[PR]

日別キーワード

第1位  えびの市 - 2019年02月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



えびの市
えびの市(えびのし)は、宮崎県にある市である。南西部に位置する。 地理 市の南部は霧島山とえびの高原の火山と火山性高原で形成され、霧島屋久国立公園に指定されている。北部は高原と山林で矢岳高原を形成する。市の中心部は加久藤盆地であり、温泉が湧出する。なお、標高1150mにあるえびの高原のアメダスで観測された1993年の降水量8670mmは年降水量の日本最多記録であり、委託観測所時代の1968年2月26日には-20.2℃という九州地方における最低気温を記録している。 山: 霧島山(韓国岳 (1700m) 、白鳥山 (1363m)、甑岳 (1301m)) 河川: 川内川 高原: えびの高原、矢岳高原 湖沼: 六観音御池、白紫池 隣接している自治体 小林市 熊本県 人吉市 球磨郡:錦町、あさぎり町 鹿児島県 伊佐市 霧島市 姶良郡:湧水町 地名 旧飯野町池島 今西 上江 大河平 坂元 末永 杉水流 大明司 原田 前田旧加久藤町榎田 小田 栗下 西郷 永山 西長江浦 灰塚 東川北 東長江浦 湯田旧真幸町内竪 浦 岡松 亀沢 島内 昌明寺 水流 西川北 向江 柳水流 近現代 1889年(明治22年)5月1日 町村制施行により、現在の市域にあたる西諸県郡飯野村・加久藤村・真幸村が発足。 (Wikipedia:えびの市)

えびの市長
『えびの市』より : 自治体名=えびの市
都道府県=宮崎県
支庁=
コード=45209-2
面積=283.00
境界未定=あり
人口=23,079
人口の時点=2005年10月1日
隣接自治体=小林市・人吉市・錦町 (熊本県) 錦町・あさぎり町・大口市・霧島市・菱刈町・湧水町
木=アカマツ キリシマアカマツ
花=エビネ
シンボル名=他のシンボル
鳥など=
郵便番号=889-4292
所在地=えびの市大字栗下1292番地
(Wikipedia:えびの市長)


えびの市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  延岡市 - 2019年02月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



延岡市
延岡市(のべおかし)は、宮崎県北部に位置する市である。人口127,098人(2014年6月現在)。中心地域は宮崎県北部の中心都市としての性格を有する。戦前より宮崎県内屈指の工業都市で、旧北方町、旧北浦町との2006年の合併前の延岡市地域は旭化成の創業地工場群があるいわゆる企業城下町である。 地理 東は日向灘に面し、その他は山に囲まれている。五ヶ瀬川・大瀬川・祝子川・北川・沖田川・浜川など多くの河川が市内を流れ、豊かな水郷としての性格を持つ。 延岡市東側の海岸は日豊海岸国定公園に、北西部は祖母傾国定公園に指定されている。 山: 行縢山(830m)、鏡山、大崩山、可愛岳、愛宕山 河川: 五ヶ瀬川、大瀬川、祝子川、北川、沖田川、浜川 島: 島浦島 (島野浦島)※地籍調査の進捗率は45%。(平成21年度末時点) 隣接する自治体 宮崎県 東臼杵郡:門川町、美郷町 西臼杵郡:日之影町 大分県 佐伯市 地名 延岡市の地名を参照のこと。 (Wikipedia:延岡市)

延岡市長
『延岡市』より : 削除提案中
このページはWikipedia:削除の方針#削除依頼 削除の手続きに従って、削除が提案されています。
この項目を執筆された方へ: 項目はまだ削除されていません。議論に参加し、この項目がWikipedia:削除の方針 削除の方針に該当する編集かどうか検討してください。
削除依頼中の記事
(Wikipedia:延岡市長)


延岡市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  高鍋 - 2019年02月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



