[PR]

日別キーワード

第39位  大牟田 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



大牟田
『大牟田市』より : 大牟田市(おおむたし)は、福岡県の最南端にある市である。 九州の中部に位置し、西は有明海に面している。みやま市高田町(旧三池郡高田町)や熊本県荒尾市、玉名郡南関町、同郡長洲町を含む独立した都市圏(大牟田都市圏)を形成している。 現在では福岡県の自治体では5番目に人口が多く、保健所政令市の一つでもある。 かつては三井三池炭鉱の石炭資源を背景とした石炭化学工業で栄え、1959年(昭和34年)には最大人口208,887人を誇ったが、エネルギー革命などにより石炭化学工業は衰退。同炭鉱が1997年(平成9年)3月に閉山してからは、廃棄物固形燃料(RDF)発電施設を中心とした環境リサイクル産業などの新興産業(エコタウン)や、立地条件を生かした大牟田テクノパーク(工業団地)への企業誘致などに力を入れている。 現在の市の公式キャッチフレーズは『やさしさとエネルギーあふれるまち・おおむた』。以前は『九州をつなぐ多機能都市・おおむた』であった。 2007年フォーブス誌「世界の最もきれいな都市トップ25位」に選定された。 (Wikipedia:大牟田)

大牟田線
『西鉄天神大牟田線』より : 天神大牟田線(てんじんおおむたせん)は、福岡県福岡市中央区天神の西鉄福岡(天神)駅から、同県大牟田市久保田町の大牟田駅までを結ぶ西日本鉄道(西鉄)の鉄道路線である。 2000年12月までは路線名が大牟田線であったことから、本路線のことを「天神大牟田線」ではなく「大牟田線」と呼ぶ利用者が多い。また、かつては路線自体を指して急行電車の愛称が使われていた。 天神大牟田線は西鉄の本線格の路線で、福岡県を南北に結ぶ大動脈であり、西鉄随一のドル箱路線である。沿線には県下でも比較的規模の大きな都市や拠点的な都市が連なっており、福岡都心から各地へ向かう路線の中でも古くから沿線開発が進んだ。 県内都市間輸送及び沿線輸送の役割を担っているため、通勤・通学路線としての性格が強いが、西鉄沿線には柳川の城下町や太宰府天満宮・九州国立博物館、グリーンランドなどの観光地があり、中でも柳川・太宰府へは沿線外からの利用も多い。 (Wikipedia:大牟田線)

大牟田市
大牟田市(おおむたし)は、福岡県の最南端にある市である。 九州の中部に位置し、西は有明海に面している。みやま市高田町(旧三池郡高田町)や熊本県荒尾市、玉名郡南関町、同郡長洲町を含む独立した都市圏(大牟田都市圏)を形成している。 現在では福岡県の自治体では5番目に人口が多く、保健所政令市の一つでもある。 かつては三井三池炭鉱の石炭資源を背景とした石炭化学工業で栄え、1959年(昭和34年)には最大人口208,887人を誇ったが、エネルギー革命などにより石炭化学工業は衰退。同炭鉱が1997年(平成9年)3月に閉山してからは、廃棄物固形燃料(RDF)発電施設を中心とした環境リサイクル産業などの新興産業(エコタウン)や、立地条件を生かした大牟田テクノパーク(工業団地)への企業誘致などに力を入れている。 現在の市の公式キャッチフレーズは『やさしさとエネルギーあふれるまち・おおむた』。以前は『九州をつなぐ多機能都市・おおむた』であった。 2007年フォーブス誌「世界の最もきれいな都市トップ25位」に選定された。 (Wikipedia:大牟田市)

大牟田中学校・高等学校
校名=大牟田中学校・高等学校
過去校名=大牟田職業学校大牟田工芸学校大牟田工業学校大牟田工業高等学校
国公私立=私立学校
設置者=学校法人大牟田学園
校訓=正義友愛誠実
設立年月日=1919年
創立者=陣内肇
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=併設型
課程=全日制課程
設置学科=普通科総合学科工業科
学科内専門コース=普通科特進コース普通科誠進コース(中高一貫コース)
学期=3学期制
郵便番号=837-0916(中学)〒837-0917(高校)
所在地=福岡県大牟田市大字田隈436-1(中学)福岡県大牟田市大字草木852 (高校)
電話番号=0944-53-5335(中学)0944-53-5011(高校)
FAX番号=0944-41-1510(中学)0944-53-8251(高校)
大牟田中学校・高等学校(おおむたちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、福岡県大牟田市大字草木852番地にある男女共学の私立学校 私立中学校・高等学校。学校法人大牟田学園が運営している。略称は「大中(だいちゅう)」、「大高(だいこう)」。
(Wikipedia:大牟田中学校・高等学校)

