[PR]

日別キーワード

第16位  三津浜 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



三津浜
三津浜 三津浜(みつはま)とは、愛媛県松山市の古くから開けた港(三津浜港)、または港の周辺を指す。三津浜 (松山市)。松山港,三津浜町,三津浜駅を参照。 天然の港として優れた入り組んだ入江をしていた三津浜の対岸には、室町時代から戦国期にかけて河野氏の分家で伊予守護を何人も排出した河野氏予州家の本拠湊山城があり、河野水軍衆の重要な拠点となっていた。周辺では河野氏宗家との間で幾度も合戦が繰り広げられた。 三津浜では慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いに出陣中の領主加藤嘉明の留守を狙って、毛利氏の支援を受けた河野氏の旧臣が蜂起し、三津浜に上陸するが逆に散々に打ち破られた三津刈屋口の戦いがあった。三津浜夜襲を参照。 江戸期には松山藩の水軍が置かれ重要な港であった。 三津浜(みつはま)とは、静岡県沼津市南部の海沿いの地名。駿河湾に面しており海水浴場、伊豆・三津シーパラダイス、三津浜湯の花温泉などがある。 (Wikipedia:三津浜)

三津浜港
『松山港』より : 松山港(まつやまこう)は愛媛県松山市にある港湾である。港湾管理者は愛媛県。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。万葉集に歌われた「熟田津」(にぎたつ)は松山港のうちの古三津に当たるとも考えられており、古くから瀬戸内海交通の重要拠点とされてきた。 現代においても長距離フェリーや国際コンテナ船などが多く寄港する主要港として発展を続けている。 港湾区域 松山市堀江町花見川河口左岸護岸突端(北緯33度54分2秒、東経132度44分30秒)から大ノ頭島(島頂)を経て興居島神崎鼻先端まで引いた線、松山市西垣生町重信川河口右岸堤防基部(北緯33度48分12秒、東経132度41分34秒)から270度800メートルの点を経て興居島黒崎鼻の先端まで引いた線及び陸岸により囲まれた海面のことをいう。 (Wikipedia:三津浜港)

三津浜駅
三津浜駅(みつはまえき)は、愛媛県松山市会津町にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。駅名標のコメントは「坊っちゃんゆかりのターナー島の駅」。 1927年(昭和2年)4月3日 - 予讃線の伊予北条 - 松山間の開業と同時に駅が設置される(当時は温泉郡三津浜町)。 1985年(昭和60年)3月14日 - 無人駅化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR四国の駅となる。 1998年(平成10年)頃 - 駅員再配置により再有人駅化。 2010年(平成22年)9月1日 - 再無人化。 駅構造 相対式ホーム2面2線(一線スルー)を有する地上駅。本屋側(1番のりば)の線路が通過線(制限速度100km/h)となっている。かつては2面3線の形態でだったが、3番のりばの線路が撤去され現在の構造になっている。 かつての通票閉塞時代の信号扱い所跡等や腕木信号用のケーブル跡などが、典型的な単線区間のローカル駅のたたずまいを残す。 (Wikipedia:三津浜駅)

三津浜信用金庫
三津浜信用金庫(みつはましんようきんこ)は2006年まで存在し、愛媛県松山市に本店を置いていた信用金庫である。同じく松山市に本店を置く愛媛信用金庫と合併し、消滅した。 合併前時点の理事長は柳原繁夫。統一金融機関コードは1861。店舗は三津浜地域を中心に松山市の北西部に5店舗を置いていた(合併前時点)。2006年10月16日、同じく松山市に本店を置く愛媛信用金庫に合併され、消滅した。三津浜信用金庫の規模では、今後の業容拡大や資金運用商品の取り扱いなど、金融サービスの多様化・高度化に対応が困難となる恐れがあることから、将来を見据えての合併となった。 この合併に伴い、同信金の全5ヶ店のうち、三津浜信金本店(合併後は「愛媛信用金庫三津浜支店」)を含む3店舗(本店の他、住吉・味生の各支店)はそのまま愛媛信金の店舗として引き継がれたが、萱町支店・高岡支店については廃止され、取引は近隣の愛媛信金の店舗へ業務は継承された。 (Wikipedia:三津浜信用金庫)


三津浜 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三津浜 - アマゾン検索


「三津浜」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す