[PR]

日別キーワード

第1位  加古川市 - 2019年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



加古川市
加古川市(かこがわし)は、兵庫県の市。特例市に指定されており、東播磨地方の中核都市として機能している。兵庫県東播磨県民局に区分されている。 兵庫県の播磨地方の東側に位置している。『人国記』には、「播磨の風俗智恵有て義理を不知、親は子をたばかり、子は親をだしぬき、主は被官に領地を鮮く与へて好き人を堀し出し度と志し…」と播州人は悪賢いという内容の記述がある。加古川市はその播州地方の東側の中核をなす市である。 毎年11月には市内を練り歩き、散歩することの楽しさの発見、人的交流や健康促進を意図した企画「加古川ツーデーマーチ」が開催され、最大40kmの道程を踏破するために全国から多数の参加者がやって来る。同様の行事を実施している自治体は現在のところ全国に10数箇所のみである。加古川の名物に「かつめし」と「鹿児のもち」がある。 JR西日本の山陽本線(JR神戸線)と加古川線、そして山陽電鉄の本線が通っている。市街地は加古川町一帯(JR加古川駅周辺)、平岡町一帯(JR東加古川駅周辺)、別府町一帯(山陽別府駅周辺)に発展しており、人口も3町中心とする南部に集中。 (Wikipedia:加古川市)

加古川市立浜の宮中学校
加古川市立浜の宮中学校(かこがわしりつはまのみやちゅうがっこう)は兵庫県加古川市別府町新野辺にある公立中学校である。全校生徒は約900名(2008年度)。 沿革 1947年4月 - 尾上村立尾上中学校・別府町立別府中学校創立 1947年6月 - 加古郡学校組合立浜の宮中学校創立。尾上中学校・別府中学校を分校とする。 1947年10月 - 統合し現在地に移転 1948年12月 - 校章制定 1950年6月 - 尾上村を合併しての加古川市制により従前の学校組合を廃止、加古川市外1か町学校組合立浜の宮中学校を設置 1951年9月 - 別府町・加古川市合併により学校組合廃止 1951年10月 - 加古川市立浜の宮中学校に改称 1966年9月 - プール完成 1976年8月 - 南校舎完成 1982年3月 - 柔剣道場完成 1985年4月 - 別府中学校を分離開校。 (Wikipedia:加古川市立浜の宮中学校)

加古川市尾上町
『尾上町 (加古川市)』より : 尾上町(おのえちょう)は兵庫県加古川市南西部にある地名、本項では同一地域に所在した加古郡尾上村(おのえむら)についても記す。 2006年現在では尾上町旭1-3丁目、尾上町池田、尾上町今福、尾上町口里、尾上町長田、尾上町安田、尾上町養田、尾上町養田1-3丁目よりなる。 隣の別府町と合わせて浜手地区と呼称することがある。 地理 加古川左岸の河口部にある。地域の東部には別府川が流れる。南側は神戸製鋼所加古川製鉄所であり、煤煙被害が起きているという[1]。東部のかなり広い範囲を浜の宮公園が占める。 1889年: 町村制施行により、長田村、口里村、池田村、安田村、今福村、養田村が合併して加古郡尾上村が発足。 1913年: 播州鉄道(のちの国鉄高砂線)が開通し当地を通る。 1923年: 当地を通る神戸姫路電気鉄道(現在の山陽電気鉄道)が開通し、浜の宮駅と尾上の松駅が同時に開業。 1937年から1938年ごろに、加古川飛行場という日本軍の飛行場が建設されている。 (Wikipedia:加古川市尾上町)

加古川市立陵北小学校
加古川市立陵北小学校(かこがわしりつ りょうほくしょうがっこう)は、兵庫県加古川市新神野に位置する公立の小学校である。 進路 主に加古川市立山手中学校へ進学する。 近隣 西条古墳群 西条廃寺跡 アクセス JR西日本加古川線神野駅徒歩5分 関連項目 兵庫県小学校一覧 加古川市立神野小学校 加古川市立山手中学校。 (Wikipedia:加古川市立陵北小学校)

