[PR]

日別キーワード

第1位  小松製作所 - 2019年03月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



小松製作所
株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、日本の建設機械・重機械のメーカー。 建設機械の日本でのシェアは1位。世界で2位。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開する。 アメリカにおいてニューヨーク証券取引所やNASDAQには上場していないが、米国預託証券(ADR)を発行している(証券コード:KMTUY)。 日本経済新聞社が毎年行っている2006年度、2007年度の優れた会社ランキング(多角的企業評価システム:PRISM)でトヨタ自動車、キヤノンを抜き1位となった。 また、同日本経済新聞社が2012年に行った、総合企業ランキングNICESでは、3位に選ばれた。 なお、呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。 企業概要・沿革 発祥 1917年1月、石川県能美郡国府村(現・小松市)で銅山を経営していた竹内鉱業(吉田茂の実兄である竹内明太郎により創業)が自家用機械生産のため、同郡小松町の小松駅近傍に小松鉄工所を開設したのが始まりである。 (Wikipedia:小松製作所)


小松製作所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  SGI - 2019年03月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



SGI
SGI シリコングラフィックス(Silicon Graphics International Corp.) 同社の商品である「SGIワークステーション」 同社の日本法人である日本SGI株式会社 サルゴダ空港のIATA空港コード。 創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International)。 (Wikipedia:SGI)

SGI Japan
『日本SGI』より : 日本SGI株式会社は、米Silicon Graphics International Corp. (SGI) の日本法人で、コンピュータやこれに関連するサービスに関する事業を行う株式会社である。 1987年日本国内での米Silicon Graphics, Inc.製品の販売は、1984年より住商エレクトロニクス株式会社が国内総代理店として販売を行っていたが、1987年に米Silicon Graphics, Inc.の100%子会社として日本シリコングラフィックスが設立し、本格的な国内販売を開始した。 1997年日本クレイと合併し、日本シリコングラフィックス・クレイ株式会社へ社名変更。クレイとの合併後、それまでグラフィックス市場中心のビジネス展開だけであったが、大型並列計算機を中心とする科学技術計算分野へのビジネス展開も開始される。実際にはクレイの市場を引継ぎ、自動車産業での解析系サーバまたは官公庁市場での解析分野・シミュレーション分野へ販売展開を開始した。 (Wikipedia:SGI Japan)


SGI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ジパング - 2019年03月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジパング
ジパング(Zipangu)は、中世・近世ヨーロッパの地誌に現れていた東方の島国、日本のことである。 語源 語源については、「日本国」を中世の中国語で発音した音が語源とされ、ヨーロッパにはマルコ・ポーロが Cipangu(あるいはChipangu)として最初に紹介したと言われる。なお10世紀頃から地理学者イブン・フルダーズ=ビフ Ibn Khurdādh-Bih などをはじめアラビア語・ペルシア語の地理書において、後のジパングにあたると思われる金山を有する島(国)、ワークワーク(الواقواق al‐Wāqwāq, 倭国か)について都度都度言及されている。 現代の多くの言語で日本を意味する Japan(英語「ジャパン」、ドイツ語「ヤーパン」)/Japon, Japón(フランス語「ジャポン」、スペイン語「ハポン」)/Giappone(イタリア語「ジャッポーネ」)/Yaponiya, Япония(ウズベク語「ヤポニヤ」、ロシア語「イポーニヤ」) などの言葉は、一般にジパングが語源とされるが、ポルトガルが到達した16世紀頃の東南アジアで日本のことを中国語からの借用語で Japang と呼んでいたことに由来するという説など、様々な異説もある。 (Wikipedia:ジパング)

ジパング (漫画) の登場人物一覧
ジパングの登場人物一覧では、かわぐちかいじの漫画『ジパング』に登場するキャラクターについて説明する。 主人公 角松洋介(かどまつ ようすけ) 声 - 稲田徹 少年期:入野自由 8歳時:上村祐翔 本作の主役の一人。長崎県佐世保市出身。血液型A型。35歳 海上自衛隊第1護衛隊群所属イージス艦みらい副長兼船務長⇒艦長。階級は二等海佐。防衛大学校や海上自衛隊幹部候補生学校で学生長を務め、同期の尾栗や菊池より1階級上を行くエリート。海上自衛官だった父・洋一郎の影響を受け、自らも自衛官となった。 エクアドル争乱に伴う現地の邦人保護のため、威嚇を目的とした日米合同軍事演習を実施するエクアドル沖へ派遣される。が、その途中、タイムスリップに巻き込まれる。タイムスリップで当初は皆が過去の時代への介入を躊躇する中、自らは人命を尊重する信念から、撃墜された偵察機と共に海中に沈んでゆく草加を見捨てることが出来ず、止むを得ず草加を救助。 (Wikipedia:ジパング (漫画) の登場人物一覧)

