[PR]

日別キーワード

第1位  SGI - 2019年02月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



SGI
SGI シリコングラフィックス(Silicon Graphics International Corp.) 同社の商品である「SGIワークステーション」 同社の日本法人である日本SGI株式会社 サルゴダ空港のIATA空港コード。 創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International)。 (Wikipedia:SGI)

SGI Japan
『日本SGI』より : 日本SGI株式会社は、米Silicon Graphics International Corp. (SGI) の日本法人で、コンピュータやこれに関連するサービスに関する事業を行う株式会社である。 1987年日本国内での米Silicon Graphics, Inc.製品の販売は、1984年より住商エレクトロニクス株式会社が国内総代理店として販売を行っていたが、1987年に米Silicon Graphics, Inc.の100%子会社として日本シリコングラフィックスが設立し、本格的な国内販売を開始した。 1997年日本クレイと合併し、日本シリコングラフィックス・クレイ株式会社へ社名変更。クレイとの合併後、それまでグラフィックス市場中心のビジネス展開だけであったが、大型並列計算機を中心とする科学技術計算分野へのビジネス展開も開始される。実際にはクレイの市場を引継ぎ、自動車産業での解析系サーバまたは官公庁市場での解析分野・シミュレーション分野へ販売展開を開始した。 (Wikipedia:SGI Japan)


SGI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  フリーマーケット - 2019年02月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



フリーマーケット
『蚤の市』より : 蚤の市(のみのいち、flea market)は、ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。北米では大規模な倉庫や体育館など屋内で開催されるものもある。出店者は一般家庭や仲間で集まったグループから、古物商や雑貨商の様な事業者まで幅広い。 「蚤の市」flea marketは、フランス語marché aux pucesの訳であり、もともとノミのわいたような古着が主な商品として扱われていたことに由来するとか、ノミのようにどこからともなく人や物がわき出てくる様子を表現したなど言われているが、語源は定かではない。もっとも現在のイギリスやフランスでは身体の血を吸うノミとは関係なく、汚らしい、みすぼらしいといった意味に捉えられている。日本に「蚤の市」という言葉および概念を紹介したのは柔道家の石黒敬七とされる。 同種の市は、日本でも最近はあちこちで催されているが、蚤の市という呼び名は、「蚤」の持っている不潔なイメージから、歴史のある古物市ではガラクタ市、ボロ市(世田谷区など)といった名称が使われ、最近の若者・ファミリー向けの大規模イベントとして開催されるものは、「フリーマーケット」というケースが多い。 (Wikipedia:フリーマーケット)


フリーマーケット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  加古川市 - 2019年02月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



加古川市
加古川市(かこがわし)は、兵庫県の市。特例市に指定されており、東播磨地方の中核都市として機能している。兵庫県東播磨県民局に区分されている。 兵庫県の播磨地方の東側に位置している。『人国記』には、「播磨の風俗智恵有て義理を不知、親は子をたばかり、子は親をだしぬき、主は被官に領地を鮮く与へて好き人を堀し出し度と志し…」と播州人は悪賢いという内容の記述がある。加古川市はその播州地方の東側の中核をなす市である。 毎年11月には市内を練り歩き、散歩することの楽しさの発見、人的交流や健康促進を意図した企画「加古川ツーデーマーチ」が開催され、最大40kmの道程を踏破するために全国から多数の参加者がやって来る。同様の行事を実施している自治体は現在のところ全国に10数箇所のみである。加古川の名物に「かつめし」と「鹿児のもち」がある。 JR西日本の山陽本線(JR神戸線)と加古川線、そして山陽電鉄の本線が通っている。市街地は加古川町一帯(JR加古川駅周辺)、平岡町一帯(JR東加古川駅周辺)、別府町一帯(山陽別府駅周辺)に発展しており、人口も3町中心とする南部に集中。 (Wikipedia:加古川市)

