[PR]

日別キーワード

第25位  犀川 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



犀川
犀川(さいがわ) 河川 犀川 (秋田県) - 秋田県大館市を流れる米代川水系の一級河川。 犀川 (石川県) - 石川県金沢市を流れる本流の二級河川。 犀川 (福井県) - 福井県吉田郡永平寺町を流れる九頭竜川水系の一級河川。 犀川 (長野県) - 長野県中北部を流れる信濃川水系の一級河川。 犀川 (岐阜県) - 岐阜県南部を流れる木曽川水系長良川支流の一級河川。 犀川 (綾部市) - 京都府綾部市を流れる由良川水系の一級河川。 犀川 (宮津市) - 京都府宮津市を流れる本流の二級河川。 地名 犀川町 - 福岡県京都郡に2006年まで存在した町(現・みやこ町)。 駅名 犀川駅 - 福岡県みやこ町にある平成筑豊鉄道田川線の駅。 (Wikipedia:犀川)

犀川事件
犀川事件(さいがわじけん)は、昭和初期に岐阜県安八郡で発生した、河川をめぐる住民と警察との衝突である。犀川騒擾事件ともいう。犀川事件としては1929年(昭和4年)の第1次犀川事件と1938年(昭和13年)の第2次犀川事件がある。通常、犀川事件は第1次犀川事件を示す。
きっかけとなったのは、1922年(大正11年)に計画された治水計画である。この計画は、岐阜県本巣郡の4つの河川(犀川 (岐阜県) 犀川、五六川、中川、長護寺川)の水を、安八郡墨俣町(現大垣市墨俣)の輪中堤を切断して開削した川に流すというものである。この計画が行なわれると本巣郡の治水は良くなるが、安八郡の治水は悪化する恐れがあった。
当時は大正デモクラシーの真っ最中であり、住民たちにも政治運動が高まっていた事もある。又、本巣郡は立憲政友会の地盤、安八郡は立憲民政党の地盤という事もあり、当時政権党であった立憲政友会側の本巣郡に有利な状況であった。
(Wikipedia:犀川事件)

犀川 (長野県)
犀川(さいがわ)は、長野県内を流れる信濃川水系の一級河川。一般に、松本市島内で奈良井川を合流させて以降の下流部から長野市での千曲川との合流部までを指し、上流部は梓川(あずさがわ)と呼ばれる。 地理 飛騨山脈(北アルプス)南部の槍ヶ岳(標高3,180メートル)に源を発し上高地を南流。白骨温泉からの湯川や乗鞍高原からの小大野川を合流させたのち、奈川渡(梓湖)で奈川を合流させる。ここで東南に向かっていた流れを東北方向に変え、安曇3ダム(奈川渡ダム・水殿ダム・稲核ダム)を経由し、島々集落付近で黒川と島々谷川を合流させ松本盆地に流れ込む。松本盆地で楢川・塩尻市方面より北流してきた奈良井川を合流させる。ここを境として上流部を梓川、以降を犀川と呼んでいる(後述・#梓川と犀川の違いを参照)。 犀川は松本盆地を北流する中で、同じく槍ヶ岳を水源とする高瀬川が仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)からの水も合わせ合流する。安曇野市内ではこのほか穂高川や万水川などが合流し、犀川白鳥湖は1,000羽を数えるコハクチョウとカモの群れが越冬する場所として知られる。 (Wikipedia:犀川 (長野県))

犀川町
犀川町(さいがわまち)は、福岡県の東部にあった町で、京都郡に属していた。 2006年3月20日、隣接する豊津町・勝山町と対等合併し、みやこ町(みやこまち)となったため、犀川町は消滅した。現在の住所は「みやこ町犀川 - 」となっている。 地理 行橋市の南側に位置する町で、行橋市の小規模経済圏、または北九州都市圏に属する。町内にある大坂山には、テレビ・FM局の中継所があり、京築や田川市方面に電波を送信している。 河川 : 今川 1905年2月1日 - 京都郡東犀川村・西犀川村・南犀川村が対等合併。犀川村となる。 1943年2月11日 - 犀川村が町制施行。犀川町となる。 1956年9月30日 - 京都郡城井村・伊良原村を編入。 2006年3月20日 - 豊津町・勝山町と対等合併によりみやこ町が発足し、自治体としての犀川町は消滅。 行政 町長 : 白石 春夫(しらいし はるお) 地域 教育 町内に高等学校はない。 (Wikipedia:犀川町)

