[PR]

日別キーワード

第50位  田川市 - 2019年02月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



田川市
田川市(たがわし)は、福岡県の中央部に位置する市である。 筑豊地方を構成する自治体の一つ。 田川地区の中心都市であり北九州都市圏に属している。 筑豊を代表する都市の一つで、飯塚市、直方市と並んで筑豊三都に挙げられる。 炭坑節発祥の地としても知られ、筑豊最大の炭都であった歴史を活かしたまちづくりが行われている。 福岡県立大学が立地している。 地理 田川市は福岡県のほぼ中央部に位置し、北九州市中心部から南南西約30km、福岡市から東北東約50km、行橋市から西約20kmの地点にある。旧豊前国に属していたこともあって北九州市や行橋市などの京築地域との関係が深く、北九州都市圏の都市圏#直接通勤圏5%圏域に属する。 北を除いて、東、西、南の三方を山々に囲まれている。東には田川のシンボルでもある香春岳、西には船尾山、南には全国的に霊峰として知られる英彦山を主峰とする山々が並ぶ。平野部には、英彦山を源流とする彦山川と中元寺川が流れ、下流の平野部と結ばれている。 気候 三方を山に囲まれた内陸部に位置するため、冬季は放射冷却で冷え込みやすく、雪が降ると積雪することもある。 (Wikipedia:田川市)

田川市石炭・歴史博物館
田川市石炭・歴史博物館(たがわしせきたんれきしはくぶつかん、Tagawa City Coal-mining Museum)は福岡県田川市にある、かつて日本のエネルギーを支えた筑豊炭田の石炭産業に関する資料を展示した博物館である。
地上二階建て。筑豊地区の石炭の生成の地質学的な解説から始まり、原始的な採掘から近代的な採掘までの、炭鉱で使われた道具や機械類の変遷を展示解説している。また炭鉱労働者の労働風景や生活を描いた絵画、写真や文学の展示もある。屋外展示スペースには実際に炭坑での作業に使われた電気機関車やトロッコ、炭坑用機械などが展示され、当時の炭鉱夫が暮らした標準的な炭鉱住宅が再現されている。現在の日本のエネルギー事情まで解説した内容の濃い博物館である。また、石炭採掘中に出土したものなどを中心とする歴史的資料も展示されている。
(Wikipedia:田川市石炭・歴史博物館)

田川市美術館
名称=田川市美術館
正式名称=
愛称=
前身=
専門分野=上野焼
事業主体=福岡県田川市
管理運営=
開館=
所在地郵便番号=
所在地=福岡県田川市
田川市美術館(たがわしびじゅつかん、Tagawa Museum of Art)とは福岡県田川市にある市立美術館。中央展示室でも186.48m2しかない小さな美術館ではあるが、福岡県の陶芸である上野焼や田川市にゆかり深い作家の作品を多く収蔵、展示している。
隣に田川市立図書館がある。
野見山暁治 「ぼくの生まれた川オンガ」
立花重雄 「集落(プエプラ)」
タイガー立石 立石大河亞 「昭和素敵大敵」
松永真 「Rights of Humankind」
川俣正 「COALMINE TAGAWA PLAN9」
JR日田彦山線・平成筑豊鉄道田川伊田駅下車徒歩15分
(Wikipedia:田川市美術館)

田川市立病院駅
田川市立病院駅(たがわしりつびょういんえき)は、福岡県田川市大字糒にある平成筑豊鉄道伊田線の駅。 その名前のとおり、田川市立病院の前に存在する。1999年(平成11年)3月に病院の新築移転に伴い新設された駅である。駅と病院の間にシャトルバスが運行されている。 1999年3月22日 - 開業。 駅構造 相対式ホーム2面2線をもつ複線区間の地上駅である。無人駅。 利用状況 2011年度の1日平均乗降人員は198人である。 駅周辺 駅のそばを彦山川が流れ、のどかな景色が広がる田園地帯である一方、田川市立病院周辺が「星美台」という名称で現在造成・発展中であり、徐々にではあるがニュータウンの様相を呈しつつある。 隣の駅 平成筑豊鉄道 伊田線 糒駅 - 田川市立病院駅 - 下伊田駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧。 (Wikipedia:田川市立病院駅)


田川市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

田川市 - アマゾン検索


「田川市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す