[PR]

日別キーワード

第4位  ザ・ヒットパレード - 2019年03月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



ザ・ヒットパレード
ヒットパレード(英語: Hit Parade) 番組 The Hit Parade - 『Your Hit Parade』のことで、米国のラジオ(1935年-1955年)、テレビ(1950年-1959年)で毎土曜日夜に放送された一番人気のポピュラーソングに関する番組。 ザ・ヒットパレード (テレビ番組) - フジテレビで1959年6月17日より1970年3月31日まで放映された音楽番組。ミッキー・カーチスらが司会を務めた。 上記のテーマ曲のタイトル。また、東京読売巨人軍応援団がチャンステーマとしてアレンジし、「ヒッパレ」というタイトルで使用されている。 ヒットパレード'90s - フジテレビで1990年10月から1991年9月まで放映された音楽番組(みのもんた司会)。上記各番組との関係はない。 ザ・ヒットパレード (ラジオ番組) - TBSラジオでかつて放送された歌謡曲ランキング番組。小川哲哉、松宮一彦、武方直己、小島一慶らがDJを務めた。 ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜 - 渡辺プロ創立50周年プロジェクトの一環として、2006年5月にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。 (Wikipedia:ザ・ヒットパレード)

ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜
『ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』(ザ・ヒットパレードげいのうかいをかえたおとこわたなべしんものがたり)は、2006年5月26日と5月27日 27日に、フジテレビジョン フジテレビ系列で放送されたテレビドラマの特別番組 スペシャルである。
2006年5月26日 21:00〜22:52(金曜エンタテイメント枠) 視聴率15.3%
同年5月27日 21:00〜22:54(土曜プレミアム枠) 視聴率15.3%
:(時間は日本時間で表記している。)
渡辺プロダクション創立50周年プロジェクトの一環で製作された。キャストの多くがワタナベエンターテインメント所属俳優・タレントで占められている。
テレビ界の改革者、その上芸能界やエンターテインメントの礎を築き上げた、渡辺晋の生涯にスポットを当てつつ、彼を支えてきた妻の美佐や、キラ星のごとく登場したスターおよび熱きテレビマン達が生きたテレビ黎明期を描いている。当然、ノンフィクション 実話が元にはなっているが、清水高志や森山猛らの架空の人物も加えるなど、ドラマ的フィクションが加わった作品に仕上がっている。
(Wikipedia:ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜)

ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語~
『ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』(ザ・ヒットパレードげいのうかいをかえたおとこわたなべしんものがたり)は、2006年5月26日と27日に、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマのスペシャルである。 放送日時・時間 2006年5月26日 21:00〜22:52(金曜エンタテイメント枠) 視聴率15.3% 同年5月27日 21:00〜22:54(土曜プレミアム枠) 視聴率15.3%(時間は日本時間で表記している。) 渡辺プロダクション創立50周年プロジェクトの一環で製作された。そのため、キャストの多くがワタナベエンターテインメント所属俳優・タレントで占められている。 テレビ界の改革者、その上芸能界やエンターテインメントの礎を築き上げた、渡辺晋の生涯にスポットを当てつつ、彼を支えてきた妻の美佐や、キラ星のごとく登場したスターおよび熱きテレビマン達が生きたテレビ黎明期を描いている。 (Wikipedia:ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語~)

ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語
『ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語~』より : 『ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』(ザ・ヒットパレードげいのうかいをかえたおとこわたなべしんものがたり)は、2006年5月26日と27日に、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマのスペシャルである。 放送日時・時間 2006年5月26日 21:00〜22:52(金曜エンタテイメント枠) 視聴率15.3% 同年5月27日 21:00〜22:54(土曜プレミアム枠) 視聴率15.3%(時間は日本時間で表記している。) 渡辺プロダクション創立50周年プロジェクトの一環で製作された。そのため、キャストの多くがワタナベエンターテインメント所属俳優・タレントで占められている。 テレビ界の改革者、その上芸能界やエンターテインメントの礎を築き上げた、渡辺晋の生涯にスポットを当てつつ、彼を支えてきた妻の美佐や、キラ星のごとく登場したスターおよび熱きテレビマン達が生きたテレビ黎明期を描いている。 (Wikipedia:ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語)