加古川市立浜の宮中学校
加古川市立浜の宮中学校(かこがわしりつはまのみやちゅうがっこう)は兵庫県加古川市別府町新野辺にある公立中学校である。全校生徒は約900名(2008年度)。 沿革 1947年4月 - 尾上村立尾上中学校・別府町立別府中学校創立 1947年6月 - 加古郡学校組合立浜の宮中学校創立。尾上中学校・別府中学校を分校とする。 1947年10月 - 統合し現在地に移転 1948年12月 - 校章制定 1950年6月 - 尾上村を合併しての加古川市制により従前の学校組合を廃止、加古川市外1か町学校組合立浜の宮中学校を設置 1951年9月 - 別府町・加古川市合併により学校組合廃止 1951年10月 - 加古川市立浜の宮中学校に改称 1966年9月 - プール完成 1976年8月 - 南校舎完成 1982年3月 - 柔剣道場完成 1985年4月 - 別府中学校を分離開校。 (Wikipedia:加古川市立浜の宮中学校)

加古川市尾上町
『尾上町 (加古川市)』より : 尾上町(おのえちょう)は兵庫県加古川市南西部にある地名、本項では同一地域に所在した加古郡尾上村(おのえむら)についても記す。 2006年現在では尾上町旭1-3丁目、尾上町池田、尾上町今福、尾上町口里、尾上町長田、尾上町安田、尾上町養田、尾上町養田1-3丁目よりなる。 隣の別府町と合わせて浜手地区と呼称することがある。 地理 加古川左岸の河口部にある。地域の東部には別府川が流れる。南側は神戸製鋼所加古川製鉄所であり、煤煙被害が起きているという[1]。東部のかなり広い範囲を浜の宮公園が占める。 1889年: 町村制施行により、長田村、口里村、池田村、安田村、今福村、養田村が合併して加古郡尾上村が発足。 1913年: 播州鉄道(のちの国鉄高砂線)が開通し当地を通る。 1923年: 当地を通る神戸姫路電気鉄道(現在の山陽電気鉄道)が開通し、浜の宮駅と尾上の松駅が同時に開業。 1937年から1938年ごろに、加古川飛行場という日本軍の飛行場が建設されている。 (Wikipedia:加古川市尾上町)

加古川市立陵北小学校
加古川市立陵北小学校(かこがわしりつ りょうほくしょうがっこう)は、兵庫県加古川市新神野に位置する公立の小学校である。 進路 主に加古川市立山手中学校へ進学する。 近隣 西条古墳群 西条廃寺跡 アクセス JR西日本加古川線神野駅徒歩5分 関連項目 兵庫県小学校一覧 加古川市立神野小学校 加古川市立山手中学校。 (Wikipedia:加古川市立陵北小学校)

加古川市立浜の宮小学校
加古川市立浜の宮小学校(かこがわしりつ はまのみやしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。浜の宮公園に隣接し、周囲を松原が囲む。 創立 - 1972年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町口里770-37 校区 - 尾上町口里、尾上町池田(一部)、別府町新野辺(一部) 沿革 1972年7月 - 尾上小学校から校区を分割して創立 創立後しばらくは尾上小学校の教室を間借りしていた。 教育 校区外には児童だけで行かないように指導している。 プールが校内にないため、水泳の授業では近隣にある浜の宮市民プールの25mプールを借りている。 校長室にある学校建設前の完成予想図から、当初は校庭にプールを作る予定があったことがわかる。 児童会で募金活動を行うなど、人権教育に積極的である。 行事 浜っ子ワールドカップ 1年生と6年生、2年生と4年生、3年生と5年生がペアを組む。 = ルール = 1組、2組、3組に分かれて行う。 1位5点、2位3点、3位0点という採点である。 (Wikipedia:加古川市立浜の宮小学校)

