[PR]

日別キーワード

第1位  JR中央線 - 2019年02月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



JR中央線
『中央本線』より : 中央本線(ちゅうおうほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から新宿区の新宿駅、長野県塩尻市の塩尻駅を経由して愛知県名古屋市中村区の名古屋駅までを結ぶ鉄道路線(幹線)である。 このうち東京駅 - 塩尻駅間は東日本旅客鉄道(JR東日本)、塩尻駅 - 名古屋駅間は東海旅客鉄道(JR東海)の管轄となっている。なお、塩尻駅はJR東日本の管轄である。「中央東線」や「中央西線」、「中央線快速」など、区間や系統別に様々な呼称がある(後述)。 『鉄道要覧』上は、重複する東京駅 - 神田駅間は東北本線、代々木駅 - 新宿駅間は山手線となっている(詳しくは概要を参照)。 東京から西へ延び、東京から下諏訪までは、ほぼ甲州街道に、下諏訪以西はほぼ中山道に沿って(ただし、釜戸駅から名古屋までは、中山道ではなく、尾張藩管理の脇街道である下街道ルートを採っており、本来中山道本道が向かう岐阜には接続しない)、山梨県・長野県南部・岐阜県南部を経由して名古屋までを結ぶ鉄道路線である。 (Wikipedia:JR中央線)

JR中央線快速
『中央快速線』より : 中央線快速(ちゅうおうせんかいそく)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の中央本線のうち、東京都千代田区の東京駅から東京都八王子市の高尾駅までの快速電車の運転系統の案内上および営業上の呼称である。路線図などの案内では山梨県大月市の大月駅までとなっているものもある。 御茶ノ水駅 - 三鷹駅間の複々線区間のうち、快速電車と優等列車が走る線路は「中央急行線」が正式な名称である(後述)が、書籍・雑誌・新聞やJRのプレスリリースなどでは、東京駅 - 高尾駅・大月駅間の運転系統を指して「中央快速線」と表記されることもある。JRの路線図や駅ホームなどでは「中央線(快速)」、「中央線快速電車」といった表現でも案内されているほか、単に「中央線」と案内することも多い。 東京地区の電車特定区間(E電)の運転系統の一つで、東京都心と多摩地域の各都市とを結ぶ。また、都心部では東京駅と副都心の一つである新宿とを結ぶ役割を担っている。起源は1933年(昭和8年)に東京駅 - 中野駅間で運行が開始された“急行電車”であり、その後“快速”と改称されている。 (Wikipedia:JR中央線快速)

JR中央線通勤快速
『中央快速線』より : 中央快速線(ちゅうおうかいそくせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内中央本線の御茶ノ水駅~三鷹駅間の複々線の区間における急行線 快速線及びこの区間を含む東京駅から高尾駅 (東京都) 高尾駅までの運転系統の案内上の呼称である。
路線名としては、東京駅~神田駅 (東京都) 神田駅間は東北本線、代々木駅~新宿駅間は山手線に属し、その他の区間は中央本線である。当該区間のうち、御茶ノ水駅~中野駅 (東京都) 中野駅間は東京の日本国有鉄道 国鉄の中で早くに複々線化されたことや、山手線内で複々線の両方に旅客列車が走行し急行線 急行運転を行って来たことから、中央急行線(ちゅうおうきゅうこうせん)と称されることもある。
(Wikipedia:JR中央線通勤快速)

JR中央線通勤特快
『中央快速線』より : 中央快速線(ちゅうおうかいそくせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内中央本線の御茶ノ水駅~三鷹駅間の複々線の区間における急行線 快速線及びこの区間を含む東京駅から高尾駅 (東京都) 高尾駅までの運転系統の案内上の呼称である。
路線名としては、東京駅~神田駅 (東京都) 神田駅間は東北本線、代々木駅~新宿駅間は山手線に属し、その他の区間は中央本線である。当該区間のうち、御茶ノ水駅~中野駅 (東京都) 中野駅間は東京の日本国有鉄道 国鉄の中で早くに複々線化されたことや、山手線内で複々線の両方に旅客列車が走行し急行線 急行運転を行って来たことから、中央急行線(ちゅうおうきゅうこうせん)と称されることもある。
(Wikipedia:JR中央線通勤特快)

JR中央線停車駅
『中央快速線』より : 中央線快速(ちゅうおうせんかいそく)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の中央本線のうち、東京都千代田区の東京駅から東京都八王子市の高尾駅までの快速電車の運転系統の案内上および営業上の呼称である。路線図などの案内では山梨県大月市の大月駅までとなっているものもある。 御茶ノ水駅 - 三鷹駅間の複々線区間のうち、快速電車と優等列車が走る線路は「中央急行線」が正式な名称である(後述)が、書籍・雑誌・新聞やJRのプレスリリースなどでは、東京駅 - 高尾駅・大月駅間の運転系統を指して「中央快速線」と表記されることもある。JRの路線図や駅ホームなどでは「中央線(快速)」、「中央線快速電車」といった表現でも案内されているほか、単に「中央線」と案内することも多い。 東京地区の電車特定区間(E電)の運転系統の一つで、東京都心と多摩地域の各都市とを結ぶ。また、都心部では東京駅と副都心の一つである新宿とを結ぶ役割を担っている。起源は1933年(昭和8年)に東京駅 - 中野駅間で運行が開始された“急行電車”であり、その後“快速”と改称されている。 (Wikipedia:JR中央線停車駅)


JR中央線 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  SGI - 2019年02月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



SGI
SGI シリコングラフィックス(Silicon Graphics International Corp.) 同社の商品である「SGIワークステーション」 同社の日本法人である日本SGI株式会社 サルゴダ空港のIATA空港コード。 創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International)。 (Wikipedia:SGI)

