[PR]

日別キーワード

第1位  API - 2019年02月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



API
API 米国石油協会 (American Petroleum Institute) - エンジンオイルのAPI規格が著名。 API (Automated Processes Inc.) - ミキシング・コンソールなど音響機器を製造するアメリカの企業。 上下肢血圧比 (Ankle Pressure Index) 大気圧イオン化 (Atmospheric pressure ionization) 医薬品有効成分 (Active Pharmaceutical Ingredient) - 医薬品原薬。 大気汚染指数 (Air Pollution Index) アプリケーションプログラミングインタフェース (Application Programming Interface) API(アピ) - 1000say(日本のロックバンド)のボーカリスト兼ベーシスト。 (Wikipedia:API)

APIC
APIC(えいぴっく)はAdvanced Programmable Interrupt Controllerの略で、インテルにより開発された、x86アーキテクチャにおける割り込みコントローラのことである。 それまでのLegacyの割り込みコントローラとして知られるPIC (Programmable Interrupt Controller) に対し、マルチプロセッサ対応、プライオリティ制御などの機能が付加されている。APICはインテルアーキテクチャの進歩と共に高機能化しており、いくつかのバージョンが存在する。 APICにはCPUに内蔵されるLocal APICと、I/Oからの割り込みを管理するIOAPICの2種類が存在する。Local APICとIOAPICは独自のプロトコルで通信を行い、割り込みの通知を行う。Pentium Pro世代では、APIC Busと呼ばれる割り込み専用のバスが使用されていたが、NetBurst世代以降、APIC Busは廃止され、FSBを介して割り込みの通知が行われる。 (Wikipedia:APIC)

APIFAM
『愛知県立芸術大学』より : 愛知県立芸術大学(あいちけんりつげいじゅつだいがく、英語: Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music)は、愛知県長久手市岩作三ヶ峯1-1に本部を置く日本の公立大学である。1966年に設置された。大学の略称は愛芸、県芸、愛知芸大。 日本で初めて、美術学部と音楽学部を備えた公立芸術大学として誕生する。同じく両学部を備えた公立芸術大学の京都市立芸術大学の誕生は、それより3年後である。 キャンパスは名古屋市郊外の長久手市岩作三ヶ峯に所在し、山と森、湿原に囲まれ、豊かな自然に恵まれている。その自然環境の良さは、環境省指定指標昆虫であるハッチョウトンボ、環境省指定の絶滅危惧種であるシラタマホシクサなどが学内にて確認されているほどである。また、敷地は愛・地球博記念公園とほぼ隣接している。 キャンパスは吉村順三の設計として知られており、吉村以外にも全体計画は天野太郎や山本学治、奥村昭雄、茂木計一郎が、実施設計には奥村昭雄が関わった。 (Wikipedia:APIFAM)

API規格
API規格(エーピーアイきかく)とは、アメリカ石油協会(American Petroleum Institute) が定めた石油に関する規格の総称のことである。日本国内では一般にはエンジンオイルのグレードを定めていることで知られているが、これは油田における原油生産設備からパイプライン輸送、石油製品の製造まで、数多くの規格が定められているものの中のごく一部である。エンジンオイルの規格の認証・ライセンスの発行はEolcsが行う。 エンジンオイルの品質規格 ガソリンエンジン用規格(S・サービスカテゴリ) オイルの酸化安定性、デポジット防止性、サビ・腐食・磨耗防止性、洗浄性、蒸発性、せん断安定性など多くの審査項目からSA~SNまで12種類のグレードに分類される(SIとSKは他の用語との関係等から除外されている )。 (Wikipedia:API規格)

APIPA
APIPA(Automatic Private IP Addressing、エーピーアイピーエー)は、人手を介さず、ネットワーク機器間の交渉のみでリンクローカルIPアドレスを自動的に割り当てる技術である。 通常、ネットワーク機器は手動でIPアドレスを設定するかもしくはDHCPサーバより自動的に割り振られたアドレスが設定される。しかしこれらを管理する人がいない、あるいは知識がない場合、自身のアドレスを設定する技術として開発された。この技術は小規模な閉じたネットワークを対象としている。 リンクローカルアドレス リンクローカルアドレス(英: link-local address)とは、ローカルネットワークの範囲内の通信または1対1のコネクションにおいてのみ使用することを意図されているIPアドレスである。ルーターはリンクローカルアドレスのついたパケットを転送しない。 リンクローカルアドレスは管理者が人手で割り当てるか、オペレーティングシステムの手続きによって割り当てる。ほとんどの場合、「ステートレスアドレス自動設定」を使って割り当てる。 (Wikipedia:APIPA)

