[PR]

日別キーワード

第22位  桂川 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



桂川
桂川(かつらがわ、けいせん) 河川 桂川 (北海道) - 北海道茅部郡森町を流れる本流の河川。 桂川 (青森県) - 青森県五所川原市を流れる岩木川水系相内川支流の一級河川。 桂川 (秋田県) - 秋田県由利本荘市を流れる子吉川水系芋川支流の一級河川。 桂川 (那珂川水系) - 茨城県東茨城郡城里町を流れる那珂川水系の一級河川。 桂川 (牛久市・阿見町) - 茨城県牛久市・稲敷郡阿見町を流れる利根川水系乙戸川支流の一級河川。 桂川 (群馬県) - 群馬県前橋市・伊勢崎市を流れる利根川水系粕川支流の一級河川。 桂川(相模川) - 山梨県および神奈川県を流れる相模川の山梨県域での呼称。相模川を参照。 桂川 (新潟県) - 新潟県岩船郡関川村を流れる荒川水系女川支流の一級河川。 桂川 (信濃川水系) - 長野県東筑摩郡筑北村・麻績村を流れる信濃川水系麻績川支流の一級河川。 桂川 (南木曽町) - 長野県木曽郡南木曽町を流れる木曽川水系鍋割川支流の一級河川。 桂川 (岐阜県) - 岐阜県揖斐郡揖斐川町を流れる木曽川水系揖斐川支流の一級河川。 (Wikipedia:桂川)

桂川 (相模川水系)
『相模川』より : 相模川(さがみがわ)は山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で、一級河川である。全長109km、流域面積1,680 km²。
上流の山梨県では桂川(かつらがわ)、河口近くの下流では馬入川(ばにゅうがわ)と呼ばれる。古くは鮎川(あゆかわ)と呼ばれた。
山梨県南都留郡山中湖村、富士五湖の一つでもある山中湖を水源とする。湖の標高は981m。
富士山北麓の水を集めながらまず北西に流れ、富士吉田市で北東に折れる。都留市を経て大月市で流路を東に変える。相模湖と津久井湖という二つのダム湖を経て、ゆるやかに進路を変え、厚木市からは南にまっすぐ下り、神奈川県中部を貫き平塚市・茅ヶ崎市の境付近で相模湾に注ぐ。
(Wikipedia:桂川 (相模川水系))

桂川駅 (京都府)
社色 0072bc
文字色
駅名 桂川駅
よみがな かつらがわ
ローマ字 Katsuragawa
副駅名 久世
前の駅 西大路駅 西大路
駅間A 2.8
駅間B 1.1
次の駅 向日町駅 向日町
電報略号 カツ
駅番号
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
キロ程 518.9km(東京駅 東京起点)京都駅 京都から5.3
起点駅
所在地 京都市南区 (京都市) 南区久世高田町6-7
駅構造 地上駅(橋上駅)
ホーム 1面2線
(Wikipedia:桂川駅 (京都府))

桂川町
桂川町(けいせんまち)は、福岡県の中央部に位置する町である。嘉穂郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つでもある。旧穂波郡。飯塚都市圏に属しているが、福岡都市圏の10%都市圏にも属している。 地理 福岡県の中央部、筑豊地域の南端部に位置する町。福岡市から東へ約25km、北九州市から南西へ約55km、筑豊の中心都市である飯塚市から南西へ約7kmの場所にある。 河川: 穂波川、泉河内川 隣接している自治体 飯塚市 嘉麻市 地名 内山田 九郎丸 寿命 瀬戸 中屋 土居 土師 豆田 吉隈 古代 土居の宝塚遺跡からは、紀元前10世紀から紀元前4世紀のものと見られる石器が見つかっており、その頃から人類がいたとみられている。 (Wikipedia:桂川町)