SGI Japan
『日本SGI』より : 日本SGI株式会社は、米Silicon Graphics International Corp. (SGI) の日本法人で、コンピュータやこれに関連するサービスに関する事業を行う株式会社である。 1987年日本国内での米Silicon Graphics, Inc.製品の販売は、1984年より住商エレクトロニクス株式会社が国内総代理店として販売を行っていたが、1987年に米Silicon Graphics, Inc.の100%子会社として日本シリコングラフィックスが設立し、本格的な国内販売を開始した。 1997年日本クレイと合併し、日本シリコングラフィックス・クレイ株式会社へ社名変更。クレイとの合併後、それまでグラフィックス市場中心のビジネス展開だけであったが、大型並列計算機を中心とする科学技術計算分野へのビジネス展開も開始される。実際にはクレイの市場を引継ぎ、自動車産業での解析系サーバまたは官公庁市場での解析分野・シミュレーション分野へ販売展開を開始した。 (Wikipedia:SGI Japan)


SGI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ウクライナ - 2019年02月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウクライナ
ウクライナ Україна 国の標語:Воля, злагода, добро (ウクライナ語: 自由、調和、善良) 国歌:ウクライナは滅びず ウクライナの位置 ウクライナ(ウクライナ語: Україна、[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。 (Wikipedia:ウクライナ)

ウクライナ空軍
ウクライナ空軍(ウクライナくうぐん、ウクライナ語:Повітряні Сили України ポヴィートリャーニ・スィールィ・ウクライィーヌィ、略称ПС України ペーエース・ウクライィーヌィ)は、2005年に従来のウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)とウクライナ防空軍が統合されて生まれたウクライナの空軍組織である。司令部は、創設以来ヴィーンヌィツャの第24航空軍に置かれている。 構成 1991年8月24日にウクライナがソ連より独立し、翌1992年3月17日には空軍組織としてウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)が創設された。ウクライナにはソ連時代からの伝統として、2001年の時点では空軍の他にソ連の防空軍を継承した防空軍、ソ連の海軍航空隊を継承した海軍航空隊、ソ連の陸軍航空隊を継承した陸軍航空隊が存在していた。 (Wikipedia:ウクライナ空軍)

ウクライナ人の一覧
ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人の一覧)

ウクライナ人一覧
『ウクライナ人の一覧』より : ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人一覧)

ウクライナ国民共和国
ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ国民共和国)

ウクライナ民族共和国
『ウクライナ国民共和国』より : ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ民族共和国)

ウクライナ語の日本語表記
ウクライナ語の日本語表記は、ウクライナ語の日本語転写についての参考資料である。
本項目では、ウクライナ語を日本語の仮名に転写する際に一般的に考えられる方法を述べ、また、表記の揺れについて解説する。本項の目的は正確なウクライナ語の解説ではない。また、日本語表記に関する啓蒙・規範作りを目的とするものでもない。現在ウクライナ語と日本語の両方を用いる人たちの間で通用している日本語表記を整理して示すことにある。
1991年のウクライナの独立で、ウクライナ語は同国の唯一の公用語となった。そのため、公的文書に記載される言語はすべてソビエト連邦 ソ連時代のロシア語表記からウクライナ語表記に改められた。
日本語への転写において、この影響をもっとも強く受けたのは地名や人名に関する表記であった。原則としては、他の外国語の場合と同様、日本語への転写では国際音声記号(IPA)で定められている標準的な発音に沿って片仮名 カタカナで表記することが望ましかったが、ウクライナ語の日本での認知度がきわめて低かったこともあり、ウクライナ語としては疑問点の多いカタカナ転写が数多く誕生した。また、ウクライナ語名、ロシア語名、あるいはポーランド語名などが混在し、かえってわかりにくくなったということもあった。
(Wikipedia:ウクライナ語の日本語表記)

ウクライナ社会主義ソビエト共和国
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソビエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ海軍艦艇一覧
ウクライナ海軍艦艇一覧は、ウクライナ人民共和国海軍、ウクライナ国海軍並びにウクライナ海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。
なお、ロシア帝国時代やソビエト連邦 ソ連時代、および赤軍艦艇についてはソ連・ロシア海軍艦艇一覧を参照のこと。また、海軍の保有ではない海上警備艦艇についてはウクライナ海上警備隊艦艇一覧を参照のこと。
Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 船/記事名/船種表記/艦艇一覧表記の検討 凡例
国防予算:18億1,000万ドル(+7,000万ドル)
海軍人員:1万3,000名
艦船隻数:36隻(-2隻)
:潜水艦×1
:フリゲート×4
:コルベット×2
:ミサイル艇×2
:哨戒艇×3
:戦車揚陸艦×1
(Wikipedia:ウクライナ海軍艦艇一覧)

ウクライナ人
ウクライナ人(ウクライナ語: українці [ウクライィーンツィ])は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。 民族名 歴史上でウクライナ人は様々な民族名で知られている。9世紀から13世紀にかけてウクライナの地域がルーシと呼ばれたことから、中世前期以降この地域の住民はルーシ人(ルスィーヌィ)と呼称されるようになった。また、14世紀より正教の聖職者の書簡にではウクライナを「小ロシア」と呼ぶ風習があり、17世紀以降ウクライナが正教のロシア・ツァーリ国に併合されると、19世紀までウクライナ人は小ロシア人(マロロースィ)と呼ばれていた。その他に、15世紀から18世紀末にかけてウクライナの住民の多くがコサックであったことから、コサック(コザクィー)がウクライナ人のことを意味した時代があった。ウクライナという地名は12世紀後半から『ルーシ年代記』に見られるが、「ウクライナ人」という用語は16世紀まで普及していなかった。 (Wikipedia:ウクライナ人)

ウクライナ中央ラーダ
ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央ラーダ)

ウクライナ中央議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央議会)

ウクライナ中央評議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央評議会)

ウクライナ語
ウクライナ語(Українська мова [ukraˈjinʲsʲka ˈmɔʋa])は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派の東スラヴ語群に属し、キリル文字を使用する言語である。ウクライナの公用語である。ウクライナ国外においても、諸外国に住むウクライナ人によって使用されている。本国での話者人口は3680万人。本国以外に、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、カナダやアメリカ合衆国などの南北アメリカ、オーストラリアなどにも話者がおり、それらを合計すれば約4500万人になる。スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで第3位の話者人口である。11月9日はウクライナ語の記念日となっている。 12世紀-13世紀:古ルーシ語 (古ルテニア語、古キエフ文語、古東スラヴ語とも、上古ウクライナ文語とも)。 14世紀‐18世紀:ルーシ語 (ルテニア語、コサック語、、古ベラルーシ語、西ルーシ文語、古ウクライナ文語とも)。 18世紀末‐19世紀半ば:小ロシア語(ルテニア語、コサック語、ウクライナ語とも) 19世紀後半以後:ウクライナ語。 (Wikipedia:ウクライナ語)