高鍋町
高鍋町(たかなべちょう)は、日本宮崎県の中央にある町。児湯郡に属する。 江戸時代に秋月氏の治める高鍋藩の城下町として栄え、全寮制の藩校・明倫堂で人材育成に力を注いだ教育の藩であった。古くは「財部」と呼び、江戸時代に「高鍋」と改称された。 近代以降も児湯地方の中心として発展し続け、県内一面積の小さい自治体ながら、県や国の出先機関、高校、大学などさまざまな施設が集中している。 地理 宮崎平野の北部に位置し、中央を小丸川が流れ、日向灘に注ぐ。沖積平野と、洪積台地のみであり、全体的に平坦。 河川: 小丸川 湖沼: 高鍋湿原 隣接する自治体 西都市 児湯郡:木城町、川南町、新富町 地名 蚊口浦 北高鍋 高鍋町 南高鍋 上江(旧上江村) 持田(旧上江村) 1889年5月1日 高鍋村制施行 1901年2月7日 高鍋町制施行 1938年10月1日 児湯郡上江村と対等合併し新町制の高鍋町となる 町政 町長:小澤浩一(2005年2月27日 - 現在2期目) 町議会:定数16人(現在の議員の任期は2014年12月1日まで) 国政・県政 国政 衆議院小選挙区選挙では宮崎2区(延岡・日向・西都・児湯郡・西臼杵郡・東臼杵郡)に属する。 (Wikipedia:高鍋町)

高鍋町長
『高鍋町』より : 自治体名=高鍋町
区分=町
都道府県=宮崎県
支庁=
郡=児湯郡
コード=45401-0
面積=43.92
境界未定=なし
人口=22,429
人口の時点=2004年3月1日
隣接自治体=西都市・木城町・川南町・新富町
木=モクセイ
花=ナデシコ
シンボル名=町民の日
鳥など=10月1日
(Wikipedia:高鍋町長)

高鍋藩
高鍋藩(たかなべはん)は、日向国に存在した藩。現在の宮崎県児湯郡の東部(高鍋町、川南町、木城町、都農町、日向市の美々津)と串間市、宮崎市(瓜生野・倉岡の一部)、国富町(木脇)を領有していた。藩庁は高鍋城(宮崎県児湯郡高鍋町)。高鍋は初期、財部と呼ばれていたため財部藩(たからべはん)とも称する。 秋月氏はもともと筑前国を領していたが、豊臣秀吉の九州征伐のとき、時の当主・秋月種実が島津氏に与して抵抗し、のちに秀吉に恭順した。これにより日向国串間3万石に移封された。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いのとき、秋月種長は西軍に与して大垣城を守備していたが、9月15日の関ヶ原本戦で西軍が壊滅すると、いち早く東軍に寝返って大垣城にあった西軍の諸将を殺害して開城したため、所領を安堵された。その後、1604年(慶長9年)居城を財部城(高鍋城)に移し、正確にはこの時点より高鍋藩が成立したと言える。 2代種春は、家老の白井種盛・種重親子による専横に悩まされ続けた。 3代種信は、その白井一派の専横により生じた問題(上方下方騒動)を解決し、悪化した藩財政の回復にも取り組んだ。 (Wikipedia:高鍋藩)

高鍋信用金庫
高鍋信用金庫(たかなべしんようきんこ)は、宮崎県児湯郡高鍋町に本店のある宮崎県随一の規模を誇る信用金庫である。略称は「たかしん」。県央から県北まで幅広い地域に店舗を持っていたが、2005年10月に西諸信用金庫と対等合併(実質的には西諸を吸収)し、店舗網は全県に広がった。 沿革 1922年4月 高鍋信用組合として設立 1952年5月 高鍋信用金庫に改組 2005年10月 西諸信用金庫と合併 2007年6月 預金着服事件など不祥事が多発し、法令遵守態勢と経営管理態勢に不備があり内部管理態勢に不備があり九州財務局から業務改善命令を受ける 関連項目 日本の信用金庫一覧。 (Wikipedia:高鍋信用金庫)