桂川甫周
桂川 甫周(かつらがわ ほしゅう、宝暦元年(1751年)- 文化6年6月21日(1809年8月2日)は、医師及び蘭学者。桂川家第4代当主。名は国瑞(くにあきら)であり、甫周は通称である。月池・公鑑・無碍庵などの号を用い、字は公鑑。桂川甫三の子で、弟に森島中良(蘭学者・戯作者)がいる。 桂川家において甫周を名乗るものは2名居り、それぞれ桂川家の祖である桂川甫筑から数えて、4代目と7代目に当たる。また5代目にあたる桂川甫筑国宝(ほちく・くにとみ)も一時期甫周を名乗った記録がある。本稿では4代目甫周について記述する。 生涯 宝暦元年(1751年)、桂川家3代当主桂川甫三の長男として生まれる。桂川家は、第6代将軍徳川家宣の侍医を務めた桂川甫筑以来代々将軍家に仕えた幕府奥医師であり、特に外科の最高の地位である法眼を務め、その為蘭学書を自由に読む事が許されていた。桂川甫三は、前野良沢・杉田玄白と友人であり、解体新書は甫三の推挙により将軍に内献されている。 明和8年(1771年)21歳でオランダの医学書『ターヘル・アナトミア』(『解体新書』)の翻訳に参加し、安永3年(1774年)の刊行に至るまで続けた。 (Wikipedia:桂川甫周)

桂川 (淀川水系)
桂川(かつらがわ)は京都府を流れる淀川水系の一級水系。 地理 京都府京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する佐々里峠に発する。左京区広河原、左京区花脊を南流するが、花脊南部で流れを西へと大きく変える。京都市右京区京北地区を東西に横断し、南丹市日吉町天若の世木ダム、同市日吉町中の日吉ダムを経由、以降は亀岡盆地へと南流する。亀岡市の中央部を縦断し、保津峡を南東に流れ、嵐山で京都盆地に出て南流、伏見区で鴨川を併せ、大阪府との境で木津川、宇治川と合流し淀川となる。 表記 通例として、京都市右京区京北地区の流域にかけては「上桂川(かみかつらがわ)」、南丹市園部地区に入ると「桂川」、南丹市八木地区から亀岡市にかけては「大堰川(おおいがわ)」、亀岡市保津町請田から京都市嵐山までは「保津川(ほづがわ)」などと名を変え、嵐山から合流地点は再び「桂川」と称される。 (Wikipedia:桂川 (淀川水系))

桂川駅 (福岡県)
桂川駅(けいせんえき)は、福岡県嘉穂郡桂川町大字豆田にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。 筑豊本線を所属線とし、当駅を起点とする篠栗線を加えた2路線が乗り入れている。 筑豊本線においては当駅が運行上の境界駅となっている。当駅から折尾駅方面は篠栗線と共に電化され、「福北ゆたか線」の愛称で一体運転が行われており、1時間あたり快速列車が2本、普通列車が1 - 2本と本数も多い。一方、当駅から原田駅方面は非電化で、「原田線」の愛称が付けられているが、こちらは1日に普通列車が8往復のみの運転である。 計画段階では上穂波村長尾地区(現在の飯塚市)に駅が開設される予定であったが、資金不足等により現在の位置に九州鉄道長尾駅として開設され、「長尾」の地名を駅に冠した。背景に地元有力政治家の圧力があったとされる。また、当駅から上山田線臼井迄の短縮線も計画されていた。 石炭産業が盛んだった頃は、当駅から日鉄鉱業嘉穂鉱業所大分坑や麻生鉱業豆田炭鉱へ専用線が伸びていたが、いずれも閉山とともに廃止された。 (Wikipedia:桂川駅 (福岡県))