ウクライナの都市の一覧
ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市の一覧)

ウクライナの都市
『ウクライナの都市の一覧』より : ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市)

ウクライナ (ミサイル巡洋艦)
起工 colspan="2" 1984年8月29日 61コムナール記念工場
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_the_Soviet_Union.svg 22x20px border ソ連海軍黒海艦隊Image:Naval_Ensign_of_Russia.svg 22x20px border ロシア海軍黒海艦隊
改称 colspan="2" 1985年3月23日
進水 colspan="2" 1990年8月11日
除籍 colspan="2" 1993年3月18日
改称 colspan="2" 1993年12月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
改称 colspan="2" 1998年2月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
艦種 colspan="2" ミサイル巡洋艦
艦型 colspan="2" スラヴァ級ミサイル巡洋艦 1164.1号計画「アトラーント」型(スラヴァ級)
工場番号 colspan="2" 2011
rowspan="2" 排水量
基準排水量 9500 t
満載排水量 11530 t
全長 colspan="2" 192 m
(Wikipedia:ウクライナ (ミサイル巡洋艦))


ウクライナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  カリフォルニア州 - 2019年02月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



カリフォルニア州
座標: 北緯37度 西経120度 / 北緯37度 西経120度 / 37; -120 カリフォルニア州 State of California 州の愛称: ゴールデンステートThe Golden State州のモットー: Eurekaカリフォルニア州の位置 カリフォルニア州(英: State of California)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。 合衆国の州のうちでは最大の人口を誇り、大統領選の選挙人数も最多である。ブラジルのサンパウロ州に続いて南北アメリカ大陸で2番目に人口の多い行政区画である。大都市は人口の多いものからロサンゼルス、サンディエゴ、サンノゼ、サンフランシスコとなっている。州内には全国で2位(ロサンゼルス)と6位(サンフランシスコ・ベイエリア)の都市圏があり、人口の多い都市50傑には8つの市が入っている。 ワシントン州、オレゴン州と共にリベラルな気風で、保守的な中西部に対して「レッドウッド・カーテンの向こう側」と称される。 (Wikipedia:カリフォルニア州)

カリフォルニア州出身の人物一覧
この一覧はカリフォルニア州出身の著名人についての記事を姓の50音順に配列したものである。
アレクシス・アークエット - 俳優
ティム・アームストロング - ミュージシャン
AI (歌手) AI - 歌手
キャシー・アイランド - 女優
キャサリン・アサロ - 作家
ショーン・アスティン - 俳優
アンセル・アダムス - 写真家
クリスティナ・アップルゲイト - 女優
シリ・アップルビー - 女優
ジェニファー・アニストン - 女優
ロドニー・アノアイ - プロレスラー
ベン・アフレック - 俳優
グレッグ・アラキ - 映画監督
ギルバート・アリナス - バスケットボール選手
ジェシカ・アルバ - 女優
スティーヴ・アルビニ - ミュージシャン
ハーブ・アルパート - ミュージシャン
(Wikipedia:カリフォルニア州出身の人物一覧)

カリフォルニア州州務長官
カリフォルニア州州務長官 (Secretary of State of California) は、カリフォルニア州の州務長官であり、州政府の窓口としての広範な任務を受け持つ。カリフォルニア州州務長官はカリフォルニア州選挙管理の最高責任者であり、州民が政治過程に直接参加する手段を保証する責任を負っている。任期は1期あたり4年。任期制限により三選は禁止され、再選されたら次回は退かねばならない。
カリフォルニア州州務長官は、州民の政治参加を促し、州の選挙を監督する義務を負う。州務長官は全候補者の選挙公約を公式に記録し、投票集計の指揮と承認、有権者登録の管理を担当しなければならない。
加えて州務長官は、州務長官は州の法案についてその内容を確認し、章番号を付与し、州公章を押印する役割を担う。州の法案は、この過程を経てはじめて法律としてその効力を有するようになる。また州務長官は、州内で使用される計量単位の標準化、州議会のすべての記録の受領およびその目録の作成、新規設立企業の定款登記および商標登録を監督する。
(Wikipedia:カリフォルニア州州務長官)

カリフォルニア州務長官
カリフォルニア州州務長官 (Secretary of State of California) は、カリフォルニア州の州務長官であり、州政府の窓口としての広範な任務を受け持つ。カリフォルニア州州務長官はカリフォルニア州選挙管理の最高責任者であり、州民が政治過程に直接参加する手段を保証する責任を負っている。任期は1期あたり4年。任期制限により三選は禁止され、再選されたら次回は退かねばならない。 任務 カリフォルニア州州務長官は、州民の政治参加を促し、州の選挙を監督する義務を負う。州務長官は全候補者の選挙公約を公式に記録し、投票集計の指揮と承認、有権者登録の管理を担当しなければならない。 加えて州務長官は、州務長官は州の法案についてその内容を確認し、章番号を付与し、州公章を押印する役割を担う。州の法案は、この過程を経てはじめて法律としてその効力を有するようになる。また州務長官は、州内で使用される計量単位の標準化、州議会のすべての記録の受領およびその目録の作成、新規設立企業の定款登記および商標登録を監督する。 (Wikipedia:カリフォルニア州務長官)

カリフォルニア州立大学
カリフォルニア州立大学(英語: California State University)は、カリフォルニア州ロングビーチ市に本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1857年に設置された。カリフォルニア州が設置する総合州立大学システムという形であり、カリフォルニア州立大学という単一の大学はない。略称はCSU、Cal State。 沿革 1857年、カリフォルニア師範学校としてサンノゼに設立された(現在のサンノゼ州立大学である)。最も新しいキャンパスは2002年に設立されたカリフォルニア州立大学チャンネル諸島校で、カリフォルニア州全土に23のキャンパスを持つ米国最大級の大学群である。 カリフォルニア大学(UC)システムが研究機関的性格を持つのに対して、カリフォルニア州立大学(CSU)システムでは、設立経緯から州内初等・中等教育に従事する、教員の養成及びに専門職従事者の養成を主な教育目的とするが、近年では教育学博士号等、一部の博士課程もUCシステムとの協力により擁するようになった。 (Wikipedia:カリフォルニア州立大学)