加古川市立浜の宮小学校
加古川市立浜の宮小学校(かこがわしりつ はまのみやしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。浜の宮公園に隣接し、周囲を松原が囲む。 創立 - 1972年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町口里770-37 校区 - 尾上町口里、尾上町池田(一部)、別府町新野辺(一部) 沿革 1972年7月 - 尾上小学校から校区を分割して創立 創立後しばらくは尾上小学校の教室を間借りしていた。 教育 校区外には児童だけで行かないように指導している。 プールが校内にないため、水泳の授業では近隣にある浜の宮市民プールの25mプールを借りている。 校長室にある学校建設前の完成予想図から、当初は校庭にプールを作る予定があったことがわかる。 児童会で募金活動を行うなど、人権教育に積極的である。 行事 浜っ子ワールドカップ 1年生と6年生、2年生と4年生、3年生と5年生がペアを組む。 = ルール = 1組、2組、3組に分かれて行う。 1位5点、2位3点、3位0点という採点である。 (Wikipedia:加古川市立浜の宮小学校)

加古川市ゾーンバス
加古川市ゾーンバス(通称かこバス)は、兵庫県加古川市で運行しているコミュニティバス。神姫バス加古川営業所(加古川南出張所)が運行を委託されている。 2003年(平成15年)10月 - 運行開始。 2006年(平成18年)10月25日 - JR加古川駅北口から尾上町池田地区を結ぶ新規路線が開業。 2011年(平成23年)10月15日 - 別府ルート、鳩里・尾上ルートでルートを変更。全路線が加古川駅南口発着となる。2007年2月現在、運行路線は比較的都市化の進んだ南部に集中しており、自家用車を所有していない場合、生活を営む上でやや不便なことが多い北部地域における新規路線開通を望む声も多い。現段階では、西部市街地(加古川)と東部市街地(東加古川)を容易に行き来できる交通手段の一つである。 料金 大人:200円(運行距離2km以内は100円) 小児:100円(運行距離2km以内は50円) 障害者は手帳提示で半額となる。 (Wikipedia:加古川市ゾーンバス)

加古川市立神吉中学校
加古川市立神吉中学校(かこがわしりつかんきちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市に所在する公立中学校である。現在の生徒数は3学年あわせて約650人。
1975年4月1日 開校。1年生のみの中学校としてスタートした。
:それまで当地在住の中学生は高砂市立宝殿中学校 加古川市高砂市組合立宝殿中学校へ通学していた。
1977年4月7日 第3回入学式を挙行。3学年がそろう。
1977年10月1日 創立記念式・創立記念運動会を挙行。校歌制定披露(作詞・長谷川節夫校長、作曲・川中正能教諭)。
1983年3月3日 柔剣道場竣工。
1990年7月30日 パソコン教室設置。
2000年4月13日 若草学級(加古川市民病院院内学級)開級式。
2005年4月5日 肢体不自由学級新設に伴うバリアフリー工事完成。
(Wikipedia:加古川市立神吉中学校)

加古川市立平岡中学校
校名=加古川市立平岡中学校
国公私立=公立学校
設置者=加古川市
校訓=自立・友愛
設立年月日=1972年4月
共学・別学=男女共学
学期=3学期制
郵便番号=675-0101
所在地=兵庫県加古川市平岡町新在家1801
電話番号=079-423-2376
FAX番号=079-423-2307
加古川市立平岡中学校(かこがわしりつひらおかちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立の中学校である。生徒数は合計22クラス735名(平成19年現在)。「自立・友愛」を校訓に掲げ、挨拶運動など積極的に取り組んでいる。
1972年4月 創立。平岡小学校の敷地を間借りしてプレハブを建て、しばらく仮校舎とする
1972年12月 新校舎完成。翌年1月に仮校舎から移転
1973年3月 運動場完成
1973年5月 校旗・校章制定
: デザインは山本嘉彦氏
(Wikipedia:加古川市立平岡中学校)

