[PR]

日別キーワード

第1位  JANコード - 2019年02月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



JANコード
EANコード(イアンコード、European Article Number)は、商品識別コードおよびバーコード規格のひとつ。日本の規格は「JANコード」(Japanese Article Number)と呼ばれる。 日本で最も普及している商品識別コードであり、EANコードから生成されたバーコードシンボルは市販される多くの商品に印刷または貼付されており(ソースマーキング)、POSシステムや在庫管理、受発注システム(サプライチェーン・マネジメント)などで価格や商品名を検索するためのキーとして使われる。また、EANコードの前に1桁あるいは拡張型として0で始まる3桁の物流識別用の数字を付加したものは集合包装用コード、あるいはバーコードシンボルの体系をそのまま呼称に利用して、ITFコードと呼ばれる(正確にはチェックディジット部は元のEANコードとは異なったものとなる)。 (Wikipedia:JANコード)


JANコード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  SGI - 2019年02月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



SGI
SGI シリコングラフィックス(Silicon Graphics International Corp.) 同社の商品である「SGIワークステーション」 同社の日本法人である日本SGI株式会社 サルゴダ空港のIATA空港コード。 創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International)。 (Wikipedia:SGI)

SGI Japan
『日本SGI』より : 日本SGI株式会社は、米Silicon Graphics International Corp. (SGI) の日本法人で、コンピュータやこれに関連するサービスに関する事業を行う株式会社である。 1987年日本国内での米Silicon Graphics, Inc.製品の販売は、1984年より住商エレクトロニクス株式会社が国内総代理店として販売を行っていたが、1987年に米Silicon Graphics, Inc.の100%子会社として日本シリコングラフィックスが設立し、本格的な国内販売を開始した。 1997年日本クレイと合併し、日本シリコングラフィックス・クレイ株式会社へ社名変更。クレイとの合併後、それまでグラフィックス市場中心のビジネス展開だけであったが、大型並列計算機を中心とする科学技術計算分野へのビジネス展開も開始される。実際にはクレイの市場を引継ぎ、自動車産業での解析系サーバまたは官公庁市場での解析分野・シミュレーション分野へ販売展開を開始した。 (Wikipedia:SGI Japan)


SGI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ワニブックス - 2019年02月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



ワニブックス
株式会社ワニブックスは、日本の出版社。 1979年11月にKKベストセラーズから分離独立した。株式会社ワニマガジン社という似た名前の出版社が新宿区にあり、共にKKベストセラーズから独立した会社であるが、両社に人的・資本関係はない。ちなみに三社とも本を読むワニのイラストがシンボルマークであり、KKベストセラーズから出る一般書は「ワニの本」というシリーズ名がつけられている。 芸能界に広いパイプを持ち、モーニング娘。・ハロー!プロジェクト関連の写真集、書籍は圧倒的な量を誇る。吉本興業関連でも、ダウンタウン、松本人志の番組本を中心に活発であり、麒麟の田村裕による『ホームレス中学生』は発売3カ月で100万部を超える記録的な売り上げを達成。ジャニーズにも強い。最近では韓流ブームにも乗り、「もうひとつの冬のソナタ」は好調な売り上げ。コミック分野でも「まほろまてぃっく」などのヒット作を持つ。 雑誌 Wink Up UP to boy COOLTRANS Comic Gum マンスリーよしもとPLUS お笑い男子校主にアイドル雑誌や写真集等を出版。 (Wikipedia:ワニブックス)


ワニブックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  楽天ブックス - 2019年02月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



楽天ブックス
楽天ブックス(らくてんブックス、Rakuten books)とは、楽天株式会社が運営するインターネット書店である。書籍、CD、DVD、BD、ゲームソフトなどの販売・予約を行っている。 以前は、楽天ブックス株式会社という楽天株式会社の子会社であったが、2007年12月に楽天に吸収合併された。 2000年に楽天と日本出版販売株式会社の折半出資で設立したが、2003年に楽天が日本出版販売の出資分を買い取り、完全子会社化した(業務提携は現在も継続)。その後、2007年12月に、親会社である楽天株式会社に吸収合併されている。 書籍やCD・DVDの購入以外にも、洋書やソフトウェアの購入・予約もできる。 楽天市場内で最も人気がある店で年間ランキングでも1位になったこともある。 倉庫は、埼玉県入間郡三芳町北永井871番地1号の「日本出版販売株式会社 web-bookセンター」の中にある。 同様の企業としてAmazon.co.jp、セブンネットショッピングやビーケーワンなどが挙げられる。 (Wikipedia:楽天ブックス)


楽天ブックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  聖教新聞 - 2019年02月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



聖教新聞
聖教新聞(せいきょうしんぶん)は、聖教新聞社が発行する新宗教団体・創価学会の日刊機関紙である。1951年(昭和26年)4月20日創刊。 朝刊のみの発行。夕刊は発行していない。発行部数は公称550万部。「聖教」は釈迦の説いた一代聖教に由来する。同紙を出版している聖教新聞社は、宗教法人創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、法人格がない。 また聖教新聞は日本新聞協会および日本ABC協会に加盟していない。公称発行部数は1990年代から2006年まで「550万部」となっているが、これは聖教新聞社の発表によるものである。 1951年(昭和26年)4月20日 - 創刊。旬刊2面、発行部数は5000部。 1953年(昭和28年)9月6日 - 週刊化。 1955年(昭和30年)6月1日 - 販売店、配達員制度が始まる。 1957年(昭和32年)8月2日 - 紙面が8面になる。 1960年(昭和35年)9月3日 - 週2回刊化。 1962年(昭和37年)1月1日 - 週3回刊化。 1965年(昭和40年)1月1日 - 池田大作の小説『人間革命』が連載開始。 (Wikipedia:聖教新聞)

聖教新聞社
『聖教新聞』より : 聖教新聞社(せいきょうしんぶんしゃ)は、宗教法人創価学会の出版部門である。創価学会の機関紙である『聖教新聞』の発行などを手がけている。聖教新聞社は第三文明社とは違い株式会社などの法人格を取得しておらず、創価学会から独立していない。 コーポレート・メッセージは「言葉と、生きていく。SEIKYO SHIMBUN」。 沿革 1951年 - 『聖教新聞』創刊 1959年 - 『聖教グラフ』(現・『グラフSGI』)創刊 1965年 - 『聖教新聞』が日刊化 1970年 - 本社ビル落成 2004年 - ISO 14001取得 発行している新聞・雑誌 新聞 聖教新聞(日刊) 創価新報(月2回発刊、青年部向け) 小学生文化新聞 中学生文化新聞 高校新報 少年少女きぼう新聞(月刊、少年少女部向け) 未来ジャーナル(月刊、中等部・高等部向け) 雑誌 大白蓮華(月刊) グラフSGI(月刊) 関連項目 公明新聞 第三文明社 潮出版社 東日印刷 機関紙 天理教道友社 天理時報社 外部リンク SEIKYO online - 聖教新聞社の公式サイト。 (Wikipedia:聖教新聞社)


聖教新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す