[PR]

日別キーワード

第17位  名護屋 - 2019年02月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



名護屋
『名護屋城』より : 名護屋(なごや) 地名 佐賀県唐津市鎮西町名護屋。肥前国名護屋城がある。 大分県佐伯市蒲江町名護屋。旧蒲江町名護屋。1955年(昭和30年)3月31日までは名護屋村であった。 愛知県名古屋市が江戸時代まで「名古屋」とともに地名の「なごや」に当てられた漢字のひとつ。現在は「名古屋」に統一されている。尾張国名古屋城がある。 (Wikipedia:名護屋)

名護屋城
名護屋城(なごやじょう)は、肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市(旧東松浦郡鎮西町・呼子町)、東松浦郡玄海町)にあった城。豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際し築かれた。国の特別史跡に指定されている。平成18年(2006年)には日本100名城(87番)に選定された。 名護屋(古くは名久野)は海岸線沿いに細長く広がる松浦郡の北東部の小さな湾内に位置し、中世には松浦党の交易拠点の一つであった。ここにはもともと松浦党の旗頭・波多氏の一族である名護屋氏の居城、垣添城があったが、豊臣秀吉は大陸への進攻を企図した際、ここを前線基地として大掛かりな築城を行った。 名護屋城は波戸岬の丘陵(標高約90メートルほど)を中心に170,000平方メートルにわたり築かれた平山城の陣城である。五重天守や御殿が建てられ、周囲約3キロメートル内に120ヵ所ほどの陣屋がおかれた。 城の周囲には城下町が築かれ、最盛期には人口10万人を超えるほど繁栄した。 秀吉の死後、大陸進攻が中止されたために城は廃城となったと考えられており、建物は寺沢広高によって唐津城に移築されたと伝わる。 (Wikipedia:名護屋城)


名護屋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

名護屋 - アマゾン検索


「名護屋」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す