[PR]

日別キーワード

第6位  吉野ヶ里 - 2019年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。 およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡で知られる。1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見された。現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理する公園となっている。 遺構 佐賀県東部は、福岡県境である標高1,000メートル前後の脊振山地を北端に、脊振山地南麓の丘陵地帯、佐賀平野(筑紫平野)、有明海へと移るにつれて標高が低く、南に開けた地形となっている。吉野ヶ里丘陵はこの脊振山地南麓の丘陵地帯の1つである。 吉野ヶ里遺跡の最大の特徴とされるのが集落の防御に関連した遺構である。弥生時代後期には外壕と内壕の二重の環濠ができ、V字型に深く掘られた総延長約2.5キロメートルの外壕が囲んでいる範囲は約40ヘクタールにもなる。壕の内外には木柵、土塁、逆茂木(さかもぎ)といった敵の侵入を防ぐ柵が施されていた。また、見張りや威嚇のための物見櫓が環濠内に複数置かれていた。 (Wikipedia:吉野ヶ里遺跡)

吉野ヶ里町
吉野ヶ里町(よしのがりちょう)は、佐賀県東部に位置する町。神埼郡に属する。 地理 佐賀県の東部、佐賀市から東へ約10km、福岡市から南へ約30kmの場所に位置している。町内を長崎本線、国道34号、長崎自動車道が東西に貫いている。町域は南北に細長く、中央部から南側は佐賀平野の北端部に含まれる平地であるが、長崎自動車道より北側の地域は脊振山地の南端部にあたる山がちな地形である。 地形 山岳:蛤岳(863m)・千石山(528.4m)・権現山(452m)・籾岳(292m) 河川:井柳川・田手川・那珂川 気候 隣接している自治体・行政区 佐賀県神埼市 三養基郡:上峰町、みやき町 福岡県福岡市(早良区) 筑紫郡:那珂川町 地名 人口 1986年(昭和61年)に現在の町域西部の吉野ヶ里丘陵にある工場団地予定地から弥生時代の環濠集落遺跡が発見され、吉野ヶ里遺跡と命名された。 (Wikipedia:吉野ヶ里町)

吉野ヶ里公園駅
吉野ヶ里公園駅(よしのがりこうえんえき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。 旧三田川町の中心駅で、駅名も開業当初は「三田川駅」を名乗っていたが、1980年代後半以降発掘が進んだ吉野ヶ里遺跡(吉野ヶ里歴史公園)の最寄駅となったことから、1993年に現駅名に改称された。 普通列車のみが停車する駅であったが、2011年3月12日のダイヤ改正より特急「みどり・ハウステンボス」が1往復停車するようになった。 1942年(昭和17年)9月30日 - 三田川信号場として開設。 1943年(昭和18年)12月1日 - 三田川駅として旅客業務取扱開始。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。 1993年(平成5年)10月1日 - 吉野ヶ里公園駅に駅名改称。 2000年(平成12年)3月1日 - 橋上駅舎化。 2009年(平成21年)3月1日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。 駅構造 単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で橋上駅舎を備えるホームは817系電車に対応して2両分がかさ上げされており、段差なしで乗降できる。 (Wikipedia:吉野ヶ里公園駅)


吉野ヶ里 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

吉野ヶ里 - アマゾン検索


「吉野ヶ里」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す