加古川市ゾーンバス
加古川市ゾーンバス(通称かこバス)は、兵庫県加古川市で運行しているコミュニティバス。神姫バス加古川営業所(加古川南出張所)が運行を委託されている。 2003年(平成15年)10月 - 運行開始。 2006年(平成18年)10月25日 - JR加古川駅北口から尾上町池田地区を結ぶ新規路線が開業。 2011年(平成23年)10月15日 - 別府ルート、鳩里・尾上ルートでルートを変更。全路線が加古川駅南口発着となる。2007年2月現在、運行路線は比較的都市化の進んだ南部に集中しており、自家用車を所有していない場合、生活を営む上でやや不便なことが多い北部地域における新規路線開通を望む声も多い。現段階では、西部市街地(加古川)と東部市街地(東加古川)を容易に行き来できる交通手段の一つである。 料金 大人:200円(運行距離2km以内は100円) 小児:100円(運行距離2km以内は50円) 障害者は手帳提示で半額となる。 (Wikipedia:加古川市ゾーンバス)

加古川市立神吉中学校
加古川市立神吉中学校(かこがわしりつかんきちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市に所在する公立中学校である。現在の生徒数は3学年あわせて約650人。
1975年4月1日 開校。1年生のみの中学校としてスタートした。
:それまで当地在住の中学生は高砂市立宝殿中学校 加古川市高砂市組合立宝殿中学校へ通学していた。
1977年4月7日 第3回入学式を挙行。3学年がそろう。
1977年10月1日 創立記念式・創立記念運動会を挙行。校歌制定披露(作詞・長谷川節夫校長、作曲・川中正能教諭)。
1983年3月3日 柔剣道場竣工。
1990年7月30日 パソコン教室設置。
2000年4月13日 若草学級(加古川市民病院院内学級)開級式。
2005年4月5日 肢体不自由学級新設に伴うバリアフリー工事完成。
(Wikipedia:加古川市立神吉中学校)

加古川市立平岡中学校
校名=加古川市立平岡中学校
国公私立=公立学校
設置者=加古川市
校訓=自立・友愛
設立年月日=1972年4月
共学・別学=男女共学
学期=3学期制
郵便番号=675-0101
所在地=兵庫県加古川市平岡町新在家1801
電話番号=079-423-2376
FAX番号=079-423-2307
加古川市立平岡中学校(かこがわしりつひらおかちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立の中学校である。生徒数は合計22クラス735名(平成19年現在)。「自立・友愛」を校訓に掲げ、挨拶運動など積極的に取り組んでいる。
1972年4月 創立。平岡小学校の敷地を間借りしてプレハブを建て、しばらく仮校舎とする
1972年12月 新校舎完成。翌年1月に仮校舎から移転
1973年3月 運動場完成
1973年5月 校旗・校章制定
: デザインは山本嘉彦氏
(Wikipedia:加古川市立平岡中学校)

加古川市立尾上小学校
加古川市立尾上小学校(かこがわしりつ おのえしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。 日本一のマンモス校として有名になった過去があり、当時全児童が約3,000人いた。加古川市内最大の運動場がある。 創立 - 1876年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町長田519 校区 - 尾上町長田、尾上町池田、尾上町安田 沿革 1876年10月 - 加古郡尾上村内にあった3つの小学校を合併して尾上小学校創立 1887年4月 - 尾上簡易小学校に改称 1891年4月 - 尾上尋常小学校に改称 1935年2月 - 旧講堂が完成 1941年4月 - 尾上国民学校に改称 1947年4月 - 尾上村立尾上小学校に改称 1950年6月 - 市制により加古川市立尾上小学校に改称 1971年7月 - プールが完成 1972年7月 - 浜の宮小学校と分離 1974年3月 - 体育館が完成 1988年4月 - 若宮小学校と分離 近隣 尾上神社 関連項目 兵庫県小学校一覧 外部リンク 加古川市立尾上小学校。 (Wikipedia:加古川市立尾上小学校)