カリフォルニア州の郡一覧
カリフォルニア州の郡一覧は、アメリカ合衆国カリフォルニア州内の郡の一覧である。カリフォルニア州内には58の郡がある。下表はアルファベット順である。 カリフォルニア州の郡の特徴 郡は全ての選挙、資産税の徴収、土地譲渡証書など公式記録の維持、および郡域内での裁判所の維持に責任があり、さらに法人化された都市の中に入らない領域には法の執行(郡保安官と副保安官による)を行っている。 郡は地方政府の単位であり、州内全ての土地は58郡のどれかに割り振られている。各郡に管理委員会があり、州法の下にその住民に対して、法の執行、健康管理、道路の維持などのサービスを行う義務がある。義務と裁量の平衡を保つことは大変難しいことである。障害を持った郡の納税者は財政の窮状が理由にならない例えば健康管理のような特定任務を執行することを郡に訴えることができる。 郡内の未編入領域でそこそこの大きさのある地域住民は都市として法人化できる。市政府は郡に行くはずだった税収入の幾らかを取り込むことができ、また別に住民に課税することができる。 (Wikipedia:カリフォルニア州の郡一覧)

カリフォルニア州外国人土地法
カリフォルニア州外国人土地法( - しゅうがいこくじんとちほう、排日土地法、ウェッブ法案、英:California Alien Land Law)は、米カリフォルニア州議会で1913年に可決された、市民権獲得資格の無い外国人(主に日系人らアジア系移民)の土地所有および3年以上の賃借を禁止した法律。 法律の条文は日系人を特定する言葉は無いが、日系移民の数が増加し経済進出が著しかった背景、および当時アジア系移民に市民権獲得資格が無かったことから、日系人を閉め出す目的が明白であったため「排日土地法」とも呼ばれる。また、法案起草者のウェッブ・ヘニーは、「この法案は、農業において日本人がこれ以上発展するのを防ぐのではなく、カルフォルニア州から日本人を追い払うことを目的としている……」と述べている。後にアリゾナ州などでも同様な法案が通過された。 脚注 関連項目 排日移民法 黄禍論 外部リンク 外国人土地法 外国人土地法一世の開拓者たち -ハワイとアメリカ本土における日本人移民の歴史 1885~1924 その12、アケミ・キクムラ・ヤノ、Discover Nikkei, 1992。 (Wikipedia:カリフォルニア州外国人土地法)

カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州の旗は、カリフォルニア共和国の旗としてクマ 熊がデザインされた旗。1911年に正式に州旗として制定された。白地で、下部に赤い帯があしらわれ、左上に赤い星、中央にハイイログマ グリズリー熊が緑草の上に立っている図柄。この熊はカリフォルニア・グリズリーで、現在は絶滅している。熊の下に「カリフォルニア共和国」(California Republic)と言う文字が入る。
地方行政区の旗 かりふおるにあ
カリフォルニア州 はた
bg:Знаме на Калифорния
ca:Bandera de Califòrnia
cs:Vlajka státu Kalifornie
da:Californiens flag
Flagge Kaliforniens
Flag of California
es:Bandera de California
et:California lipp
Drapeau de la Californie
he:דגל מדינת קליפורניה
hu:Kalifornia zászlaja
it:Bandiera della California
(Wikipedia:カリフォルニア州の旗)


カリフォルニア州 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  キエフ - 2019年02月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



キエフ
キエフ(ウクライナ語: Київ [ˈkɪjiw] (13px 聞く) キーイウ)は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。 キエフという名称は「キーイの都市」を意味し、キエフを創建した伝説の公爵キーイの名前に由来する。キエフは他国の支配を受けた歴史があるため、文献によってその名称が異なっている。 ウクライナ語:Київで、発音は[ˈkɪjiw](ケィーイィウ)に近い。 (Wikipedia:キエフ)

キエフ公国
『キエフ大公国』より : キエフ公国 Київське князівство キエフ公国(ウクライナ語:Київське князівствоクィーイィウスィケ・クニャーズィストヴォ)は、キエフを中心に12世紀から15世紀にかけて存在したリューリク朝の公国である。現代のウクライナ中部に当たるルーシ南部に国土を持ち、ルーシ西部に成立したハールィチ・ヴォルィーニ大公国とルーシ(狭義)の領土を二分した。 1130年代には、キエフ・ルーシ(大公国)の封建体制の崩壊が始まった。そうした中、キエフを中心に形成されたのがキエフ公国であった。その領土にはキエフシュチナをはじめ、東ヴォルィーニ、ペレヤースラウシュチナが含まれた。首都はキエフに置かれ、ペレヤースラウ、カーニウ、チェルカースィ、オステール、オーヴルチ、ジトームィル、チョルノーブィリ、モーズィルといった都市が地方の中心となった。こうした都市は、時期によっては公国の中心地ともなった。 1132年、大公ムスチスラフ1世の死後、キエフ大公国はいくつかの小公国に分裂した。 (Wikipedia:キエフ公国)

キエフ大公国
ルーシ Русь ルーシの位置 キエフ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。国民国家史観を中心とした研究史においては、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの三国の共通の祖国とされる。 国号 中世時代の史料で確認できるルーシの正式な国号は「ルーシ」のみである。ルーシとは、『サンベルタン年代記』の839年の記述においてはヴァリャーグを指していた。後にその意味は転じ、狭義にはキエフ地域(ただしドレヴリャーネ族・ドレゴヴィチ族の地を除く)、チェルニゴフ-セヴェルスキー地域(ただしラヂミチ族・ヴャチチ族の地を除く)と、ペレヤスラヴリ地域を指していた。 (Wikipedia:キエフ大公国)

