[PR]

日別キーワード

第1位  フリーマーケット - 2019年03月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



フリーマーケット
『蚤の市』より : 蚤の市(のみのいち、flea market)は、ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。北米では大規模な倉庫や体育館など屋内で開催されるものもある。出店者は一般家庭や仲間で集まったグループから、古物商や雑貨商の様な事業者まで幅広い。 「蚤の市」flea marketは、フランス語marché aux pucesの訳であり、もともとノミのわいたような古着が主な商品として扱われていたことに由来するとか、ノミのようにどこからともなく人や物がわき出てくる様子を表現したなど言われているが、語源は定かではない。もっとも現在のイギリスやフランスでは身体の血を吸うノミとは関係なく、汚らしい、みすぼらしいといった意味に捉えられている。日本に「蚤の市」という言葉および概念を紹介したのは柔道家の石黒敬七とされる。 同種の市は、日本でも最近はあちこちで催されているが、蚤の市という呼び名は、「蚤」の持っている不潔なイメージから、歴史のある古物市ではガラクタ市、ボロ市(世田谷区など)といった名称が使われ、最近の若者・ファミリー向けの大規模イベントとして開催されるものは、「フリーマーケット」というケースが多い。 (Wikipedia:フリーマーケット)


フリーマーケット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  駒ヶ林 - 2019年03月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



駒ヶ林駅
駒ヶ林駅(こまがばやしえき)は、神戸市長田区にある神戸市営地下鉄海岸線の駅である。駅番号はK09。 KOBE三国志ガーデンの最寄り駅のため、副駅名として「三国志のまち」と呼称しているほか、駅名版下広告も掲出されている。 また、駅イメージテーマは「漁港、海への道」である。 2001年(平成13年)7月7日 : 開業する。 2011年(平成23年)4月 : この年度より2年間を期限として、駅名標下広告として「アグロガーデン前」が掲出される(以後、2014年度まで掲出を更新している)。 駅構造 1面2線の島式ホームを持つ地下駅である。 出入口とコンコースの間は長い連絡通路があり、9時から21時までの間は人が通るとセンサーが反応し、海をイメージした効果音(メロディ)が流れている。効果音のイメージは季節ごとに「波音とともに海鳥が飛び交う」(春・秋)、「潮騒が貝殻の風鈴を奏でる」(夏)、「波音とともに汽笛が響く」(冬)とされ、異なるものが各2種類用意されている。 (Wikipedia:駒ヶ林駅)


駒ヶ林 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  住吉神社 - 2019年03月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



住吉神社
『住吉三神』より : 住吉神社(すみよしじんじゃ)は、主に住吉三神を祀る神社。日本全国に約600社ある。 ここでは「住吉神社」を法人名とする神社を記す(神社名の一部に「住吉」を含むものについてはCategory:住吉神社を参照のこと)。 三大住吉神社 住吉大社 - 大阪府大阪市住吉区住吉 住吉神社 (下関市) - 山口県下関市一の宮住吉 住吉神社 (福岡市) - 福岡県福岡市博多区住吉北海道・東北地方 住吉神社 (小樽市) - 北海道小樽市住ノ江関東・中部地方 住吉神社 (東京都中央区) - 東京都中央区佃 住吉神社 (南魚沼市) - 新潟県南魚沼市 住吉神社 佐久市 - 長野県佐久市岩村田住吉町近畿地方 住吉神社 (桑名市) - 三重県桑名市 住吉神社 (高島市) - 滋賀県高島市 住吉神社 (京都市下京区醒ヶ井) - 京都府京都市下京区 住吉神社 (南丹市) - 京都府南丹市八木町西田山崎 住吉神社 (大阪市西淀川区) - 大阪府大阪市西淀川区野里 住吉神社 (寝屋川市) - 大阪府寝屋川市 住吉神社 (河内長野市) - 大阪府河内長野市小山田町 住吉神社 (交野市) - 大阪府交野市 住吉神社 (神戸市兵庫区) - 兵庫県神戸市兵庫区切戸町 住吉神社 (明石市) - 兵庫県明石市魚住町 住吉神社 (加古川市) - 兵庫県加古川市 住吉神社 (宝塚市) - 兵庫県宝塚市安倉 住吉神社 (小野市) - 兵庫県小野市垂井町 住吉神社 (三田市) - 兵庫県三田市大川瀬 住吉神社 (加西市) - 兵庫県加西市北条町 住吉神社 (加東市上鴨川) - 兵庫県加東市上鴨川 住吉神社 (奈良市) - 奈良県奈良市勝南院町中国・四国地方 住吉神社 (広島市) - 広島県広島市中区九州・沖縄地方 住吉神社 (対馬市美津島町鶏知) - 長崎県対馬市美津島町鶏知 住吉神社 (対馬市美津島町鴨居瀬) - 長崎県対馬市美津島町鴨居瀬 住吉神社 (壱岐市) - 長崎県壱岐市 住吉神社 (宇土市) - 熊本県宇土市住吉町 住吉神社 (大分市) - 大分県大分市住吉町 住吉神社 (宮崎市) - 宮崎県宮崎市塩路 住吉神社 (曽於市) - 鹿児島県曽於市 関連項目 三韓征伐 神功皇后 応神天皇。 (Wikipedia:住吉神社)

