[PR]

日別キーワード

第27位  椿油 - 2019年02月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



椿油
椿油(つばきあぶら)は、ツバキ科ツバキ属のヤブツバキの種子から採取される植物性油脂。ユチャ(en)など、ツバキ属の種子から取ったものの総称はカメリア油(カメリアゆ)と呼ばれ、区別される。 酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含むため、他の食用の油脂に比べて酸化されにくく固まりにくい性質を持つ(不乾性油)。 利用の歴史は古く、続日本紀には、777年、渤海国使が帰るときに海石榴(つばき)油を所望したので贈った、との記述がある。 ツバキ油は純油なので、太平洋戦争時にゼロ戦の燃料として使われたようである。 用途 食用のほか、化粧品、薬品、また石鹸などの原料としても用いられる。 食用油 天婦羅油、炒め物、サラダ用などに使用。長崎県の五島うどんは、引き延ばす際に地元の椿油を生地の表面に塗る伝統がある。 化粧品 髪油(鬢付け油)、スキンケア、保湿に用いられる。中でも純日本産(長崎・五島列島や伊豆諸島産)の椿油は純度が高く重宝されている。 薬用 日本薬局方に収載されており、他の薬効成分と配合して用いられる。 (Wikipedia:椿油)


椿油 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

椿油 - アマゾン検索


「椿油」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す