加古川市立尾上小学校
加古川市立尾上小学校(かこがわしりつ おのえしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。 日本一のマンモス校として有名になった過去があり、当時全児童が約3,000人いた。加古川市内最大の運動場がある。 創立 - 1876年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町長田519 校区 - 尾上町長田、尾上町池田、尾上町安田 沿革 1876年10月 - 加古郡尾上村内にあった3つの小学校を合併して尾上小学校創立 1887年4月 - 尾上簡易小学校に改称 1891年4月 - 尾上尋常小学校に改称 1935年2月 - 旧講堂が完成 1941年4月 - 尾上国民学校に改称 1947年4月 - 尾上村立尾上小学校に改称 1950年6月 - 市制により加古川市立尾上小学校に改称 1971年7月 - プールが完成 1972年7月 - 浜の宮小学校と分離 1974年3月 - 体育館が完成 1988年4月 - 若宮小学校と分離 近隣 尾上神社 関連項目 兵庫県小学校一覧 外部リンク 加古川市立尾上小学校。 (Wikipedia:加古川市立尾上小学校)

加古川市立若宮小学校
加古川市立若宮小学校(かこがわしりつ わかみやしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。 創立 - 1988年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町養田218 校区 - 尾上町養田、尾上町今福 沿革 1988年4月 - 尾上小学校から校区を分離して創立 教育、エピソードなど 立地は浜手地区にあたる。 ごく少数であるが、別府町新野辺など校区外から通う児童もいる。 関連項目 兵庫県小学校一覧 外部リンク 加古川市立若宮小学校。 (Wikipedia:加古川市立若宮小学校)

加古川市立中部中学校
加古川市立中部中学校(かこがわしりつちゅうぶちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市に位置する中学校。 学区は野口小学校と野口南小学校。学区域はマンションなどが林立する住宅街である。特に部活動が盛ん。女子卓球部は強豪で、全国大会への出場回数も多い。また、平成22年度総体では、水泳部・バドミントン部・女子ソフトテニス部・男子バレーボール部・男子卓球部・女子卓球部の計6つの部活が市内優勝を果たした。 沿革 経緯 加古川市立中部中学校は、第二次世界大戦降伏後の学制改革によって、兵庫県加古郡学校組合立中部中学校として設立された。1950年、加古川市立中部中学校と改められた。 年表 1947年4月22日 - 兵庫県加古郡学校組合立中部中学校創立。平岡村立平岡小学校(現加古川市立平岡小学校)に併設、野口村野口小学校(現加古川市立野口小学校)に分校設置。 1950年6月15日 - 加古川市立中部中学校と校名変更。 1952年9月30日 - 校旗新調 (5周年記念育友会寄贈) 1957年8月12日 - 第3校舎焼失 (講堂、音楽室、理科室、理科準備室、倉庫) 1957年10月15日 - 中学校創立10周年記念行事挙行。 (Wikipedia:加古川市立中部中学校)

加古川市警察
加古川市警察(かこがわしけいさつ)は、かつて存在した兵庫県加古川市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
旧警察法施行で、従来の兵庫県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に加古川市警察署が設置された。3年後の1951年(昭和26年)に加古川市警察本部を設置した。
その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法が全面改正される形で警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として兵庫県警察 兵庫県警察本部が発足。加古川市警察も兵庫県警察に統合され、姿を消した。
1951年(昭和26年)時点
総務課
警備課
捜査課
警ら交通課
1951年(昭和26年)時点
加古川警察署
別府警察署
旧警察法
自治体警察 (旧警察法)
(Wikipedia:加古川市警察)