犀川 (石川県)
犀川(さいがわ)は、石川県金沢市を流れ日本海に注ぐ二級河川。浅野川の愛称「女川」に対して、男川と呼ばれ親しまれている。雅名は、菊水川(きくすいがわ)。 地理 石川県金沢市の南端に位置する奈良岳に源を発し北流。金沢市街を流れ、金沢市普正寺町の金沢市金石西との境界から日本海に注ぐ。 金沢市中川除町の河畔には、この川を愛した詩人室生犀星の文学碑(谷口吉郎設計)が建っている。 犀川上流の水を金沢城に引いた辰巳用水が江戸時代初期に建設され現在も流れている。そのほか金沢市内を流れる数々の用水が取水しており、市民の水資源として重要な役割を果たしている。上流には犀川ダム、内川ダムがあり、さらに2008年(平成20年)度からは洪水対策として、辰巳ダムを建設中である。また、浅野川の洪水防止のため、浅野川の水を犀川に分水している。 河口の金石港(かないわこう)は、江戸時代以前は宮腰(みやのこし)と呼ばれ、金沢の外港として重要視された。古くは中流域で、大きく二流に分かれて流れていたが、江戸時代初期の治水工事で概ね現在の流れになり、香林坊付近を流れていた川道は鞍月用水や金沢城の外堀に転用された。 (Wikipedia:犀川 (石川県))

犀川スキーバス転落事故
犀川スキーバス転落事故(さいがわスキーバスてんらくじこ)は、1985年1月28日、国道19号を走行していたバスが長野市の犀川に転落した事故である。 事故の経緯 1985年1月28日、日本福祉大学の学生ら総勢46名を乗せた三重交通バスは、北志賀高原の竜王スキー場へ向かっていた。同校では1月28日から1月30日まで、体育科の授業の一環としてスキー教室を実施する予定であった。 事故発生時刻は午前5時45分。犀川に架けられた大安寺橋にさしかかる手前の左カーブで、バスはガードレールを破り水深4メートル、水温4度という極寒の犀川に転落。転落地点は下流に建設された笹平ダムのダム湖にあたる。総勢46名のうち、乗客の大学生22名、教員1名、運転手ら2名、合計25名の命が失われた。助かった21名のうち8名も重軽傷を負った。 現場は雪が積もり路面が滑りやすくなっており、バスのスピードの出し過ぎが直接の原因であった。しかし、死亡した運転手は事故当日までの二週間を連続して出勤し乗務に当たっており、バスの運行を担当する三重交通の責任が問われた。 (Wikipedia:犀川スキーバス転落事故)

犀川村
犀川村(さいがわむら)は、石川県石川郡に存在した村。 村名の由来となった犀川の上流の谷に添う、南北に長い村である。 地理 現在の金沢市の南東部。富山県と境界を成す山地は標高1600~1500m級の山々となっている。江戸時代には犀川荘、犀川谷と言われていた。 村北部は金沢市の市街地に近くバスなど交通の便も良い一方で、南部の犀川最上流部、現在犀川ダムが在る周辺などは無住地が在るなど過疎化が進んでいる。 金沢温泉郷の一つ、犀川峡温泉がある。 山:奈良岳(村の最高峰、1644m)、見越山(1621m)、大門山(1572m)、赤摩木古山(1501m)、多子津山、月ヶ原山、赤堂山、大倉山、順尾山、吉次山、高三郎山、成ヶ峰(剣岳)、中三方岳、口三方岳、三輪山、拳原山、水葉山、国見山 犀川の支流倉谷川西岸には、16世紀末 - 20世紀初頭まで倉谷鉱山があり、金・銀・銅・鉛を産出した。 (Wikipedia:犀川村)

