[PR]

日別キーワード

第34位  赤池 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



赤池駅 (愛知県)
赤池駅(あかいけえき)は、愛知県日進市赤池1丁目にある、名古屋市営地下鉄(名古屋市交通局)と名古屋鉄道の共同使用駅である。 管轄は名古屋市交通局により行われているため、名鉄の旅客案内上では無人駅という扱いになっている。(下記の外部リンク「名古屋鉄道(赤池駅)」を参照) 名古屋市営地下鉄唯一の名古屋市外にある駅である。 1978年(昭和53年)10月1日 - 名古屋市営地下鉄鶴舞線赤池駅開業。 1979年(昭和54年)7月29日 - 名古屋鉄道豊田新線(現豊田線)開業。鶴舞線との相互直通運転を開始。 2003年(平成15年) 3月27日 - トランパス導入。但しこの時点では鶴舞線のみ利用可能。 10月1日 - 豊田線でもトランパス利用可能となる。 2009年(平成21年)12月18日 - 車いす対応エレベータ・障害者対応型トイレ設置。 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。 駅構造 島式2面3線ホーム(幅:8.6m、長さ:170m)を持つ地下駅。 (Wikipedia:赤池駅 (愛知県))

赤池町
赤池町(あかいけまち)は、福岡県の北東部に位置し、田川郡に属していた町で、隣接する金田町・方城町と2006年3月6日に合併し、福智町となり、自治体としての赤池町は消滅した。 1992年から2001年まで当時日本唯一の財政再建団体に指定され、地方自治体や自治体労働組合、財政学者、マスコミなどの注目を浴びた。以下合併前日までの情勢を示す。 地理 福岡県の北東部に位置する。いわゆる筑豊地域の北東端に位置しており、直方市から南東へ約8km、飯塚市から北東へ約15km、田川市から北北西約10kmの場所にある。 盆地にあり、彦山川が町中央を貫流する。 1887年 上野村と鋤木田村が合併、上野村となる。 市津村と草場村が合併、市場村となる。 1889年4月1日 - 町村制施行により、上野村、市場村、赤池村が合併、田川郡上野村が成立。 1939年11月3日 - 上野村が町制施行。赤池町となる。 1992年2月14日 - 財政再建団体に指定される。 2001年12月13日 - 財政再建完了。 2006年3月6日 - 金田町、方城町と合併し福智町誕生、自治体としての赤池町は消滅。 (Wikipedia:赤池町)

赤池情報量規準
赤池情報量規準(あかいけじょうほうりょうきじゅん; 元々は An Information Criterion, のちに Akaike's Information Criterionと呼ばれるようになる)は、統計モデルの良さを評価するための指標である。単に AIC とも呼ばれ、この呼び方のほうが一般的である。統計学の世界では非常に有名な指標であり、多くの統計ソフトに備わっている。元統計数理研究所所長の赤池弘次が1971年に考案し1973年に発表した。 AICは、「モデルの複雑さと、データとの適合度とのバランスを取る」ために使用される。例えば、ある測定データを統計的に説明するモデルを作成することを考える。この場合、パラメータの数や次数を増やせば増やすほど、その測定データとの適合度を高めることができる。しかし、その反面、ノイズなどの偶発的な(測定対象の構造と無関係な)変動にも無理にあわせてしまうため、同種のデータには合わなくなる(過適合問題、Overfitting)。 (Wikipedia:赤池情報量規準)

赤池情報量基準
『赤池情報量規準』より : 赤池情報量規準(あかいけじょうほうりょうきじゅん; 元々は An Information Criterion, のちに Akaike's Information Criterionと呼ばれるようになる)は、統計モデルの良さを評価するための指標である。単に AIC とも呼ばれ、この呼び方のほうが一般的である。統計学の世界では非常に有名な指標であり、多くの統計ソフトに備わっている。元統計数理研究所所長の赤池弘次が1971年に考案し1973年に発表した。 AICは、「モデルの複雑さと、データとの適合度とのバランスを取る」ために使用される。例えば、ある測定データを統計的に説明するモデルを作成することを考える。この場合、パラメータの数や次数を増やせば増やすほど、その測定データとの適合度を高めることができる。しかし、その反面、ノイズなどの偶発的な(測定対象の構造と無関係な)変動にも無理にあわせてしまうため、同種のデータには合わなくなる(過適合問題、Overfitting)。 (Wikipedia:赤池情報量基準)