住吉神社 (明石市)
名称=住吉神社
所在地=兵庫県明石市魚住町中尾1031
祭神=底筒男命中筒男命表筒男命気長足姫命
社格=県社
創建=雄略天皇8年(464年)
例祭=10月最終日曜日
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、兵庫県明石市魚住町中尾にある神社である。旧社格は県社。明石市市内には数社の住吉神社があるが、その代表とされるのが当社である。
底筒男命・中筒男命・表筒男命(住吉大神)と気長足姫命(神功皇后)を祀る。
伝承によれば、神功皇后の三韓征伐の際、播磨灘で暴風雨が起こったため、魚住に避難し住吉大神に祈願をすると暴風雨がおさまったという。凱旋後、神功皇后により住吉大神は摂津国住吉に祀られた。大阪の住吉大社に伝わる『住吉大社神代記』によれば、住吉大神より「播磨国に渡り住みたい。藤の枝の流れ着く所に祀れ」との託宣があり、藤の枝を海に浮かべると、魚住に流れ着いた。そこで、雄略天皇8年(464年)に当地に住吉大神を勧請したのが当社の創建と伝える。正応5年(1292年)に現在地に遷座した。海上守護、産業、和歌文学の祖神と仰がれ、交通安全、商工業、学業の守護神となっている。また、謡曲「高砂」に住吉、高砂の松の相生にしたとして住吉明神の神徳を称えており、夫婦円満の神でもある。
(Wikipedia:住吉神社 (明石市))

住吉神社 (下関市)
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、山口県下関市一の宮住吉にある神社。式内社(名神大社)、長門国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。 大阪の住吉大社・博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の1つに数えられる。本殿は国宝に指定されている。 祭神 本殿は第一から第五の5殿が連なり、それぞれ次の神が祀られている。 第一殿:住吉三神(表筒男命・中筒男命・底筒男命) 第二殿:応神天皇 第三殿:武内宿禰命 第四殿:神功皇后 第五殿:建御名方命大阪の住吉大社が住吉三神の和魂を祀るのに対し、当社は荒魂を祀るとされる。 概史 『日本書紀』神功皇后摂政前紀によれば、三韓征伐の際、新羅に向う神功皇后に住吉三神(住吉大神)が神託してその渡海を守護し、帰途、大神が「我が荒魂を穴門(長門)の山田邑に祀れ」と再び神託があり、穴門直践立(あなとのあたえほんだち)を神主の長として、その場所に祠を建てたのを起源とする。 (Wikipedia:住吉神社 (下関市))

住吉神社 (小樽市)
小樽総鎮守 住吉神社(すみよしじんじゃ)は、北海道小樽市に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁後志支部管内)の神社である。旧社格は県社で現在は神社本庁の別表神社。 住吉神(底筒男神・中筒男神・表筒男神・息長帯姫命)を祀る。 由緒 慶応元年(1865年)函館八幡宮神主・菊地重賢が、オタルナイ・タカシマ両地区の総鎮守として住吉神の勧請を箱館奉行所に願い出、オタルナイに勧請・創建が許可された。 明治元年(1868年)オタルナイに神体が到着し、社地の造成が間に合わなかったため厳島神社に仮に奉斎して鎮座祭が行われた。 明治8年(1875年)に郷社に列格した。 明治14年(1881年)現在地に社殿を造営して遷座した。 明治29年(1896年)それまで「墨江神社」と呼ばれていたのを「住吉神社」に改称した。 明治39年(1906年)県社に昇格した。 昭和30年(1955年)神社本庁の別表神社に加列された。 昭和46年(1971年)7月鎮座100年を記念して社殿を改築。 平成9年(1997年)鎮座130年を記念して道内最大級の神輿「百貫神輿」を修復。 (Wikipedia:住吉神社 (小樽市))

