[PR]

日別キーワード

第8位  玄海町 - 2019年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



玄海町
玄海町(げんかいちょう)は、佐賀県の北西部にある町で、東松浦郡に属する。現在、東松浦郡を構成する唯一の自治体となっている。町名は玄界灘の別名である「玄海」に由来する。 佐賀県の全市町の中で人口が最も少ない。 かつて福岡県に同名の町が存在したが、2003年に宗像市との新設合併により消滅した。 地理 佐賀市から北西へ約50km、福岡県福岡市から西へ約60kmの東松浦半島の西側中央に位置し、町域の北側から西側にかけて玄界灘に面している。中心市街地は町域中央部の内陸部にある。 地形 山岳:天狗岳(146m) 河川:有浦川・石田川・浜野浦川・八田川・志礼川 湖沼:諸藤ノ平ダム 島:竹ノ子島、三島 気候 対馬海流を北上する対馬暖流の影響を受けて比較的温暖で、寒暖の差が少ない海洋性気候の特徴がある。 (Wikipedia:玄海町)

玄海町 (福岡県)
玄海町(げんかいまち)とは、福岡県宗像郡に存在した町のことである。響灘と玄界灘の分岐地点で、古代は交通の難所であった。海や山など自然が多く、更に歴史深い神社や仏閣が多いため、観光客で賑わう。2003年4月1日、宗像市と新設合併して「宗像市」となったため自治体としての玄海町は消滅した。以下、消滅前日までの情勢を記す。 1955年(昭和30年)4月1日 - 宗像郡神湊町、田島村、池野村、岬村が合併し、玄海町が発足。 2003年(平成15年)4月1日 - 宗像市と合併し、宗像市を新設して消滅。 教育 中学校 玄海町立玄海中学校 小学校 玄海町立玄海小学校 玄海町立玄海東小学校 玄海町立地島小学校 その他 福岡県立玄海自然の家 離島 地島 観光名所 宗像大社 織幡神社 鎮国寺 孔大寺山 金山 さつき松原 参考文献 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。 (Wikipedia:玄海町 (福岡県))


玄海町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

玄海町 - アマゾン検索


「玄海町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す