[PR]

日別キーワード

第36位  太宰府 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



太宰府
『大宰府』より : 太宰府市(だざいふし)は、福岡県中西部の筑紫地域に位置する市である。 九州地区の統治組織「大宰府」が置かれた事により栄えた。太宰府天満宮などの史跡が多くあり、毎年700万余りもの観光客が訪れる観光都市でもある。 大宰府市は誤記。 地理 福岡県の中部、福岡市から南東約16kmの場所に位置している。市域北部に四王寺山、市域東部に宝満山、市域西南部に天拝山(筑紫野市)があり、市の中央部を御笠川が横断して流れている。市域中央部は中心市街地が発達しており、大宰府にまつわる数多くの史跡・名所が存在する。西部・南部は福岡都市圏のベッドタウンとして住宅開発が進んでいる。 また太宰府市には大学、短期大学、高等学校等の学校が数多く存在していることから、県内でも北九州市折尾地区と並び、学生の街として有名である。 気候 九州型の太平洋側気候である。 年平均気温は15.9℃で、京都市や横浜市とほぼ同じ。ヒートアイランド現象の影響が大きく海に近い福岡市と比べると1.1℃低い。 梅雨は山と山の間にあるため特に末期は南西方向からのテーパリングクラウドの影響で大雨となりやすい。 (Wikipedia:太宰府)

太宰府市
太宰府市(だざいふし)は、福岡県中西部の筑紫地域に位置する市である。 九州地区の統治組織「大宰府」が置かれた事により栄えた。太宰府天満宮などの史跡が多くあり、毎年700万余りもの観光客が訪れる観光都市でもある。 大宰府市は誤記。 地理 福岡県の中部、福岡市から南東約16kmの場所に位置している。市域北部に四王寺山、市域東部に宝満山、市域西南部に天拝山(筑紫野市)があり、市の中央部を御笠川が横断して流れている。市域中央部は中心市街地が発達しており、大宰府にまつわる数多くの史跡・名所が存在する。西部・南部は福岡都市圏のベッドタウンとして住宅開発が進んでいる。 また太宰府市には大学、短期大学、高等学校等の学校が数多く存在していることから、県内でも北九州市折尾地区と並び、学生の街として有名である。 気候 九州型の太平洋側気候である。 年平均気温は15.9℃で、京都市や横浜市とほぼ同じ。ヒートアイランド現象の影響が大きく海に近い福岡市と比べると1.1℃低い。 梅雨は山と山の間にあるため特に末期は南西方向からのテーパリングクラウドの影響で大雨となりやすい。 (Wikipedia:太宰府市)

太宰府町
『太宰府市』より : 太宰府市(だざいふし)は、福岡県中西部の筑紫地域に位置する市である。 九州地区の統治組織「大宰府」が置かれた事により栄えた。太宰府天満宮などの史跡が多くあり、毎年700万余りもの観光客が訪れる観光都市でもある。 大宰府市は誤記。 地理 福岡県の中部、福岡市から南東約16kmの場所に位置している。市域北部に四王寺山、市域東部に宝満山、市域西南部に天拝山(筑紫野市)があり、市の中央部を御笠川が横断して流れている。市域中央部は中心市街地が発達しており、大宰府にまつわる数多くの史跡・名所が存在する。西部・南部は福岡都市圏のベッドタウンとして住宅開発が進んでいる。 また太宰府市には大学、短期大学、高等学校等の学校が数多く存在していることから、県内でも北九州市折尾地区と並び、学生の街として有名である。 気候 九州型の太平洋側気候である。 年平均気温は15.9℃で、京都市や横浜市とほぼ同じ。ヒートアイランド現象の影響が大きく海に近い福岡市と比べると1.1℃低い。 梅雨は山と山の間にあるため特に末期は南西方向からのテーパリングクラウドの影響で大雨となりやすい。 (Wikipedia:太宰府町)

太宰府天満宮
太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、福岡県太宰府市にある神社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は梅紋である。菅原道真(菅原道真公、菅公)を祭神として祀る天満宮の一つ(天神様のお膝元)。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上の参詣者がある。現在、京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されている。 祭神 菅原道真公学問の神として広く知られている。 右大臣であった菅原道真は昌泰4年(901年)に左大臣藤原時平らの陰謀によって筑前国の大宰府に員外帥として左遷され、翌々延喜3年(903年)に同地で薨去した。薨後、その遺骸を安楽寺に葬ろうとすると葬送の牛車が同寺の門前で動かなくなったため、これはそこに留まりたいのだという道真の遺志によるものと考え、延喜5年8月、同寺の境内に味酒安行(うまさけのやすゆき)が廟を建立、天原山庿院安楽寺と号した。 (Wikipedia:太宰府天満宮)

太宰府高等学校
『福岡県立太宰府高等学校』より : 太宰府高等学校(だざいふこうとうがっこう) 福岡県立太宰府高等学校 学校法人筑陽学園が運営していた太宰府高等学校。筑陽学園中学校・高等学校を参照。 (Wikipedia:太宰府高等学校)

太宰府線
『西鉄太宰府線』より : 太宰府線(だざいふせん) 西鉄太宰府線 福岡高速2号太宰府線。 (Wikipedia:太宰府線)

