[PR]

日別キーワード

第7位  宇和海 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇和海
宇和海(うわかい)は、愛媛県と大分県の間にある豊後水道の愛媛県側の海のことである。また、便宜上、南宇和の複雑な入り江が混じった海岸線(一般に宇和海リアス式海岸)を指すこともある。国立公園の足摺宇和海国立公園の「宇和海」は後者の定義を兼ねている。 豊後水道の愛媛県側を「宇和海」と呼んでいる。奥には宇和島湾があり、大小様々な島が浮かんでいる。北は佐田岬半島、南は日振島などの島々や由良半島に囲まれている。 沿岸は変化に富み複雑な構造のリアス式海岸で、御荘を始め、景勝に富んだ場所が多い。磯海岸が多く、流れ込む河川はいずれも小規模であることもあり、砂浜は佐田岬半島の南岸にみられる程度と少ない。沿岸では入り江を利用した養殖漁業も盛んであり、特に真珠やハマチ、マダイの養殖は全国有数のメッカとなっている。また、内陸部は段丘が発達しており、段丘面では温州みかんの栽培も盛んである。 ただ、鉄道交通網や道路網の未整備など交通アクセスが非常に脆弱(特に宇和島市以南)で、都市圏から時間を要するため、志摩半島や若狭湾などと比較すると、観光開発はさほど進行していない。 (Wikipedia:宇和海)

宇和海 (列車)
宇和海(うわかい)は、四国旅客鉄道(JR四国)が松山駅 - 宇和島駅間を予讃線・内子線経由で運行している特急列車である。 1990年夏に臨時列車として松山駅 - 宇和島駅間で運転を開始。同年11月に特急「しおかぜ」の一部列車と、急行「うわじま」を統合して定期列車となり、1993年3月には予讃線の松山から岡山・高松方面への8000系化によって捻出された松山運転所所属の2000系気動車により概ね1~2時間に1本の運転に増発された。 列車名は、八幡浜市以南で時折姿を見せる豊後水道の愛媛県側での別名「宇和海」に由来している。 運行概況 2016年3月26日現在、松山駅 - 宇和島駅間で下り17本/上り16本が運転されている。これは、気動車特急の運行本数としては同じくJR四国が運行する「うずしお」と共に日本最多である。全列車が電車化され、松山駅発着となった「しおかぜ」・「いしづち」の末端区間を担う列車で、一部を除いて松山駅の同一ホームで両列車に接続する。 (Wikipedia:宇和海 (列車))

宇和海村
宇和海村(うわうみむら)は、1974年まで愛媛県の南予地方にあった村である。宇和海に突き出した形の下波・蒋淵・遊子の半島部と半島の沖合いに位置する戸島・日振島の離島部とからなる。編入合併によって自治体としては消滅し、現在は宇和島市の一部となっている。 地理 宇和島市西部の三浦半島(蒋淵半島)、戸島、日振島、及びその周辺の島々からなる。 下記以外にそれぞれの島の歴史の記述も参照のこと。 1958年(昭和33年)4月1日 - 昭和の大合併に従い、下波村(したばむら)、蒋淵村(こもぶちむら)、遊子村(ゆすむら)、戸島村(とじまむら)、日振島村(ひぶりじまむら)が合併し、宇和海村が成立する。初代村長 三善愛夫(旧下波村) 1974年(昭和49年)4月1日 - 宇和島市に編入され消滅した。 宇和海村の系譜 (町村制実施以前の村)(明治期)            町村制施行時     昭和の合併          平成の合併 下波浦 ━━━━━ 下波村 ━━┓ 蒋淵浦 ━━━━━ 蒋淵村 ━━┫ (昭和33年4月1日合併) 遊子浦 ━━━━━ 遊子村 ━━╋━━━━ 宇和海村 ━┓ 戸島浦 ━━━━━ 戸島村 ━━┫           ┃ 日振浦 ━━━━━ 日振島村 ━┛           ┃                             ┃                             ┃(昭和49年4月1日編入)                       宇和島市━━┻━━━━━━━━┓                       三間町━━━━━━━━━━━━╋━━宇和島市                       吉田町━━━━━━━━━━━━┫(平成17年8月1日合併)                       津島町━━━━━━━━━━━━┛ (注記)宇和島市、三間町、吉田町、津島町の平成の合併以前の系譜については、それぞれの記事を参照のこと。 (Wikipedia:宇和海村)


宇和海 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宇和海 - アマゾン検索


「宇和海」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す