ジパング (かわぐちかいじ)
タイトル=ジパング
ジャンル=架空戦記、歴史、青年漫画
作者=かわぐちかいじ
出版社=講談社
連載=モーニング (漫画雑誌) モーニング
開始=2000年
終了=2009年49号
冊数=42巻(全43巻予定)
監督=古橋一浩
シリーズ構成=古橋一浩
キャラクターデザイン=馬越嘉彦
アニメーション制作=スタジオディーン
製作=TBS チームみらい (ジパング製作委員会)
放送局=TBSテレビ TBS
放送開始=2004年10月7日
放送終了=2005年3月31日
話数=全26話
ゲームジャンル=シミュレーションゲーム
(Wikipedia:ジパング (かわぐちかいじ))

ジパング (漫画)の登場人物一覧
ジパングの登場人物一覧では、かわぐちかいじの漫画『ジパング (かわぐちかいじ) ジパング』に登場するキャラクターについて説明する。
: 本作の主役の一人。長崎県佐世保市出身。血液型A型。35歳
: 海上自衛隊第1護衛隊群所属イージス艦ジパング (かわぐちかいじ)#DDH-182『みらい』諸元 みらい副長兼船務長⇒艦長。階級は二等海佐。防衛大学校や海上自衛隊幹部候補生学校で学生長を務め、同期の尾栗や菊池より1階級上を行くエリート。海上自衛官だった父・洋一郎の影響を受け、自らも自衛官となった。
: エクアドル争乱に伴う現地の邦人保護のため、威嚇を目的とした日米合同軍事演習を実施するエクアドル沖へ派遣される。が、その途中、タイムトラベル タイムスリップに巻き込まれる。タイムスリップで当初は皆が過去の時代への介入を躊躇う中、自らは人命を尊重する信念から海中に沈んでゆく草加を見捨てることが出来ず、止むを得ず草加を救助。やがて草加にみらいの資料室で第二次世界大戦やその後の世界情勢に関する情報を公開し、それを基に歴史変革に乗り出したことに負い目を感じ、彼の野望を阻止しようと行動に出る。
(Wikipedia:ジパング (漫画)の登場人物一覧)

ジパング (大阪府)
社名 ZIPANG株式会社
英文社名 ZIPANG Co.,Ltd.
ロゴ 画像:U-LV771R-ZIPANG-DAIMLER.jpg 280px 「ジパング・ダイムラー」 いすゞ・スーパークルーザー
種類 株式会社
市場情報
略称
国籍
郵便番号 571-0015
本社所在地 大阪府門真市三ツ島239-2
電話番号 072-887-2100
設立 2001年(平成13年)7月30日
業種 5050
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 北田吏量子
資本金
売上高
(Wikipedia:ジパング (大阪府))

ジパング (漫画)
『ジパング』は、かわぐちかいじによる日本の漫画作品。2000年から2009年49号(2009年11月5日発売)にかけて講談社の『モーニング』にて連載された。 2002年には第26回講談社漫画賞一般部門を受賞。また2004年10月7日から、漫画を原作としたテレビアニメがTBSほかで放送開始されたが、全26話・漫画のストーリー途中で放送を終了した。 2012年12月には同じくモーニングで『ジパング 深蒼海流』が連載開始したが、この作品は平家と源氏の戦いを描く作品であり、本作と直接的な関わりはない。 あらすじ 西暦200X年の6月。日米新ガイドラインの下での海外派遣によりエクアドルへ向かう海上自衛隊の自衛艦隊のイージス艦みらいはミッドウェー沖合で突如嵐に巻き込まれ落雷を受ける。その直後からレーダーからの僚艦喪失、送受信機の故障ではない衛星通信の不通、突如の降雪という不可思議な現象に直面する。そして戦艦大和以下大日本帝国海軍連合艦隊に遭遇したことによりミッドウェー海戦直前の1942年6月4日の太平洋上にタイムスリップした事が判明する。 (Wikipedia:ジパング (漫画))