加古川市立若宮小学校
加古川市立若宮小学校(かこがわしりつ わかみやしょうがっこう)は、兵庫県加古川市にある公立小学校。 創立 - 1988年 所在地 - 兵庫県加古川市尾上町養田218 校区 - 尾上町養田、尾上町今福 沿革 1988年4月 - 尾上小学校から校区を分離して創立 教育、エピソードなど 立地は浜手地区にあたる。 ごく少数であるが、別府町新野辺など校区外から通う児童もいる。 関連項目 兵庫県小学校一覧 外部リンク 加古川市立若宮小学校。 (Wikipedia:加古川市立若宮小学校)

加古川市立中部中学校
加古川市立中部中学校(かこがわしりつちゅうぶちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市に位置する中学校。 学区は野口小学校と野口南小学校。学区域はマンションなどが林立する住宅街である。特に部活動が盛ん。女子卓球部は強豪で、全国大会への出場回数も多い。また、平成22年度総体では、水泳部・バドミントン部・女子ソフトテニス部・男子バレーボール部・男子卓球部・女子卓球部の計6つの部活が市内優勝を果たした。 沿革 経緯 加古川市立中部中学校は、第二次世界大戦降伏後の学制改革によって、兵庫県加古郡学校組合立中部中学校として設立された。1950年、加古川市立中部中学校と改められた。 年表 1947年4月22日 - 兵庫県加古郡学校組合立中部中学校創立。平岡村立平岡小学校(現加古川市立平岡小学校)に併設、野口村野口小学校(現加古川市立野口小学校)に分校設置。 1950年6月15日 - 加古川市立中部中学校と校名変更。 1952年9月30日 - 校旗新調 (5周年記念育友会寄贈) 1957年8月12日 - 第3校舎焼失 (講堂、音楽室、理科室、理科準備室、倉庫) 1957年10月15日 - 中学校創立10周年記念行事挙行。 (Wikipedia:加古川市立中部中学校)

加古川市警察
加古川市警察(かこがわしけいさつ)は、かつて存在した兵庫県加古川市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
旧警察法施行で、従来の兵庫県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に加古川市警察署が設置された。3年後の1951年(昭和26年)に加古川市警察本部を設置した。
その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法が全面改正される形で警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として兵庫県警察 兵庫県警察本部が発足。加古川市警察も兵庫県警察に統合され、姿を消した。
1951年(昭和26年)時点
総務課
警備課
捜査課
警ら交通課
1951年(昭和26年)時点
加古川警察署
別府警察署
旧警察法
自治体警察 (旧警察法)
(Wikipedia:加古川市警察)

加古川市立陵南中学校
加古川市立陵南中学校(かこがわしりつ りょうなんちゅうがっこう)は、兵庫県加古川市野口町水足にある公立中学校。名前の由来は、日岡陵の南に位置することから。 学区 学区は、加古川市立野口北小学校の児童全員と、加古川市立神野小学校の児童約半数が対象。 沿革 1986年4月1日 - 近隣の加古川市立中部中学校・山手中学校の生徒数増加に伴い創立。 部活動 運動部剣道部 ソフトテニス部(男女) ソフトボール部 卓球部(男女) バスケットボール部(男女) バレーボール部 野球部 陸上競技部 1986年(昭和61年) 近畿駅伝競走大会 男子:優勝 女子:3位 1987年(昭和62年) 近畿駅伝競走大会 男子:4位 女子:4位 1988年(昭和63年) 近畿駅伝競走大会 女子:準優勝 1991年(平成3年) 近畿駅伝競走大会 男子:準優勝 1992年(平成4年) 近畿駅伝競走大会 男子:優勝 1993年(平成5年) 第1回全国中学校駅伝大会 男子:優勝 1994年(平成6年) 第2回全国中学校駅伝大会 男子:優勝 1996年(平成8年) 近畿駅伝競走大会 男子:3位 女子:5位 1996年(平成8年) 第36回JC駅伝競走大会 男女混合:優勝 1997年(平成9年) 第46回聖徳太子奉賛中学校駅伝競走大会 男子:優勝 2013年(平成25年) 第53回JC駅伝競走大会 男女混合:2位 2014年(平成26年) 第11回加古川駅伝競走大会 男子:2位 2014年(平成26年) 第12回兵庫県中学校新人駅伝競走大会 男子:5位 2014年(平成26年) 近畿駅伝競走大会 男子:4位 2014年(平成26年) 第54回JC駅伝競走大会 男女混合:優勝 2015年(平成27年) 第12回加古川駅伝競走大会 男子:優勝 2015年(平成27年) 第64回聖徳太子奉賛中学校駅伝競走大会 男子:優勝 2015年(平成27年) 第13回兵庫県中学校新人駅伝競走大会 男子:優勝文化部家庭科部 吹奏楽部 図書部 放送部 美術部 近隣 企業・工場 SRIハイブリッド 加古川工場 NTTコムウェア・ビリングソリューション 関西センター M&D建材 西日本支店 シスメックス 加古川工場 日本精化 加古川西工場、加古川東工場 ハリマ食品 加古川工場 ハリマ化成 加古川製造所、中央研究所 本州製罐 兵庫工場 丸大運送店 加古川営業所 メイショク 加古川工場病院 にしお歯科 東加古川病院公共施設 加古川刑務所 加古川市環境美化センター神社・仏閣 横蔵寺 若宮神社店舗 ガスト 加古川水足店 ナフコ 加古川店 マックスバリュ 水足店その他 加古川野口団地 日岡山公園 アクセス JR山陽本線、東加古川駅下車、徒歩28分。 (Wikipedia:加古川市立陵南中学校)