APIA
『アピア (札幌市)』より : アピア (APIA) は、北海道札幌市中央区の北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅および札幌市営地下鉄さっぽろ駅に直結する地下街。 現在の地下街が開業する以前にも、1952年に札幌駅前通より西側の地下を「札幌ステーションデパート」、1972年に東側の地下を「札幌駅名店街」、1978年に札幌エスタバスターミナル部の地下を「エスタ二番街」という名称でそれぞれ開業している。 その後、札幌駅の再開発事業によって一旦閉鎖されたが、1999年にこれらを統合・全面改装して「アピア」という名称でリニューアルオープンした。中央部には「アピアドーム」と呼ばれるガラス張りの地上吹き抜けドームが設けられた。「WEST」「CENTER」の2ゾーンに分かれている。 2012年7月には、ウエストアベニューの柱16本に大型デジタルサイネージ「JRタワー札幌ピラービジョン」が設置された(シャープ製の60インチ液晶ディスプレイ計64基を設置)。 (Wikipedia:APIA)


API - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  JANコード - 2019年02月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



JANコード
EANコード(イアンコード、European Article Number)は、商品識別コードおよびバーコード規格のひとつ。日本の規格は「JANコード」(Japanese Article Number)と呼ばれる。 日本で最も普及している商品識別コードであり、EANコードから生成されたバーコードシンボルは市販される多くの商品に印刷または貼付されており(ソースマーキング)、POSシステムや在庫管理、受発注システム(サプライチェーン・マネジメント)などで価格や商品名を検索するためのキーとして使われる。また、EANコードの前に1桁あるいは拡張型として0で始まる3桁の物流識別用の数字を付加したものは集合包装用コード、あるいはバーコードシンボルの体系をそのまま呼称に利用して、ITFコードと呼ばれる(正確にはチェックディジット部は元のEANコードとは異なったものとなる)。 (Wikipedia:JANコード)


JANコード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アップフロントワークス - 2019年02月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



アップフロントワークス
株式会社アップフロントワークス(UP-FRONT WORKS Co., Ltd.)は、アップフロントグループ傘下のレコード会社である。アップフロントグループ及び提携会社所属歌手の音楽・映像ソフトの企画・制作・販売を行う。 沿革 1980年 - ポリドール(当時)とヤングジャパングループ(当時)の合弁で株式会社ポリスターを設立。 1983年 - ヤングジャパングループが解散。ポリスター所属の堀内孝雄等がツーバンを設立。その後アップフロントエージェンシーを経て、今日のアップフロントプロモーションとなる。 1993年5月 - ワーナーミュージック・ジャパンとアップフロントグループの合弁で株式会社ワン・アップ・ミュージックを設立。 1995年3月 - アップフロント側がポリスターから資本撤退し、株式会社Y.J.サウンズを設立。ワン・アップ・ミュージックもワーナーミュージック・ジャパンが資本撤退、アップフロントの完全子会社となる。 1998年4月 - ワン・アップ・ミュージック(存続会社)とY.J.サウンズが合併し、プロダクション主体レーベル兼レコード会社の株式会社ゼティマ(ZETIMA Inc.)を設立。 (Wikipedia:アップフロントワークス)


アップフロントワークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ドン・ボスコ - 2019年02月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドン・ボスコ
『ヨハネ・ボスコ』より : ジョヴァンニ・メルキオッレ・ボスコ(伊:Giovanni Melchiorre Bosco,1815年8月16日 - 1888年1月31日、ドン・ボスコ、ドンはイタリア語で司祭への敬称。ヨハネはジョヴァンニを日本のキリスト教式に読んだもの)は、19世紀に活躍した北イタリアのカトリック司祭、教育者。カトリック修道会であるサレジオ会、扶助者聖母会(サレジアン・シスターズ)の創立者。カトリック教会・聖公会で聖人であり、カトリック教会では出版関係者の守護聖人。記念日は1月31日。 生涯 ヨハネ・ボスコは1815年8月16日、ピエモンテ州カステルヌオヴォ郊外で生まれた。1835年から1841年までキエリの大神学校で哲学、神学を学んだ後、当時のサルデーニャ王国の首都トリノで司祭に叙階された。19世紀後半のイタリア統一運動と産業革命の中で青少年たちが放置される現実に直面し、もっとも貧しい青少年たちのために生涯を捧げることを決意。1859年にサレジオ会を設立し、学校事業、社会事業を通じて多くの人々を導いた。1888年1月31日帰天。葬儀には10万人が参列した。 (Wikipedia:ドン・ボスコ)


ドン・ボスコ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ボリビア - 2019年02月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボリビア
ボリビア多民族国 Estado Plurinacional de Bolivia(スペイン語)Bulibiya Suyu(ケチュア語)Buliwiya Mama Llaqta(アイマラ語) 国の標語:La unión es la fuerza!(スペイン語: 統一は力なり) 国歌:ボリビアの国歌 ボリビアの位置 註1 : スクレは、憲法上の首都であり、司法府(最高裁判所)の所在地。ラパスは、立法府・行政府の所在地。 ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく)、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。 (Wikipedia:ボリビア)

ボリビア共和国
『ボリビア』より : ボリビア多民族国 Estado Plurinacional de Bolivia(スペイン語)Bulibiya Suyu(ケチュア語)Buliwiya Mama Llaqta(アイマラ語) 国の標語:La unión es la fuerza!(スペイン語: 統一は力なり) 国歌:ボリビアの国歌 ボリビアの位置 註1 : スクレは、憲法上の首都であり、司法府(最高裁判所)の所在地。ラパスは、立法府・行政府の所在地。 ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく)、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。 (Wikipedia:ボリビア共和国)

ボリビアガス紛争
ボリビアガス紛争(ボリビアガスふんそう)とは、ボリビアの膨大な天然ガス資源にまつわる国内紛争である。2003年頃の状況を「第1次ボリビアガス紛争」、2005年頃の状況を「第2次ボリビアガス紛争」と呼び分ける事がある。 元は天然ガスの輸出計画に対する反対行動であったが、政府のコカ廃絶政策に対する反発や、ストライキに対する武装鎮圧部隊の強硬な措置などが絡み合って激化してゆき、2003年10月にピークに達した。先住民や労働者団体によるストライキや道路封鎖が頻発し、国政が行き詰まりをみせ、武装部隊による鎮圧行動は70人に及ぶ死者を出すに至った。連立政権は崩壊し、ゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ大統領が辞任に追い込まれた。彼は10月18日に国外に逃亡している。カルロス・メサ・ヒスベルト副大統領が大統領に就任し、この問題に関する国民投票を2004年7月18日に行なった。 2005年5月、反政府勢力の圧力によりボリビア議会は新しい炭素資源法を制定、天然ガス採掘に対する税率を大幅に引き上げた。 (Wikipedia:ボリビアガス紛争)