ジパングあさ6
『ジパングあさ6』(ジパングあさろく)は日本テレビ系列で放送されていた平日の朝の情報番組である。1992年3月30日から2001年9月28日まで5:59:30 - 7:00(6:59:59)に放送された(2000年10月以降の末期は5:59丁度に開始)。放送期間は9年半で、結果的に後番組の『ズームイン!!SUPER』と同じ期間となった。 『ルンルンあさ6生情報』の後番組として、『ルンルンあさ6生情報』と平日の『NNN朝のニュース』を吸収して開始。このためニュース枠も『NNNニュースジパング』と改題された(後述)。 視聴率は早朝番組としては異例の14%台も記録。 メインキャスターは一週間を2人が半分ずつ担当。コーナーの多くを自局のアナウンサーが担当していた。 開始時刻を早めた理由は、6:00:00丁度にニュースを読み出したいため。他局で同時刻に始まる同種の番組にチャンネルを変えさせない意図があった。 番組の後期には、占いキャラクター(グッディー&バッディー)が登場。占いのコーナーなどに使われた。 出演者 司会者 コメンテーター 中村慶一郎(1992年3月 - 1999年6月) 橋本五郎(1999年3月 - 2001年2月) 久保潔(2001年2月 - 2001年9月)中村と橋本は解説コーナー「ここがポイント」だけでなく一般紙朝刊紹介も務め、本編のほぼ全体にわたって登場していたが、久保潔就任後は原則として「ここがポイント」専任となった。 (Wikipedia:ジパングあさ6)

ジパング朝6
『ジパングあさ6』より : 『ジパングあさ6』(ジパングあさろく)は日本テレビ系列で放送されていた平日の朝の情報番組である。1992年3月30日から2001年9月28日まで5:59:30 - 7:00(6:59:59)に放送された(2000年10月以降の末期は5:59丁度に開始)。放送期間は9年半で、結果的に後番組の『ズームイン!!SUPER』と同じ期間となった。 『ルンルンあさ6生情報』の後番組として、『ルンルンあさ6生情報』と平日の『NNN朝のニュース』を吸収して開始。このためニュース枠も『NNNニュースジパング』と改題された(後述)。 視聴率は早朝番組としては異例の14%台も記録。 メインキャスターは一週間を2人が半分ずつ担当。コーナーの多くを自局のアナウンサーが担当していた。 開始時刻を早めた理由は、6:00:00丁度にニュースを読み出したいため。他局で同時刻に始まる同種の番組にチャンネルを変えさせない意図があった。 番組の後期には、占いキャラクター(グッディー&バッディー)が登場。占いのコーナーなどに使われた。 出演者 司会者 コメンテーター 中村慶一郎(1992年3月 - 1999年6月) 橋本五郎(1999年3月 - 2001年2月) 久保潔(2001年2月 - 2001年9月)中村と橋本は解説コーナー「ここがポイント」だけでなく一般紙朝刊紹介も務め、本編のほぼ全体にわたって登場していたが、久保潔就任後は原則として「ここがポイント」専任となった。 (Wikipedia:ジパング朝6)

ジパング上陸作戦
チャド・マレーンは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ、および同コンビのメンバー(ボケ)。旧コンビ名はジパング上陸作戦(ジパングじょうりくさくせん)。 メンバー 加藤 貴博(かとう たかひろ、1975年10月9日(40歳) - 、愛知県出身)主にツッコミ大阪NSC19期生。O型。チャド・イアン・マレーン(Chad Ian Mullane、1979年11月28日(36歳) - 、オーストラリア連邦パース出身)主にボケ大阪NSC21期生。大阪・東京を通じて初の外国人NSC生。映画の字幕翻訳家。O型。 エピソード コンビ 「Manzaiに国境はない!」をキャッチフレーズに活動する、日本人とオーストラリア人のコンビ。大阪時代、なんばグランド花月近くの喫茶店で話していた時に、お互いに「話の分かる外人」と感じ取り、それをきっかけにコンビを結成した。結成当初のコンビ名は「モーニングコール」。 一見すると“長身の外国人と小柄な日本人”コンビであるが、実際の身長は加藤が159cm、チャドが169cmと、それぞれの人種の平均からすると二人とも小柄な方である。 (Wikipedia:ジパング上陸作戦)

