[PR]

日別キーワード

第20位  西条市 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



西条市
西条市(さいじょうし)は、愛媛県東予地方、西日本最高峰石鎚山の麓に位置する市。 西条市は、国の名水百選にも選出されている「うちぬき」と呼ばれる自噴水(地下水)やカブトガニなどで広く知られる。市が力を入れて取り組んで来た、製造業を中心とする産業振興方針を今も継承し、同市の工業出荷額は四国の市町村の中でも上位に位置する金額である。2000年代前半においては製造品出荷額などにおいて四国最大を誇っていた時期もあったが、その後今治造船や日本食研などを擁する今治市や、番の州臨海工業団地を擁する坂出市に抜かれ、2009年時点では四国3位になっている。臨海部には国内最大級の今治造船のドックを有する。 2004年(平成16年)11月1日西条市、東予市、周桑郡小松町、同丹原町が対等合併して新たな「西条市」が誕生した。 地理 山: 石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰、伊予富士 河川: 加茂川、中山川、渦井川、大明神川(天井川で日本で希少な川の下をJRが走る) 湖沼: 黒瀬湖(黒瀬ダムによる人造湖)、大谷池、兼久池 市名の由来 西条という地名は、鎌倉時代の荘園名にも見ることができ、その後の西条藩にも受け継がれてきたように歴史的にも由緒ある地名である。 (Wikipedia:西条市)

西条市ひうち球場
西条市ひうち球場(さいじょうしひうちきゅうじょう)は愛媛県西条市にある野球場。高校野球県予選や四国・九州アイランドリーグの試合(主催は愛媛マンダリンパイレーツ)を開催している。
ひうちは漢字で燧で、これは北に面する瀬戸内海の燧灘から命名されている。
両翼:92m、中堅:120m グラウンド面積 12,990m²
内野:土、外野:天然芝  
収容人員:10,840人(内野:座席 6,340人、外野:芝生席 4,500人)
内野スタンドに屋根あり
スコアボード:得点表示は磁気反転式、選手名はパネル式、DH制非対応
ナイター設備6基 (照度 内野561ルクス、外野338ルクス)
西条市ひうち陸上競技場
西条市総合体育館
西条市総合プール
鉄道:四国旅客鉄道(JR四国)予讃線 伊予西条駅下車 徒歩20分
(Wikipedia:西条市ひうち球場)

西条市東予運動公園野球場
西条市東予運動公園野球場(さいじょうしとうようんどうこうえんやきゅうじょう)は愛媛県西条市にある野球場。四国・九州アイランドリーグ・愛媛マンダリンパイレーツのホームゲームを開催している。
両翼:97.6m、中堅:122m グラウンド面積13,299m²
内野:土、外野:天然芝  
収容人員:5,000人(内野:座席 1,000人、外野:芝生席 4,000人)
内野スタンドに屋根あり
スコアボード:得点表示は電光式、選手名はパネル式 DH制非対応
ナイター設備6基 照度 内野750ルクス、外野350ルクス
鉄道:四国旅客鉄道(JR四国)予讃線 伊予三芳駅下車 徒歩20分
最寄りのインターチェンジ:今治小松自動車道 東予丹原インターチェンジ
西条市東予運動公園球技場
(Wikipedia:西条市東予運動公園野球場)

西条市立西条小学校
西条市立西条小学校(さいじょうしりつさいじょうしょうがっこう)は愛媛県西条市にある小学校。 西条小学校の前身である擇善堂は西条藩の藩校として1805年(文化2年)に開設された。現在の全校児童は500名前後である。校訓は「強く、正しく、美しく」で同校の校歌に歌われている。 沿革史 1805年(文化2年) - 西条藩八代藩主・松平頼啓の命により、藩校・擇善堂(西条小学校の前身)が開設される。 1870年(明治3年) - 小中学校規則が頌布され西條県小学校が設立される。 1873年(明治6年) - 擇善堂と西條県小学校を併せて、四大区第一小学校が設立される。 1874年(明治7年) - 擇善堂小学校に改称 1887年(明治20年) - 明屋敷小学校に改称 1892年(明治25年) - 西條尋常小学校に改称 1927年(昭和2年) - 西條尋常高等学校に改称 1941年(昭和16年) - 西條国民学校に改称 1947年(昭和22年) - 西条小学校に改称 関連項目 愛媛県小学校一覧 外部リンク 西条市立西条小学校。 (Wikipedia:西条市立西条小学校)


西条市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

西条市 - アマゾン検索


「西条市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す