高鍋駅
高鍋駅(たかなべえき)は、宮崎県児湯郡高鍋町大字蚊口浦にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の駅である。 高鍋町の中心駅で全列車が停車する。早朝・夜間に普通列車の一部が当駅で宮崎方面に折り返す。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する地上駅で、跨線橋を備える。木造モルタル造りの大きな駅舎を有する。ホームには『彗星』や『富士』の号車表示が残る。以前は近くの酒造会社(宝酒造)への引き込み線が存在した。 JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。 利用状況 2012年度の1日平均乗車人員は866人(前年度比+9人)である。 駅周辺 町域東端部の海岸近くに位置する。町の中心市街地からは約2km離れており、当駅と中心市街地を結ぶ道路として県道311号線が西側に延びる。駅前に宮崎交通の高鍋駅前バス停があるが本数は少ない。 小丸川 - 当駅の北側に河口があり、日豊本線は河口の近くを橋梁で越える。小丸川橋梁は撮影名所として有名。 蚊口浜 高鍋古墳 南九州化学工業 高鍋保健所 高鍋年金事務所 宮崎県立高鍋高等学校 - 当駅から1km以上離れている国道10号の西側。 (Wikipedia:高鍋駅)

高鍋町美術館
高鍋町美術館(たかなべちょうびじゅつかん)は、宮崎県児湯郡高鍋町にある町立の美術館。ロールバック方式で242席の観覧席ができるユニークな多目的ホールを備えている。 また郷土の偉人である石井十次の娘婿が児島虎次郎である縁から、大原美術館とも深いつながりを持つ。 建築概要 建築名称 - 高鍋町美術館 建築主 - 高鍋町 設計者 - 東畑建築設計事務所 施工 - 奥村組+増田組JV 規模 - 敷地面積 - m² 建築面積 - m² 延床面積 - m² 構造 - 竣工 - 1999年 所在地 - 〒884-0003 宮崎県児湯郡高鍋町大字南高鍋6916番地1 利用案内 開館時間: 10:00-17:00 閉館日:月曜日、年末年始 入場料:常設展は大人210円 小中高生100円 小学生未満は無料特別展は別途必要 最寄り駅 JR九州 日豊本線 高鍋駅 館内案内 常設展示室 一般展示室 企画展示室 実習室 収蔵庫 多目的ホール 外部リンク 高鍋町美術館座標: 北緯32度7分15秒 東経131度30分14秒 / 北緯32.12083度 東経131.50389度 / 32.12083; 131.50389。 (Wikipedia:高鍋町美術館)

高鍋町歴史総合資料館
高鍋町歴史総合資料館(たかなべちょうれきしそうごうしりょうかん)は、宮崎県高鍋町に位置する町立博物館である。 江戸時代に高鍋城がおかれていた舞鶴公園の一角に建設された歴史総合資料館である。高鍋町の文化財や民俗資料を展示している。また郷土の偉人である石井十次・秋月種樹・小澤治三郎などのコーナーも設けられている。 利用情報 開館時間 - 午前9:00~午後5:00 休館日 - 毎週月曜日・12月28日~1月3日 入館料 - 大人210円、小中学生100円(特別展は除く) 所在地 高鍋町大字南高鍋6937-2。 (Wikipedia:高鍋町歴史総合資料館)