犀川バス事故
犀川スキーバス転落事故(さいがわスキーバスてんらくじこ)は、1985年1月28日、国道19号を走行していたバスが長野市の犀川に転落した事故である。 事故の経緯 1985年1月28日、日本福祉大学の学生ら総勢46名を乗せた三重交通バスは、北志賀高原の竜王スキー場へ向かっていた。同校では1月28日から1月30日まで、体育科の授業の一環としてスキー教室を実施する予定であった。 事故発生時刻は午前5時45分。犀川に架けられた大安寺橋にさしかかる手前の左カーブで、バスはガードレールを破り水深4メートル、水温4度という極寒の犀川に転落。転落地点は下流に建設された笹平ダムのダム湖にあたる。総勢46名のうち、乗客の大学生22名、教員1名、運転手ら2名、合計25名の命が失われた。助かった21名のうち8名も重軽傷を負った。 現場は雪が積もり路面が滑りやすくなっており、バスのスピードの出し過ぎが直接の原因であった。しかし、死亡した運転手は事故当日までの二週間を連続して出勤し乗務に当たっており、バスの運行を担当する三重交通の責任が問われた。 (Wikipedia:犀川バス事故)

犀川創平
『S&Mシリーズ』は、講談社より発行されている森博嗣による推理小説のシリーズ。 第1回メフィスト賞を受賞したデビュー作『すべてがFになる』から始まる一連のシリーズ。シリーズ名は主人公である犀川創平と西之園萌絵のファーストネームのイニシャル、「S」と「M」に由来する。大まかな話の流れとしては、西之園萌絵が事件を持ち出し(あるいは巻き込まれ)、犀川創平がやむを得ず解決するという構成。 理系ミステリィと称されるように、ガジェットやトリックに工学などの理系分野を中心として構成されている。一方で、登場人物同士が抱く心理状態、思考形態の表現は時として抽象的、哲学的な形をとる。生命工学・情報工学・認知科学などといった分野にも触れられており、従来の推理小説とは一見異なった雰囲気を持っている。 当初は『封印再度』までの5連作を予定していたが、編集部の意向により当初は4作目に予定されていた『すべてがFになる』が1作目へと変更されたため、シリーズ全体を再構成し、後の5連作を新たに執筆したという経緯がある。 (Wikipedia:犀川創平)

犀川駅
犀川駅(さいがわえき)は、福岡県京都郡みやこ町犀川本庄にある平成筑豊鉄道田川線の駅である。 行橋駅から当駅までの区間運行もある。 1897年(明治30年)4月20日 - 豊州鉄道の駅として開業。 1901年(明治34年)9月3日 - 九州鉄道が豊州鉄道を合併。 1907年(明治40年)7月1日 - 九州鉄道が国有化。官設鉄道の駅となる。 1971年(昭和46年)10月20日 - 貨物扱い廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道(JR九州)に承継。 1989年(平成元年)10月1日 - 平成筑豊鉄道に転換。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する列車行違い(交換)可能駅。 駅周辺 周辺は、みやこ町犀川の中心地となっている。 今川 みやこ町役場 犀川支所 みやこ町立犀川中学校 みやこ町立犀川小学校 日本郵政犀川郵便局 永沼家住宅 本庄池公園 行橋警察署 犀川駐在所(かつては、犀川南駐在所という名であった。 (Wikipedia:犀川駅)

犀川白鳥湖
犀川白鳥湖(さいがわはくちょうこ)は、長野県安曇野市豊科地域(旧南安曇郡豊科町)を流れる犀川の途中にある湖。水力発電用の取水ダムによって川がせき止められて誕生した人造湖(ダム湖)である。そのダム湖にいつしか白鳥が越冬のため飛来してくるようになり、現在では毎年10月から4月にかけて1,000羽以上もの白鳥が飛来することで有名な観光名所となった。JR 篠ノ井線の田沢駅から徒歩約20分、長野自動車道 安曇野インターチェンジにも近い。付近のショッピングセンター「スワンガーデン安曇野」には巨大な白鳥のオブジェがある。 1923年(大正12年)、安曇電気は犀川発電所(明科発電所)で発電に利用するための水を取り入れるべく、犀川にダムを建設した。このダムは犀川ダム、犀川光ダム(さいがわひかるダム)といい、ダム湖は犀川ダム湖とも呼ばれていた。現在では中部電力の管理下にある。 安曇野において白鳥の渡来を初めて確認したのは1984年(昭和59年)12月31日のことである。確認されたのは白鳥の一家5羽で、その2日後、餌付けに成功。1985年(昭和60年)1月18日には地元のボランティアでアルプス白鳥の会が結成され、白鳥の観察や保護、湖の自然環境の維持に努めている。 (Wikipedia:犀川白鳥湖)

犀川光ダム
『』より : (Wikipedia:犀川光ダム)


犀川 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

犀川 - アマゾン検索


「犀川」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す