[PR]

日別キーワード

第1位  ギターウルフ - 2019年03月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ギターウルフ
ギターウルフ(GuitarWolf)は、1987年に結成された日本のスリーピース・ロックバンド。ロック、ガレージロック、パンク・ロックからの影響を濃く見受けられる楽曲を展開する。所属レコード会社はキューンレコード。 ビリー存命時は、作詞作曲のほとんどをセイジが担当していたが、一部の楽曲はビリーが作詞しボーカルを務めていた。UG加入後は、作詞作曲、ボーカル全てをセイジが担当している。詳細は後述のメンバーの節を参照のこと。 トレードマークは革ジャン、皮パン、サングラス。彼らのパフォーマンスや、メンバーのセイジが多大な影響を受けた人物の1人、ジョーン・ジェット(元ランナウェイズ)にちなんで、自らの音楽を「ジェット・ロックンロール」と呼ぶこともある。ラモーンズを敬愛しており、ライブ前には、ラモーンズの曲がよく流されている。 曲のスタイルはアルバムによって微妙にタッチは異なるが、一貫して3コードを基本としたシンプルな楽曲を展開。レコーディングは一斉録り(全員で一緒に演奏して、録音する方法)、一発録り以外はしない。 (Wikipedia:ギターウルフ)


ギターウルフ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  岩波書店 - 2019年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



岩波書店
株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。 1913年(大正2年)8月5日、岩波茂雄が東京市神田区南神保町16番地(現・東京都千代田区神田神保町)に開いた古書店として出発。正札販売方法を採用し、注目を集めた。翌1914年(大正3年)に夏目漱石の『こゝろ』を刊行し、出版業にも進出。漱石没後に『夏目漱石全集』を刊行し、躍進する。看板は漱石の筆による。 多くの学術書を出版するだけでなく、岩波文庫や岩波新書を出版するなどして古典や学術研究の成果を社会に普及させることに貢献。文化の大衆化に多大な影響を与えた。昭和時代にはしばしば、大衆的な路線を貫く講談社と対比された。 戦前には、いわゆる共産主義講座派の拠点であった。 1933年(昭和8年)12月10日にミレーの絵画『種をまく人』を題材にとったマークの使用を開始(実際のマークはデザイナーによってかなり加工されている)。 (Wikipedia:岩波書店)


岩波書店 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  商工会館 - 2019年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




商工会館 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  聖教新聞 - 2019年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



聖教新聞
聖教新聞(せいきょうしんぶん)は、聖教新聞社が発行する新宗教団体・創価学会の日刊機関紙である。1951年(昭和26年)4月20日創刊。 朝刊のみの発行。夕刊は発行していない。発行部数は公称550万部。「聖教」は釈迦の説いた一代聖教に由来する。同紙を出版している聖教新聞社は、宗教法人創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、法人格がない。 また聖教新聞は日本新聞協会および日本ABC協会に加盟していない。公称発行部数は1990年代から2006年まで「550万部」となっているが、これは聖教新聞社の発表によるものである。 1951年(昭和26年)4月20日 - 創刊。旬刊2面、発行部数は5000部。 1953年(昭和28年)9月6日 - 週刊化。 1955年(昭和30年)6月1日 - 販売店、配達員制度が始まる。 1957年(昭和32年)8月2日 - 紙面が8面になる。 1960年(昭和35年)9月3日 - 週2回刊化。 1962年(昭和37年)1月1日 - 週3回刊化。 1965年(昭和40年)1月1日 - 池田大作の小説『人間革命』が連載開始。 (Wikipedia:聖教新聞)

聖教新聞社
『聖教新聞』より : 聖教新聞社(せいきょうしんぶんしゃ)は、宗教法人創価学会の出版部門である。創価学会の機関紙である『聖教新聞』の発行などを手がけている。聖教新聞社は第三文明社とは違い株式会社などの法人格を取得しておらず、創価学会から独立していない。 コーポレート・メッセージは「言葉と、生きていく。SEIKYO SHIMBUN」。 沿革 1951年 - 『聖教新聞』創刊 1959年 - 『聖教グラフ』(現・『グラフSGI』)創刊 1965年 - 『聖教新聞』が日刊化 1970年 - 本社ビル落成 2004年 - ISO 14001取得 発行している新聞・雑誌 新聞 聖教新聞(日刊) 創価新報(月2回発刊、青年部向け) 小学生文化新聞 中学生文化新聞 高校新報 少年少女きぼう新聞(月刊、少年少女部向け) 未来ジャーナル(月刊、中等部・高等部向け) 雑誌 大白蓮華(月刊) グラフSGI(月刊) 関連項目 公明新聞 第三文明社 潮出版社 東日印刷 機関紙 天理教道友社 天理時報社 外部リンク SEIKYO online - 聖教新聞社の公式サイト。 (Wikipedia:聖教新聞社)


聖教新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  膠原病 - 2019年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



膠原病
膠原病 (こうげんびょう、英: connective tissue disease [disorder]) とは、全身の複数の臓器に炎症が起こり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群の総称。 この名称は1942年にアメリカの病理学者ポール・クレンペラーが提唱した名称である。クレンペラーは全身性エリテマトーデス、全身性硬化症の研究から、病態の主座は結合組織と血管にあると考え、collagen-vascular disease と命名した。これが膠原病と翻訳された。類似疾患概念に、自己免疫疾患、リウマチ性疾患、結合組織疾患があるが、膠原病はこの3つが重なった位置にあるとされる。原因としては、血液中にある抗体が細胞核などと反応をして免疫複合体を形成しつつ、『(A)組織に沈着したり、(B)組織を攻撃する』ことで発病すると考えられ、死亡に至る場合もある。 典型的な症状として発熱・皮疹・倦怠感・関節痛・関節炎・筋肉痛・内臓病変・レイノー現象などがあげられ、女性に多いのも特徴である。 (Wikipedia:膠原病)

膠原病学
『リウマチ学』より : リウマチ学(リウマチがく、英語: rheumatology)は、関節痛などを主な症状とする膠原病・リウマチ関連疾患を主に研究診療する、内科学から発展していった医学の一分野である。整形外科学と連携して治療にあたる。 1940年に「リウマチ専門医」(rheumatologist) という言葉がBernard Comroeによって考案され、「リウマチ学」(rheumatology) という言葉は1949年にJoseph L. Hollanderの教科書で初めて用いられた。 リウマチ学は全身性エリテマトーデス (SLE)、関節リウマチ (RA)などのいわゆる膠原病を中心に扱う学問分野である。「リウマチ学」と同義の言葉として「膠原病学」というものが存在し、両者ともに現在でも用いられる語である。日本では後者の方が好んで使われる傾向にあり、逆に欧米には「膠原病学」に相当する言葉はない。そのため、日本ではいわゆる膠原病を扱う病院の診療科として「リウマチ科」「膠原病内科」などの名称が混在しているが、扱う分野に大差はない。 (Wikipedia:膠原病学)


膠原病 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す