キエフ・ルーシ
『キエフ大公国』より : ルーシ Русь ルーシの位置 キエフ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。国民国家史観を中心とした研究史においては、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの三国の共通の祖国とされる。 国号 中世時代の史料で確認できるルーシの正式な国号は「ルーシ」のみである。ルーシとは、『サンベルタン年代記』の839年の記述においてはヴァリャーグを指していた。後にその意味は転じ、狭義にはキエフ地域(ただしドレヴリャーネ族・ドレゴヴィチ族の地を除く)、チェルニゴフ-セヴェルスキー地域(ただしラヂミチ族・ヴャチチ族の地を除く)と、ペレヤスラヴリ地域を指していた。 (Wikipedia:キエフ・ルーシ)

キエフ大公
『キエフ大公国』より : キエフ大公(ウクライナ語:Великий князь Київський)は、9世紀から13世紀にかけてキエフ大公国とその首都キエフを治める君主の称号である。 (本頁の一覧にはキエフ公も含む。) 歴代の公・大公 アスコルド・ジール (在位:862年 - 882年) オレグ(在位:882年 - 912年/922年) リューリク朝 イーゴリ1世(在位:913年/923年 - 945年) 摂政オリガ(在位:945年 - 964年) スヴャトスラフ1世(在位:945年 - 973年?) ヤロポルク1世(在位:973年 - 978年) ウラジーミル1世(聖公)(在位:978年 - 1015年) スヴャトポルク1世(在位:1015年 - 1016年)1度目 ヤロスラフ1世(賢公)(在位:1017年) 1度目 スヴャトポルク1世(在位:1018年 - 1019年)2度目 ヤロスラフ1世(賢公)(在位:1019年 - 1054年)2度目 イジャスラフ1世(在位:1054年 - 1068年)1度目 フセスラフ(在位:1068年 - 1069年) イジャスラフ1世(在位:1069年 - 1073年)2度目 スヴャトスラフ2世(在位:1073年 - 1075年) フセヴォロド1世(在位:1075年 - 1076年)1度目 イジャスラフ1世(在位:1076年 - 1078年)3度目 フセヴォロド1世(在位:1078年 - 1093年)2度目 スヴャトポルク2世(在位:1093年 - 1113年) ウラジーミル2世モノマフ(在位:1113年 - 1125年) ムスチスラフ1世(在位:1125年 - 1132年) ヤロポルク2世(在位:1132年 - 1139年) ヴャチェスラフ1世(在位:1139年) フセヴォロド2世(在位:1139年 - 1146年) イーゴリ2世(在位:1146年) イジャスラフ2世(在位:1146年 - 1149年) ユーリー1世ドルゴルーキー(在位:1149年 - 1150年) ヴャチェスラフ1世(在位:1150年)2度目 イジャスラフ2世(在位:1150年)2度目 ユーリー1世ドルゴルーキー(在位:1150年)2度目 イジャスラフ2世(在位:1150年 - 1154年)3度目 ロスチスラフ1世(在位:1154年) イジャスラフ3世(在位:1154年 - 1155年)1度目 ユーリー1世ドルゴルーキー(在位:1155年 - 1157年)3度目 イジャスラフ3世(在位:1157年 - 1159年)2度目 ムスチスラフ2世(在位:1159年) 1度目 ロスチスラフ1世(在位:1159年 - 1161年) 2度目 イジャスラフ3世(在位:1161年)3度目 ロスチスラフ1世(在位:1161年 - 1167年)3度目 ムスチスラフ2世(在位:1167年 - 1169年)2度目 グレプ(在位:1169年 - 1171年) ウラジーミル3世(在位:1171年) ロマン・ロスチスラヴィチ(在位:1171年) フセヴォロド3世(在位:1171年 - 1173年) ミハイル1世(在位:1172年) リューリク2世(在位:1173年 - 1174年) ヤロスラフ2世(在位:1174年) ロマン・ロスチスラヴィチ(在位:1174年 - 1176年)2度目 リューリク2世(在位:1180年 - 1181年) スヴャトスラフ3世(在位:1181年 - 1194年) リューリク2世(在位:1194年 - 1202年) イングヴァリ1世(在位:1202年) リューリク2世(在位:1204年) ロマン・ムスティスラーヴィチ(在位:1204年 - 1205年) ロスチスラフ2世(在位:1204年 - 1205年) リューリク2世(在位:1205年 - 1210年) フセヴォロド4世(在位:1210年 - 1214年) ムスチスラフ3世(在位:1214年 - 1223年) ウラジーミル4世(在位:1223年 - 1235年) イジャスラフ4世(在位:1235年 - 1239年) ミハイル2世(在位:1239年) ロスチスラフ3世(在位:1239年) ダヌィーロ・ロマーノヴィチ(在位:1239年 - 1240年)*代官による支配 ミハイル2世 (在位:1241年 - 1246年)2度目 ロスチスラフ4世(uk) (在位:1243年 - 1244年) ヤロスラフ3世 (在位:1246年) アレクサンドル1世 (在位:1249年 - 1263年) *ジョチ・ウルスの封臣 ヤロスラフ4世 (在位:1263年 - 1271年)*ジョチ・ウルスの封臣 レフ1世 (在位:1271年 - 1301年) ウラジーミル5世(uk) (在位:1301年 - ? )*ジョチ・ウルスの封臣 スタニスラフ1世(uk) (在位:? - 1321年)*ジョチ・ウルスの封臣 Alšėniškiai家 ミンダウガス (uk) (在位:1321年 - 1324年) アルギマンタス(uk) (在位:1324年 – 1331年) テオドラス (在位:1331年 – 1362年)*ジョチ・ウルスの封臣 ゲディミナス朝 ヴラディミラス(ウラジーミル6世)(在位:1362年 – 1394年) スキルガイラ(在位:1395年 – 1397年) イヴァン (uk)(在位:1397年 – 1401年) アンドリイ (uk)(在位:1401年 – 1410年) ミハイロ(ミハイル3世)(uk)(在位:1422年 – 1432年) ミハイロ(ミハイル4世)(uk)(在位:1433年 – 1435年) シュヴィトリガイラ(在位:1432年 – 1440年) アレクサンドラス(アレクサンドル2世) (uk)(在位:1443年 – 1454年) セメーン (uk)(在位:1454年 – 1471年) 脚注 封臣についてはen:Vassal参照。 (Wikipedia:キエフ大公)