ボリビアの大統領
ボリビアの大統領(ボリビアのだいとうりょう)は、ボリビアの元首である。ここでは歴代の大統領の一覧を掲載する。 独立戦争中 シモン・ボリバル (Simón Bolívar) 1825年 - 1826年 アントニオ・ホセ・デ・スクレ (Antonio José de Sucre) 1826年 - 1826年(ボリバルの代理) 共和制 (1) アントニオ・ホセ・デ・スクレ (Antonio José de Sucre) 1826年 - 1828年 ホセ・ミゲル・デ・ベラスコ (José Miguel de Velasco) 1828年 - 1828年 内務 ペドロ・ブランコ (Pedro Blanco) 1828年 -1828年 暫定 ミゲル・デ・ベラスコ (Miguel de Velasco) 1829年 – 1829年 暫定 アンドレス・デ・サンタ・クルス (Andrés de Santa Cruz) (1829年 - 1839年 – ペルー・ボリビア連合最高指揮官 1836年 - 1839年) ホセ・ミゲル・デ・ベラスコ (José Miguel de Velasco 1839年 - 1841年 セバスチャン・デ・アグレダ (Sebastián de Ágreda 1841年 – 1841年 暫定 マリアノ・エンリケ・カルボ (Mariano Enrique Calvo) 1841年 - 1841年 内務 ホセ・バリビアン (José Ballivián) 1841年 - 1847年 エウセビオ・ギラルテ (Eusebio Guilarte) 1847年 - 1848年 内務 マヌエル・イシドロ・ベルス (Manuel Isidoro Belzu) 1848年 - 1848年 内務 ホセ・ミゲル・デ・ベラスコ (José Miguel de Velasco) 1848年 - 1848年 暫定 マヌエル・イシドロ・ベルス (Manuel Isidoro Belzu) 1848年 - 1855年 ホルヘ・コルドバ (Jorge Córdova) 1855年 - 1857年 ホセ・マリア・リナレス (José María Linares) 1857年 - 1861年 連立政権 1861年 - 1861年 ホセ・マヌエル・デ・アチャ (José María de Achá) 1861年 - 1864年 マリアーノ・メルガレホ (Mariano Melgarejo) 1864年 - 1871年 アグスティン・モラレス (Agustín Morales) 1871年 - 1872年 フアン・デ・ディオス・ボスケ (Juan de Dios Bosque) 1872年 - 1872年 内務 トマス・フリアス (Tomás Frías) 1872年 - 1873年 アドルフォ・バリビアン (Adolfo Ballivián) 1873年 - 1874年 トマス・フリアス (Tomás Frías) 1874年 - 1876年 イラリオン・ダサ (Hilarión Daza) 1876年 - 1879年 暫定 ウラディスラオ・シルバ (Uladislao Silva) 1879年 - 1880年 ナルシソ・カンペロ (Narciso Campero) 1880年 - 1880年 暫定 アニセト・アルセ (Aniceto Arce) 1880年 - 1880年 内務 ナルシソ・カンペロ (Narciso Campero) 1880年 - 1884年 グレゴリオ・パチェコ (Gregorio Pacheco) 1884年 - 1888年 アニセト・アルセ (Aniceto Arce) 1888年 - 1892年 マリアノ・バプティスタ (Mariano Baptista) 1892年 - 1896年 セベロ・フェルナンデス・アロンソ (Severo Fernández Alonso) 1896年 - 1899年 セラピオ・レイェス・オルティス (Serapio Reyes Ortiz) 1899年 - 1899年 マヌエル・パンド (Manuel Pando) 1899年 - 1904年 イスマエル・モンテス (Ismael Montes) 1904年 - 1909年 エリオドロ・ビジャソン (Eliodoro Villazón) 1909年 - 1913年 イスマエル・モンテス (Ismael Montes) 1913年 - 1917年 ホセ・グティエレス・ゲルラ (José Gutiérrez Guerra) 1917年 - 1920年 バウティスタ・サアベドラ (Bautista Saavedra) 1920年 - 1920年 連合政権 1920年 - 1921年 バウティスタ・サアベドラ (Bautista Saavedra) 1921年 - 1925年 フェリペ・S・グスマン (Felipe S. Guzmán) 1925年 - 1926年 暫定 エルナンド・シレス・レイェス (Hernando Siles Reyes) 1926年 - 1930年 評議会 1930年 - 1930年 内務 カルロス・ブランコ・ガリンド (Carlos Blanco Galindo) 1930年 – 1931年 (政府軍大統領) ダニエル・ドミンゴ・サラマンカ (Daniel Domingo Salamanca) 1931年 - 1934年 ホセ・ルイス・テハダ・ソラノ (José Luis Tejada Sorzano) 1934年 - 1936年 ヘルマン・ブッシュ (Germán Busch) 1936年 - 1936年 ホセ・ダビッド・トロ (José David Toro 1936年 – 1937年(連合政権大統領) ヘルマン・ブッシュ (Germán Busch) 1937年 - 1939年 カルロス・キンタニージャ (Carlos Quintanilla) 1939年 - 1940年 暫定 エンリケ・パニャランダ (Enrique Peñaranda) 