇を建立したと伝えている。 (Wikipedia:志度寺)

志度駅
志度駅(しどえき)は、香川県さぬき市志度にある四国旅客鉄道(JR四国)高徳線の駅である。駅番号はT19。 1925年(大正14年)8月1日 - 鉄道省高徳線の駅として開業。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR四国の駅となる。 1998年(平成10年)4月17日 - 橋上駅舎化。 駅構造 島式ホーム・相対式ホーム2面3線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。かつては相対式ホーム2面2線を持ち地上駅舎を有し、各ホームを連絡する構内踏切があった。 敷地内にはJR四国ワーププラザ志度(旅行代理店)が設置されている。さらに敷地内の建物にJR四国がフランチャイズ運営するファミリーレストラン・ジョイフル志度店が入居していたが撤退した。その後、JR四国がフランチャイズ運営するコンビニエンスストア・ミニストップ志度駅前店が入居したが撤退し、2013年現在は名物かまどの直営店舗になっている。 (Wikipedia:志度駅)

志度インターチェンジ
志度インターチェンジ(しどインターチェンジ)は、香川県さぬき市にある高松自動車道のインターチェンジである。 道路 高松自動車道 接続する道路:香川県道141号石田東志度線 料金所 入口 ブース数:2 ETC専用:1 一般:1 出口 ブース数:2 ETC専用:1 一般:1 隣 高松自動車道 (12)津田寒川IC - (13) 志度IC - (14)さぬき三木IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 さ行 外部リンク 西日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社四国支社 高松東道路。 (Wikipedia:志度インターチェンジ)

志度町
志度町(しどちょう)は、香川県大川郡にあった町である。高松市への通勤率は29.8%(平成12年国勢調査)。現在はさぬき市の一部である。 1890年2月15日 - 町村制施行に伴い、寒川郡志度村(しどむら)、末村(すえむら)が合併し、志度村が成立。志度、末はそれぞれ志度村の大字となる。 1898年2月11日 - 町制施行し、志度町(第1次)となる。 1899年4月1日 - 寒川郡が大内郡と合併して大川郡となる。 1955年1月1日 - 大川郡志度町・鴨庄村・小田村が合併し、志度町(第2次)が発足。 1956年9月30日 - 鴨部村(かべむら)を編入。 2002年4月1日 - 津田町、大川町、寒川町、長尾町と合併し、市制施行してさぬき市が成立、同日に志度町は廃止された。 大字 現在はいずれもさぬき市の大字として存続している。 志度:旧志度町 末:旧志度町 鴨部:旧鴨部村 鴨庄:旧鴨庄村 小田:旧小田村 交通 四国旅客鉄道(JR四国)高徳線志度駅…高松市方面、鳴門市、徳島市方面 高松琴平電気鉄道志度線琴電志度駅瓦町方面 関連項目 香川県の廃止市町村一覧。 (Wikipedia:志度町)

志度村
『志度町』より : 志度町(しどちょう)は、香川県大川郡にあった町である。高松市への通勤率は29.8%(平成12年国勢調査)。現在はさぬき市の一部である。 1890年2月15日 - 町村制施行に伴い、寒川郡志度村(しどむら)、末村(すえむら)が合併し、志度村が成立。志度、末はそれぞれ志度村の大字となる。 1898年2月11日 - 町制施行し、志度町(第1次)となる。 1899年4月1日 - 寒川郡が大内郡と合併して大川郡となる。 1955年1月1日 - 大川郡志度町・鴨庄村・小田村が合併し、志度町(第2次)が発足。 1956年9月30日 - 鴨部村(かべむら)を編入。 2002年4月1日 - 津田町、大川町、寒川町、長尾町と合併し、市制施行してさぬき市が成立、同日に志度町は廃止された。 大字 現在はいずれもさぬき市の大字として存続している。 志度:旧志度町 末:旧志度町 鴨部:旧鴨部村 鴨庄:旧鴨庄村 小田:旧小田村 交通 四国旅客鉄道(JR四国)高徳線志度駅…高松市方面、鳴門市、徳島市方面 高松琴平電気鉄道志度線琴電志度駅瓦町方面 関連項目 香川県の廃止市町村一覧。 (Wikipedia:志度村)