赤池誠章
赤池 誠章(あかいけ まさあき、1961年7月19日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)、文部科学大臣政務官。衆議院議員(1期)、自民党副幹事長を歴任。明治大学政治経済学部客員教授。 山梨県甲府市出身、山梨県立甲府第一高等学校卒業。明治大学政治経済学部政治学科在学中、雄弁部に所属。全関東学生雄弁連盟中央執行委員会委員長を務める。卒業後、松下政経塾に第7期生として入塾した。 3回国政に挑戦したが、落選。この間、新進党県連幹事長を歴任。 2000年8月に学校法人日本航空学園に勤務。JAA財団や社団法人山梨県専修学校各種学校協会等を担当し、日本航空総合専門学校長となる。 郵政解散により山梨県の候補を探していた自由民主党山梨県連から出馬要請され党公認を獲得し、2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で山梨1区から出馬。民主党の小沢鋭仁に敗れたが比例南関東ブロックで復活当選。 派閥は清和政策研究会に所属。2005年初当選の自民党保守系議員を中心とした伝統と創造の会では事務局長。 (Wikipedia:赤池誠章)

赤池駅 (福岡県)
赤池駅(あかいけえき)は、福岡県田川郡福智町赤池にある平成筑豊鉄道伊田線の駅である。旧・赤池町の中心駅。 1904年4月1日 九州鉄道(貨)赤池駅(1937年6月1日、赤池炭坑駅に改称)への貨物支線の分岐点として設置。 1907年7月1日 九州鉄道が国有化。官設鉄道に移管。 1910年8月18日 赤池信号所に改称。 1911年2月1日 赤池聯絡所に改称。 1922年4月1日 赤池信号場に改称。 1937年6月25日 駅(旅客駅)に昇格。赤池駅となる。 1955年7月15日 貨物扱い開始。 1965年2月1日 貨物扱い廃止。 1978年3月31日 赤池炭坑駅への貨物支線廃止。 1987年4月1日 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道(JR九州)に承継。 1989年10月1日 平成筑豊鉄道に転換。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する複線区間にある地上駅。無人駅である。 駅舎があり、駅舎内にお好み焼き店「美代」が営業している。同店では1日フリー乗車券・回数乗車券を発売している。 また、夜間には居酒屋「よってって」も営業中である。 (Wikipedia:赤池駅 (福岡県))

赤池保幸
名前=赤池保幸
本名=
愛称=
カタカナ表記=アカイケ ヤスユキ
アルファベット表記=AKAIKE Yasuyuki
原語名=
原語表記=
誕生日=1974年5月18日
出身地=静岡県静岡市
身長=
体重=
血液型=
所属チーム名=
ポジション=ゴールキーパー (サッカー) GK
背番号=
利き足=
CAP数=
代表ゴール数=
(Wikipedia:赤池保幸)

赤池弘次
赤池 弘次(あかいけ ひろつぐ、1927年11月5日 - 2009年8月4日)は、日本の数理統計学者。 静岡県富士宮市に生まれ、海軍兵学校(75期)、第一高等学校を経て、東京大学で数学を専攻した。1952年、統計数理研究所所員。1962年同研究所第一研究部第二研究室長、1973年同研究所第五研究部長、1985年同研究所予測制御研究系研究主幹を経て、1986年から1994年まで同研究所所長を務めた。1970年代に確立した赤池情報量規準(AIC)で知られる。 主要な貢献 1960年代までに携わった時系列解析、因子分析で得た知見をもとに、モデル選択のための一般的な手法である赤池情報量規準(AIC)を発表した。この手法はその後、モデル選択の標準的な手法として広く用いられるとともに、ベイジアンの枠組みへの拡張など多数の理論的発展を生んだ。1974年の彼の論文 "A new look at the statistical model identification" は工学・技術分野でもっとも多く引用される文献のひとつに数えられる。 (Wikipedia:赤池弘次)