大牟田駅
大牟田駅(おおむたえき)は、福岡県大牟田市不知火町一丁目および久保田町二丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)・西日本鉄道(西鉄)の駅である。 福岡県の最南端にある駅である。 中部有明地域の主要都市である大牟田市の中心駅で、全列車が停車する。JR九州の鹿児島本線と、西鉄の天神大牟田線が乗り入れており、両線がともに乗り入れるのは当駅のみである。 このうち西鉄天神大牟田線は当駅が終点であり、JRグループ以外の鉄道会社が運行する特急列車の停車駅としては当駅が日本で最も南に位置する。また、特別料金不要の特急列車の停車駅としても当駅が日本最南端である。 九州新幹線の全線開業に伴いJR九州における広域輸送の役割は新大牟田駅が担うことになったため、当駅に停車する列車は快速及び普通列車が主流となり、特急列車は朝の上り・夜の下りに運行される「有明」のみとなった。 (Wikipedia:大牟田駅)

大牟田都市圏
大牟田都市圏(おおむたとしけん)は、福岡県大牟田市を中心とする福岡県南部と熊本県北部にまたがる都市圏である。
また、大牟田市を中心とした地域を中部有明地域と呼ぶこともあるが、具体的な範囲については不明確であることも多い。
大牟田市の人口は131,090人、昼夜人口比率は102.98%いずれも2005年(平成17年)国勢調査による。であり、国土交通省の定義による核都市の条件を満たしている。
福岡県
大牟田市
みやま市2007年1月29日に山門郡瀬高町・山川町 (福岡県) 山川町及び三池郡高田町 (福岡県) 高田町が合併して誕生した。なお、このうち旧瀬高町においては、2005年(平成17年)国勢調査によると久留米市への通勤・通学人口が大牟田市への通勤・通学人口を上回っていたため、定義に則れば大牟田都市圏には含まれていないことになる。
(Wikipedia:大牟田都市圏)

大牟田弁
日本語 > 九州方言 > 肥筑方言 > 大牟田弁  大牟田弁(おおむたべん)は、九州地方の中部、有明海東岸の福岡県大牟田市を中心とする地域で話される日本語の方言。 筑後方言に分類される大牟田弁は、市の北部一帯(旧銀水村の全域及び旧三池町の一部地域)がもともと柳川藩領であったこともあり、柳川弁と同一方言とする学説もある。ただし、大牟田市が近代になって栄えてきたという歴史的経緯もあり、語彙やイントネーションに関して久留米や柳川など筑後地方他地域で話される方言とはさまざまな違いがみられる。また、熊本弁や島原弁など周辺地域の方言の影響も受けている。 主な特徴 アクセントはいわゆる崩壊アクセントで、国語の授業で教科書などを読むと棒読みになる。 他の筑後方言でみられるような「せ・ぜ」を「しぇ・じぇ」と発音する傾向はほとんどみられない。また、語尾が「とー」「よー」と延びる傾向もほとんど見られない。 他の筑後方言では未然形に付く尊敬の助動詞として「しゃる・らっしゃる」があり、別に敬意の高い「なさる・なはる」があるが、大牟田弁はほぼ同格に扱われ、どちらか一方しか使わない人も多い。 (Wikipedia:大牟田弁)

大牟田柳川信用金庫
大牟田柳川信用金庫(おおむたやながわしんようきんこ)は、福岡県大牟田市に本店を置く信用金庫である。 沿革 大牟田信用金庫 1917年5月21日 三川信用購買組合を設立 1925年12月 信用組合に転換し、有限責任三池港信用組合に改組 1945年12月 市街地信用組合法に基づいて改組 1946年10月 大牟田信用組合と改称 1950年4月 中小企業等協同組合法に基づいて改組 1950年10月 信用金庫法に基づき、大牟田信用金庫となる。 柳川信用金庫 統合後 2004年11月15日 大牟田信用金庫と柳川信用金庫が対等合併し、「大牟田柳川信用金庫」となる。本店(本店営業部)は旧大牟田信用金庫本店に設置され、旧柳川信用金庫本店は柳川営業部となっている。 外部リンク 大牟田柳川信用金庫。 (Wikipedia:大牟田柳川信用金庫)