加古川市立陵南中学校
加古川市立陵南中学校(かこがわしりつ りょうなんちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市野口町水足にある公立中学校。名前の由来は、日岡陵の南に位置することから。 学区 学区は、加古川市立野口北小学校の児童全員と、加古川市立神野小学校の児童約半数が対象。 沿革 1986年4月1日 - 近隣の加古川市立中部中学校・山手中学校の生徒数増加に伴い創立。 部活動 運動部剣道部 ソフトテニス部(男女) ソフトボール部 卓球部(男女) バスケットボール部(男女) バレーボール部 野球部 陸上競技部 1986年(昭和61年) 近畿駅伝競走大会 男子:優勝 女子:3位 1987年(昭和62年) 近畿駅伝競走大会 男子:4位 女子:4位 1988年(昭和63年) 近畿駅伝競走大会 女子:準優勝 1991年(平成3年) 近畿駅伝競走大会 男子:準優勝 1992年(平成4年) 近畿駅伝競走大会 男子:優勝 1993年(平成5年) 第1回全国中学校駅伝大会 男子:優勝 1994年(平成6年) 第2回全国中学校駅伝大会 男子:優勝 1996年(平成8年) 近畿駅伝競走大会 男子:3位 女子:5位 1996年(平成8年) 第36回JC駅伝競走大会 男女混合:優勝 1997年(平成9年) 第46回聖徳太子奉賛中学校駅伝競走大会 男子:優勝 2013年(平成25年) 第53回JC駅伝競走大会 男女混合:2位 2014年(平成26年) 第11回加古川駅伝競走大会 男子:2位 2014年(平成26年) 第12回兵庫県中学校新人駅伝競走大会 男子:5位 2014年(平成26年) 近畿駅伝競走大会 男子:4位 2014年(平成26年) 第54回JC駅伝競走大会 男女混合:優勝 2015年(平成27年) 第12回加古川駅伝競走大会 男子:優勝 2015年(平成27年) 第64回聖徳太子奉賛中学校駅伝競走大会 男子:優勝 2015年(平成27年) 第13回兵庫県中学校新人駅伝競走大会 男子:優勝文化部家庭科部 吹奏楽部 図書部 放送部 美術部 近隣 企業・工場 SRIハイブリッド 加古川工場 NTTコムウェア・ビリングソリューション 関西センター M&D建材 西日本支店 シスメックス 加古川工場 日本精化 加古川西工場、加古川東工場 ハリマ食品 加古川工場 ハリマ化成 加古川製造所、中央研究所 本州製罐 兵庫工場 丸大運送店 加古川営業所 メイショク 加古川工場病院 にしお歯科 東加古川病院公共施設 加古川刑務所 加古川市環境美化センター神社・仏閣 横蔵寺 若宮神社店舗 ガスト 加古川水足店 ナフコ 加古川店 マックスバリュ 水足店その他 加古川野口団地 日岡山公園 アクセス JR山陽本線、東加古川駅下車、徒歩28分。 (Wikipedia:加古川市立陵南中学校)


加古川市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  八幡神社 - 2019年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



