[PR]

日別キーワード

第18位  土佐市 - 2019年02月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



土佐市
土佐市(とさし)は、高知県中部に位置し、県内11市の中で面積最小の市。ちなみに自治体として旧国名「土佐」を名乗ったのは同県にある土佐郡土佐町の方が先である。 地理 高知県のほぼ中央部に位置し、高知市から車で約20分の距離にある。市の東部は石鎚山系を源流とする仁淀川下流の右岸に広がる高岡平野に小都市を形成し、北部および西部は山に囲まれ、南部は太平洋に面している。市域は東西約14.5km, 南北約6.4kmである。 山: 虚空蔵山 (674.7m)、松尾山 河川: 仁淀川、波介川 湖沼: 蟹ヶ池 断層: 仏像構造線 紀元前4000年代、現在の高岡町野田地区に縄文人が住みつく。11世紀、清瀧寺薬師如来像造られる。1961年(昭和36年)、うるめ一本釣漁法を橋村政次郎が考案する。 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い高岡郡に以下の村が成立。 高岡村 ← 高岡村 北原村 ← 北地村、甲原村、谷地村 高石村 ← 用石村、塚地村、中島村 蓮池村 ← 蓮池村 波介村 ← 波介村、出間村、岩戸村 戸波村 ← 家俊村、鷹ノ巣村、市野々村、永野村、積善寺村、宮内村、西鴨地村、東鴨地村、本村、浅井村、太郎丸村 宇佐村 ← 宇佐村、福島村、井ノ尻村、渭浜村、龍村 新居村 ← 新居村 1899年(明治32年)3月1日 - 高岡村が町制施行して高岡町となる。 (Wikipedia:土佐市)


土佐市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

土佐市 - アマゾン検索


「土佐市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す