[PR]

日別キーワード

第4位  アーサー王 - 2019年03月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



アーサー王
アーサー王(英語: King Arthur)は、5世紀後半から6世紀初めの伝説的なブリトン人の君主。 中世の歴史書やロマンスでは、アーサー王は6世紀初めにローマン・ケルトのブリトン人を率いてサクソン人の侵攻を撃退した人物とされる。一般にアーサー王物語として知られるものはそのほとんどが民間伝承や創作によるものであり、アーサー王が本当に実在したかについては現在も歴史家が議論を続けている。彼の史実性を証明する記述は『カンブリア年代記(Annales Cambriae)』、『ブリトン人の歴史(Historia Brittonum)』、およびギルダス著『ブリタニアの略奪と征服(De Excidio et Conquestu Britanniae)』に断片的に残されている。また、アーサーという名前は『ア・ゴドジン(Y Gododdin)』などの初期の中世ウェールズ詩にも見られる。 伝説上の王としてのアーサー王は、12世紀のジェフリー・オブ・モンマスによる歴史書『ブリタニア列王史(Historiae Regum Britanniae)』が人気を博したことにより国を越えて広まった。 (Wikipedia:アーサー王)

アーサー王に関する書籍の一覧
アーサー王およびそれに関連する人物の本の一覧。
ヒストリア・ブリットヌム(Historia Britonum)ネンニウス作と言われる
カンブリア年代記(Annales Cambriae) 著者不詳
アンヌヴンの略奪(Preiddeu Annwfn)伝タリエシン作
聖ゴエズノヴィウスの伝説(The Legend of St. Goeznovius、1119年頃) - アーサーとヴォーティガーンに言及あり。
Gesta Regnum Anglorum(1125年)マームズベリのウィリアム - アーサーに言及あり。
イングランド諸王の歴史(Historia Anglorum、1129年)ヘンリー・オブ・ハンティングドン - アーサーに言及あり。
ギルダス伝(Vita Santi Gildae、1130年頃) - 聖ギルダス(カラドック・オヴ・ランカルヴァン)の伝記だが、初期のメレガント-グィネヴィア誘拐の物語がある。
ジェフリー・オブ・モンマスの作品
(Wikipedia:アーサー王に関する書籍の一覧)

アーサー王物語
アーサー王物語(アーサーおうものがたり)またはアーサー王伝説(アーサーおうでんせつ)とは中世の騎士道物語の一つ。 あらすじ 現在、アーサー王物語として一般に知られているのは、中世後期に完成し、トマス・マロリーらがまとめたアーサー王を中心とする騎士道物語群である。これは大きく四つの部分に分ける事ができる。 アーサーの誕生と即位。ローマ皇帝を倒し、全ヨーロッパの王になるまでの物語。 アーサー王の宮廷(キャメロット)に集った円卓の騎士達の冒険とロマンス。 聖杯探索。最後の晩餐で使われたという聖杯を円卓の騎士が探す物語。 ランスロットと王妃グィネヴィアの関係発覚に端を発する内乱(カムランの戦い)。王国の崩壊とアーサー王の死(アヴァロンへの船出)。 主要登場人物 詳細はアーサー王伝説に登場する人物一覧を参照。作品により、名前や血縁関係が多少異なる。 アーサー王 ブリテンの王。 マーリン アーサーを補佐し、導く魔術師。 グィネヴィア アーサーの王妃。ランスロットとの禁断の恋で有名。 ヴィヴィアン(湖の乙女) マーリンの愛人にして弟子。 (Wikipedia:アーサー王物語)

アーサー王伝説
『アーサー王物語』より : アーサー王物語(アーサーおうものがたり)またはアーサー王伝説(アーサーおうでんせつ)とは中世の騎士道物語の一つ。 あらすじ 現在、アーサー王物語として一般に知られているのは、中世後期に完成し、トマス・マロリーらがまとめたアーサー王を中心とする騎士道物語群である。これは大きく四つの部分に分ける事ができる。 アーサーの誕生と即位。ローマ皇帝を倒し、全ヨーロッパの王になるまでの物語。 アーサー王の宮廷(キャメロット)に集った円卓の騎士達の冒険とロマンス。 聖杯探索。最後の晩餐で使われたという聖杯を円卓の騎士が探す物語。 ランスロットと王妃グィネヴィアの関係発覚に端を発する内乱(カムランの戦い)。王国の崩壊とアーサー王の死(アヴァロンへの船出)。 主要登場人物 詳細はアーサー王伝説に登場する人物一覧を参照。作品により、名前や血縁関係が多少異なる。 アーサー王 ブリテンの王。 マーリン アーサーを補佐し、導く魔術師。 グィネヴィア アーサーの王妃。ランスロットとの禁断の恋で有名。 ヴィヴィアン(湖の乙女) マーリンの愛人にして弟子。 (Wikipedia:アーサー王伝説)

