[PR]

日別キーワード

第1位  あさぎり町 - 2019年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



あさぎり町
あさぎり町(あさぎりちょう)は、熊本県南部に位置する、球磨郡の町である。 熊本県下では山都町・氷川町とともに「まち」でなく「ちょう」と読む数少ない町であり、また県内市町村名で唯一のひらがな表記をする団体である。 地理 白髪岳は自然環境保全地域に指定されている。 山:白髪岳 河川:球磨川 隣接市町村 熊本県球磨郡錦町、多良木町、相良村 宮崎県えびの市 地名 ()内は合併前の町村名・字名・地番符号である。 上東(上村上甲) 上北(上村上乙) 上南(上村上丙) 上西(上村上丁) 皆越(上村皆越) 岡原北(岡原村宮原) 岡原南(岡原村岡本) 須恵(須恵村) 深田北(深田村北) 深田西(深田村西) 深田東(深田村東) 深田南(深田村南) 免田東(免田町甲) 免田西(免田町乙) 沿革 1889年4月1日 - 町村制施行により、現在の町域にあたる以下の村が発足。 (Wikipedia:あさぎり町)


あさぎり町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  はてなダイアリープラス - 2019年02月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




はてなダイアリープラス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ポイント支払・受取履歴 - 2019年02月15日


関連するイメージは見つかりませんでした




ポイント支払・受取履歴 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  阿弥陀経 - 2019年02月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



阿弥陀経
『阿弥陀経』(あみだきょう)は、大乗仏教の経典の一つ。原題は『スカーヴァティー・ヴィユーハ』(梵: Sukhāvatī-vyūha)で、「極楽の荘厳」「幸あるところの美しい風景」の意味である。サンスクリットでは同タイトルの『無量寿経』と区別して『小スカーヴァティー・ヴィユーハ』とも呼ぶ。略称は、『無量寿経』の『大経』に対して、『小経』と呼ばれる。『阿弥陀経』は、弟子の質問に答える形の経ではなく、釈迦自ら説く形式の経であるため「無問自説経」ともよばれる。 1世紀ころ、北インドで成立したと推定されている。サンスクリット原典、漢訳、チベット訳が現存する。 日本では、一般に『仏説阿弥陀経』(鳩摩羅什訳)を指す。詳細は下記の『仏説阿弥陀経』を参照のこと。 サンスクリット原典も古くから日本に伝えられ、円仁の請来目録にその名が見られる(『梵漢両字阿弥陀経』)。江戸時代から出版・研究されてきた。 サンスクリット原典 日本に伝えられていた原典が1894年に英訳され、フリードリヒ・マックス・ミュラーにより出版されている(「オクスフォード本」と称される『東方聖典叢書』第49巻)。 (Wikipedia:阿弥陀経)


阿弥陀経 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  宇城市 - 2019年02月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇城市
宇城市(うきし、英: Uki City)は、熊本県中央部に位置する人口約6万人の市。 地理 熊本県の中央部に位置し、宇土半島の西側・南側および八代海北側沿岸から内陸部を占めるほか、宇土半島の西端部から八代海を挟んで南側にある戸馳島をも市域とする。熊本市中心部から南へ約15kmの場所に中心市街地がある。松橋を中心に小川、不知火で、生活雑貨店、飲食店、遊楽街を形成しており、市街から離れた豊野、三角は、緑のあふれる農業地域である。三角地区にある三角港はかつて熊本県の海の玄関口、また天草諸島への入口として栄えた歴史があり、一部が港湾史跡となっている。 隣接している自治体・行政区 熊本市(南区) 宇土市 八代市 上天草市 上益城郡甲佐町 下益城郡美里町 八代郡氷川町 地域 人口 地名 全域が旧町名のあとに従来の大字を続けている。 (Wikipedia:宇城市)


宇城市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す