赤池 (山梨県)
赤池(あかいけ)は、精進湖の南東、富士パノラマラインの瀬之波橋の真下付近に稀に出現する湖である。直径は約70m程度。富士六湖とも呼ばれる。 普段は草に覆われた湿地であり、台風や大雨により精進湖の水位が上昇したとき、地下水を通じて赤池が出現するとされる。1980年以降では、1982年、1983年、1989年、1991年、1998年、2004年、2011年に出現した。前述の通り湖底は草であるため陽光により湖面が緑色に見える。 半世紀ほど前までは日常的に存在していたようだが、精進湖と地下でつながっている本栖湖と西湖の湖水が発電用に放水されるようになってから姿を消したと推測される。 出典 関連項目 日本の湖沼一覧 富士五湖 せの海 外部リンク “赤池、富士五湖の幻の湖(富士六湖)”. Fujigoko.TV. 2014年7月20日閲覧。 (Wikipedia:赤池 (山梨県))

赤池長任
赤池 長任(あかいけ ながとう、享禄2年(1529年) - 没年不明)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。肥後国相良氏の家臣。受領名は伊豆守。 大口城在番の番頭の一人として人吉衆の将及び雑兵1,000名と共に大口城へ入った(東長兄、丸目頼美の3組みと半年毎の交代制)。永禄7年(1564年)、相良氏が伊東氏と結んだために島津氏との関係は悪化し、大口城をめぐって激しい猛攻をかけてくるようになった。長任は堅固に在番するよう命じられていたものの、2月21日に野戦を仕掛けるべく、桑幡新六、岩崎六郎兵衛を先手に騎馬武者65騎、雑兵合わせて300余人で筈ヶ尾に出陣。放火と挑発を行い、出てきた島津軍と交戦したが敗れて大口城へ退却、殿となった長任と岡本頼氏は手傷を負い、桑幡、岩崎など沢山の兵が討ち死にした。 永禄10年(1567年)4月9日(永禄11年(1568年)2月28日説あり)、市山城へ在番中の新納忠元が、島津義久からの使者を見送りに城外へ出た際に、長任は大口城から上村弥九郎、的場五藤左衛門らを差し向け、忠元を初栗にて襲撃、忠元が市山城へ入っても尚これを追撃し、本丸の城の戸口で島津方と鑓を合わせている。 (Wikipedia:赤池長任)

赤池駅 (岐阜県)
赤池駅(あかいけえき)は、岐阜県郡上市美並町山田にある長良川鉄道越美南線の駅。 1952年(昭和27年)7月1日 - 国鉄郡上赤池駅として開業。旅客営業のみ。 1986年(昭和61年)12月11日 - 国鉄越美南線の長良川鉄道への転換により同社の駅となる。同時に赤池駅に改称。 駅構造 単式ホーム1面1線の地上駅。無人駅である。ホームには清涼飲料水の自動販売機が設置されていたが、現在は撤去されている。 駅周辺 第三長良川橋梁 国道156号 神の御杖杉 瓢ヶ岳パーキングエリア 隣の駅 長良川鉄道 越美南線 美並苅安駅 - 赤池駅 - 深戸駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧。 (Wikipedia:赤池駅 (岐阜県))

赤池駅
赤池駅(あかいけえき) 赤池駅 (岐阜県) - 岐阜県郡上市にある長良川鉄道越美南線の駅。 赤池駅 (愛知県) - 愛知県日進市にある名古屋市営地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線の駅。 赤池駅 (福岡県) - 福岡県田川郡福智町にある平成筑豊鉄道伊田線の駅。 (Wikipedia:赤池駅)


赤池 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

赤池 - アマゾン検索


「赤池」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す