1940年 - 1943年 グアルベルト・ビジャロエル (Gualberto Villarroel 1943年 - 1946年(連合政権大統領 1943年-1944年, 暫定大統領 1944年 - 1944年 ネストル・ギジェン (Néstor Guillén) 1946年 - 1946年 トマス・モンヘ・グティエレス (Tomás Monje Gutiérrez) 1946年 - 1947年 エンリケ・エルツォグ (Enrique Hertzog) 1947年 - 1949年 マメルト・ウリオラゴイティア (Mamerto Urriolagoitia) 1949年 - 1951年 ウゴ・バリビアン・ロハス (Hugo Ballivián Rojas) 1951年 - 1952年 エルナン・シレス・スアソ (Hernán Siles Zuazo) 1952年 - 1952年 暫定 ビクトル・パス・エステンソロ (Víctor Paz Estenssoro) 1952年 - 1956年 エルナン・シレス・スアソ (Hernán Siles Zuazo) 1956年 - 1960年 ビクトル・パス・エステンソロ (Víctor Paz Estenssoro) 1960年 - 1964年 軍部政権 アルフレッド・オバンド・カンディア (Alfredo Ovando Candía) 1964年 - 1964年 アルフレッド・オバンド・カンディア及びレネ・バリエントス・オルトゥーニョ(副大統領扱い) (Alfredo Ovando Candía y René Barrientos Ortuño (coPresidentes)) 1964年 - 1964年 レネ・バリエントス・オルトゥーニョ (René Barrientos Ortuño) 1964年 - 1965年 レネ・バリエントス・オルトゥーニョ及びアルフレッド・オバンド・カンディア(副大統領扱い) (René Barrientos Ortuño y Alfredo Ovando Candía (coPresidentes)) 1965年 - 1966年 アルフレッド・オバンド・カンディア (Alfredo Ovando Candía) 1966年 - 1966年 共和制 (2) レネ・バリエントス・オルトゥーニョ (René Barrientos Ortuño) 1966年 - 1969年 ルイス・アドルフォ・シレス・サリナス (Luis Adolfo Siles Salinas) 1969年 - 1969年 アルフレッド・オバンド・カンディア (Alfredo Ovando Candía) 1969年 - 1970年 軍部連合 1970年 - 1970年 フアン・ホセ・トレス・ゴンサレス (Juan José Torres González) 1970年 - 1971年 軍部連合(ハイメ・フロレンティノ・メンディエタ・バルガス、ウゴ・バンセル・スアレス、アンドレス・セリチ・チョプ ((Jaime Florentino Mendieta Vargas, Hugo Banzer Suárez y Andrés Selich Chop)) 1971年 - 1971年 ウゴ・バンセル・スアレス (Hugo Banzer Suárez) 1971年 - 1978年 ビクトル・ゴンサレス・フエンテス (Víctor González Fuentes) 1978年(軍部連合大統領) フアン・パレダ・アスブン (Juan Pereda Asbún) 1978年 - 1978年 ダビッド・パディジャ・アランシビア (David Padilla Arancibia) 1978年 - 1979年 ワルター・ゲバラ・アルセ (Wálter Guevara Arze) 1979年 - 1979年 暫定 アルベルト・ナトゥシュ・ブッシュ (Alberto Natusch Busch) 1979年 - 1979年 リディア・ゲイレル・テハダ (Lidia Gueiler Tejada) 1979年 - 1980年 暫定 司令官連合 1980年 ルイス・ガルシア・メサ・テハダ (Luis García Meza Tejada) 1980年 - 1981年 司令官連合 1981年 - 1981年 セルソ・トレリオ・ビジャ (Celso Torrelio Villa) 1981年 - 1982年 司令官連合 1982年 - 1982年 ギド・ビルドソ・カルデロン (Guido Vildoso Calderón) 1982年 - 1982年 エルナン・シレス・スアソ (Hernán Siles Zuazo) 1982年 - 1985年 ビクトル・パス・エステンソロ (Víctor Paz Estenssoro) 1985年 - 1989年 ハイメ・パス・サモラ (Jaime Paz Zamora) 1989年 - 1993年 ゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ (Gonzalo Sánchez de Lozada) 1993年 - 1997年 ウゴ・バンセル・スアレス (Hugo Banzer Suárez) 1997年 - 2001年 ホルヘ・キロガ・ラミレス (Jorge Quiroga Ramírez) 2001年 - 2002年 ゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ (Gonzalo Sánchez de Lozada) 2002年 - 2003年 カルロス・メサ・ヒスベルト (Carlos Mesa Gisbert) 2003年 - 2005年 エドゥアルド・ロドリゲス・ベルツェ (Eduardo Rodríguez Veltzé) 2005年 -2006年 フアン・エボ・モラレス・アイマ (Juan Evo Morales Aima)2006年 -。 (Wikipedia:ボリビアの大統領)

