[PR]

日別キーワード

第6位  伊予市 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



伊予市
伊予市(いよし)は、愛媛県の中予地方に位置する市。中予地方の最西に位置し、以西は南予地方となる。 複数の削り節工場が立地し、国内に出荷される6割のシェアを占めている。また、五色浜をはじめとした海水浴場や、JR予讃線(愛ある伊予灘線)や夕やけこやけラインから見える景色等、美しい瀬戸内海(伊予灘)が本市の観光資源となっている。 地理 山:谷上山(標高456m)、障子山、明神山、秦皇山(標高873m) 河川:大谷川、中山川(肱川の支流の1つ)、森川 湖沼:大谷池、大池 地名の由来 地名の由来については、伊予国の項目参照。 市名について (旧)市名は「伊豫市」であるが、一般には旧字体の「伊豫市」・新字体の「伊予市」共に通用していた。1992年には部長通達で、正式文書以外では「伊予市」表記にするものとし、2004年に正式表記も「伊予市」となった。さらに今回の合併でも「伊予市」が正式市名になった。 人口 古代・中世 弥生時代 弥生式の土器が出土していることから、このころ人が住み着き生活していたと考えられる。 (Wikipedia:伊予市)

伊予市駅
伊予市駅(いよしえき)は、愛媛県伊予市米湊にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅。全特急列車が停車する。駅名標のコメントは「平家ゆかりの五色浜の駅」。 1930年(昭和5年)2月27日、国鉄讃予線が松山駅から当駅まで延伸したのに伴い南郡中駅(みなみぐんちゅうえき)として開業した。開業当初は讃予線の終着駅であったがおよそ1か月後の4月1日には高松駅から当駅までと多度津駅から阿波池田駅の間が予讃線とされたため予讃線の駅となり、また開業からおよそ3年後の1932年(昭和7年)12月には当駅から伊予上灘駅までが延伸となったのでこの駅は終着駅ではなくなった。1933年(昭和8年)に予讃線は予讃本線に改称となる。 この駅を大きく変えたのが1986年(昭和61年)3月の向井原駅から内子駅までの新線の開通であった。旧来の予讃線と内子廻りの新線との分岐駅は隣の向井原駅とされたがこの駅は事実上予讃線旧線(長浜経由、愛称は愛ある伊予灘線)と新線(内子線内子経由)、そして松山方面と三方向の線路が集まる乗り換え駅となったのである。 (Wikipedia:伊予市駅)


伊予市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

伊予市 - アマゾン検索


「伊予市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す