ジパング大決戦!
『全国制覇バラエティー ジパング大決戦!』(ぜんこくせいはバラエティ ジパングだいけっせん)は、1998年10月22日から1999年2月25日までTBS系列局で放送されていたバラエティ番組である。毎日放送とTIX'ヨの共同製作。全12回。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。 毎回芸能人たちがイベント競技に挑戦する模様を放送していたドキュメントバラエティ番組だったが、4か月で終了。最終回のエンディングでは、番組の終了について一切触れていなかった。 この番組の最終回をもって、『世界まるごとHOWマッチ』から続いた木曜20時台の毎日放送製作枠は終了。1999年4月からは、替わって水曜19時台で同局製作の『チャンスの殿堂!』が放送された。 出演者 加藤茶(ザ・ドリフターズ) 中山秀征 勝俣州和 - サポーター兼任。 加藤浩次(極楽とんぼ) - サポーター兼任。 山本圭壱(当時極楽とんぼ) - サポーター兼任。 優香 スタッフ 技術協力:池田屋 美術協力:アックス 制作:毎日放送、TIX'ヨ。 (Wikipedia:ジパング大決戦!)

ジパング大決戦
『ジパング大決戦!』より : 『全国制覇バラエティー ジパング大決戦!』(ぜんこくせいはバラエティ ジパングだいけっせん)は、1998年10月22日から1999年2月25日までTBS系列局で放送されていたバラエティ番組である。毎日放送とTIX'ヨの共同製作。全12回。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。 毎回芸能人たちがイベント競技に挑戦する模様を放送していたドキュメントバラエティ番組だったが、4か月で終了。最終回のエンディングでは、番組の終了について一切触れていなかった。 この番組の最終回をもって、『世界まるごとHOWマッチ』から続いた木曜20時台の毎日放送製作枠は終了。1999年4月からは、替わって水曜19時台で同局製作の『チャンスの殿堂!』が放送された。 出演者 加藤茶(ザ・ドリフターズ) 中山秀征 勝俣州和 - サポーター兼任。 加藤浩次(極楽とんぼ) - サポーター兼任。 山本圭壱(当時極楽とんぼ) - サポーター兼任。 優香 スタッフ 技術協力:池田屋 美術協力:アックス 制作:毎日放送、TIX'ヨ。 (Wikipedia:ジパング大決戦)

ジパング (漫画) の登場人物一覧
ジパングの登場人物一覧では、かわぐちかいじの漫画『ジパング』に登場するキャラクターについて説明する。 主人公 角松洋介(かどまつ ようすけ) 声 - 稲田徹 少年期:入野自由 8歳時:上村祐翔 本作の主役の一人。長崎県佐世保市出身。血液型A型。35歳 海上自衛隊第1護衛隊群所属イージス艦みらい副長兼船務長⇒艦長。階級は二等海佐。防衛大学校や海上自衛隊幹部候補生学校で学生長を務め、同期の尾栗や菊池より1階級上を行くエリート。海上自衛官だった父・洋一郎の影響を受け、自らも自衛官となった。 エクアドル争乱に伴う現地の邦人保護のため、威嚇を目的とした日米合同軍事演習を実施するエクアドル沖へ派遣される。が、その途中、タイムスリップに巻き込まれる。タイムスリップで当初は皆が過去の時代への介入を躊躇する中、自らは人命を尊重する信念から、撃墜された偵察機と共に海中に沈んでゆく草加を見捨てることが出来ず、止むを得ず草加を救助。 (Wikipedia:ジパング (漫画) の登場人物一覧)


ジパング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  フレッチェ - 2019年03月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



フレッチェ・トリコローリ
フレッチェ・トリコローリ(伊: Frecce Tricolori)は、イタリア空軍の曲技飛行隊。イタリア北部のリボルト空軍基地を拠点とする。名称の「フレッチェ」は「矢」を意味し、「トリコローリ」は直訳すれば「三色」、ひいては「三色旗(イタリア国旗)」を表す。 1961年創設。正式な飛行隊名は第313曲技飛行隊(313° Gruppo Addestramento Acrobatico)。拠点はイタリア北部のリボルト空軍基地 (Rivolto Air Force Base) (フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネ県コドローイポ市)。 創設当初はノースアメリカン F-86E戦闘機を用い、1963年からはフィアット G.91を用いた。 1982年からはアエルマッキ M.B.339練習機を用いている。飛行隊は10機で演技を行うことが特徴であり、この機数は各国の曲技飛行隊中、最多である。飛行隊名から名づけられたアポロ313と言う演技課目もある。 演技内容は10機・9機による編隊と5機・4機による2つの編隊による組替と交差演技、ソロ1機によるテールスライド、ラムシェバック、クレージーフライト等。 (Wikipedia:フレッチェ・トリコローリ)