ボリビアの地方行政区画
ボリビアの地方行政区画は、9つのデパルタメント(departamento)によって構成されている。デパルタメントは日本語では県または州に相当する。各県はさらにプロビンシア(provincia)、カントン (cantón)などに区分され、人口が集中している地域には市 (ciudad)が設置されている。
ベニ県
トリニダ (ボリビア) トリニダ (86,385)
コチャバンバ県
コチャバンバ (586,813)
オルロ県
オルロ (216,620)
ポトシ県
ポトシ (149,246)
タリハ県
タリハ (170,906)
その他の主要都市(県ごと): ラパス県: ”エル・アルト 827,000”, コチャバンバ県: ”キリャコーリョ 90,000” ”サカバ 127,000”, タリハ県: ”ヤクイバ 90,000”, サンタクルス県: ”モンテロ 90,000”, ベニ県: ”リベラルタ 78,000”.
ファイル:Bolivia departments named-ja.png thumb 330px ボリビアの地図
(Wikipedia:ボリビアの地方行政区画)

ボリビア関係記事の一覧
ボリビア関係記事の一覧(ボリビアかんけいきじのいちらん) ボリビアの関係記事の一覧。50音順の一覧についてはCategory:ボリビアを参照。 国内の地名など ラパス サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ コチャバンバ スクレ オルロ ポトシ タリハ トリニダ コビハ チュキサカ ベニ県 ベニ川 パンド タラブコ リベラルタ オキナワ移住地 サンフアン移住地 チチカカ湖 ティアワナコ スリキ島 ウユニ アンデス山脈 アルティプラーノ エル・アルト イリマニ ワイナ・ポトシ チャカルタヤ サハマ山 グランチャコ コージャ カンバ 習俗・習慣など オルロのカーニバル タラブコの祭り 謝肉祭 フォルクローレ ケーナ サンポーニャ チャランゴ ボンボ コンドルは飛んでいく ティンク リャメラダ(リャマ) スーリシクーリ パチャママ エケコ(アラシタの祭) カリャワヤ アンデス文明 アイリュ ウィファラ 食文化 コカ チチャ フリカセ マハオ サイセ シルパンチョ パパ・アラワンカイナ ヤホァ(サルサ) 唐辛子 アヒ・アマリージョ ロコト ウルピカ チューニョ (ジャガイモ) チョクロ(ジャイアントコーン) チャルケ(ジャーキー) キヌア 歴史など プレ・インカ インカ帝国 テロリズム(ボリビア・チキトスの事例) 独立記念日 - 1825年8月6日 太平洋戦争 (1879年-1884年) - 1879年 バルパライソ条約 - 1884年 チャコ戦争 - 1932年 ブエノスアイレス講和条約 - 1938年 日本国との平和条約 トラテロルコ条約 - 1967年 コチャバンバ水紛争 - 2000年 ボリビアガス紛争 - 2003年-2005年 民族・言語など アイマラ ケチュア グアラニー族 グアラニー語 インディオ メスティーソ チョロ チョリータ スペイン語 日系人 日本人街 近隣の国 ブラジル パラグアイ アルゼンチン チリ ペルー 南アメリカ ラテンアメリカ ボリビアの大統領 シモン・ボリバル アントニオ・ホセ・デ・スクレ ビクトル・パス・エステンソロ ウゴ・バンセル・スアレス ハイメ・パス・サモラ ゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ カルロス・メサ・ヒスベルト エドゥアルド・ロドリゲス・ベルツェ エボ・モラレス チェ・ゲバラ フェルッチオ・ランボルギーニ ブッチ・キャシディ サンダンス・キッド エルンスト・レーム フリオ・セザール・バルディビエソ 動物 リャマ アルパカ グアナコ レア (鳥類) コンドル アルマジロ ヘラクレスオオカブト モルフォ ボリビアリスザル チチカカオレスティア スポーツ 南米サッカー連盟 コパ・アメリカ 1930 FIFAワールドカップ 1950 FIFAワールドカップ 1994 FIFAワールドカップ キリンカップ・サッカー フリオ・セザール・バルディビエソ サッカーボリビア代表 アカデミア・タウイチ・アギレラ その他 メルコスール 南米共同体 ボリビアーノ パンアメリカンハイウェイ ボリビアの国歌 BO ボリビアのイスラム教 ボリビアの軍事(陸軍・海軍・空軍) TAM(旅客空輸会社)/ TAB(貨物空輸会社) エル・アルト国際空港:ラパスの国際空港 ビル・ビル国際空港:サンタ・クルス・デ・ラ・シエラの国際空港 関連項目 category:ボリビアの地形 category:ボリビアの都市 ボリビアの都市 category:ボリビアの歴史 category:ボリビアの人物 category:ボリビアの文化 category:ボリビアの食文化 category:ボリビアの世界遺産 category:ボリビアの地形。 (Wikipedia:ボリビア関係記事の一覧)