キエフ地下鉄
キエフ地下鉄(ウクライナ語:Київський метрополітен)は、ウクライナの首都キエフの市内を走る地下鉄である。 キエフ地下鉄は、ソ連時代の1960年に最初の区間(1号線ヴォグザーリナヤ駅~ドニェープル駅間5.2 km)が開通した。これによってキエフは、モスクワ、レニングラートに次いで地下鉄を有するソ連3番目の都市となった。その後も延伸を続け、1976年には2号線のクレニーウスィカ・チェルヴォノアルミースィカ線、1989年には3号線のスィレーツィコ・ペチェールスィカ線が開業した。 2011年現在キエフには3路線、総延長65.18 kmの地下鉄が走っているが、現在新たに1路線が建設工事中であり、また、2号線と3号線は延伸工事中である。 路線 利用 運賃は2015年3月現在、全区間均一4.0フリヴニャである。入場の際は、自動券売機か窓口で非接触型ICカード回数券か、「ジェトン」と呼ばれる青いプラスチック製のトークンを購入し、自動改札機に通す。 (Wikipedia:キエフ地下鉄)

キエフ・ジュリャーヌィ国際空港
ジュリャーヌィ国際空港(ウクライナ語: Міжнародний аеропорт „Київ” (Жуляни)ミジュナロードヌィイ・アエロポールト・クィーイィヴ・ジュリャーヌィ;英語:Zhulyany International Airport)は、ウクライナの首都キエフ市内のジュリャーヌィ地区にある国際空港である。キエフ国際空港とも呼ばれる。敷地面積は265 km²。 ジュリャーヌィ国際空港は、唯一キエフ市内に存在する空港である。この空港は「キエフ国際空港」として長い歴史を持っているが、1960年代により大きなボルィースピリ国際空港が建設されると、本家のキエフ空港のほうは設備も悪い一地方空港となってしまった。もっとも、当時のウクライナはソ連内の一構成共和国に過ぎず、ボルィースピリ空港も単に新しい地方の玄関口というだけの存在であった。新しい空港の整備に伴い古いキエフ国際空港は地区名を取って「ジュリャーヌィ国際空港」などと呼ばれるようになった。 ウクライナはロシア帝国時代から航空産業が発展した地域で、その文化的・政治的中心であるキエフでも多くの「飛行実験」が行われていた。 (Wikipedia:キエフ・ジュリャーヌィ国際空港)

キエフ・ジュリャーヌィ空港
『キエフ・ジュリャーヌィ国際空港』より : ジュリャーヌィ国際空港(ウクライナ語: Міжнародний аеропорт „Київ” (Жуляни)ミジュナロードヌィイ・アエロポールト・クィーイィヴ・ジュリャーヌィ;英語:Zhulyany International Airport)は、ウクライナの首都キエフ市内のジュリャーヌィ地区にある国際空港である。キエフ国際空港とも呼ばれる。敷地面積は265 km²。 ジュリャーヌィ国際空港は、唯一キエフ市内に存在する空港である。この空港は「キエフ国際空港」として長い歴史を持っているが、1960年代により大きなボルィースピリ国際空港が建設されると、本家のキエフ空港のほうは設備も悪い一地方空港となってしまった。もっとも、当時のウクライナはソ連内の一構成共和国に過ぎず、ボルィースピリ空港も単に新しい地方の玄関口というだけの存在であった。新しい空港の整備に伴い古いキエフ国際空港は地区名を取って「ジュリャーヌィ国際空港」などと呼ばれるようになった。 ウクライナはロシア帝国時代から航空産業が発展した地域で、その文化的・政治的中心であるキエフでも多くの「飛行実験」が行われていた。 (Wikipedia:キエフ・ジュリャーヌィ空港)

キエフ空港
『キエフ・ジュリャーヌィ国際空港』より : ジュリャーヌィ国際空港(ウクライナ語: Міжнародний аеропорт „Київ” (Жуляни)ミジュナロードヌィイ・アエロポールト・クィーイィヴ・ジュリャーヌィ;英語:Zhulyany International Airport)は、ウクライナの首都キエフ市内のジュリャーヌィ地区にある国際空港である。キエフ国際空港とも呼ばれる。敷地面積は265 km²。 ジュリャーヌィ国際空港は、唯一キエフ市内に存在する空港である。この空港は「キエフ国際空港」として長い歴史を持っているが、1960年代により大きなボルィースピリ国際空港が建設されると、本家のキエフ空港のほうは設備も悪い一地方空港となってしまった。もっとも、当時のウクライナはソ連内の一構成共和国に過ぎず、ボルィースピリ空港も単に新しい地方の玄関口というだけの存在であった。新しい空港の整備に伴い古いキエフ国際空港は地区名を取って「ジュリャーヌィ国際空港」などと呼ばれるようになった。 ウクライナはロシア帝国時代から航空産業が発展した地域で、その文化的・政治的中心であるキエフでも多くの「飛行実験」が行われていた。 (Wikipedia:キエフ空港)

キエフ国際空港
『キエフ・ジュリャーヌィ国際空港』より : ジュリャーヌィ国際空港(ウクライナ語: Міжнародний аеропорт „Київ” (Жуляни)ミジュナロードヌィイ・アエロポールト・クィーイィヴ・ジュリャーヌィ;英語:Zhulyany International Airport)は、ウクライナの首都キエフ市内のジュリャーヌィ地区にある国際空港である。キエフ国際空港とも呼ばれる。敷地面積は265 km²。 ジュリャーヌィ国際空港は、唯一キエフ市内に存在する空港である。この空港は「キエフ国際空港」として長い歴史を持っているが、1960年代により大きなボルィースピリ国際空港が建設されると、本家のキエフ空港のほうは設備も悪い一地方空港となってしまった。もっとも、当時のウクライナはソ連内の一構成共和国に過ぎず、ボルィースピリ空港も単に新しい地方の玄関口というだけの存在であった。新しい空港の整備に伴い古いキエフ国際空港は地区名を取って「ジュリャーヌィ国際空港」などと呼ばれるようになった。 ウクライナはロシア帝国時代から航空産業が発展した地域で、その文化的・政治的中心であるキエフでも多くの「飛行実験」が行われていた。 (Wikipedia:キエフ国際空港)

