[PR]

日別キーワード

第28位  篠栗 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



篠栗四国八十八箇所
篠栗四国八十八箇所(ささぐりしこくはちじゅうはちかしょ)とは、福岡県糟屋郡篠栗町にある、空海(弘法大師)を拝する88か所の霊場の総称である。篠栗八十八箇所または単に篠栗霊場とも呼ばれる。 篠栗霊場の歴史は天保年間、慈忍という人物がこの地を訪れた天保六年に始まる。慈忍は四国八十八箇所を巡拝したその帰りに篠栗村に立ち寄った尼僧であった。四国八十八箇所の開祖たる弘法大師も訪れたと伝わるこの村の者達の困窮を垣間見た慈忍は、その救済を目論みこの地にとどまり弘法大師の名において祈願を続け、やがて村に安寧をもたらしたものと伝わる。このことを弘法大師の利益(りやく)であるとした慈忍は、村の者達に四国のそれを模した88か所の霊場の造成を提案。呼応した村人達の手によって徐々に石仏がつくられはじめ、慈忍が没したのちにおいて、その志を継ぐ村の篤志家達の尽力によって88に達する霊場群が完成、それが今にある篠栗霊場の起源であると伝わっている。 (Wikipedia:篠栗四国八十八箇所)

篠栗四国八十八ヶ所
『篠栗四国八十八箇所』より : 篠栗四国八十八箇所(ささぐりしこくはちじゅうはちかしょ)とは、福岡県糟屋郡篠栗町にある、空海(弘法大師)を拝する88か所の霊場の総称である。篠栗八十八箇所または単に篠栗霊場とも呼ばれる。 篠栗霊場の歴史は天保年間、慈忍という人物がこの地を訪れた天保六年に始まる。慈忍は四国八十八箇所を巡拝したその帰りに篠栗村に立ち寄った尼僧であった。四国八十八箇所の開祖たる弘法大師も訪れたと伝わるこの村の者達の困窮を垣間見た慈忍は、その救済を目論みこの地にとどまり弘法大師の名において祈願を続け、やがて村に安寧をもたらしたものと伝わる。このことを弘法大師の利益(りやく)であるとした慈忍は、村の者達に四国のそれを模した88か所の霊場の造成を提案。呼応した村人達の手によって徐々に石仏がつくられはじめ、慈忍が没したのちにおいて、その志を継ぐ村の篤志家達の尽力によって88に達する霊場群が完成、それが今にある篠栗霊場の起源であると伝わっている。 (Wikipedia:篠栗四国八十八ヶ所)

篠栗線
篠栗線(ささぐりせん)は、福岡県嘉穂郡桂川町の桂川駅から福岡県福岡市博多区の吉塚駅に至る九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(幹線)である。 三郡山地を篠栗トンネルで貫き筑豊地域と福岡市を直結する路線である。2001年(平成13年)10月6日に電化され、鹿児島本線・筑豊本線を含む黒崎駅 - 折尾駅 - 直方駅 - 桂川駅 - 吉塚駅 - 博多駅間には「福北ゆたか線」の愛称が付けられた。 路線データ 管轄(事業種別):九州旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 区間(営業キロ):桂川駅 - 吉塚駅 25.1km(線路名称上は起終点が逆転) 軌間:1067mm 駅数:11(起終点駅含む) 篠栗線所属駅に限定した場合、起終点駅(桂川駅は筑豊本線、吉塚駅は鹿児島本線の所属)が除外され、9駅となる。 (Wikipedia:篠栗線)

篠栗町
篠栗町(ささぐりまち)は、福岡県糟屋郡にある町である。 福岡都市圏の一部である。森林セラピー基地認定地域。 地理 福岡市内から東に12kmのところに位置する。町域の中央よりやや西側に篠栗駅があり、同駅の周辺部が中心市街地となっている。中心部とその西側の地域は福岡平野の東端部にあたり比較的平坦で、福岡市のベッドタウンとして住宅開発が進んでいる。中心部より東側は、福岡都市圏と筑豊を隔てる山地である。 多々良川が町域を東西に流れている。 山: 若杉山(町域南部) 隣接する市町村 飯塚市 宮若市 糟屋郡須恵町、久山町、粕屋町 人口 地名 金出 篠栗 高田 萩尾 乙犬(旧勢門村) 尾仲(旧勢門村) 田中(旧勢門村) 津波黒(旧勢門村) 若杉(旧勢門村) 和田(旧勢門村) 内住(1956年、筑穂町の一部を編入) 近現代 1889年4月1日 - 町村制施行により、篠栗村と勢門村(せとむら)が発足。 (Wikipedia:篠栗町)