志度高等学校
『香川県立志度高等学校』より : 香川県立志度高等学校(かがわけんりつ しどこうとうがっこう)は、香川県さぬき市志度にある県立高等学校。県内で唯一、工業科と商業科が併設されている高等学校である。 沿革 沿革の年月日及び内容については下記出典に基づいた。 1924年 2月3日 - 香川県立志度商業学校として認可。 8月22日 - 本館竣工。 1926年10月20日 - 仮校舎(志度尋常小学校)より新校舎に移転。開校記念日に指定。 1928年12月20日 - 中館及び図書室竣工。 1944年3月31日 - 農業科併設に伴い、香川県立志度拓殖学校へ改称。 1946年3月31日 - 農業科廃止に伴い、香川県立志度商業学校へ改称。 1948年3月31日 - 学制改革により、香川県立志度商業高等学校へ改称。 1950年4月1日 - 水産科併設に伴い、香川県立志度高等学校へ改称。 1951年4月1日 - 定時制課程の設置。 1952年3月12日 - 木造スレート瓦葺二階建南館竣工。 1953年4月1日 - 水産科廃止に伴い、香川県立志度商業高等学校へ改称。 (Wikipedia:志度高等学校)

志度内信号場
志度内信号場(しどないしんごうじょう)は、秋田県仙北市田沢湖生保内字シトナイ沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の信号場である。秋田新幹線開業前は当信号場までが盛岡支社管轄であった。当信号場より大曲方面が秋田支社管轄となる。 構造 赤渕駅より田沢湖駅方向へ約12.4kmの地点にある2線の信号場。仙岩トンネル(よりも2つ田沢湖寄り手前のトンネル)の田沢湖駅側出口付近に設置されている。周辺は豪雪地帯であるため、ポイントはスノーシェルターに覆われている。 本信号場は秋田新幹線の一部であり、新幹線を高速で通過させるために一線スルーとなっている。また、ATS-P採用区間であるため、安全側線は省略されている。 通常時は上下列車の交換に使用されるが、全国花火競技大会(大曲の花火)開催時には、回送列車の折り返しが設定されることがある。 周辺 山間部である。 国道46号(仙岩道路) 仙岩トンネル 交通手段 田沢湖駅から国道46号を東方に行き、宝風橋を渡ってトンネル側道に入り、約2kmほど先。 (Wikipedia:志度内信号場)

志度寺 (さぬき市)
志度寺(しどじ/しどうじ)は、香川県さぬき市志度にある寺院。宗派は真言宗善通寺派で、四国八十八箇所霊場の第八十六番札所。詳名は補陀洛山清浄光院志度寺。本尊は十一面観音。 謡曲『海人』で知られる「海女の玉取り伝説」が伝えられており、境内には「海女の墓」が五輪塔群として現存する。また、浄瑠璃の『花上野誉の石碑』(志渡寺の段/しどうじのだん)などの舞台にもなっている。 本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか ご詠歌:いざさらば 今宵はここに しどの寺 祈りの声を 耳に触れつつ 本寺の縁起によると、志度浦にたどり着いた霊木を凡薗子尼(おおしそのこに、智法尼とも)が草庵へ持ち帰り安置し、その霊木から本尊(十一面観音)を造立し、堂宇が建立されたという。創建は626年(推古天皇33年)のこととされている。681年(天武天皇10年)には藤原不比等が堂宇を増築し、「志度道場」として名づけたという。不比等に関わる「海女の玉取り」伝説は謡曲などでも知られる。また、693年(持統天皇7年)には不比等の子・藤原房前が行基とともに堂宇を建立したと伝えている。 (Wikipedia:志度寺 (さぬき市))


志度 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

志度 - アマゾン検索


「志度」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す