キエフ1月蜂起
File:Arsenal Uprising monument.jpg 300px thumb マリインスキー宮殿_(キエフ) マリインスキー公園にある1月蜂起の記念碑
File:Kiev_Arsenal_7.jpg 200px thumb アルセナール工場(2007年)
1917年12月17日に開戦されたウクライナ・ソビエト戦争 ウクライナ・ソヴィエト戦争において、ボリシェヴィキはウクライナ人の農民や労働者の煽動や懐柔を行いながら破竹の勢いでウクライナを進軍した。ミハイール・ムラヴィヨーフの指揮下のキエフ攻略部隊は、1月にはウクライナ人民共和国の首都キエフにまで達した。赤軍はキエフ郊外で行われたクルートィの戦いでウクライナ人民共和国軍に対し決定的な勝利をおさめた。対するウクライナ中央ラーダ政府も必死の抵抗試み、市内では激しい市街戦が行われた。
(Wikipedia:キエフ1月蜂起)

キエフ級航空巡洋艦
キエフ級航空母艦(-きゅうこうくうぼかん、英語: Kiev-class aircraft carrier)は、は、ソビエト連邦海軍が運用していた重航空巡洋艦(TAvKR)の艦級。旧ソ連海軍での正式名は1143型重航空巡洋艦(露: Тяжёлые авианесущие крейсеры проекта 1143)で、計画名は「クレチェト」(露: «Кречет»、「ハヤブサ」の意)。 ソ連初の実用艦上機であるYak-38を搭載しており、イギリス海軍のインヴィンシブル級航空母艦とともに、近代的な軽空母の先駆者として高く評価されている。本項では、改設計型の11433型、および11434型までを一括して扱う。 1960年代、旧ソ連海軍では、地中海などの遠隔海域において北大西洋条約機構(NATO)軍の潜水艦発射弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)による戦略パトロールに対抗するため、多数の哨戒ヘリコプターを集中運用できる1123型対潜巡洋艦(モスクワ級)2隻が就役していた。 (Wikipedia:キエフ級航空巡洋艦)

キエフ級
『キエフ級航空巡洋艦』より : キエフ級航空母艦(-きゅうこうくうぼかん、英語: Kiev-class aircraft carrier)は、は、ソビエト連邦海軍が運用していた重航空巡洋艦(TAvKR)の艦級。旧ソ連海軍での正式名は1143型重航空巡洋艦(露: Тяжёлые авианесущие крейсеры проекта 1143)で、計画名は「クレチェト」(露: «Кречет»、「ハヤブサ」の意)。 ソ連初の実用艦上機であるYak-38を搭載しており、イギリス海軍のインヴィンシブル級航空母艦とともに、近代的な軽空母の先駆者として高く評価されている。本項では、改設計型の11433型、および11434型までを一括して扱う。 1960年代、旧ソ連海軍では、地中海などの遠隔海域において北大西洋条約機構(NATO)軍の潜水艦発射弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)による戦略パトロールに対抗するため、多数の哨戒ヘリコプターを集中運用できる1123型対潜巡洋艦(モスクワ級)2隻が就役していた。 (Wikipedia:キエフ級)

キエフ市電
キエフ市電(ウクライナ語:Київський Трамвайクィーイィヴスィクィイ・トラムヴァーイ)は、ウクライナの首都キエフ市街を走る路面電車(トラム)である。 ロシア帝国時代に建設された同国最初の市電で、ベルリン、ブダペストの市電に続いてヨーロッパで3番目に設立された市電であった。ソ連時代を経てウクライナの独立後は、同国で運行が続けられている。現在は、キエフの旧市街の路線に加えて新市街を走る路線も運行されている。双方は、ドニエプル川を挟んで接続されていない。旧市街路線は13、新市街路線は11のターミナル駅を持つ。路線は35ある。 操業距離:1978年開設した14 kmのライトレールを含む139.9 km 1886年までに馬車軌道の計画が上がる 1891年7月30日、馬車軌道が開業、皇帝広場(Царская плоащ、今の欧州広場)と、デミイウカ広場を走る 間もなく、蒸気式軌道を導入 1892年3月3日、路面電車を導入 1895年、馬車軌道の運行終了 1904年、蒸気機関軌道の運行終了 1978年、ライトレール開業 過去・現在の車輌 参照 Anisimov, Aleksandr (2002). Kiev and Kievans. Kurch. pp. 88-89. ISBN 9669612012. 外部リンク In memory of Kiev Trams, by Stefan Mashkevich Article in Autocentre magazine Article in Zerkalo Nedeli Newspaper。 (Wikipedia:キエフ市電)

キエフ・トラム
『キエフ市電』より : キエフ市電(ウクライナ語:Київський Трамвайクィーイィヴスィクィイ・トラムヴァーイ)は、ウクライナの首都キエフ市街を走る路面電車(トラム)である。 ロシア帝国時代に建設された同国最初の市電で、ベルリン、ブダペストの市電に続いてヨーロッパで3番目に設立された市電であった。ソ連時代を経てウクライナの独立後は、同国で運行が続けられている。現在は、キエフの旧市街の路線に加えて新市街を走る路線も運行されている。双方は、ドニエプル川を挟んで接続されていない。旧市街路線は13、新市街路線は11のターミナル駅を持つ。路線は35ある。 操業距離:1978年開設した14 kmのライトレールを含む139.9 km 1886年までに馬車軌道の計画が上がる 1891年7月30日、馬車軌道が開業、皇帝広場(Царская плоащ、今の欧州広場)と、デミイウカ広場を走る 間もなく、蒸気式軌道を導入 1892年3月3日、路面電車を導入 1895年、馬車軌道の運行終了 1904年、蒸気機関軌道の運行終了 1978年、ライトレール開業 過去・現在の車輌 参照 Anisimov, Aleksandr (2002). Kiev and Kievans. Kurch. pp. 88-89. ISBN 9669612012. 外部リンク In memory of Kiev Trams, by Stefan Mashkevich Article in Autocentre magazine Article in Zerkalo Nedeli Newspaper。 (Wikipedia:キエフ・トラム)