篠栗本線料金所
篠栗本線料金所(ささぐりほんせんりょうきんじょ)は福岡県糟屋郡篠栗町にかつて存在した八木山バイパスの本線料金所である。南側に、八木山バイパス管理事務所が設けられていた。 八木山バイパスにあるインターチェンジには料金所が個別に用意されていないため、ここで料金を支払っていた。このため、飯塚市側の各IC(後述の城戸緊急車退出路を除く)は篠栗・福岡方面に対しての出入口しかないハーフICのみが設置され、飯塚方面への走行ができない仕組みとなっている。 2014年10月1日0時をもって八木山バイパスが無料開放されることに伴い、当料金所も廃止された。ただし、2015年2月までは料金所施設の撤去工事が行われる予定。 城戸出入口 料金所及び管理事務所手前には付近を通る福岡県道435号内住篠栗線につながる、穂波方面の出入口のみのICが存在する。有料道路当時においては、この出口は緊急時に避難したり、緊急車両が出入りできるように設置されたものであり、普段は逆進入防止などの理由からフェンスが設置されて通行することができなかった。 (Wikipedia:篠栗本線料金所)

篠栗インターチェンジ
篠栗インターチェンジ(ささぐりインターチェンジ)は、福岡県糟屋郡篠栗町篠栗にある八木山バイパスのインターチェンジである。ICという事になっているが実際は八木山峠方面に向かう国道201号との平面交差点となっている。篠栗四国八十八箇所の第1札所である南蔵院方面はバイパスを使用せずに国道201号を飯塚方面に向かう必要がある。 道路 八木山バイパス 国道201号 周辺 篠栗町中心部 篠栗四国八十八箇所南蔵院 福北ゆたか線:篠栗駅 - 筑前山手駅 - 城戸南蔵院前駅 鳴淵ダム 県社会教育総合センター 八木山峠 隣 八木山バイパス 篠栗IC - 篠栗TB(廃止) - 筑穂IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 外部リンク 国土交通省九州地方整備局 福岡国道事務所 篠栗町。 (Wikipedia:篠栗インターチェンジ)

篠栗駅
篠栗駅(ささぐりえき)は、福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗にある、九州旅客鉄道(JR九州)篠栗線(福北ゆたか線)の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅の南側(下り方向に向かって左側)に小さな駅舎が設けられている。 直営駅で、みどりの窓口が設置されている。また、自動改札機を備え、SUGOCAの利用が可能である。 のりば 利用状況 2011年度の1日平均乗降人員は10,492人である。 駅周辺 駅周辺は篠栗町の中心部にあたり、篠栗町役場にも近い。駅の南側約100mの場所を県道607号線が篠栗線に並行する形で通っており、駅とこの道路を軸として商店街が広がっている。 橋上駅ではないが、駅舎に近接して構内をまたぐ歩道橋が設置されており、駅裏から駅への通行の便が図られている。駅裏は住宅地として開発が進められている。 篠栗町役場 篠栗町立図書館 クリエイト篠栗(総合センター) オアシス篠栗(総合保健福祉センター) 篠栗郵便局 ローソン福岡篠栗駅前店 篠栗病院 福岡銀行篠栗支店 枡屋旅館 日本生協連篠栗冷蔵流通センター 路線バス バスは、西鉄バスのバス停として、駅正面を出て県道607号線に篠栗バス停が、歩道橋をわたり駅裏側に篠栗駅前バス停がある。 (Wikipedia:篠栗駅)


篠栗 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

篠栗 - アマゾン検索


「篠栗」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す