[PR]

日別キーワード

第25位  中浦 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



中浦ジュリアン
中浦 ジュリアン(なかうらジュリアン、Julião, 1568年(永禄11年)頃 - 1633年10月21日(寛永10年9月20日))は、安土桃山時代から江戸時代初期のキリシタンで、天正遣欧使節の副使。ジュリアンは洗礼名。イエズス会士でカトリックの司祭となり、殉教した。 ローマに残っている資料によれば、中浦ジュリアンの父は肥前国中浦の領主中浦甚五郎とされる。ジュリアンは司祭を志して有馬のセミナリヨに学んでいたが、当時のセミナリヨは信仰堅固である程度の家柄の子弟しか入学させなかったので、それなりの身分の家の出身であったと考えられる。 天正遣欧少年使節 そのころ、イエズス会の巡察師として日本を訪れたアレッサンドロ・ヴァリニャーノは、キリシタン大名・大村純忠と知り合い、財政難に陥っていた日本の布教事業を立て直しと、次代を担う邦人司祭育成のため、キリシタン大名の名代となる使節をローマに派遣しようと考えた。 (Wikipedia:中浦ジュリアン)

中浦水門
座標: 北緯35度31分0秒 東経133度12分5秒 / 北緯35.51667度 東経133.20139度 / 35.51667; 133.20139 中浦水門(なかうらすいもん)は、かつて島根県松江市と鳥取県境港市にまたがり、中海と境水道を仕切っていた水門。商船三井海事中浦事務所が水門の運用業務を担っていた。1974年に約90億円の費用を投じて竣工。2002年の中海・宍道湖淡水化事業の中止に伴い撤去されることとなり、2005年に撤去工事が開始され、2009年3月に撤去工事が完了した。 水門の総延長は414m。10門の二段式ローラーゲート(上層と下層の2つの扉体を操作する)と、中央部に設置された3門の閘門からなる。閘門の幅は20m(中央閘門)、14m(西閘門)、12m(東閘門)。水門の上部は道路橋としての機能を持っていて、江島(島根県側)と境港(鳥取県側)を結んだ。なお、閘門の上の部分は、船舶が通過する時に備え、跳ね橋としての機能も持っていた。 目的・利用 「昭和の国引き」と呼ばれ、農地等約2230haを造成し、その干拓地と沿岸周辺農地約7300ha分の農業用水確保を目的に中海を淡水化する『国営中海土地改良事業』(中海#干拓・淡水化事業を参照)に伴い、境水道からの海水の遡上を防止し、中海および宍道湖を淡水化するために建設された。 (Wikipedia:中浦水門)

中浦和駅
中浦和駅(なかうらわえき)は、埼玉県さいたま市南区鹿手袋一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線(別線)であるが、運転系統上は埼京線として案内される。 1985年(昭和60年)9月30日 - 開業。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ高架駅である。駅の直下を武蔵野貨物線(別所信号場)が通っている。 JR東日本ステーションサービスによる業務委託駅。改札口は1ヶ所あり、自動改札機が設置されている。自動券売機、指定席券売機が改札口左手に設置されている。なお、みどりの窓口は指定席券売機の設置に伴い、2007年10月31日をもって閉鎖された。 エスカレーターは駅西口 - 改札口に1機、駅東口 - 改札口に1機(新築中)、大宮方向の改札内 - ホームに1機設置されている。 (Wikipedia:中浦和駅)

中浦和
『中浦和駅』より : 中浦和駅(なかうらわえき)は、埼玉県さいたま市南区鹿手袋一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線(別線)であるが、運転系統上は埼京線として案内される。 1985年(昭和60年)9月30日 - 開業。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ高架駅である。駅の直下を武蔵野貨物線(別所信号場)が通っている。 JR東日本ステーションサービスによる業務委託駅。改札口は1ヶ所あり、自動改札機が設置されている。自動券売機、指定席券売機が改札口左手に設置されている。なお、みどりの窓口は指定席券売機の設置に伴い、2007年10月31日をもって閉鎖された。 エスカレーターは駅西口 - 改札口に1機、駅東口 - 改札口に1機(新築中)、大宮方向の改札内 - ホームに1機設置されている。 (Wikipedia:中浦和)

中浦駅
中浦駅(なかうらえき)は、新潟県新発田市下飯塚にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線だったが、既に交換設備は撤去されている。しかしホーム上には跨線橋が残されており、旧2番線側に東口を設け、連絡通路として利用されている。 新津駅管理の無人駅となっている。駅舎は待合室の機能のみ。簡易Suica改札機、簡易自動券売機(Suicaへのチャージは不可)、トイレなどが設置されている。 駅周辺 駅前は国道460号に面し、沿道には農家などの住宅が立ち並ぶ。駅の東側は水田を挟んだところに、豊浦地区の公共施設がある。 豊浦郵便局 新発田市役所豊浦庁舎 豊浦地区公民館 真木山中央公園 新潟県立新発田南高等学校豊浦分校 JA北越後豊浦支店 セブン-イレブン新発田下飯塚店 清水フードチェーン豊浦店 1944年(昭和19年)5月31日 - 中浦信号場として開設。 (Wikipedia:中浦駅)

中浦漁港
中浦漁港(なかうらぎょこう)は、愛媛県南宇和郡愛南町にある第3種漁港である。 管理者 - 愛南町 漁業協同組合 - 南内海 組合員数 - 266名(2001年(平成13年)12月) 漁港番号 - 4130020 沿革 1954年10月30日 - 第3種漁港に指定 主な魚種 サバ アジ類 ブリ イカ類 主な漁業 巻き網漁業 海面養殖業(ブリ) 海面養殖業(貝類) 海面養殖業(真珠) 関連項目 日本の漁港一覧。 (Wikipedia:中浦漁港)


中浦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

中浦 - アマゾン検索


「中浦」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す