八幡神社
『八幡神』より : 八幡宮(はちまんぐう)は、八幡神を祭神とする神社。八幡神社、八幡社、八幡さまとも表記・呼称される。 全国に約44,000社あり、大分県宇佐市の宇佐神宮を総本社とする。 八幡宮の起源は福岡県飯塚市の大分八幡宮とされ、そこから宇佐神宮や筥崎宮が分霊されていった。 近代社格制度においては宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮、鹿児島神宮の四社が官幣大社の社格に列し、特に宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮(※また近年は筥崎宮に代えて、鶴岡八幡宮)の三社が日本三大八幡宮とされる。 大分八幡宮、千栗八幡宮、藤崎八旛宮、鹿児島神宮、新田神社の五社は九州五所別宮や宇佐八幡宮五所別、石清水五所別宮、八幡五所別宮などとも呼ばれ、承平天慶の乱の平定を願い宇佐神宮、石清水八幡宮から勧請した。 主な神社の一覧 Category:八幡宮も参照。 北海道 函館八幡宮(函館市) - 旧国幣中社 亀田八幡宮(函館市) 室蘭八幡宮(室蘭市) 西岡八幡宮(札幌市豊平区) 白老八幡神社(白老郡白老町) 東山神社(富良野市) 和田神社(根室市東和田) 花岡神社(札幌市南区) 厚岸真龍神社(厚岸郡厚岸町) 東北地方 青森県 弘前八幡宮(弘前市) 中里八幡宮(北津軽郡中泊町深郷田字富森) 櫛引八幡宮(八戸市大字八幡字八幡丁) 岩手県 盛岡八幡宮(盛岡市) - 旧県社 山田八幡宮(山田町) 八幡神社 (一関市)(一関市) 軽米八幡宮(軽米町) 宮城県 大崎八幡宮(仙台市青葉区) 亀岡八幡宮(仙台市青葉区) 屯岡八幡宮(栗原郡栗駒町) 上山八幡宮(本吉郡南三陸町) 舞台八幡神社(仙台市太白区) 生出森八幡神社(仙台市太白区) 坪沼八幡神社(仙台市太白区) 秋田県 日吉八幡神社(秋田市) - 旧県社 金澤八幡宮(横手市) - 旧県社 神宮寺八幡神社(大仙市) - 旧郷社 大館八幡神社(大館市) 山形県 六椹八幡宮(山形市) 寒河江八幡宮(寒河江市) - 旧県社 谷地八幡宮(西村山郡河北町) - 旧県社 鮎貝八幡宮(西置賜郡白鷹町) - 旧県社 烏帽子山八幡宮(南陽市) 八幡神社 (酒田市)(酒田市) 八幡神社 (村山市)(村山市楯岡馬場) 福島県 飯野八幡宮(いわき市) 心清水八幡神社(河沼郡会津坂下町) 関東地方 茨城県 若宮八幡宮(常陸太田市) 馬場八幡宮(常陸太田市) 安良川八幡宮(高萩市安良川) 水戸八幡宮(水戸市八幡町) 大宝八幡宮(下妻市大宝) 鶴峯八幡神社(古河市中田) 八幡神社(古河市本町(八幡町)) 八幡神社(古河市本町(北新町)/諏訪八幡宮) 八幡神社(古河市宮前町/下宮八幡宮) 栃木県 薬師寺八幡宮(下野市薬師寺) 下野國一社八幡宮(足利市八幡町) 塩原八幡宮(那須塩原市中塩原) 宮原八幡宮(那須烏山市宮原) 塙田八幡宮(宇都宮市塙田) 中村八幡宮(真岡市中) 樺崎八幡宮(足利市樺崎町) 亀岡八幡宮(芳賀郡益子町小宅) 長沼八幡宮(芳賀郡二宮町長沼) 間々田八幡宮(小山市間々田) 白鳥八幡宮(小山市白鳥) 部屋八幡宮(栃木市藤岡町藤岡町部屋) 群馬県 山名八幡宮(高崎市) 玉村八幡宮(佐波郡玉村町) 上野國一社八幡宮(高崎市八幡町) 渋川八幡宮((渋川市) 埼玉県 御嶽八幡神社(飯能市) 春日部八幡神社(春日部市) 諏訪八幡神社(飯能市) 白岡八幡宮(白岡市白岡) 八幡神社(深谷市上野台) 八幡神社(飯能市八幡町) 八幡大神社(秩父郡皆野町) 川越八幡宮(川越市) 鶴ヶ丸八幡神社(川口市芝) 千葉県 飯香岡八幡宮(市原市) - 旧県社。 (Wikipedia:八幡神社)

八幡神社 (白井市復)
名称=八幡神社
所在地=千葉市白井市復1052
創建=慶長元年
社格=村社
神紋=左三ツ巴
祭神=応神天皇
本殿=流造り
八幡神社(はちまんじんじゃ)は、千葉県白井市復にある神社である。社格は旧村社。
応神天皇
由緒書には鎮座不詳とされ、建立は1761年(宝暦11年)ではないかとされている。
葛飾郡
下総国
白井市
八幡神
白井市の神社
(Wikipedia:八幡神社 (白井市復))


八幡神社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  スギ薬局 - 2019年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



スギ薬局
株式会社スギ薬局(スギやっきょく)は、愛知県安城市に本部を置く、日本の薬局・ドラッグストアチェーン。業界第2位。現在の法人は、スギホールディングス株式会社(旧株式会社スギ薬局)の子会社。 他のドラッグストアと同様に薬だけではなく、化粧品・日用品・食品・アルコール飲料なども取り扱っている。また、一部の店舗では無菌製剤室も備えている。店名は、調剤を行っている店舗は「スギ薬局」調剤を行っていない店舗は「スギドラッグ」「ドラッグスギ」として区別できる。但し、薬局であっても全店で処方箋を受け付けているわけではなく、設備はあっても調剤していない店舗もある。もちろん、処方箋による調剤を行っている店舗や調剤を行っていない店舗でも薬剤師が常駐している店舗では、薬剤師による販売を義務付けている第一類医薬品の取扱いのある店舗がある。また、「ドラッグスギ」は関東地盤である飯塚薬品の店舗を改名したものである。 社名の“スギ”は、創業者の苗字の「杉浦」と「杉の木」から採用した。コーポレートコピーは「ちゃんとあなたと関係したい」。 なお、似た名称で同じドラッグストア業態のスギヤマ薬品、また創業者と同姓の杉浦薬品があるが、両者とスギ薬局との資本的・人的関係は全くない。 (Wikipedia:スギ薬局)