フレッチェ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  宮城教育大学 - 2019年03月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮城教育大学
宮城教育大学(みやぎきょういくだいがく、英語: Miyagi University of Education、公用語表記: 宮城教育大学)は、宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149に本部を置く日本の国立大学である。1965年に設置された。大学の略称は宮教大(みやきょうだい)、宮教(みやきょう)。 仙台市都心部の西の青葉山にあり、東北大学の青葉山キャンパスと隣接している。 全国に11ある国立系の教員養成大学の一つであり、東北では唯一の国立系の教員養成大学である。 教員がおよそ120名、学生・院生あわせて1700名ほどが在籍している。 沿革 新制東北大学の教育学部は、旧制宮城師範学校・旧制宮城青年師範学校と旧制東北大学法文学部の教育学系とをもって新設された。宮城師範学校・宮城青年師範学校はこの新設教育学部の教員養成系統となった。ただし、宮城教育大学はこの教員養成系統(宮城師範学校・宮城青年師範学校部分)が分離独立した形で発足しており、分離時における教員の多数は旧制師範時代からの教員であり、分離以前においても教員養成課程は分校として置かれていたこともあって、こうした様々な事情から旧帝国大学の流れを汲むとは言えない。 (Wikipedia:宮城教育大学)

宮城教育大学附属小学校
宮城教育大学附属小学校(みやぎきょういくだいがくふぞくしょうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区上杉六丁目にある宮城教育大学附属の国立小学校。一時期「付属小学校」と表記していた。 沿革 1874年(明治7年)4月 - (旧)官立宮城師範学校の附属小学校として設置。 1878年(明治11年)3月4日 - 宮城県師範学校に移管。宮城県師範学校は、以後、公立宮城師範学校、宮城県尋常師範学校、宮城県師範学校、宮城師範学校と改称・改組するも、附属小学校は存続。 1945年(昭和20年) 7月10日未明 - 仙台空襲 7月下旬 - 現在の宮城県加美郡宮崎に集団疎開。 8月15日 - 終戦 1949年(昭和24年)5月31日 - 宮城師範学校が東北大学に包括され、東北大学教育学部附属小学校となる。 1967年(昭和42年)4月1日 - 宮城教育大学に移管され、宮城教育大学附属小学校となる。 入学試験 同一敷地内南方には附属幼稚園があり、小学入学者の約半数が附属幼稚園出身である。 (Wikipedia:宮城教育大学附属小学校)

宮城教育大学の人物一覧
宮城教育大学の人物一覧は宮城教育大学に関係する人物の一覧記事。
岩間正男 - 政治家
荒木飛呂彦 - 漫画家
内藤淳一 - 作曲家・指揮者
長谷部真理子 - ニュースキャスター
宮城教育大学
日本の大学別人名一覧 みやききよういく
”この項目は、Wikipedia:ウィキプロジェクト 大学 ウィキプロジェクト 大学のWikipedia:ウィキプロジェクト 大学/人物一覧記事について/テンプレート テンプレートを使用しています。”
(Wikipedia:宮城教育大学の人物一覧)

宮城教育大学附属中学校
宮城教育大学附属中学校(みやぎきょういくだいがくふぞくちゅうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区上杉六丁目にある、宮城教育大学附属の中学校。宮城教育大学には附属高等学校がないため、エスカレーター式で進学することは出来ない。 同一敷地に宮城教育大学附属小学校、同附属幼稚園があり、東北大学「明善寮」を挟んで北側には仙台市立上杉山中学校がある。また、道路を挟んで西隣には東北大学農学部、附属幼稚園及び小学校グラウンドの東隣には宮城県立視覚支援学校、宮城県視覚障害者情報センター(旧宮城県立点字図書館)があり、本校がある地域は複数の教育機関からなる文教地区である。 古くから2学期制を導入しており、かつては全国でも珍しい「秋休み」がある学校として注目された。しかし2002年より仙台市内の公立小中学校が全て2学期制に移行したため、「2学期制の学校」としての注目度は現在では無いに等しい。 制服はブレザーであり、男子はネクタイ、女子はリボンが指定されている。色はグレー(俗に「ゴマ」と呼ばれる)・金(俗に「金ネク」と呼ばれる)の2つから1つを選ぶ形式になり、入学式や卒業式などの学校行事の際には金が指定される。 (Wikipedia:宮城教育大学附属中学校)


宮城教育大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す