[PR]

日別キーワード

第11位  川副町 - 2019年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



川副町
川副町(かわそえまち)は、かつて佐賀県の南東の端にあった町である。2007年(平成19年)10月1日付で佐賀市に編入され、「佐賀市川副町」となった。 町域に佐賀空港があったことから、町のキャッチフレーズは『「空港都市 - エアフロントシティ川副」 - 快適な町、豊かな町、和やかな町』であった。また佐賀県内で「ちょう」でなく「まち」と読む町は江北町とここだけであった。 地理 佐賀県の南東端、佐賀市の南隣に位置する。町域の南側は有明海に面し、東側は筑後川河口の西岸にあり福岡県と接する。町域すべてが筑紫平野(佐賀平野)に含まれており、町の南にある佐賀空港を含め、面積の半分以上は江戸時代中期から行われた干拓によって作られた土地であるため、低平で起伏が少ない地形である。 筑後川河口に三角州があり、その南半分も町域(川副町大詫間)である。大詫間も同様に350年間・50回もの干拓によって作られた。なお、三角州の北半分は福岡県大川市大野島地区。 早津江川は筑後川水系であり、三角州から西へ分岐して有明海に注ぐ。川副町早津江は早津江川西岸の地区名である。 (Wikipedia:川副町)

川副町立南川副小学校
佐賀市立南川副小学校(さがしりつみなみかわそえしょうがっこう)は佐賀県佐賀市川副町鹿江にある市立小学校。市内の南川副地区を校区とする。 所在地 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江674番地 校歌は作詞 池田正人、作曲 富永操で、歌い出しは「有明の干潟 遥かに」。 沿革 1869年(明治2年) - 寺子屋として開校 1874年(明治7年)4月 - 振起小学校と称する 1882年(明治15年) - 学制改正により中等公立学校となる 1884年(明治17年)4月 - 学区改正により、中川副村、大詫間村、南川副村、西川副村が本校の学区になる 1886年(明治19年)4月 - 学制が一変し犬井道分校場となる。 (Wikipedia:川副町立南川副小学校)

川副町立川副中学校
佐賀市立川副中学校(さがしりつかわそえちゅうがっこう)は佐賀県佐賀市川副町鹿江にある市立中学校。 最近まで校則で男子生徒の髪型は丸刈りとされていた。かつては周囲の中学校に丸刈り規制があるなか、珍しく長髪が認められていたが、1979年(昭和54年)に生徒指導上の理由などから丸刈り校則が導入されたものと思われる。2008年(平成20年)に丸刈り校則が廃止された。 所在地 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江710番地 校歌は作詞 内山良男、作曲 富永定美で、歌い出しは「潮の香運ぶ 川風に搖れる」。 生徒会歌は作詞 川崎重洋、作曲 納富誠治。 沿革 1958年(昭和33年) 9月30日 - 南川副中学校、西川副中学校、中川副中学校を統合のため廃校 10月1日 - 川副町立川副中学校が発足。この日を設立日とする。 1959年(昭和34年) - 大詫間中学校は翌年3月31日に廃校 1962年(昭和37年)11月6日 - 給食開始 1963年(昭和38年)3月15日 - 川副中学校統合校舎総合落成式 1968年(昭和43年)11月13日 - 創立10周年記念式典 1991年(平成3年) 8月26日 - 川副中学校新校舎落成式及び町制施行35周年記念式典開催 9月 - 九州北部に上陸した台風により、木造の旧校舎が大きな被害を受ける 1994年(平成6年)4月13日 - 屋内運動場落成式 1996年(平成8年)5月26日 - 夜間照明付テニスコート完成 2003年(平成15年)9月11日 - 「21世紀さが国際音楽祭」開演 2007年(平成19年) 7月29日 - 本校体育館が「2007青春・佐賀総体」ハンドボール会場になる 10月1日 - 佐賀市編入により佐賀市立川副中学校に改称 2008年(平成20年) - 丸刈り校則を廃止 川副中学校とは 川副中学校は昭和33年9月南川副中、西川副中、中川副中、大詫間中の4校が統合した学校。 (Wikipedia:川副町立川副中学校)


川副町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

川副町 - アマゾン検索


「川副町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す