スギ薬局 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ヘレン・ケラー - 2019年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヘレン・ケラー
ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。 視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。 1880年6月27日、アメリカ合衆国のアラバマ州タスカンビアで誕生。父のアーサー・ケラーはスイスから移住したドイツ系の地主の息子で、アーサーの母は南軍の総司令官、ロバート・E・リーとはまたいとこの関係にあり、アーサーもまた南北戦争当時南軍大尉でドイツ系アメリカ人である。母のケイト・アダムス・ケラーも父のチャールズ・アダムスが南軍の准将であり、両親ともに南部の名家の出身である。兄弟は異母兄が2人、のちに同母妹のミルドレッドを持つ。 1882年、2歳(生後19か月)の時に(現在ではしょう紅熱と考えられている)高熱に伴う髄膜炎に罹患する。医師と家族の懸命な治療により、かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえ出来なくなった。 (Wikipedia:ヘレン・ケラー)


ヘレン・ケラー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  聖教新聞 - 2019年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



聖教新聞
聖教新聞(せいきょうしんぶん)は、聖教新聞社が発行する新宗教団体・創価学会の日刊機関紙である。1951年(昭和26年)4月20日創刊。 朝刊のみの発行。夕刊は発行していない。発行部数は公称550万部。「聖教」は釈迦の説いた一代聖教に由来する。同紙を出版している聖教新聞社は、宗教法人創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、法人格がない。 また聖教新聞は日本新聞協会および日本ABC協会に加盟していない。公称発行部数は1990年代から2006年まで「550万部」となっているが、これは聖教新聞社の発表によるものである。 1951年(昭和26年)4月20日 - 創刊。旬刊2面、発行部数は5000部。 1953年(昭和28年)9月6日 - 週刊化。 1955年(昭和30年)6月1日 - 販売店、配達員制度が始まる。 1957年(昭和32年)8月2日 - 紙面が8面になる。 1960年(昭和35年)9月3日 - 週2回刊化。 1962年(昭和37年)1月1日 - 週3回刊化。 1965年(昭和40年)1月1日 - 池田大作の小説『人間革命』が連載開始。 (Wikipedia:聖教新聞)

聖教新聞社
『聖教新聞』より : 聖教新聞社(せいきょうしんぶんしゃ)は、宗教法人創価学会の出版部門である。創価学会の機関紙である『聖教新聞』の発行などを手がけている。聖教新聞社は第三文明社とは違い株式会社などの法人格を取得しておらず、創価学会から独立していない。 コーポレート・メッセージは「言葉と、生きていく。SEIKYO SHIMBUN」。 沿革 1951年 - 『聖教新聞』創刊 1959年 - 『聖教グラフ』(現・『グラフSGI』)創刊 1965年 - 『聖教新聞』が日刊化 1970年 - 本社ビル落成 2004年 - ISO 14001取得 発行している新聞・雑誌 新聞 聖教新聞(日刊) 創価新報(月2回発刊、青年部向け) 小学生文化新聞 中学生文化新聞 高校新報 少年少女きぼう新聞(月刊、少年少女部向け) 未来ジャーナル(月刊、中等部・高等部向け) 雑誌 大白蓮華(月刊) グラフSGI(月刊) 関連項目 公明新聞 第三文明社 潮出版社 東日印刷 機関紙 天理教道友社 天理時報社 外部リンク SEIKYO online - 聖教新聞社の公式サイト。 (Wikipedia:聖教新聞社)


聖教新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す