ザ・ヒットパレード (テレビ番組)
『ザ・ヒットパレード』 (The Hit Parade) とは、1959年6月17日から1970年3月31日までフジテレビ系列局で生放送された音楽番組である。 綱要 1959年、当時の渡辺プロダクション社長の渡辺晋とフジテレビディレクターだった椙山浩一(すぎやまこういち、現・作曲家)の主導で企画されて放送を開始。開局間もなかった後発テレビ局のフジテレビでは賄えないほどのスケールであったが、渡辺プロダクションが制作費を肩代わりすることで乗り切っていた。 人気ロカビリー歌手だったミッキー・カーチスや長沢純の総合司会により、毎週人気歌手が多数出演してステージを繰り広げていた番組で、テレビが茶の間に浸透するきっかけを作った。この他に、司会は当時デビューしたばかりのザ・ピーナッツが務め、初期には「踊る指揮者」ことスマイリー小原が率いるスマイリー小原とスカイライナーズも毎週レギュラー出演。彼らは一躍スターダムにのし上がった。 以後の『ミュージックフェア』『夜のヒットスタジオ』に代表されるフジテレビの音楽番組史の基礎を築いた番組であり、1970年3月まで10年半にわたって続いた。 (Wikipedia:ザ・ヒットパレード (テレビ番組))

ザ・ヒットパレード (ラジオ番組)
『ザ・ヒットパレード』は、1970年代末期〜2000年3月末頃まで放送されていたTBSラジオ(旧・東京放送ラジオ部門)のラジオ番組。 歌謡曲のランキングをテーマに扱う番組で、主にナイターのシーズンオフ期に放送された。また、シーズン中の雨傘番組として放送されたことも一時期あった。基本的には関東地方を対象とするローカル番組として放送されたが、その他の番組はJRN系列他にも配信されていた(曜日によってはネット局向けに裏送りバージョンが制作されていた)。放送初期に当たる『毎日がベストテン』『毎日が電話リクエスト』『まんてん電リクランド』『毎日がベストテン NOW BEST3』では、大手ファストフードチェーンのロッテリアが単独協賛スポンサーを務めた。なお、キー局のTBSラジオでの初期番組スポンサーはロッテリア以外の複数社だった。 後番組は『e-NITE』。なお、フジテレビ制作のテレビ番組『ザ・ヒットパレード』は、番組名は同じだが当番組とは何の関連性も持たない。 番組の変遷 ザ・ヒットパレード 毎日がベストテン (月曜)ニューミュージックベストテン (火曜)有線放送ベストテン(後の『週間有線カウントダウン』) (水曜)ヤングアイドルベストテン (木曜)演歌ベストテン (金曜)週間総合ベストテン パーソナリティ 小川哲哉 オープニングテーマ スペクトラム「ミーチャン GOING TO THE HOIKUEN」 ザ・ヒットパレード 毎日が電話リクエスト パーソナリティ (月曜・水曜・金曜)松宮一彦 (火曜)斉藤清六、山口良一 (木曜)コサラビ(小堺一機、ラビット関根)(後のコサキンDEワァオ!まで続くコサキンシリーズの始まり) ザ・ヒットパレード 毎日がベストテン NOW BEST3 北海道放送、東北放送、中部日本放送、ラジオ関西(後にラジオ大阪へネット変更)、中国放送、RKB毎日放送などのネット局向けに制作された10分番組。 (Wikipedia:ザ・ヒットパレード (ラジオ番組))


ザ・ヒットパレード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ザ・ヒットパレード - アマゾン検索


「ザ・ヒットパレード」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す