住吉神社 (加西市)
名称=住吉神社
所在地=兵庫県加西市北条町北条1318
祭神=酒見神・底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
創建=養老元年(717年)
社格=県社
例祭=
神事=節句祭り(4月第1土・日曜日)
本殿=切妻造妻入
別名=住吉酒見社、住吉酒見神社
住吉神社(すみよしじんじゃ)は兵庫県加西市にある神社。住吉酒見社、住吉酒見神社とも。祭神は酒見神・住吉三神 底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后。播磨国三の宮、旧近代社格制度 社格は県社。
黒駒村で創建され、養老元年(717年)に現在地に遷し奉られた。大阪の住吉大社らに伝わる「住吉大社神代記」〔天平3年(731年)〕に記された住吉三神 住吉大神の宮九箇処の一社である。
古くは酒見大明神と呼ばれており、明治時代に県社に列格された際に現在の神社名に改められた。
(Wikipedia:住吉神社 (加西市))

住吉神社 (福岡市)
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、福岡県福岡市博多区住吉にある神社。式内社(名神大社)、筑前国一宮。旧社格は官幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。 大阪の住吉大社・下関の住吉神社とともに「三大住吉」の1つに数えられるほか、全ての住吉神社の始源とする説がある。 福岡市中心部、那珂川のかつての河口付近に鎮座する、航海守護神の住吉三神を祀る神社である。全国には住吉神社が2,000社以上分布し、一般には大阪の住吉大社がその総本社とされるが、これに対して当社が全ての住吉神社の始源になるとする説がある。古代には他の住吉神社とともにヤマト王権の国家的航海神として崇敬され、中世からは筑前国の一宮に位置づけられたほか、領主・一般民衆からも海にまつわる神として信仰された古社になる。 現在の本殿は江戸時代前期の黒田長政による造営で、その建築様式は「住吉造(すみよしづくり)」と称される古代日本の独特なもので、国の重要文化財に指定されている。 (Wikipedia:住吉神社 (福岡市))

住吉神社 (豊中市)
名称=住吉神社
所在地=大阪府豊中市服部南町2丁目3-31
祭神=住吉三神・神功皇后 息長足姫命
社格=
例祭=10月15日
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、大阪府豊中市南部(服部 (豊中市) 服部)に鎮座する神社。
服部天神宮と並んで服部を代表する神社だが、服部の中心部から少し東に入った天竺川の西側に位置し、特に有名な祭りも無いため、静かな神社である。
御鎮座の時期については詳らかでないものの、仁平2年(1152年)に本殿・鳥居等を再建した、との記録が社記に残されており、それ以前と推測される。
天正6年(1578年)の織田信長による荒木村重討伐時に兵火により焼失し、元和8年(1622年)に再建。更に下って昭和22年(1947年)にも失火により全焼した。仮社殿を経て、本格再建に当たっては中之島 (大阪府) 中之島から大阪城内に遷座されることになった豐國神社 (大阪市) 豐國神社の旧社殿を譲り受け、昭和36年(1961年)に現社殿が建立された。
(Wikipedia:住吉神社 (豊中市))

