[PR]

日別キーワード

第16位  武雄市 - 2019年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



武雄市
武雄市(たけおし)は、佐賀県の西部に位置する市。佐賀市と長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されている。 地理 佐賀県の西部、佐賀市の西約28km、佐世保市の東約30kmの場所に位置する。地形は低山と盆地と川沿いの平地が入り組む地勢である。市域南東部の武雄盆地の西の端と、市域西側の盆地に人口が集中している。他の地域は山地である。 盆地 松浦川流域 真手野盆地(武内町) 川古盆地(若木町) 宮野盆地(山内町) 三間坂盆地(山内町) 鳥海盆地(山内町) 六角川流域 武雄盆地(武雄町、朝日町、橘町) 川登盆地(東川登町、西川登町) 地形 山岳: 八幡岳 (763.6m)・青螺山(618m)・眉山 (518m)・黒髪山(516m)・徳連岳 (443.7m)・神六山 (447m)・黒岳(368m)・犬山岳(342m)・杵島山(345m)・蓬莱山(329.9m)・竹古場山(303.1m)・赤穂山(306m)・黒尾山(300m)・虚空蔵山 (288m)・勇猛山 (258.5m)・柏岳(239m)・鳴瀬山(206m)・御船山(207m)・陣平山(177.5m)・潮見山(152m)・猪熊山(130.7m)・北ヶ倉山(130m) 河川: 武雄川・甘久川・高橋川・繁昌川・杉ノ岳川・六角川・潮見川・川古川・永野川・山中川・御所川・松浦川・鳥ノ海川・小田志川・三間坂川・狩立川・鳥海川 湖沼: 池ノ内湖・柚ノ木谷溜池・内ノ子池・八ッ之尾溜池・玉江溜池・北畑池・浦田池・西堤池・永谷池・焼米池・番道田池・永池溜池・朝日ダム・繁昌ダム・渕の尾ダム・本部ダム・矢筈ダム・庭木ダム・永池ダム・狩立ダム・日ノ峯ダム・犬走ダム・踊瀬ダム 気候 年平均気温は15.4℃である。 (Wikipedia:武雄市)

武雄市図書館
武雄市図書館(たけおしとしょかん)は、 佐賀県武雄市が条例で設置を定めた複合施設、武雄市図書館・歴史資料館の通称。 同施設のうち、とくに図書館部分を指す通称 同施設に置かれた、音楽・映像ソフトレンタル及び書籍・雑誌販売を営む蔦屋書店の店舗名である。 2012年のカルチュアコンビニエンスクラブ(CCC社、TSUTAYAの経営母体)による指定管理開始発表時より、波紋を広げている。 1916年(大正5年)5月、杵島郡教育会の経営として設置された。 1930年(昭和5年)4月、武雄町立武雄図書館となった。 1954年(昭和29年)4月、市制施行に伴い武雄市立図書館と改称し、1957年(昭和32年)3月、武雄市立図書館設置条例の施行に伴い拡充。 1967年(昭和42年)10月2日、武雄町西浦の元九電営業所を市立図書館に改築し移転。 1980年(昭和55年)5月27日、宮野町の旧副島病院跡に改装移転。 1989年(平成元年)の第三次武雄市総合計画に基づき策定された市民文化の森構想のもと、1998年(平成10年)に図書館・歴史資料館の建設工事が始まった。 (Wikipedia:武雄市図書館)


武雄市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

武雄市 - アマゾン検索


「武雄市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す