加古川市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  加古川町 - 2019年02月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



加古川町
『加古川市』より : 加古川町(かこがわちょう)は、兵庫県加古川市の中心をなす地域である。本項ではかつて同地域に所在した加古郡加古川町(かこがわちょう)についても述べる。 JR神戸線・加古川線の加古川駅と加古川市役所が所在し、その2箇所周辺に官庁・商店が分布している。明姫幹線と国道2号の間は住宅街で、郊外の雰囲気である。加古川町粟津・加古川町稲屋・加古川町大野・加古川町河原・加古川町北在家・加古川町木村・加古川町篠原町・加古川町寺家町・加古川町友沢・加古川町中津・加古川町西河原・加古川町備後・加古川町本町・加古川町溝之口・加古川町南備後・加古川町美乃利の16大字から構成されている。 地理 加古川と別府川に挟まれた平野に位置する。西部とは加古川を挟んで米田町・東神吉町、北西部は平荘町、北東部は神野町、東部は野口町、南部は尾上町と接している。 年表 1887年(明治20年)4月 - 加古・印南両郡聯学区加古川高等小学校が称名寺に開設( 1889年(明治22年)3月まで)。 (Wikipedia:加古川町)


加古川町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  駒ヶ林 - 2019年02月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



駒ヶ林駅
駒ヶ林駅(こまがばやしえき)は、神戸市長田区にある神戸市営地下鉄海岸線の駅である。駅番号はK09。 KOBE三国志ガーデンの最寄り駅のため、副駅名として「三国志のまち」と呼称しているほか、駅名版下広告も掲出されている。 また、駅イメージテーマは「漁港、海への道」である。 2001年(平成13年)7月7日 : 開業する。 2011年(平成23年)4月 : この年度より2年間を期限として、駅名標下広告として「アグロガーデン前」が掲出される(以後、2014年度まで掲出を更新している)。 駅構造 1面2線の島式ホームを持つ地下駅である。 出入口とコンコースの間は長い連絡通路があり、9時から21時までの間は人が通るとセンサーが反応し、海をイメージした効果音(メロディ)が流れている。効果音のイメージは季節ごとに「波音とともに海鳥が飛び交う」(春・秋)、「潮騒が貝殻の風鈴を奏でる」(夏)、「波音とともに汽笛が響く」(冬)とされ、異なるものが各2種類用意されている。 (Wikipedia:駒ヶ林駅)


駒ヶ林 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す