ボリビアの国旗
ボリビアの国旗(ぼりびあのこっき)は、マヌエル・イシドロ・ベルス (Manuel Isidoro Belzu) 政権下の1851年10月31日に制定された。1888年7月14日には上院において正式に国章と国旗の使用について定められ、その第5条に次のように記された。 「国旗は水平方向に3つに分けられた帯をなし、その幅は等しく、色は一番上が赤、中央は金、一番下が緑とする。」この3色は、それぞれ動物の王、鉱物の王、植物の王を意味する。8月17日が国旗の日とされている。 2004年7月19日に、上院で3種類の国民旗が決められた。市民旗は国旗そのもので、政府旗はその中央にボリビアの国章を描いたもの、国軍旗は中央の国章の左にオリーブの枝を、右に月桂樹の枝を丸くあしらったものである。さらに、ボリビア海軍の旗は、青の余白を大きく付けて9個の金色の星で飾ったものである。この9つの星はボリビアの9つの県を示している。加えて余白の中央には大きな金の星が一つ描かれるが、これは失った土地であるリトラル県を示し、この太平洋への出口を取り戻すことへの希望を表している。 (Wikipedia:ボリビアの国旗)

ボリビアの国歌
ボリビアの国歌。特別な題名は無く、Himno Nacional de Bolivia (スペイン語で「ボリビアの国歌」)と呼ばれる。ホセ・イグナシオ・サンヒネス(José Ignacio de Sanjines)作詞。レオポルド・ベネデット・ビンセンティ (Leopoldo Benedetto Vincenti) 作曲。1842年作成。(一説には1845年とも。) 歌詞 一般に歌われるのは1番と2番。コーラスはすべての番の後、番の最後の二行は繰り返す。 1番 Bolivianos: el hado propiciocoronó nuestros votos y anhelo;es ya libre, ya libre este suelo,ya cesó su servil condición.Al estruendo marcial que ayer fueray al clamor de la guerra horrorososiguen hoy, en contraste armonioso,dulces himnos de paz y de unión. コーラス De la patria el alto nombreen glorioso esplendor conservemosy en sus aras de nuevo juremos¡Morir antes que esclavos vivir!¡Morir antes que esclavos vivir!¡Morir antes que esclavos vivir! 2番 Loor eterno a los bravos guerreros,cuyo heroico valor y firmezaconquistaron las glorias que empiezahoy Bolivia feliz a gozar.Que sus nombres el mármol y el broncea remotas edades trasmitany en sonoros cantares repitan:Libertad, libertad, libertad. 3番 Aquí alzó la justicia su tronoque la vil opresión desconoce,y en su timbre glorioso legoselibertad, libertad, libertad.Esta tierra inocente y hermosaque ha debido a Bolívar su nombrees la patria feliz donde el hombregoza el bien de la dicha y la paz. 4番 Si extranjero poder algún díasojuzgar a Bolivia intentare,al destino fatal se prepareque amenaza a soberbio invasor.Que los hijos del grande Bolívarhan ya mil y mil veces juradomorir antes que ver humilladode la patria el augusto pendón. 外部リンク ボリビアの国歌 (合唱)。 (Wikipedia:ボリビアの国歌)