キエフ路面電車
『キエフ市電』より : キエフ市電(ウクライナ語:Київський Трамвайクィーイィヴスィクィイ・トラムヴァーイ)は、ウクライナの首都キエフ市街を走る路面電車(トラム)である。 ロシア帝国時代に建設された同国最初の市電で、ベルリン、ブダペストの市電に続いてヨーロッパで3番目に設立された市電であった。ソ連時代を経てウクライナの独立後は、同国で運行が続けられている。現在は、キエフの旧市街の路線に加えて新市街を走る路線も運行されている。双方は、ドニエプル川を挟んで接続されていない。旧市街路線は13、新市街路線は11のターミナル駅を持つ。路線は35ある。 操業距離:1978年開設した14 kmのライトレールを含む139.9 km 1886年までに馬車軌道の計画が上がる 1891年7月30日、馬車軌道が開業、皇帝広場(Царская плоащ、今の欧州広場)と、デミイウカ広場を走る 間もなく、蒸気式軌道を導入 1892年3月3日、路面電車を導入 1895年、馬車軌道の運行終了 1904年、蒸気機関軌道の運行終了 1978年、ライトレール開業 過去・現在の車輌 参照 Anisimov, Aleksandr (2002). Kiev and Kievans. Kurch. pp. 88-89. ISBN 9669612012. 外部リンク In memory of Kiev Trams, by Stefan Mashkevich Article in Autocentre magazine Article in Zerkalo Nedeli Newspaper。 (Wikipedia:キエフ路面電車)

キエフ市街電車
『キエフ市電』より : キエフ市電(ウクライナ語:Київський Трамвайクィーイィヴスィクィイ・トラムヴァーイ)は、ウクライナの首都キエフ市街を走る路面電車(トラム)である。 ロシア帝国時代に建設された同国最初の市電で、ベルリン、ブダペストの市電に続いてヨーロッパで3番目に設立された市電であった。ソ連時代を経てウクライナの独立後は、同国で運行が続けられている。現在は、キエフの旧市街の路線に加えて新市街を走る路線も運行されている。双方は、ドニエプル川を挟んで接続されていない。旧市街路線は13、新市街路線は11のターミナル駅を持つ。路線は35ある。 操業距離:1978年開設した14 kmのライトレールを含む139.9 km 1886年までに馬車軌道の計画が上がる 1891年7月30日、馬車軌道が開業、皇帝広場(Царская плоащ、今の欧州広場)と、デミイウカ広場を走る 間もなく、蒸気式軌道を導入 1892年3月3日、路面電車を導入 1895年、馬車軌道の運行終了 1904年、蒸気機関軌道の運行終了 1978年、ライトレール開業 過去・現在の車輌 参照 Anisimov, Aleksandr (2002). Kiev and Kievans. Kurch. pp. 88-89. ISBN 9669612012. 外部リンク In memory of Kiev Trams, by Stefan Mashkevich Article in Autocentre magazine Article in Zerkalo Nedeli Newspaper。 (Wikipedia:キエフ市街電車)

キエフ旅客駅
キエフ旅客駅(ウクライナ語:"Київ-Пасажирський"クィーイィヴ・パサジールスィクィイ)は、ウクライナ鉄道・南西鉄道の主要ターミナル駅である。ウクライナの首都キエフ中心部に近い北緯50度26分26秒東経30度29分22秒に位置している。通常はたんに「ターミナル」と呼ばれるが、「キエフ・パス」(Київ-Пас)という略称も用いられている。 キエフの鉄道駅は、古く1868年から1870年の間に建設された。キエフ・バールタおよびキエフ・クールスク間の鉄道の中間駅として、1870年に竣工した。駅は、ルィビヂ川によって形成された丘陵地帯の上に位置している。煉瓦造りの駅は、M・V・ヴィシュネヴェーツキイの設計により古イギリス・ゴシック様式で作られていた。 駅は、1927年から1932年の間に新しく建て直された。デザインはO・ヴェルブィーツキイによってなされ、伝統的なウクライナ・バロック様式にロシア構成主義の要素が融合されたものが採用された。 (Wikipedia:キエフ旅客駅)

キエフ大学
キエフ大学(ウクライナ語:Київський національний університет імені Тараса Шевченка)は、ウクライナの国立大学である。1834年に創設された14学部の大学で、キャンパスはウクライナの首都キエフに所在する。 キエフ大学の前身は、1632年、ウクライナ・コサックの全盛時代に設立されたキエフ・モヒラ・アカデミーに遡る。 キエフ大学は1834年に62人の学生と共に始まった。学部は哲学部だけで、歴史・文献学科と、物理・数学科があった。1835年と1847年に法学部、医学部が新たに加わり、その後に哲学部は歴史・文献学部と、自然科学部に分かれた。1920年代まで新しい学部は加わっていない。 1917年に始まったウクライナ・ソヴィエト戦争では、多くの在学生がウクライナに侵略したボリシェヴィキ軍と戦い、命を落とした。特に、1918年1月29日に発生したクルーティ駅の戦いにおける学生部隊の悲劇は、現在でも追悼行事が行われている。 (Wikipedia:キエフ大学)

キエフ国立大学
『キエフ大学』より : キエフ大学(ウクライナ語:Київський національний університет імені Тараса Шевченка)は、ウクライナの国立大学である。1834年に創設された14学部の大学で、キャンパスはウクライナの首都キエフに所在する。 キエフ大学の前身は、1632年、ウクライナ・コサックの全盛時代に設立されたキエフ・モヒラ・アカデミーに遡る。 キエフ大学は1834年に62人の学生と共に始まった。学部は哲学部だけで、歴史・文献学科と、物理・数学科があった。1835年と1847年に法学部、医学部が新たに加わり、その後に哲学部は歴史・文献学部と、自然科学部に分かれた。1920年代まで新しい学部は加わっていない。 1917年に始まったウクライナ・ソヴィエト戦争では、多くの在学生がウクライナに侵略したボリシェヴィキ軍と戦い、命を落とした。特に、1918年1月29日に発生したクルーティ駅の戦いにおける学生部隊の悲劇は、現在でも追悼行事が行われている。 (Wikipedia:キエフ国立大学)


キエフ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す