桂川パーキングエリア
桂川パーキングエリア(かつらがわパーキングエリア)は、京都府京都市南区久世東土川町の名神高速道路上にあるパーキングエリアである。道路公団民営化前で唯一名神高速道路の財団法人道路サービス機構のエリアであった。 桂川PAは以前、大阪府三島郡島本町の大阪府立島本高等学校の北隣(上り線)とトッパン・フォームズ関西大阪工場の西隣(下り線)にあった桜井パーキングエリアが、車線拡幅工事の関係で上り線が1997年に、下り線が1998年3月に現在地に移転したものである。下り線の桜井PAは桂川PAに移転する前に一時的に高槻市内の短期代替施設に移転していたが、その場所は高槻第二JCTの用地に転用される。名称の由来となった桂川自体と当PAは直線距離で1km強離れている。 桜井PAの跡地は上下線とも解体された上で地盤も切土されており、現在は上り線左ルートの路肩に桜井PA入口の形跡が僅かに残っているのみとなっている。尚、上り線施設跡地は掘割されて広場(関係者以外は出入不可)に、下り線施設跡地は一般道になっている。 道路 名神高速道路 施設 上り線(福井・四日市・名古屋方面) 駐車場 大型:54台 小型:108台 トイレ 男性:大8(和式5・洋式3)、小24 女性:34(和式24・洋式10) 車椅子用:1 スナック(7時00分-21時00分) ショッピング(7時00分-21時00分) 自動販売機 携帯電話充電器(7時00分-21時00分) 下り線(大阪・西宮・広島方面) 駐車場 大型:68台 小型:117台 トイレ 男性:大8(和式5・洋式3)、小26 女性:36(和式25・洋式11) 車椅子用:1 スナック(7時00分-21時00分) ショッピング(7時00分-21時00分) 自動販売機 携帯電話充電器(7時00分-21時00分) 隣 名神高速道路 (32-1)京都南JCT(予定) - (33,33-1,33-2)京都南IC - 桂川PA - (33-3)大山崎JCT/IC - (33-4)高槻第二JCT(予定) 関連項目 日本のサービスエリア・パーキングエリア一覧 外部リンク 桂川パーキングエリア上り線 桂川パーキングエリア下り線。 (Wikipedia:桂川パーキングエリア)

桂川質郎
桂川 質郎(かつらがわ しちろう、本名:檀崎 質郎(だんざき しちろう)、1907年3月29日 - 2003年10月24日)は、宮城県名取市出身の大相撲力士。伊勢ヶ濱部屋所属で、最高位は前頭筆頭。現役時代の体格は170cm、88kg。得意手は突っ張り、右四つ、吊り。
1927年10月場所に初土俵。四股名ははじめ出身地にちなんで名取川を名乗った。桂川の四股名は桂太郎元首相の二男から姓をもらったものという。1934年5月場所で入幕。1942年1月場所は15日制となってからはじめて幕内で負け越し#15戦全敗を経験した力士 全敗を記録し、同年5月場所限りで引退。
引退後は伊勢ヶ濱部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたる傍ら、一般人向けに相撲錬成道場を設立して相撲の指導普及に努めていたが、門下生が大相撲への入門を希望したのを機に1956年(昭和31年)9月に伊勢ヶ濱部屋から分家独立して木瀬部屋(現在の木瀬部屋とは別)を創設した。1967年(昭和42年)に娘婿の幕内清の盛政夫 清の盛が引退すると木村瀬平の年寄名跡を譲渡して廃業し、以後は本郷 (文京区) 本郷でマンションを経営した。現役中から剣道の修行をして剣道教士7段、杖術範士7段の腕前を持ち、居合道も9段で居合道の道場の館長も務めた。
(Wikipedia:桂川質郎)

桂川駅 (北海道)
桂川駅(かつらがわえき)は、北海道茅部郡森町鷲ノ木町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH61。 1944年(昭和19年)9月30日:国有鉄道函館本線の桂川信号場(かつらがわしんごうじょう)として開設。旅客扱い開始。 1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道(国鉄)が継承。 1971年(昭和46年)9月21日:函館本線 当信号場 - 石谷駅間が複線化。 1979年(昭和54年)9月27日:仮乗降場(局設定)に昇格し、桂川仮乗降場(かつらがわかりじょうこうじょう)となる。同時に、函館本線 森駅 - 当仮乗降場間が複線化。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。同時に駅に昇格し、桂川駅(かつらがわえき)となる。 1990年(平成2年)3月10日:営業キロ設定。 2007年(平成19年)10月1日:駅ナンバリングを実施。 駅構造 相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。当駅の設備は築堤の上にあるため、道とは階段で連絡している。 (Wikipedia:桂川駅 (北海道))

桂川駅
桂川駅 かつらがわえき 桂川駅 (京都府) - 京都市南区にあるJR西日本東海道本線(JR京都線)の駅 桂川駅 (北海道) - 北海道茅部郡森町にあるJR北海道 函館本線の駅けいせんえき 桂川駅 (福岡県) - 福岡県嘉穂郡桂川町にあるJR九州 筑豊本線(福北ゆたか線)の駅。 (Wikipedia:桂川駅)


桂川 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

桂川 - アマゾン検索


「桂川」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す