[PR]

日別キーワード

第12位  宿毛 - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



宿毛駅
宿毛駅(すくもえき)は、高知県宿毛市駅前町一丁目にある土佐くろしお鉄道宿毛線の駅で、同線の終着駅(ただし、書類上は起点駅)。駅番号はTK47。四国最南端・高知県最西端の駅であり、JRグループを除いた特急停車駅としては日本最南端でもある。 1997年(平成9年)10月1日:開業。駅舎は波形の屋根が特徴。 2002年(平成14年)8月31日:駅レンタカー営業終了。 2005年(平成17年)3月2日:岡山発の特急「南風17号」が車止めを乗り越えて駅舎の壁に衝突する事故が発生し、宿毛線が全線不通になった。詳細は土佐くろしお鉄道宿毛駅衝突事故を参照。 4月7日:東宿毛 - 中村間で普通列車のみ営業運転再開。宿毛 - 東宿毛間はバスによる代行輸送。 宿毛駅構内の線路が使用可能になり、列車は宿毛 - 中村間で運転再開していたが、当駅の改札がまだ使用不能だったため、宿毛 - 東宿毛間は回送扱いで運転されていた。 (Wikipedia:宿毛駅)

宿毛市野球場
スタジアム名称 宿毛市野球場
愛称 Sukumo Municipal Baseball Stadium
所在地 高知県宿毛市大深浦131(宿毛運動公園内)
開場 1971年
所有者 宿毛市
管理・運用者
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
設計者
使用チーム、大会 高知ファイティングドッグス(四国・九州アイランドリーグ、2005年~)
収容能力 5,000人
規模 グラウンド面積:13,200m²両翼:90 m中堅:120 m
フェンスの高さ
宿毛市野球場(すくもし・やきゅうじょう)は、高知県宿毛市の宿毛運動公園内にある野球場。宿毛市が運営管理を行っている。
1971年開場。
1976年から1982年にかけて、プロ野球・大阪近鉄バファローズ 近鉄バファローズがキャンプ (プロ野球) 春季キャンプを実施していた。かつては鉄道もなく交通の便がよくなかった宿毛だが、当時近鉄の監督だった西本幸雄は「宿毛は繁華街がなく、且つ交通もよくないので、かえって野球だけに集中できる」として、敢えて宿毛をキャンプ地に選んだといわれている。
(Wikipedia:宿毛市野球場)

宿毛市
宿毛市(すくもし)は、高知県の南西部に位置し愛媛県と境を接する市。 地理 宿毛湾港を臨む 島 沖の島 鵜来島 気候 南海型の太平洋側気候であり、一年を通して温暖な気候である。 隣接する自治体 高知県 四万十市、土佐清水市、幡多郡大月町、幡多郡三原村 愛媛県 宇和島市、南宇和郡愛南町 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、幡多郡に以下の7村が成立。 宿毛村 ← 宿毛村、錦村、小深浦村、大深浦村、坂ノ下村、樺村、宇須々木村、大島村、藻津村 和田村 ← 和田村、押ノ川村、二宮村、山北村、中角村、野地村、草木藪村 小筑紫村 ← 伊与野村、石原村、小筑紫村、福良村、栄喜村、湊浦村、内外ノ浦村、小浦村、田ノ浦村、津賀ノ浦村、呼崎村 橋上村 ← 神有村、平野村、野地村、坂本村、奥奈路村、還住藪村、京法村、出井村、楠山村 平田村 ← 戸内村、黒川村、中山村 山奈村 ← 山田村、芳奈村 沖ノ島村 ← 母島、弘瀬村、鵜来島、姫島 1898年(明治31年)12月20日 - 宿毛村が町制施行、宿毛町となる。 (Wikipedia:宿毛市)