住吉神社 (東京都中央区)
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、日本の東京都中央区佃にある神社である。旧社格は郷社。祭神は住吉三神(底筒之男命、中筒之男命、表筒之男命)、息長足姫命(神功皇后)、東照御親命(あずまてるみおやのみこと、徳川家康)。 由緒 ※新暦導入以前(1872年以前)の日付は和暦による旧暦。丸括弧内は西暦で、1581年以前はユリウス暦、1582年以降はグレゴリオ暦。天正年間(1573- 1592年)、徳川家康が上洛し、摂津国西成郡佃村(現・大阪市西淀川区佃)にある住吉神社(改称の経緯:田蓑神社→田蓑姫神社→住吉神社→田蓑神社)に参詣した際、佃村および近隣の大和田村(現在の西淀川区大和田付近)の漁民が神崎川に渡し船を出して家康一行を運び、白魚などを献上した。これを機縁として、以後、両村の漁民は家康から西国海上隠密の用を受けたり、大坂の役の際には軍船や魚の調達をするなどした。また、家康は両村の漁民に対し、恩賞として全国での漁業権を与えた。 天正18年8月1日(1590年8月30日)、徳川家康が関東下降の際、先述の佃村および大和田村の漁夫33人と神主・平岡権大夫好次が江戸に移り、正保2年(1645年)には江戸鉄砲洲向かいにある百間(約180m)四方の干潟を幕府から下賜された漁夫らがこれを埋め立てて築島し、永住することになった。 (Wikipedia:住吉神社 (東京都中央区))

住吉神社 (東京都)
『住吉神社 (東京都中央区)』より : 住吉神社(すみよしじんじゃ)は、東京都中央区 (東京都) 中央区にある神社である。
1590年(天正18年)8月1日、徳川家康が関東下降の際、摂津国佃村の漁夫33人が江戸に移り、1645年(正保二年)には現在の地に百間四方の土地を埋め立てて築島し永住することになった。この島を故郷の摂津国佃村にちなんで佃 (東京) 佃嶋と命名、正保三年6月29日、摂津国佃鎮座の住吉社(現田蓑神社)分霊と徳川家康公の御霊を奉遷祭祀し、住吉神社が創建された。
1694年(元禄七年)には、初めての講組織が誕生し、その後幾多の火災風災に見舞われながらも、氏子信者の結束により近世に及ぶ。
明治になり、月島、晴海、豊海と埋め立てが進み、全島が氏子中に編入され、昭和22年には、現在の佃住吉講が組織され、住吉神社氏子総代として、各町会、連合睦会と協力して、三年に一度の例大祭を執り行う、獅子頭宮出し、本社八角神輿宮出し、古来の神輿海中渡御を再現した船渡御など江戸文化を今に残した祭事が執り行われている。
(Wikipedia:住吉神社 (東京都))

住吉神社 (宇土市)
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、熊本県宇土市住吉町にある神社。旧社格は県社。 由緒 延久3年(1071年)、肥後国司菊池則隆が、摂津住吉宮の分霊を勧招し、海上安全の守護神として創建したという。菊池氏により手厚い保護を受けたが、戦国時代に社殿は失われた。寛文13年(1673年)、熊本藩主・細川綱利により、現在地に再建された。 以後、肥後三大社として細川家代々の崇拝を受けた。熊本藩主の参勤交代などの航路のため、また地域の海上安全のため神明の加護を祈願した。雨乞い祈祷などの記録もある。熊本藩第4代藩主・細川宣紀が奉納した高灯籠は、日本最古の灯台であると言われており、後々まで、島原湾の航海安全に大きく寄与した。 細川宣紀は「住吉の神捨てずば沖津船 なぎさに寄せよ八重の潮風」という歌を、住吉大神に詠んでいる。 祭神 底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命 神功皇后 所在地 熊本県宇土市住吉町2067 交通 九州産交バス住吉宮の前バス停より徒歩約10分 周辺 風流島 緑川 JR三角線 住吉駅 注釈 参考文献 森本一瑞『肥後国志 巻之11』(熊本活版舎、1885) 『宇土郡誌』(宇土郡、1921) 宇土市編纂発行『宇土市史』(1960) 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』(平凡社、1985) 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』(角川書店、1987) 外部リンク 住吉神社 - じゃらん観光ガイド。 (Wikipedia:住吉神社 (宇土市))

住吉神社 (壱岐市)
名称=住吉神社
所在地=長崎県壱岐市芦辺町住吉東触470
祭神=底筒男命中筒男命表筒男命
社格=式内社(名神大)・壱岐国一宮・国幣中社・別表神社
例祭=11月9日}}
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、長崎県壱岐市にある神社である。式内社(名神大社 名神大)、旧社格は国幣中社。
底筒男命・中筒男命・表筒男命を主祭神とし、「住吉三神 住吉大神」と総称する。大国主 八千戈神を相殿に祀る。
社伝によれば、住吉大神の守護によって三韓征伐を為し遂げた神功皇后が、その帰途現在の壱岐市郷ノ浦町大浦触に上陸して三神を祀ったのに始まるという(これを以て「日本初の住吉神社」を称している)。その後、神託により現在地に遷座した。延喜式神名帳では名神大社に列した。その他にも長崎県下筆頭神社を名乗っている。
(Wikipedia:住吉神社 (壱岐市))