アーサー王と円卓の騎士 (音楽)
Name アーサー王と円卓の騎士
Type アルバム
Artist リック・ウェイクマン
Cover The Myths and Legends of King Arthur and the Knights of the Round Table
Released 1975年
Recorded 1974年10月16日-1975年1月10日
Genre プログレッシブ・ロック
Length total 43:55
Label A&Mレコード A&M records/キングレコード
Producer リック・ウェイクマン
Reviews=
Last album ”地底探検 (音楽) 地底探検”(1972)
This album アーサー王と円卓の騎士(1975)
Next album ”リストマニア (アルバム) リストマニア”(1975)
アーサー王と円卓の騎士(”The Myths and Legends of King Arthur and the Knights of the Round Table”)は、リック・ウェイクマン の3作目のソロアルバムであり、イエス_(バンド) イエス脱退後に初めてリリースしたソロ作品。キング・レコード(1975年、LP、GP-230)、ユニバーサル・インターナショナル(2003年、CD、D20Y4027)の日本語タイトルは『アーサー王と円卓の騎士たち』となっている。
(Wikipedia:アーサー王と円卓の騎士 (音楽))

アーサー王太子 (チューダー朝)
アーサー・テューダー(Arthur Tuder、1486年9月20日 – 1502年4月2日)はイングランド王ヘンリー7世 (イングランド王) ヘンリー7世と王妃エリザベス・オブ・ヨーク エリザベスの息子。長男であったことから王太子(プリンス・オブ・ウェールズ ウェールズ公)になったが、15歳の若さで没し、即位することはなかった。
アーサーの名前は、アーサー王に因んでヘンリー7世がつけたと伝えられている。「大イングランド」への野望を秘めた命名であった。
1501年、アーサーはアラゴン王国 アラゴン王フェルナンド2世 (アラゴン王) フェルナンド2世とカスティーリャ王国 カスティーリャ女王イサベル1世 (カスティーリャ女王) イザベル1世の末娘カタリーナ・デ・アラゴーン(英語名:キャサリン・オブ・アラゴン(”Catherine of Aragon”,1485年 - 1536年)と結婚する。2人の婚約は、アーサーがわずか2歳のときであった。つまりこの結婚はアーサーの意思で行ったものでなく、政略結婚であった。カスティーリャ・アラゴン王家はランカスター朝 ランカスター家、ヨーク朝 ヨーク家の祖とそれぞれ姻戚関係にあったことから、アーサーにとってキャサリンは父方でも母方でも遠縁に当たった。アーサーの死後、キャサリンはアーサーの弟ヘンリー(後のヘンリー8世 (イングランド王) ヘンリー8世)と再婚した。
(Wikipedia:アーサー王太子 (チューダー朝))

アーサー王の死
『アーサー王の死』(アーサーおうのし、Le Morte d'Arthur) は、15世紀後半にウェールズ人の騎士トマス・マロリーによって書かれた長編作品。内容はアーサー王の出生にはじまり、円卓の騎士たちの活躍、ランスロットとグィネヴィアの不義、最後の戦い、アーサー王の死までを含む、中世のアーサー王文学の集大成ともいえる作品である。 作者トマス・マロリーは、1450年代初期からこの長大な作品の制作を開始し、1450年代のたびたびの投獄中にもこの大作の執筆を続け、出獄後、早くとも死(1471年3月14日)の2年前より遅い時期、かつ1470年までにこの大作を完成したとされている。 著者トマス・マロリーが1470年までに書き上げた段階では本書は『アーサー王と高貴な円卓の騎士』(The hoole booke of kyng Arthur & of his noble knyghtes of the rounde table)という題であったが、出版業者ウィリアム・キャクストンが1485年にこれを出版する際、『アーサー王の死』(中世フランス語で Le Morte Darthur)と改題した。 (Wikipedia:アーサー王の死)


アーサー王 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アーサー王 - アマゾン検索


「アーサー王」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す