高鍋インターチェンジ
高鍋インターチェンジ(たかなべインターチェンジ)は、宮崎県児湯郡高鍋町にある東九州自動車道のインターチェンジである。高鍋市街から小丸川をはさんで北側、川南町と木城町の境に近い場所に位置し、宮崎県道308号高鍋インター線(後述)を経由して宮崎県道19号石河内高城高鍋線に接続する。 2010年7月17日15時に西都IC - 高鍋IC間が開通し、それに伴い供用開始した。 沿革 2000年5月 : 高鍋IC-西都IC間 着工開始。 2005年10月18日 : 東九州自動車道新設工事(高鍋インターチェンジから西都インターチェンジまで)ならびにこれに伴う町道および農業用道路付替工事について国土交通大臣より土地収用法に基づく事業認定が公示される。 2007年4月26日 : 東九州自動車道新設工事(都農インターチェンジから高鍋インターチェンジまで)ならびにこれに伴う町道および農業用道路付替工事について国土交通大臣より土地収用法に基づく事業認定が公示される。 (Wikipedia:高鍋インターチェンジ)


高鍋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  財光寺 - 2019年02月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



財光寺駅
財光寺駅(ざいこうじえき)は、宮崎県日向市大字財光寺沖の下にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。 簡易委託駅。マルス及びPOS端末の設備は無く、準常備近距離軟券を発売する。 利用状況 2012年度の1日平均乗車人員は265人(前年度比+32人)である。 駅周辺 西側 宮崎県立日向高等学校 宮崎県立日向工業高等学校 宮崎銀行財光寺支店 宮崎太陽銀行財光寺支店 日向財光寺郵便局 JA日向財光寺支店 財光寺ショッピングセンター セブンイレブン日向松原店 食堂寄り道 さくら亭 日向市立財光寺中学校 日向市立財光寺小学校 日向市立財光寺南小学校 日向インターチェンジ 宮崎県道226号土々呂日向線 松原バス停留所 - 宮崎交通 東側 日向市お倉ヶ浜総合公園野球場 サウスタウン日向ショッピングセンター 明林堂書店日向店 ABCマート日向財光寺店 ながの屋プラス食の森うめこうじ日向店 ホームワイド 財光寺店 天領うどん財光寺店 ローソン 日向財光寺店 セブンイレブン日向財光寺店 ビーグルボウル TSUTAYA日向店 国道10号 小倉ヶ浜道路 1989年(平成元年)3月11日 - 開業。 (Wikipedia:財光寺駅)


財光寺 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  中等教育 - 2019年02月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



中等教育
中等教育(ちゅうとうきょういく, Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育(高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである。すなわち、初等教育と高等教育のつなぎの年代を指す。 国際標準教育分類(ISCED)においては、前期中等教育(Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(Upper secondary education)をレベル3として分類している。 現在の日本においては、ほぼ全ての成人(~64歳)は中等教育を修了しているとされる。日本で中等教育を行う学校は、中学校(中学,レベル2)と高等学校(高校,レベル3)が多く、わずかに中等教育学校(レベル2および3)が存在する。 ヨーロッパ イギリス 英国イングランドにおいては、前期中等教育(キーステージ4, 16歳修了)までは義務教育であり、卒業時にGCSEという卒業試験が存在する。 (Wikipedia:中等教育)

中等教育学校
中等教育学校(ちゅうとうきょういくがっこう、Secondary school)は、前期中等教育(中学校などにおける教育)と後期中等教育(高等学校などにおける教育)を一貫して施すシステムをとる学校であり、日本では中高一貫教育とされる。 各国にて相当する学校としては、イギリスのパブリックスクール、ドイツ連邦共和国及びオーストリア共和国のギムナジウム、オランダのVWO(大学準備中等教育)及びHAVO(高等一般教育)などが挙げられる。 ドイツのギムナジウム、オーストリアのAHS、オランダのVWO及びHAVOへの進学率・在籍率は、該当年齢の約30%に達する。参考までに日本の国立・私立の中学校の在籍率は全中学生の約8%、南関東の中高一貫校受験参加率は約20%(公立中高一貫校及び私立中高一貫校の入学試験参加者数の合計)である。 各国の中等教育学校 イギリス イギリスにおいてはパブリックスクールが存在し、多くはボーディングスクールであり、13–18歳の年齢に教育を施す。 (Wikipedia:中等教育学校)


中等教育 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す