ボリビアーナ (小惑星)
色 岩石天体
和名 ボリビアーナ
英名 712 Boliviana
仮符号・別名 1911 LO
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
色 岩石天体
発見日 1911年3月19日
発見者 マックス・ヴォルフ
色 岩石天体
元期 2008年11月30日 (ユリウス日 JD 2,454,800.5)
軌道長半径 2.577 天文単位 AU
近日点距離 2.097 AU
遠日点距離 3.057 AU
離心率 0.186
公転周期 4.14 年
軌道傾斜角 12.76 度 (角度) 度
近日点引数 181.24 度
(Wikipedia:ボリビアーナ (小惑星))

ボリビア海軍
ボリビア海軍(ボリビアかいぐん、スペイン語:Fuerza Naval Boliviana、以前は Armada Boliviana)はボリビアの海軍。 2007年時点で現役兵総員約4,800人。現在は陸軍の管轄下にある。 ボリビアは1879年から1884年の太平洋戦争に敗北してアントファガスタ県をチリに奪われて以降、100年以上に亘って海に面していない。しかし海岸部の領土を失ってからも海軍は解体されず、活動の場を全面的に内陸部へ移して存続し続けている。 ボリビア東部にはアマゾン川の支流の大きな河川が存在しており、密輸や麻薬取引を防ぐためにパトロールを行っている。また、世界で最も標高の高い航行可能な湖であるチチカカ湖でも活動している。 1989年時点では海軍の人員は3800人(2000人の海兵隊を含む)であった。海軍はグワキ、プエルト・グアヤメリン(Puerto Guayamerin)、プエルト・スアレス、リベラルタ、ティキーナ(San Pedro de Tiquina)の5つの地区、Puerto Busch、Puerto Horquilla、プエルト・ビリャロエル、トリニダ、ルレナバケの基地から構成されている。 (Wikipedia:ボリビア海軍)

ボリビアーノ
ボリビアーノ (boliviano) は、南米・ボリビアの通貨単位。複数形はボリビアーノス (bolivianos)。略称Bs(単数形複数形とも)。 ボリビア人の日常会話では、1986年まで使用されていた"ペソ"と呼ばれることも多い。 1・2・5ボリビアーノスは硬貨で、10・20・50・100・200ボリビアーノスは紙幣である。 1ボリビアーノの100分の1であるセンターボも補助単位として用いられており、10・20・50センターボ硬貨がある。1・2・5センターボ硬貨も存在するが、減価により現在はほとんど流通していない。 1980年代中頃、ボリビア経済は政情不安に端を発した激しいインフレーションに見舞われ、1985年には年8,171%に達した(前年同月比では同年9月に24,000%を記録)。当時、同国では紙幣の発券業務が欧州の印刷会社に委託されていたが、日数の嵩む大西洋航路(欧州 - ブラジル間)を経て、紙幣が陸路でブラジルから届く頃には、紙切れ同然まで減価が進んでいたと言う。 (Wikipedia:ボリビアーノ)

ボリビアリスザル
ボリビアリスザルは、リスザル属の猿。名前の通り、ボリビアの森林に多く棲むほか、コスタリカ、パナマなどの中米地域や、ボリビア近隣の南米アマゾン川上流の森林に生息する。 尾を除く頭胴長は30cm程度、体重は1kg程度の小型の猿で、黄色がかった体毛が特徴である。頭と口の回りの毛は黒い。 雑食で果実、木の実、木の葉、昆虫、小動物、鳥の卵などを食べる。 日本でも多くの動物園で飼育されている。また、ペットとしても飼われている。 保全状態評価 LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) 参考文献 関連項目 リスザル コモンリスザル セアカリスザル。 (Wikipedia:ボリビアリスザル)


ボリビア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す