[PR]

日別キーワード

第26位  中等教育 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



中等教育
中等教育(ちゅうとうきょういく, Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育(高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである。すなわち、初等教育と高等教育のつなぎの年代を指す。 国際標準教育分類(ISCED)においては、前期中等教育(Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(Upper secondary education)をレベル3として分類している。 現在の日本においては、ほぼ全ての成人(~64歳)は中等教育を修了しているとされる。日本で中等教育を行う学校は、中学校(中学,レベル2)と高等学校(高校,レベル3)が多く、わずかに中等教育学校(レベル2および3)が存在する。 ヨーロッパ イギリス 英国イングランドにおいては、前期中等教育(キーステージ4, 16歳修了)までは義務教育であり、卒業時にGCSEという卒業試験が存在する。 (Wikipedia:中等教育)

中等教育学校
中等教育学校(ちゅうとうきょういくがっこう、Secondary school)は、前期中等教育(中学校などにおける教育)と後期中等教育(高等学校などにおける教育)を一貫して施すシステムをとる学校であり、日本では中高一貫教育とされる。 各国にて相当する学校としては、イギリスのパブリックスクール、ドイツ連邦共和国及びオーストリア共和国のギムナジウム、オランダのVWO(大学準備中等教育)及びHAVO(高等一般教育)などが挙げられる。 ドイツのギムナジウム、オーストリアのAHS、オランダのVWO及びHAVOへの進学率・在籍率は、該当年齢の約30%に達する。参考までに日本の国立・私立の中学校の在籍率は全中学生の約8%、南関東の中高一貫校受験参加率は約20%(公立中高一貫校及び私立中高一貫校の入学試験参加者数の合計)である。 各国の中等教育学校 イギリス イギリスにおいてはパブリックスクールが存在し、多くはボーディングスクールであり、13–18歳の年齢に教育を施す。 (Wikipedia:中等教育学校)


中等教育 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

中等教育 - アマゾン検索


「中等教育」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す