大牟田北インターチェンジ
インターチェンジ名=大牟田北インターチェンジ
道路名=有明海沿岸道路
番号=
標識=大牟田北 南関町 南関
起点=三池港インターチェンジ 三池港IC
距離=
通行台数=x台/日
郵便番号=836-0001
住所=福岡県大牟田市大字昭和開
大牟田北インターチェンジ(おおむたきたインターチェンジ)は、福岡県大牟田市にある有明海沿岸道路(有明海沿岸道路#大牟田高田道路 大牟田高田道路)のインターチェンジである。
大牟田市の沿岸北部に位置し、接続する熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線を介して国道208号や九州自動車道南関インターチェンジ 南関ICと相互連絡を果たす重要な分岐点となっている。
熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線
福岡県道・佐賀県道18号大牟田川副線
(Wikipedia:大牟田北インターチェンジ)

大牟田インターチェンジ
道路名=有明海沿岸道路
番号=
標識=大牟田 荒尾市 荒尾
起点=三池港インターチェンジ 三池港IC
距離=
通行台数=x台/日
郵便番号=836-0037
住所=福岡県大牟田市岬町
大牟田インターチェンジ(おおむたインターチェンジ)は、福岡県大牟田市にある有明海沿岸道路(有明海沿岸道路#大牟田高田道路 大牟田高田道路)のインターチェンジである。
大牟田市役所や大牟田駅など、大牟田市の中心部に最も近い。
三池港インターチェンジ 三池港IC~大牟田ICが未開通のため、2009年現在において有明海沿岸道路の暫定的な起点となっている。
2008年3月29日:大牟田IC~高田ICの開通により供用開始。
直接接続するのは市道のみ。ここではその市道を介して間接接続している道路を挙げる。
(Wikipedia:大牟田インターチェンジ)

大牟田北高等学校
『福岡県立大牟田北高等学校』より : 福岡県立大牟田北高等学校(ふくおかけんりつおおむたきたこうとうがっこう)は、福岡県大牟田市大字甘木109番地にある、男女共学の公立普通高等学校。甘木山の中腹に位置する。平成28年4月に旧大牟田商業高校跡地に新校舎移転予定。 沿革 1913年4月25日 - 福岡県三池郡立実科高等女学校として開校 1916年4月1日 - 三池郡立三池高等女学校に改称 1918年4月1日 - 福岡県立大牟田高等女学校に改称 1925年4月1日 - 福岡県大牟田高等女学校に改称 1948年4月1日 - 福岡県立大牟田女子高等学校に改称、新制中学校を併置 1948年8月1日 - 定時制課程を設置 1948年9月30日 - 附設臨時教員養成所を開設 1949年3月 - 併置中学校を廃止 1949年4月1日 - 全日制課程普通科 男女共学3年制高等学校として認可される 1950年3月31日 - 定時制課程、臨時教員養成所を廃止 1950年8月31日 - 福岡県立大牟田北高等学校に改称 1990年4月1日 - 普通科英語コースを設置 1998年4月1日 - 普通科英語コースを改編し、普通科国際教養コースを設置 制服 制服は男子は黒の学生服、女子はセーラー服であったが2013年度から男女とも紺のブレザーに変更される事が決まった。 (Wikipedia:大牟田北高等学校)

大牟田高等学校
大牟田中学校・高等学校(おおむたちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、福岡県大牟田市にある男女共学の私立中学校・高等学校。学校法人大牟田学園が運営している。略称は「大中」(だいちゅう)、「大高」(だいこう)。 全国高等学校駅伝競走大会(男子)で5度の優勝を果たしている。 沿革 1919年10月 - 大牟田職業学校として創立。 1920年11月 - 校名を大牟田工芸学校と改称。 1943年4月 - 校名を大牟田工業学校と改称。 1948年3月 - 大牟田工業高等学校が設置認可。 1949年4月 - 普通科を新設(1954年廃止) 1952年3月 - 電気科を設置。 1953年4月 - 校名を大牟田高等学校と改称し商業科を新設。 1963年4月 - 機械科を新設。 1965年4月 - 商業科に女子課程を設置。 1975年4月 - 普通科を再度新設。 1975年12月 - 全国高等学校駅伝競走大会初優勝(以後翌年・1988年・1991年・2000年の計5回優勝)。 (Wikipedia:大牟田高等学校)