宿毛線
宿毛線(すくもせん)は、愛媛県宇和島市の宇和島駅から高知県中村市(現・四万十市)の中村駅を結ぶ計画だった日本鉄道建設公団による工事線の名称である。 改正鉄道敷設法別表第103号「愛媛県八幡浜ヨリ卯之町、宮野下、宇和島ヲ経テ高知県中村ニ至ル鉄道及宮野下ヨリ分岐シテ高知県中村ニ至ル鉄道」のうち、前段の「…宇和島ヲ経テ高知県中村ニ至ル鉄道」の一部である。なお、同号の他の部分は予讃線・予土線として一部が開業している。 1964年に宿毛 - 中村間が工事線に昇格し、1974年に着工して建設が進められたが、開通に至る前に日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)施行により工事中断。その後、接続する国鉄中村線(現 土佐くろしお鉄道中村線)を継承する土佐くろしお鉄道が併せて宿毛線の着工区間を開業・運営する方針を打ち出して建設が再開し、1997年に同鉄道宿毛線として開業した。 一方、宇和島 - 宿毛間は国鉄再建法施行の段階で未認可のため工事も未着工であり、引き受け手もなくそのまま未成線となった。 (Wikipedia:宿毛線)

宿毛商銀信用組合
(2006年3月31日現在)
(小筑紫町信用組合)
宿毛商銀信用組合(すくもしょうぎんしんようくみあい)は、高知県宿毛市に本店を置く信用協同組合 信用組合。
同組合は地域信用組合であり、在日韓国人系の商銀信用組合には属さない。
1953年4月 小筑紫町信用組合として設立。
1958年5月 宿毛商銀信用組合と改称。
日本の信用組合一覧
公式ウェブサイトは開設されていない
高知県の信用組合
宿毛市
(Wikipedia:宿毛商銀信用組合)

宿毛観光汽船
株式会社宿毛フェリー(すくもフェリー)は、高知県宿毛市に本社を置く海運会社である。同市にある宿毛湾港(宿毛湾、片島岸壁)と大分県佐伯市の佐伯港を結ぶフェリー航路を運航している。 本社所在地は、高知県宿毛市片島9-34である。 航路は、宿毛フェリーの前身である宿毛観光汽船が1968年に開設した。 2004年1月26日、同社が自己破産手続開始の申立てを行い破産宣告を受けるとともに、同日午前3時発の便をもって運航を休止した。航路再開については当初、洞海マリンシステムズ(福岡県北九州市)が事業を継承すべく新会社「土佐・佐伯フェリー」を同年5月に設立したが頓挫したのち、ケイシーライナー東京(東京都港区)など4社により「宿毛フェリー」が設立された。 運航再開にあたっては関連会社である周防灘フェリー(山口県周南市)の運航ノウハウを活かすとともに、従来2隻あった船舶を1隻とする合理化がなされた。また、高知県と同県の6市町村による4億円を限度とする補助スキームの設定といった地元側の支援も行われている。 (Wikipedia:宿毛観光汽船)

宿毛フェリー
株式会社宿毛フェリー(すくもフェリー)は、高知県宿毛市に本社を置く海運会社である。同市にある宿毛湾港(宿毛湾、片島岸壁)と大分県佐伯市の佐伯港を結ぶフェリー航路を運航している。 本社所在地は、高知県宿毛市片島9-34である。 航路は、宿毛フェリーの前身である宿毛観光汽船が1968年に開設した。 2004年1月26日、同社が自己破産手続開始の申立てを行い破産宣告を受けるとともに、同日午前3時発の便をもって運航を休止した。航路再開については当初、洞海マリンシステムズ(福岡県北九州市)が事業を継承すべく新会社「土佐・佐伯フェリー」を同年5月に設立したが頓挫したのち、ケイシーライナー東京(東京都港区)など4社により「宿毛フェリー」が設立された。 運航再開にあたっては関連会社である周防灘フェリー(山口県周南市)の運航ノウハウを活かすとともに、従来2隻あった船舶を1隻とする合理化がなされた。また、高知県と同県の6市町村による4億円を限度とする補助スキームの設定といった地元側の支援も行われている。 (Wikipedia:宿毛フェリー)


宿毛 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宿毛 - アマゾン検索


「宿毛」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す