[PR]

日別キーワード

第32位  水巻 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



水巻町
水巻町(みずまきまち)は、福岡県北部に位置する北九州地方の町である。 地理 町の東側は北九州市に、西側は遠賀川に接している。北九州市とは石炭産業が盛んであった時代(後述)から深い交流関係を持ち、同市を中心とした北九州都市圏(関門都市圏)に属し、10%通勤圏に定義される。同市の中でも、かつて同じ遠賀郡に属していた八幡西区(折尾・黒崎地区)との関係は特に親密である。町域内を通る国道3号や鹿児島本線などの沿線では住宅団地やマンションが多数建設されており、同市のベッドタウンとしての役割をもつ。 人口 = 国勢調査人口の推移 = 1889年(明治22年) 3,061人(参考) 1945年(昭和20年) 20,492人 1950年(昭和25年) 31,386人 1955年(昭和30年) 32,245人 1960年(昭和35年) 34,927人 1965年(昭和40年) 30,935人 1970年(昭和45年) 26,977人 1975年(昭和50年) 24,377人 1980年(昭和55年) 27,196人 1985年(昭和60年) 30,062人 1990年(平成2年) 29,756人 1995年(平成7年) 31,288人 2000年(平成12年) 31,623人 2005年(平成17年) 30,679人 2010年(平成22年)30,021人 面積 11.03㎢ 隣接する自治体・行政区 北九州市(若松区・八幡西区) 中間市 遠賀郡 芦屋町 遠賀町 地名 水巻町は九州の自治体で唯一住居表示100%実施を達成している。 (Wikipedia:水巻町)

水巻駅
水巻駅(みずまきえき)は、福岡県遠賀郡水巻町頃末南一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の駅である。 1961年(昭和36年)10月1日 - 日本国有鉄道が開設。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。 1993年(平成5年)3月 - みどりの窓口営業開始。 1995年(平成7年)- 南口が完成。 2009年(平成21年)3月1日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム間の移動には地下道を使う。駅の西側(遠賀川寄り)に踏切があり、混雑緩和のため駅舎(改札口)は1・2番ホーム両方に設置されている。ただし日中は南口は無人で、自動改札だけ稼動している。自動改札機は北口は他の駅で使われる一般的なものだが南口は簡易型である。 上りホームは3両編成(813系の場合)であっても4両編成の停車目標で、7両編成(811系・813系併結列車)であっても8両の停車目標で停車するため、1両分通路から離れた状態になる。 (Wikipedia:水巻駅)


水巻 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

水巻 - アマゾン検索


「水巻」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す