大牟田4人殺害事件
大牟田4人殺害事件(おおむた4にんさつがいじけん)は、2004年9月に福岡県大牟田市で発生した強盗殺人・死体遺棄事件。被害者側も被告側も家族単位(被害者側は友人を1名含む)で4人ずつ、また裁判で被告である家族4名全員に死刑判決が下った特異な事例である。金銭トラブルが原因で連鎖的な殺人、死体遺棄に至ったと推測されているが、未だに真相は解明されていない。 道仁会系北村組組長だった当時60歳の父親と45歳の母親は、被害者の58歳の女性Aへの借金を含め6800万円以上の借財を抱え、また暴力団上部団体への上納金や生活費に困窮するなどしていたため貸金業を営む被害者Aに嘘の土地売買話を持ちかけ現金を用意させた後に、傷害致死の前科があった元力士の長男(当時23歳、母の前夫との子)を誘い込んで殺害を計画した。 (Wikipedia:大牟田4人殺害事件)

大牟田爆発赤痢事件
大牟田爆発赤痢事件(おおむたばくはつせきりじけん)とは、1937年(昭和12年)9月25日に福岡県大牟田市内で発生した集団赤痢感染事件である。 政府の調査により原因は赤痢だと断定されているが、その調査結果には多くの疑問点が挙げられている。 事件の概要 1937年(昭和12年)9月25日の夕方頃から大牟田市内において、多数の人々が高熱や嘔吐、痙攣を起こして次々に倒れる事件が発生。市内の各病院では大勢の患者の対応に追われる一方、翌26日には死亡者が現れ始める。当時の大牟田市の人口が11万人に対し、10月までの患者数は12332人、死者は712人と、市民の1割以上の人が罹患する大惨事となる。 内務省や陸軍省、福岡県、大牟田市、さらに九州帝国大学(現九州大学)、長崎医科大学(現長崎大学医学部)、熊本医科大学(現熊本大学医学部)など様々な機関による調査の結果、原因は上水道の貯水井戸・第三源井を管理していた番人一家の幼児(赤痢菌の保菌者)のおむつを洗濯した汚水が井戸の破損箇所から浸入したことが原因と断定。 (Wikipedia:大牟田爆発赤痢事件)

大牟田・荒尾高速
『福岡空港~大牟田・荒尾 (西鉄バス)』より : 西鉄バス大牟田株式会社(にしてつバスおおむた)は、西日本鉄道(西鉄)の子会社の一つで、福岡県大牟田市を中心に路線バスおよび貸切バスを運行するバス事業者である。なお、路線エリアは熊本県荒尾市および玉名郡南関町にも及ぶ。西日本鉄道が100%出資している。 沿革 1988年2月17日: 西鉄大牟田自動車営業所上内営業区(大牟田市)【当時○上表記】を分社化し、大牟田交通として設立。 1988年4月8日: バス営業開始。 1992年12月5日: 西鉄大牟田自動車営業所荒尾営業区の一般路線(荒尾市)を移管し、西鉄荒尾自動車営業所を新設。更に、本社施設を利用して西鉄上内自動車営業所を新設し、大牟田自動車営業所の一部路線を両営業所に移管する。 以後、大牟田・荒尾営業所担当の路線を順次管理委託化(車両は西鉄が保有し、運転士は大牟田交通の社員とする)。 1995年x月x日: 本社を西鉄大牟田自動車営業所内へ移転(従来の本社の施設は廃止)。大牟田久留米線を引き継ぐ。高速バスは八女営業所(荒尾営業区)の担当となる。 2001年8月1日: 西鉄バス大牟田に社名変更。 (Wikipedia:大牟田・荒尾高速)

大牟田市立大牟田特別支援学校
大牟田市立大牟田特別支援学校(おおむたしりつ おおむたとくべつしえんがっこう)は、福岡県大牟田市天道町24番地に所在する知的障害児のための特別支援学校。
小学部
中学部
高等部
訪問部
1971年(昭和46年):開校
1986年(昭和61年):高等部新設
2000年(平成12年):高等部重複学級新設・訪問教育正式認可
2007年(平成19年):特別支援教育の実施により、大牟田市立大牟田特別支援学校と改称
福岡県特別支援学校一覧
日本の公立特別支援学校
福岡県の特別支援学校
大牟田市
(Wikipedia:大牟田市立大牟田特別支援学校)

大牟田高田道路
『』より : (Wikipedia:大牟田高田道路)

大牟田オフレールステーション
『』より : (Wikipedia:大牟田オフレールステーション)


大牟田 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

大牟田 - アマゾン検索


「大牟田」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す