太宰府市立学業院中学校
太宰府市立学業院中学校(だざいふしりつがくぎょういんちゅうがっこう)は、福岡県太宰府市にある公立中学校。通称:学中(がくちゅう) 沿革 この地に存在した宮村高等女学校の校舎の一部を借りる形で、太宰府町水城村学校組合立学業院中学校として昭和22年(1947年)4月1日に開校。昭和24年(1949年)5月9日、宮村女子商業学校の理事長であった宮村吉蔵によって、宮村女子商業学校の土地と校舎が町に寄贈される。昭和30年(1955年)3月1日の新町制施行にともない太宰府町立学業院中学校となり、昭和57年(1982年)4月1日の市制施行によって今にある太宰府市立学業院中学校となった。 生徒数 2006年度現在756人 クラブ活動 運動部 サッカー部 野球部 陸上部 男子テニス部 女子テニス部 男子バレー部 女子バレー部 男子バスケットボール部 女子バスケットボール部 バドミントン部 男子卓球部 女子卓球部 剣道部 柔道部 文化部 吹奏楽部 科学部 美術部 演劇部 所在 福岡県太宰府市観世音寺3-11-1 周辺 大宰府政庁跡大宰府跡地。 (Wikipedia:太宰府市立学業院中学校)

太宰府インターチェンジ
太宰府インターチェンジ(だざいふインターチェンジ)は、福岡県太宰府市と大野城市にまたがる九州自動車道・福岡高速2号太宰府線のインターチェンジである。 福岡市から鳥栖方面へ向かうときに便利で、福岡市と九州各県を結ぶ高速バスのほぼ全ての便が経由するなど、通行台数が非常に多く、朝夕ラッシュ時や行楽シーズンは鳥栖方面から降りる車で渋滞が発生することがある。 熊本方面は久留米まで片側3車線となり、福岡方面はここから片側2車線となる。 西日本高速道路九州支社道路管制センター・福岡工事事務所・福岡県警察高速道路交通警察隊本隊が隣接している。 道路 九州自動車道(8番) 接続する道路 国道3号 福岡高速2号太宰府線 料金所 ブース数:21  入口 ブース数:6 ETC専用:3 ETC/一般:2 一般:1 出口(都市高速道路方面も含める) ブース数:15 ETC専用:4 一般:11 九州各地と福岡を結ぶ多くの高速バスやその他のマイカーなどに対応するため、ETC専用レーン、一般用レーンとも数が非常に多くなっている。 (Wikipedia:太宰府インターチェンジ)

太宰府バスストップ
『太宰府インターチェンジ』より : 太宰府インターチェンジ(だざいふインターチェンジ)は、福岡県太宰府市と大野城市にまたがる九州自動車道・福岡高速2号太宰府線のインターチェンジである。 福岡市から鳥栖方面へ向かうときに便利で、福岡市と九州各県を結ぶ高速バスのほぼ全ての便が経由するなど、通行台数が非常に多く、朝夕ラッシュ時や行楽シーズンは鳥栖方面から降りる車で渋滞が発生することがある。 熊本方面は久留米まで片側3車線となり、福岡方面はここから片側2車線となる。 西日本高速道路九州支社道路管制センター・福岡工事事務所・福岡県警察高速道路交通警察隊本隊が隣接している。 道路 九州自動車道(8番) 接続する道路 国道3号 福岡高速2号太宰府線 料金所 ブース数:21  入口 ブース数:6 ETC専用:3 ETC/一般:2 一般:1 出口(都市高速道路方面も含める) ブース数:15 ETC専用:4 一般:11 九州各地と福岡を結ぶ多くの高速バスやその他のマイカーなどに対応するため、ETC専用レーン、一般用レーンとも数が非常に多くなっている。 (Wikipedia:太宰府バスストップ)

太宰府駅
太宰府駅(だざいふえき)は、福岡県太宰府市宰府二丁目にある西日本鉄道太宰府線の駅。同線の終点で、太宰府天満宮最寄り駅である。 1902年(明治35年)5月1日 太宰府馬車鉄道により開業。軌間914mmの馬車鉄道。 1907年(明治40年)7月17日 太宰府馬車鉄道が太宰府軌道に社名変更。 1913年(大正2年)1月20日 動力を馬力から蒸気に変更。 1927年(昭和2年)9月24日 太宰府 - 二日市(現在の西鉄二日市)間を1435mm軌間に改軌し電化。 1934年(昭和9年)8月23日 九州鉄道(国有化された九州鉄道とは別)が太宰府軌道を合併。太宰府線となる。 1942年(昭和17年)9月19日 九州鉄道が九州電気軌道に合併、西日本鉄道となる。 1952年(昭和27年) 駅舎改築。 1965年(昭和40年)12月 ホームを増設(「古都太宰府」の展開)P327参照) 1991年(平成3年) 現在の駅舎に改築。 2008年(平成20年)5月18日 ICカードnimoca供用開始。 (Wikipedia:太宰府駅)

太宰府信号場
座標: 北緯33度30分31秒 東経130度29分59秒 / 北緯33.50861度 東経130.49972度 / 33.50861; 130.49972 太宰府信号場(だざいふしんごうじょう)は、福岡県太宰府市大字向佐野に所在する九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の信号場である。 当信号場が設置された背景 鹿児島本線鳥栖駅 - 小倉駅間は全国でも有数の過密ダイヤで運行されており、特に二日市駅 - 南福岡駅の間は待避線が1つもなく、余裕のないダイヤ編成となっていたため、ダイヤに余裕を持たせるために当信号場が設置された。なお、元々この場所には以前から退避線を設けた新駅の構想があり、1988年には太宰府市とJR九州が覚書を結び、その後は駅舎や駅前広場などの建設基本構想があったものの、2003年の大水害の莫大な復旧予算もあり、計画は長らく凍結されていた。 (Wikipedia:太宰府信号場)


太宰府 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

太宰府 - アマゾン検索


「太宰府」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す