住吉神社 (小樽市)
小樽総鎮守 住吉神社(すみよしじんじゃ)は、北海道小樽市に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁後志支部管内)の神社である。旧社格は県社で現在は神社本庁の別表神社。 住吉神(底筒男神・中筒男神・表筒男神・息長帯姫命)を祀る。 由緒 慶応元年(1865年)函館八幡宮神主・菊地重賢が、オタルナイ・タカシマ両地区の総鎮守として住吉神の勧請を箱館奉行所に願い出、オタルナイに勧請・創建が許可された。 明治元年(1868年)オタルナイに神体が到着し、社地の造成が間に合わなかったため厳島神社に仮に奉斎して鎮座祭が行われた。 明治8年(1875年)に郷社に列格した。 明治14年(1881年)現在地に社殿を造営して遷座した。 明治29年(1896年)それまで「墨江神社」と呼ばれていたのを「住吉神社」に改称した。 明治39年(1906年)県社に昇格した。 昭和30年(1955年)神社本庁の別表神社に加列された。 昭和46年(1971年)7月鎮座100年を記念して社殿を改築。 平成9年(1997年)鎮座130年を記念して道内最大級の神輿「百貫神輿」を修復。 (Wikipedia:住吉神社 (小樽市))


住吉神社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  春節祭 - 2019年03月03日


関連するイメージは見つかりませんでした




春節祭 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  聖教新聞 - 2019年03月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



聖教新聞
聖教新聞(せいきょうしんぶん)は、聖教新聞社が発行する新宗教団体・創価学会の日刊機関紙である。1951年(昭和26年)4月20日創刊。 朝刊のみの発行。夕刊は発行していない。発行部数は公称550万部。「聖教」は釈迦の説いた一代聖教に由来する。同紙を出版している聖教新聞社は、宗教法人創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、法人格がない。 また聖教新聞は日本新聞協会および日本ABC協会に加盟していない。公称発行部数は1990年代から2006年まで「550万部」となっているが、これは聖教新聞社の発表によるものである。 1951年(昭和26年)4月20日 - 創刊。旬刊2面、発行部数は5000部。 1953年(昭和28年)9月6日 - 週刊化。 1955年(昭和30年)6月1日 - 販売店、配達員制度が始まる。 1957年(昭和32年)8月2日 - 紙面が8面になる。 1960年(昭和35年)9月3日 - 週2回刊化。 1962年(昭和37年)1月1日 - 週3回刊化。 1965年(昭和40年)1月1日 - 池田大作の小説『人間革命』が連載開始。 (Wikipedia:聖教新聞)

聖教新聞社
『聖教新聞』より : 聖教新聞社(せいきょうしんぶんしゃ)は、宗教法人創価学会の出版部門である。創価学会の機関紙である『聖教新聞』の発行などを手がけている。聖教新聞社は第三文明社とは違い株式会社などの法人格を取得しておらず、創価学会から独立していない。 コーポレート・メッセージは「言葉と、生きていく。SEIKYO SHIMBUN」。 沿革 1951年 - 『聖教新聞』創刊 1959年 - 『聖教グラフ』(現・『グラフSGI』)創刊 1965年 - 『聖教新聞』が日刊化 1970年 - 本社ビル落成 2004年 - ISO 14001取得 発行している新聞・雑誌 新聞 聖教新聞(日刊) 創価新報(月2回発刊、青年部向け) 小学生文化新聞 中学生文化新聞 高校新報 少年少女きぼう新聞(月刊、少年少女部向け) 未来ジャーナル(月刊、中等部・高等部向け) 雑誌 大白蓮華(月刊) グラフSGI(月刊) 関連項目 公明新聞 第三文明社 潮出版社 東日印刷 機関紙 天理教道友社 天理時報社 外部リンク SEIKYO online - 聖教新聞社の公式サイト。 (Wikipedia:聖教新聞社)


聖教新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す